「法科大学院」に縛られた議論が生み出す「悪夢」

     法科大学院志願者と司法試験受験者の減少が意味する「法曹離れ」という事態は、本来、今回の法曹養成制度の「改革」にとって、最も深刻な、「悪夢」といってもいい結果です。「改革」推進派は、この最悪の事態を、そもそもどこまで想定していたのか、あるいはできたのかということは、当然、問われていいはずですが、いまや当時を知る人のなかにも本音では「想定できたのにしなかった」ということを感じている人は少なくありません。

     それは法曹人口激増と、司法試験・修習という既存の法曹養成プロセスを変えるという既定方針のなかで、これが進められた結果という以外にない現実といえます。つまり、激増の先に弁護士の経済環境が激変することも、「7、8割」とまで銘打った法科大学院修了者の司法試験合格率確保も、新プロセスが未修者を1年差で既習者と同等のレベルにもっていくことや、司法修習の一部を代替する役割を果たすことも、そしてそれらの成果を踏まえて新たな経済的時間的負担になる、その新プロセスへの志望者了解(「価値」への納得が得られることも、ハードルとして認識し、乗り越えることを当然の目標とはしても、果たして冷静に乗り越えられるかどうか検討されたかは疑わしい。要は、「できるのか」と問えば、「やるんです」という答えだけがかえってくるような状況が確かにあったのです。

     はじめから可能性を十分に視野に入れ、自信をもって踏み出した結果である、と、今でも胸を張る人もいるでしょう。しかし、動かせない既定方針のなかで、彼らにとって乗り越えられれば素晴らしい目標は逆算するように導き出されても、あるいは既定方針まで疑うことまでも視野にいれた、実現可能性からの逆算は果たして行われたのか、という問題はやはり残るように思うのです。

     「法曹離れ対策 法科大学院は再生できるのか」

     今回の司法試験の結果を踏まえ、9月19日付け読売新聞がこうしたタイトルの社説を掲載しています。「法曹離れ」という現実に着眼し、その「対策」を論じているものとして、あるいは大マスコミが今回の結果から新たな視点を盛り込むことを期待された読者もいるかもしれません。しかし、読売は、受験者が昨年から1000人以上も減っていることを問題視し、「深刻な『法曹離れ』を食い止める」必要性に言及しながら、徹頭徹尾「法科大学院の立て直し」を中心にすえた枠のなかで、それを捉えようとしています。

     挙げられているのは、司法試験合格を見据えた指導強化、飛び級、給付型・無利子の奨学金拡充、法曹への「近道」と捉えられている予備試験の在り方再検討、司法試験問題漏洩を含めた再発防止策。これで「法曹離れ」が解消されると考える人は、果たしてどれだけいるのでしょうか。司法試験の合格率向上、一部の経済的負担軽減、予備試験制限による本道への強制誘導。透けてみえる、これらは、増員政策による弁護士の経済的激変による魅力減退、それに比した新プロセスへの「価値」を見切った志望者たちの判断という、「法曹離れ」の決定的要因から逆算されている、といえるでしょうか。

     「優秀な人材の供給源であるはずの法科大学院」という前提に立つ前に、その受験要件化が供給をさまたげていることに着眼すべきであるし、そもそも合格1500人でも増え続ける弁護士の現実を考えれば、弁護士の経済的環境の改善という大きな要因に言及しないことも本来に不自然なはずです。彼らのなかで不自然でないのは、取りも直さず法科大学院制度の本丸をぐらつかせる話をしないという枠のなかで語り、伝えようとしているからにほかなりません。

     司法試験合格発表後、札幌埼玉三重千葉県の各弁護士会が、改めて年間司法試験を早急に1000人以下、もしくは程度(埼玉弁700人程度を前提に抗議)にするよう求める会長声明・談話を発表しています。増員基調がもたらしている現実をなんとかしなければ、「法曹離れ」は改善されず、さらにそのしわ寄せは社会に回ってくるという強い危機感をはらんだこれらの声に、大マスコミの扱いは冷ややかです。さらにいえば、いまだ1500人という枠で考えている日弁連や沈黙する弁護士会もまた、この読売社説同様に、「改革」路線の枠を越えて、この事態の決定的要因から逆算しているのかを疑いたくなります。

     「改革」の既定方針に縛られ、それを疑うことなく、「法曹離れ」改善への実現可能性や効果から逆算しないという、この「改革」の誤りの繰り返しの先に続くのは、やはり「悪夢」でしかないと思えてなりません。


    「依頼者保護給付金制度」についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/7275

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    弁護士会が救いようのないほど腐った組織になる
    →一般市民に危機感が生まれる
    →信頼できる弁護士を個人で見つけ、キープする動きが加速する
    →痴漢冤罪で捕まっても知り合いの弁護士をすぐ呼べる!冤罪が減る!!

    という未来を受信した。毎年1500人増える弁護士からどうやって信頼できる奴を探すんだってツッコミをされたら、返答はできない。

    No title

    読売の「大手小町」で「法科大学院」「ロースクール」をチェックすると、ろくなのが出ない。足元がこれだもの。

    No title

    全国のコネなし優秀者が見向きもしなくなれば、幹部連中が可愛くて可愛くてたまらないコネ野郎どもが蹴落とされずにすんなり後を継げるわけですから、受験者の激減は予定通りの大歓迎じゃありませんか?
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR