「志望者減」への弁護士目線

     志望者が減少している、優秀な人材は目指さない――。そんな業界の先細り感を覚えている弁護士は、いまや少なくありません。そして、そこを楽観視する声も、ほとんど聞かなくなりました。危機感は広がっています。ただ、同時に、この現象を個々の弁護士の問題、自分たちの努力次第でどうにかなると本心から思える人は少ないと思います。

     いかに魅力を発信しようとも、あるいは開拓努力をしても、それだけで、さらにいってしまえば、弁護士の力だけで志望者を回復できるなどとは到底思えない。彼らにも現職として生きなければならないということもさることながら、元凶ともいえる増員路線、あるいはそれがもたらした経済環境の改善を含めた、大きな「改革」路線の転換がなければ無理、という見方をする人は多いのです。むしろ、なかには、業界としてすべて手遅れというような悲観論まであります。

     ミスマッチの克服や、組織内弁護士などでの実績作り、新分野での「成功例」の積み上げが、成果を生む、やれることはあるはずだ、という人も弁護士会のなかにいます。このままの「改革」路線を維持したまま、そこだけに多くの期待は出来ないという本音を耳にします。あくまで精神論は別として。

     法科大学院というプロセス強制の負担というのは、志望者敬遠の大きなファクターですが、やはりその先の弁護士の経済状況が改善されない限りは、本質的に志望者回復はない、という見方は正しいと思います。法科大学院本道をとにかく守ろうとする立場からは、合格率などの制度改革で効果があるとみたいところですが、それでなんとかなるという見方に懐疑的な弁護士は少なくありません。

     まして「現行の司法試験制度が法科大学院教育の範囲を超えた過大な試験制度となっていないか」などという声にこたえ、法科大学院の現状に沿わせる方向の司法試験改革を、日弁連が検討対象として取り上げることについては、評価が分かれるところといわなければなりません(司法試験シンポジウム「司法試験の更なる改善と改革に向けて」)

     最近、某大学経済学部教授で法律事務所に送付されてきたアンケートのFAXが、弁護士の間でやや反感をかうという事態になりました。「自然災害支援に対する弁護士の意識・行動に関する調査」というタイトルで、そうした支援活動のなかでの無料法律相談や事件受任等の実態を明らかにするのが狙い、とされているものです。ただ、調査用紙など9枚を、郵送ではなくいきなりFAXで事務所に送りつけてくるやり方も不評ながら、問題になったのは依頼文のなかにあった次のような文面でした。

     「(本調査により) 裁判実務にとどまらない新たな弁護士像を提示することも企図」
     「本調査により弁護士の方々の社会的な役割を社会に提示することで将来の弁護士志望者の増加等の波及効果も期待され」

     挙げられている「効果」が実際にあるかどうかも、もちろん疑問ですが、なにやら協力をお願いしながら、志望者減という問題を抱えていることを引き合いに出して、協力を求めていることが、やはり前記のような弁護士の本音からすれば、ややさかなでするような響きがあります。状況が根本的に分かっていないか、それとも協力を得たいがために、やや無理な結び付け方をしてしまっただけなのか。いずれにしても、根本的に今の弁護士を前向きにさせるような切り口ではないようにみえます。

     志望者減という現実に対して、弁護士が他人事のような顔をしていればいい、ということでは、もちろんありません。むしろ「改革」ということでいうば、それを主導したり、賛同した責任を本来もっと感じなければならない人は、弁護士会のなかにいるように思います。ただ、彼らがそこの自覚を示さない現実があればなおさらのこと、この路線選択に直接かかわっていない人も含めた一般会員の気持ちは冷めていくのです。

     「志望者を増やすのではなく、このままの状態であるならば、むしろ来るなという方が良心的だ」

     こういう会内の声を、悲観的、後ろ向きすぎると批判する同業者もいそうです。しかし、なぜ、今、ここまでの言葉を意志的に発言する弁護士が現れているのか。やはり、そこから入らないと、これからも志望者は帰って来ないような気がしてなりません。


    「依頼者保護給付金制度」についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/7275

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    弁護士や弁護士会が大騒ぎしているのでしょうか。

    ???
    大騒ぎしているのは法科大学院であって弁護士や弁護士会は大騒ぎしてませんよ。

    生暖かく見守ってます。

    No title

    >そりゃ、初期の頃に「7~8割が法曹になれる!」というキャッチフレーズに騙された人を見ていれば、

    そんなキャッチフレーズが実際に法科大学院の広告に使われていたのかは知りませんが、仮に事実なのであれば、景表法違反(優良誤認?)で、法科大学院を訴えればいいのではないでしょうか。弁護士さんなんですから、それくらいのことができないとお話にならないかと。景表法に違反していないのであれば、自己責任ではないかと思います。ただ、法科大学院が訴えられて敗訴したという話も聞かないので(あったら教えてください)、都市伝説っぽい気がします。

    No title

    >もちろん何の問題もありません。
    >法科大学院がやっていけなくなるので、大騒ぎしているだけです。

    よく分からないのですが、法科大学院を弁護士や弁護士会が経営しているのであればともかく、実際はそうでないのに、法科大学院がやっていけなくなることについて、どうして弁護士や弁護士会が大騒ぎしているのでしょうか。

    少子化と大学乱立で大学が全入時代となって、大学受験予備校が経営不振になっても、予備校を経営しているわけではない大学は別に騒がないですよね。

    人の心配をしている余裕があったら、ユーザーに対する法律サービスのレベルアップをした方がいいのではないでしょうか。

    No title

    もちろん何の問題もありません。
    法科大学院がやっていけなくなるので、大騒ぎしているだけです。
    なお、減少の多くは将来の選択肢が多く、優秀な方ですので、弁護士の志望者が減って、質が落ちることは競争相手の質が落ちることを意味し、現職にとっても望ましいことだと思われます。

    歓迎すべきですね。

    No title

    弁護士の志望者が増えないことが問題であるという前提のようですが、それが具体的にどういうデメリットが社会にあるのでしょうか。社会的にニーズがあれば新規参入が増え、なければ減るだけなのではないでしょうか。このままいけば、10年後に弁護士が半減して社会的ニーズを賄いきれなくなるという状況であればともかく、そうではないのですから、何が問題なのか意味がわかりません。

    No title

    >なぜ、今、ここまでの言葉を意志的に発言する弁護士が現れているのか。

    そりゃ、初期の頃に「7~8割が法曹になれる!」というキャッチフレーズに騙された人を見ていれば、忠告だけはしておこうと思うのは当然。
    無理だろうけれど初期の「7~8割~」が本当ならば今頃全ては変わっていたかもしれないが。

    No title

    >調査用紙など9枚を、郵送ではなくいきなりFAXで事務所に送りつけてくるやり方も不評ながら
    都合が悪くなったら一方的に話を打ち切って、後日書面で全く同じ内容を、事前連絡なしで20枚送ってきた弁護士を思い出した。
    まあストレス的には突然の多数FAXの方が圧勝だろうが。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    別にくるな、などとはいいません。
    現実を正しく伝えることで、誰も来ないだけで
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR