弁護士業務拡大路線の正体

     弁護士の業務拡大路線とは、一体何のために続けられるのか、という素朴な疑問を持ちます。誤用のような「法の支配」という言葉を振りかざし、社会の隅々や、権力機構の内部にまで弁護士が進出することを是とする「改革」路線に後押しされ(「『法の支配』というイメージ」)、かつ、「二割司法」という感覚的数値がイメージさせた、膨大な潜在需要を前提に、弁護士は業務拡大の実現を夢見て増員路線を受け入れました。

     その時に多くの弁護士が思い描いた業務拡大と、現在、弁護士に突き付けられているものとは大きく絵が違うといわなければなりません。いうまでもなく、前記描き方のなかでは、拡大は社会の要請であり、あくまで弁護士はそれに応えなければならなくなったというものであり、大量の供給に対して、需要を必死に掘り起こさなければ、それを支え切れないなどということは想定されていなかったからです。

     過剰状態のなかでも弁護士としては、生きていかなければならず、そのための努力することも、それを所属団体が鼓舞することも、彼らにとっては当然かもしれません。しかし、私たち利用者からみれば、増やしてしまったものを支えるためにやることと、社会的要請のもとにやることとは意味が違います。また、前記事情に社会的な要請をどこまで被せられるのか、ということは、きちっとみなければなりません。いうまでもなく、それは、「市民のため」と銘打った「改革」の評価にかかわってくるはずだからです。

     拡大路線を肯定する弁護士のなかには、路線の前段部分の「進出」の意義を強調される方がいます。しかし、それが大量供給を必要とした根拠になるのか、という疑問はどうしても残る。それは数の点だけでなく、それがすべて弁護士でなければならなかったのか、という問題もあります。自治体職員や議員秘書、最近では話題となった学校給食の回収まで、弁護士全体の経済環境を激変させ、ひいては志望者を遠ざける結果を招来させてまで向き合わなければならなかった需要なのでしょうか。

     「活用」という言葉があてはめられると、「結構ではないか」という話になります。しかし、ここには後付け感、もっといってしまえば「隠蔽感」といえるものを覚えてしまいます。何度も書いているように、市民社会のなかには、「二割司法」が連想させたような、大量の泣き寝入りや不正解決を生み出している、弁護士の「進出」を待っている需要、しかも大量の供給を支える有償需要はなかった。そして、無償の需要があったとしても、それに弁護士がどうこたえられるのか、ということについて、詳密な検討がされていたわけでもなかった――。

     不思議な感覚に陥りますが、今でも弁護士業務拡大路線を掲げ、少なくともそれを社会的な要請とつなげて、「べき論」でいう方々は、常に「社会の隅々」で拍手をもって弁護士が迎えられると信じて疑わないようにみえます。弁護士はもっと「活用」できる、社会はそれを知らず、それに大衆が目覚めれば、必ずやわれわれは必要とされ、当然、われわれを支えてくれるおカネを有り難く頂戴できるはずなのだ、というような(「日弁連『フレンドリー』広告の見え方」)。

     しかし、何度も書いていますが、弁護士が、まして生き残りをかけて行う需要創出に私たちは手放しで乗っかることはできないし、それは危険といわなければなりません。事件創出などという言葉を、弁護士=正義を前提に、割と抵抗なく使う風潮が弁護士会のなかにありますが、一般の利用者には事件創出、あるいは掘り起こしと、焚きつけの区別は簡単につかないのです。

     逆に無償需要に対する対応への期待感は、法テラスを含めて、失望を生むことになります。弁護士業務が成り立つ採算性というものを、社会に周知させず、また、想起もさせない、「改革」の現実です。少なくとも「改革」は、非採算部門に弁護士が手を出せる経済的自立の基盤を一方で破壊している。そのことの意味もまた、周知されているとはいえないのです。

     そもそも拡大路線だけが、弁護士がとるべき選択肢だったのか、という見方もあります。弁護士が常に登場するのではなく、最終的に登場するプロ中のプロ。あるいは隣接士業や一定の法律教育を受けてきた人間たちが、手に負えないものを引き受ける存在でよかったのではないか、という捉え方です。何も弁護士がすべてをやるのではなく、むしろ弁護士外の業務的な対応力やリテラシーを向上させる方に力を入れる。例えるならば、極端な話、弁護士は町医者になるのではなく、町医者が対応できないときに回ってくる大学病院のような存在。今となってみれば、弁護士を激増させるよりも、少数の、しかし頼りになる、先鋭部隊として弁護士が存在した方がよかったのではないか、という思いが過るのです。

     弁護士の拡大路線は、「改革」にまだ決着がついていないという建て前でありながら、実は「失敗」のうえに、続けられているといえます。しかし、あくまでそれを認めない路線は、「市民のための改革」から離れているだけでなく、弁護士自身も追い込んでいるように見えます。


    「依頼者保護給付金制度」についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/7275

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    下でご紹介になられている武本先生のブロログの別の記事で、国税調査では100万以下の層が2割、と指摘されていました。

    が、赤字を見落とさないでください・・・既に色々な先生方がご指摘になっていますよ・・・。

    どうも統計を見るのが苦手な弁護士が多く、困ります。

    大体、マチ弁の現状を知っていれば、たったの2割が100万円以下、なんて、あり得ないことは、すぐに分かるでしょう。

    その意味では、村越元会長と50歩100歩とも言えます。




    ここ数年、赤字が2割前後、70万以下が2割前後、という驚くべき数字が、連打されています。しかも、副収入を入れた数字。常に赤字がナンバーワンの人数を獲得し、70万以下がナンバーツー。

    ここに年収70~100万を加えると、年収100万以下の層は余裕で4割程度に達します。

    ひるがえって、執行部は、司法制度改革の恩恵を受ける1%、年収1億円以上の層です。
    村越元会長の周りで「のみ」困窮弁護士不在、というのも、村越元会長は、99%とはそもそも住むステージが違うのだから、当たり前なのです。

    ベルサイユ宮殿に平民が住めるか。それは絶対にありえない。
    マリーアントワネットは投獄される前に平民の怒りに気付くことが出来たか。全く出来なかった。自分たちは許される、という、甘い見通しが、彼女の精神と行動を、最後の瞬間の直前まで、つらぬいていました。

    同じことが、日弁連会館の最上階でも起きている、というわけです。

    ただし、反国王派にも貴族が多く、必ずしも本当に困窮した99%の希望をくみ取っていないので、今後は混乱が予想されます。

    No title

    若手は安泰なら、別に会費を下げろとか研修しろとかいらないのでは?

    No title

    この司法改革で成功している者もいるのだし、もともと総本山にいる者とかには縁のない依頼者とかもいるんだろう。
    http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20161124201130
    >日弁連前会長の言葉として、
    >「若手は生活が苦しい、今弁護士になっても食えないというような話が当たり前のように語られますよね。それは大変だと当の若手に聞き取り調査をしても、僕の周りには、そんな弁護士はいませんという返答ばかりなんですよ(笑)。厳しい現実は否定しませんが、ネガティブ情報だけが拡大されて独り歩きしています。」

    No title

    弁護士ってのは理論的に、時にはいちゃもんで相手を制圧するのが仕事。そのせいで思考がこじれちゃってた奴は、過去の非を認めるなんてまずしないよ。そして地位の高い奴ほどこの傾向は強い。

    「改革」の失敗を認めないのもそんだけ。そして無理矢理「成功の実績」を作ろうとして、状況はどんどん酷くなっていく。実に分かりやすい。

    No title

    レミングの大行進
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR