「依頼者保護給付金制度」をめぐる不透明感 

     弁護士会内から異論も出ている、弁護士による高齢者や依頼者の金銭を着服する形の横領事案について、被害者に一定額を支払うという日弁連の救済制度が、「依頼者保護給付金制度」という名称で、既に創設決定というニュアンスで報じられています。これを1面トップで報じた8月23日付け朝日新聞朝刊は、こう書いています。

     「経営に苦しむ弁護士の増加が背景にあるとみており、『市民の信頼低下を防ぐことが急務』との考えだ」

     この一文は、前記弁護士会内の異論につながる、この制度をめぐる日弁連主導層の不透明な姿勢を記者の意図はともかく、いみじくも表現したといえます。前段の背景とした「経営に苦しむ弁護士の増加」が続く以上、故意犯として発生し続ける可能性があるこの種の事案に対して、こうした後追いの救済策で、「急務」と括られる、弁護士の信頼は回復できるのかどうか――。

     この制度自体は抑止につながらないとみれば、どう考えても「急務」なのは、前段の「背景」をなんとかすること以外ありません。しかも、ゆっくりとこれから、「まだまだある」「掘り起こせる」はずという弁護士のニーズに期待しているヒマもないはずです。

     こうした制度を弁護士自治を根拠にして、つまり不祥事は当然、自治団体の自浄作用の問題となるから、その被害についても責任を負うという建て前のうえに、弁護士全体のイメージダウンにつながる共通の不利益への連帯責任を、会費からの拠出と言う形で会員に負わせる――という発想。そこに会員の当然ともいえる疑問がくすぶっています。しかも、そこまでしなければ維持できない成年後見や自治ならば返上してもかまわない、という意識にまでつながることを、日弁連主導層は前記「背景」からは読み取っていないようにとれるのです(「弁護士横領事案、『連帯責任』の受けとめ方」)。

     日弁連は、今、この制度によって何に対して責任を負おうとしているのでしょうか。自治、強制加入制度がある団体として、こうした弁護士を生み出した、あるいは放置した責任でしょうか。個々の会員の故意犯まで責任を負うということの裏返しとして、こうした弁護士を存在させないことへ責任をどう負いきれるという話なのでしょうか。不祥事に対して、弁護士会は何かをしなければならないというのは理解できても、どうも日弁連・弁護士会の不祥事対策には「自治の建て前上何かしなければならないからやった」という、その先に妙案があるわけでもないととれてしまうような、不透明なものを感じてしまいます(「弁護士不祥事をめぐる自浄能力と自覚」)。

     前記「背景」を生み出し、そしてこうした弁護士をつくり出してしまったことは、まさに「改革」の失敗を意味するととれば、その「改革」の旗を振った人間としての結果責任を負わなければならないはずです。そうだとすれば、現実にこうした弁護士を少しでも生み出さないために、その「背景」にメスをいれることこそが、これから被害にあうことが予想される依頼者の安全を考えれば、根本的かつ「急務」な対策といえないのでしょうか。

     それとも、日弁連はこれからも起こる一部弁護士が故意に引き起こした不祥事に対して、多くのまっとうに業務に向っている弁護士までが連帯して責任を負っている、というところに社会の称賛を期待しているということでしょうか。こうした案件そのものへの対策としても、有効ととれる対策を提案している弁護士もいます(弁護士法人岩田法律事務所コラム)。

     マスコミへのリークも含めて、日弁連主導層には、この制度導入に対して、強い意欲があるということも伝えられています。しかし、まるで会員の状況や声、さらには逆に自治の内なる危機までが、目や耳に入っていないかのように押し進められようとしている、この制度をめぐる不透明感には、彼らが前提として目をつぶっている「改革」路線の不都合な真実があるように思えてなりません。


    弁護士自治・弁護士会の強制加入制度の必要性についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    武本夕香子先生のブログでは、マスコミへのリークを批判しています。

    リーク批判を上から目線でつぶそうと画策し、逆に会員の怒りの火に油を注ぎ、胡散臭さと本性がばれたおじいさん弁護士達(犯人か)とは、違いが際立ちます。会費によグリーン車ファーストクラス飲み食いが、そんなに楽しいか。

    「弁護士を社会の医師」
    は、執行部が脈々と言い続けていることなのだから、国レベルの弁護士団体が日本医師会のように任意加入団体になるのは当然。刑事弁護ガーとか言い出すやつがいますが、法テラスが仕切ってて、弁護士会の意義はなくなっています。

    No title

    >「背景」にメスをいれる
    それはつまり、過去の自分達を自ら否定するということ。
    司法試験を突破したというプライドに拘ってる連中が、そんなこと出来るかねw
    出来ないならその場しのぎになるのは必然。

    No title

    1円を笑うものは1円に泣く。

    会員激減及び不祥事激増による負担増加で、会費は激増のターニングポイントを迎える。

    じゃあ、個々の弁護士は、どうやって生活を守るか。否、現実に守っているか。

    弁護士の独占事業はどうせ赤字。利益を輩出する部門は、登録抹消で継続可能。会費不要、届け出等の手続きも不要、職務規定も不要。弁護士業務の自由化とともに、事実上の任意加入化現象が既に見受けられるが、これが拡大する。

    中堅・ベテランの請求退会数増加と、その後の動向に、執行部も理事者も鈍感だったのが、致命傷。

    先進国では唯一、国単位で強制加入という、ガラパゴスな日弁連は、今回、完全に、自らの命を絶った。

    No title

    反執行部の中核になっている先生方の中にも、結局は会費で飲み食いしたり、グリーン車移動やファーストクラス移動をしている(した経験がある)人は多い。

    結局、裏で執行部と握ってるんじゃないの?だから平気であからさまに向こう側の人達(ダブルスパイ、一人二人ではない)をMLに入れて、情報を執行部側にわざわざ流出させてるんだよね?どうせ首を挿げ替えるだけで何も変わらないよね、宇都宮政権みたいに?と思われている。

    若手が口を閉ざす理由について、高齢者には、気づきも反省もない。

    No title

    ほんとふざけた野郎だな。

    法的な根拠が全くない。被害者が多すぎてパンクしたらどうするんだ。
    数百万程度じゃかえって中途半端で被害者も不満を募らせるだけだろ。
    弁護士会から犯罪者弁護士その関係者に対する求償はどうする。
    故意犯でさえ救済されるんだから、質の低い弁護士の弁護の過失に
    よって生じた損害も弁護士会がかぶるのか?
    うつ病で事件放置して生じた損害(時効の完成など)準故意ともいえる事案の
    損害も弁護士会がかぶるのか?
    子供でもわかるおろかな提案。
    弁護士会はますますたかられ、崩壊が加速するだろうな。

    加入強制やめろよ。こんなあほな団体に所属していると思われたくない。

    No title

    たかだか1万円。

    いやー、「弁護士」様は余裕しゃくしゃくですなあ。

    月1万円分の福利厚生を、日弁連は弁護士に与えているのですか?
    それだけの対価を与えてからものを言っていただきたいと思います。
    それができないで「たかが1万円」というなら、さっさと任意加入にし
    てください。そんな金銭感覚の連中が市民目線だとか、おかしくてし
    かたがありません。

    No title

    会員の意見を聴くより、マスコミリークの方が先。

    しかも、意見照会の説明の第一理由は、アメリカ様ガー。。。あほか。。。

    カリフォルニア州のように、年間400ドル余りの会費の一部が依頼人保護に回されるならば、別にいい。ニューヨーク州のように任意加入団体になるならばなおいい。

    日弁連執行部は、アメリカの会費額・ABAが任意加入制度であることは、絶対に棚上げ。弁護士会の強制加入制度は維持、強制加入3団体合計で年額50万~100万超という高額な会員負担を強要し続け、アメリカ様ガ―、ジユウキョウソウガー、ヒガイシャホゴガー、311臨時総会準備中カンコクシサツガー。

    たかだか1万円、とか発言した元執行部もいるらしい。

    一万円が3日分以上の生活費に相当する、相対貧困層(年収125万円以下)が、今や弁護士の過半数。高山候補の選挙公報にもわかりやすいグラフがあった。

    平気で、たかだか1万円、とか、自らを犠牲にして市民のために尽くす良心的マチ弁に対して残酷なことを言ってはばからない、被害者に対してのみ思いやりの深いリッチな先生達が、年額数十万円~数千万円出しあって、基金を維持したらいいんじゃないのか。

    No title

    弁護士業界は自殺願望があるとしか思えませんな

    No title

    依頼者保護って言ってる割には、「横領」の場合しか考えていない風なのはなんでだろう。

    例えば苦情や弁護士の懲戒制度そのものの在り方や使い勝手のまずさとか(最近のツイッターでのやりとりから見ればこっちのほうが問題だと思うが)、後見やりたい人だけ、とか、ベテランと若手をペアにする、とか、紹介されていた対案とか、いくらでも他に手を入れるべきところはありそうなものなのだが。

    臨時総会招集の話も出たり入ったりしているけど、実際これが実現されなかった時のリスクっていうのも考えているんだよね?(だからきっとこの議案での臨時総会はされないだろうと予測するが)だから目をつむっているんだよね?
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR