「改革」と期待の危うい関係

     「改革」と名の付くものには、もちろんさまざまな期待が被せられますし、なかにはそれが前に進める原動力だとする人も現れます。ただ、その期待の方が先行してしまうとどうなるのか――。その弊は、期待に目がくらみ、あるいはそれに後押しされて、冷静な現状分析がなされないまま、「改革」のレールが引かれる当然の結末として、結果が出せないということだけに、実はとどまりません。さらに、深刻なのは、それでも期待にしがみつくという現象が生まれることです。

     その結果として、動き出した列車は止まらない。もちろん、れっきとした期待の対象が存在し、それが「改革」をさらに前に進めているのだ、と強弁する人も登場します。しかし、「見直し」という建て前の議論で、見つけられ、被せられる期待は、「改革」の当初の目的や描き方の正しさを問うことから離れ、いつしか列車を止めないことを目的に繰り出されているものにもなりかねないのです。

     これが、まさに今回の司法改革が陥っている現実ではないでしょうか。増員政策による過剰状態が明らかになりながらも、弁護士会のなかにはいまだに有償・無償を区別することなく、その増員弁護士を支えるニーズの存在へ期待をつなぐ論調が延々と存在しています。なかには非採算的なニーズにもビジネスチャンスがあるとか、自らの成功体験をあてはめて期待することの正しさをいうものもあります。「受け皿」としての組織内弁護士にしても、あるいはもはや弁護士ではない「法曹有資格者」という枠組み転換にしても、期待の中身はよく見れば、依然不透明です。

     志望者減という現象に対しては、「改革」の法科大学院本道主義を守ることを念頭に、合格率の向上で志望者が返ってくるという期待が被せられますが、そういう方々が、肝心要の弁護士の経済状況の好転(あるいはそれがもたらされない影響)をその先にどのくらいリアルに期待できているのかは皆目みえません。本道主義を守るために予備試験を制限した場合、今のより人材が離れるという結果や、統廃合と志望者減によって、生き残った法科大学院の累積合格率が仮に7割を達成したとしても、それがあるべき法曹の選抜の形として望ましいのかといった疑問は、彼らの期待の前では無視されているようにみえます。

     裁判員制度にいたっては、「改革」が一顧だにせず、そもそもこの制度の目的として全く考慮されていない誤判防止を、この制度に期待する論調も被せられています(司法ウオッチ「編集長コラム『飛耳長目』~冤罪防止と裁判員制度の危うい期待感」)。一方で、民意を反映する建て前の制度の民意離反が進むなかで、筋違いの期待感が制度存続を後押しする格好にもなりかねないようにとれます。

     期待に水をさすような現実論に対して、「ネガティブ情報」として批判する声が聞かれます。意図的に「改革」の足をひっぱっている、「改革」批判が目的化しているといわんばかりの批判も耳にします。前向き論があたかもその姿勢のよさだけを根拠に繰り出されますが、それは見方を変えれば、「ネガティブ情報」というレッテルによって、耳を貸すなということだけにその目的があるとしかとれません。

     最近も、村越進・前日弁連会長がある媒体で、弁護士の生活困窮の情報が耳に入ってこない、ネガティブ情報が独り歩きしている、と述べていることがネットで取り上げられていました(武本夕香子弁護士のブログ)。もちろん、このことだけで、弁護士会主導層に本当に情報が届いていないのか、それとも彼らが意図的に耳を貸そうとしていないのかは分かりません。

     ただ少なくとも、前会長の認識を裏打ちするかのように、「改革」の影響が深刻化すればするほど叫ばれるようになってきた「魅力を語れ」「メリットに目を向けろ」という掛け声は、社会に誤ったメッセージを伝える危険性があるだけではなく(「弁護士の『魅力』をめぐる要求が示すもの」)、内向きには前記期待に水をさす現実論に、耳を貸すなというメッセージになっていることも抑えなくてはなりません。

    以前、法曹養成改革の見直し議論のなかで、ある有識者が「改革」が生み出して新制度を撤廃して元に戻すという発想を、「そこまで恐ろしいこと」と表現したことがありました(「法曹養成論議の気になるシーン」)。後戻りに恐怖する方々も、この「改革」には確かに存在しています。少なくとも私たちは、手を変え品を変え繰り出され、煽られる「改革」への期待と、列車を止めたくないという意図によるバイアスについて、冷静に見つめる必要があります。


    「予備試験」のあり方についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/5852

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    一生懸命話題を変えようとする人がいるね。

    来月、うちの単位会を出て登録替えする人がいた。
    素直に嬉しい。
    競争相手が減った。

    No title

    生存率だけで見ると「5年生存してるから俺は偉い」とか「5年生存してきた俺様の意見に歯向かうとは非国民め」などと勘違いするバカが出るぞ。

    No title

    >死亡による退会は多い(依頼人&後始末をするものに対して、迷惑)

    さすがにジジババ弁1事務1なんて事務所は今時ないだろうし、徒に不安を煽るのはどうか。
    なお、このトシになっても事務所の引継ぎや後継者をしっかりしていないような事務所を選んで依頼したならそれは自己責任。
    映画じゃないんだから顔見りゃ年齢わかるだろうし。

    No title

    最低限でも、5年生存率で見ないと。

    毎月、若手を中心に会員が請求退会で純減。それも急落。

    中堅の請求退会も増加。

    会員番号的に、本来退職して後進に道を譲るべき60歳以上の請求退会は少なく、死亡による退会は多い(依頼人&後始末をするものに対して、迷惑)。

    No title

    今日届いた自由と正義に知っている弁護士の廃業が記載されていた。

    それなりに経験も積んでいた弁護士だったのに。

    No title

    69期の就職状況は改善しているようですよ。
    良い情報はすぐに発信していかないと。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR