「勇者」登場期待論の無力感と欠落感

     今回の司法改革の動きが本格化する以前から、いわゆる刑事畑、人権畑とされる弁護士のなかには、強固な弁護士増員論者がいました。そういう弁護士たちの話は沢山聞きましたが、彼らが増員にこだわる理由として述べていたのは、大きく二つでした。その一つは、強烈な弁護士=正義という考えによるもの。「その国の人権レベルは弁護士の数に比例している」と言った人もいましたが、とにかく弁護士数の増加は、人権擁護を進めることにつながり、市民にとって望ましいものになるのだ、と頭から強調する、むしろそれを信じて疑わないといっていいものでした。

     そして、もう一つはこの分野に携わる弁護士の絶対的な少なさへの対策になるという考え方。要は母数が増えれば、それと比例してこの分野に参入する弁護士は増えるはずとの見方で、そのため前記対策として、増やすに越したことはない、という発想につながっているものでした。

     ただ、当時、特に後者の考え方に触れる度に、その増員への根拠性、つまり、それが現実的にそのヨミ通り、刑事・人権畑の弁護士を増やす効果があるのかどうか以前に気になったのは、その思考が教える無力感のようなものでした。こういう分野の弁護士が増えることへの期待感とは、要するに「勇者」の登場への期待感なのか、と。こうした分野に携わろうとする弁護士には、あたかも全体に占める動かし難い一定割合が存在し、その割合そのものは変えられないということを前提に、母数を増やすしか、人材を獲得することは基本的にできない、といっているようにとれたからです。

     今、この前記二つの意見を見れば、増員政策について、ともに刑事・人権分野の弁護士の獲得に目を奪われながら、母数が増えることによる弁護士全体への影響が決定的に目に入っていない感を持ちます。ただ、それに加えて、こと後者に関しては、その刑事・人権分野の弁護士の獲得そのものについて、本当の意味でどうすれば養成できるかとか、経済環境を含め何が一定割合に押し込めているのか、といった、制度的な裏打ちや、可能性について考えていくという思考方法が、不思議なくらい欠落していることに気付かされるのです。

     そこには、漠然とした「経済的自立論」の固定観念があったのかもしれません(「『経済的自立論』の本当の意味」)。弁護士の経済的基盤が確保されることで、おカネにならない案件を扱える。その基本的な形は変わらず、なんとかなっていく。いや、むしろ自分たちはそれでなんとかやってこられた、という「成功体験」が、彼らに前記した意見を言わせたのではないか、ということまでうかがわせます。その意味では、そのころにはやはりまだ、これから起こる弁護士増員がもたらす経済的影響に対して、決定的な楽観論が彼らの中に存在していたということなのかもしれません。

     最近、こうしたことを思い出させるような記事を目にしました。「【関西の議論】「『歯を食いしばれ!』弁護士が冤罪に加担しないために…スペシャリストが説く〝いばらの道〟」(産経WEST8月18日) 。 「足利事件」「東電OL殺害事件」などの冤罪事件に関与した神山啓史弁護士が、7月18日に京都で開かれた第69期司法修習生7月集会の全体会で話したことを中心にまとめられた記事です。

     裁判員制度をにらんだ「公判前整理手続」の導入や、証拠物一覧が交付されることになった今年5月の刑訴法改正が、風穴を開けた形にはなった検察側収集証拠の開示。記事によれば、神山弁護士は、こうしたなかでの開示請求の重要性を説きつつ、膨大な証拠を吟味する労力、知能が必要になってくるという弁護士側の覚悟の必要性を指摘します。

     しかし、現実問題として検察のマンパワーに対抗して、弁護士側にそれはできるのか。同じゲストスピーカーの前田恒彦・元検事からは、現実的な疑問が提示されます。「例えば従前の弁護活動とは比べものにならない時間と労力、報酬や諸費用を誰がどう負担するのか。被告に有利な証拠の開示を受けたのに、弁護人が見逃してしまう『弁護過誤』を引き起こすのではないか――」

     神山弁護士はこれを「まったくその通り」と同意したうえで、この少ないマンパワーでどう対抗するかという問題に関して、次のように語ったと記事は書いています。

     「神山弁護士は現在も再審請求が続く『名張毒ぶどう酒事件』の弁護団に加わった際、分厚いファイル50冊分の記録を読み込んだ経験を踏まえ一言『根性しかない』と語った。会場に苦笑が漏れる中、神山弁護士は『法曹資格を持ってしまったらしようがない。労力を負担したくないなら、そもそも資格を与えるべきではない。歯を食いしばれ、としか言えない』と続けた」

     この集会に出席していないので、この記事での発言の引用が正確なのかも、あるいは神山弁護士の言いたいニュアンスを正確に反映しているのかどうかについても裏を取っていないことは、まずお断りしなければなりません。あくまでこの記事に基づくことをお許し下さい。もちろん、神山弁護士の指摘は、経験に裏打ちされた重みがありますし、そこには彼の現実的視点があるのだと思います。

     しかし、あえていえば、そこにはやはり冒頭の意見同様の「勇者」登場に期待する「無力感」を感じてしまったのです。元検事から指摘された時間と労力、報酬や諸費用を誰がどう負担するのか、といった視点。そこには一切踏み込めない。労力を負担したくない人間には資格を与えるな、資格を与えられた以上、歯をくいしばってやれ、と言うしかないのだ、と。

     神山弁護士の発言は、「改革」によっても結局、弁護士側が犠牲的に負担せざるを得ないという現実を伝えているととれば、そこから「改革」への別の評価を導き出すこともできるかもしれません。しかし、少なくともこの記事は、同弁護士の言葉をそのまま受けて、「若手弁護士よ、いばらの道を行け」という言葉で締めくくってしまっています。

     「改革」が本当に「市民のため」になるものであるべき、と言い続けるのであれば、あるべきものを成り立たせる制度が正面から模索される議論が必要ではないのでしょうか。「勇者」の登場への期待には、それに対して後ろ向きととれるだけでなく、支えるものを考えない「改革」の欠陥を是認しているととれる決定的な欠落感があります。そして、何よりも「勇者よ来たれ」という掛け声だけで、本当に能力や知力がある人材が集まるのかということに、「改革」もそしてその掛け声を言う人間も、もっと自覚的であっていいと思ってしまうのです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    テーマ : 刑事司法
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    「依頼人のために、相手方であるお前は無条件で犠牲になれ。さもなければ裁判を起こす」と弁護士に言われたことあるなあ・・・
    これも「誰かを犠牲にしないと生き残れない業界」って自覚があってことなのかなあ・・・
    もし心中覚悟で居座ってるのなら、周囲を巻き込まないでほしいもんだけど。

    No title

    >弁護士数の増加は、人権擁護を進めることにつながり、市民にとって望ましいものになるのだ(棒)

    これは本気でそう思っていた弁護士がいるんでびっくりですね。
    経済的な環境を冷静に分析すれば、そんな酔狂な時間が捻出できるお方は優雅だと申し上げるしかありません。
    もちろん、私は自分と事務員の生活を優先しますよ。

    みんなのために犠牲になるのが当たり前だとおっしゃる人権「派」弁護士が競争に敗れて退場していくのを見るためにも採算重視の経営方針を貫こうと思います。

    No title

    誰も割に合わない勇者なんかにはならないと思いますよ。
    国選はフィーが安いので,起訴状を見て「優しい」罪名と自白事件を選び,決められた最低限のことだけして流すだけ。
    めんどくさくなったら刑事事件をうけることを辞める。
    ただそれだけだと思いますよ。
    変な期待をされても「???」です。

    No title

    2016-08-22(17:13)投稿者様
    ご指摘ありがとうございました。
    修正致しました。

    No title

    ニュースのリンク先のアドレスが違うようです。
    こちらから産経ニュースに飛べます。
    http://www.sankei.com/west/news/160818/wst1608180005-n1.html

    No title

    ちなみに週刊ポストの一部
    これも
    >年間で手元に残るのは100万円ちょっと
    >私がかつてイソ弁だった時代は毎月35万円の給料をもらっていた
    >安定した給料を得ている弁護士会の職員になりたかった
    >大手航空会社のCAと合コンしても「イマドキの弁護士さんって大変なんでしょ?」と同情されるばかり
    >毎食カップラーメンで、たまにコンビニのおにぎりをつけるのが、ご馳走です。ただ、ストレス発散のための寝る前に飲む缶チューハイはやめられない(苦笑)

    こんな愚痴ばっかりだ。
    http://news.biglobe.ne.jp/economy/0822/sgk_160822_1528576868.html

    No title

    週刊ポストの記事を読んだ。
    全員そこそこの弁護士のはずだが
    「裁判で1回は『異議あり!』と言う」(依頼者がそう希望するから)
    「離婚1件45万円」
    「離婚1件15万円」
    「今は何かすればSNSで拡散される」
    「弁護士はいばらの道、学生には薦めないね(笑)」

    読者のウケを狙ったのか、何が言いたいのか分からない記事であった。

    No title

    神山ゼミで学んだ経験のある者です。何をどうコメントしたらいいのか、全く難しい問題ですが、思いついたままに記載させていただきます。

    このゼミで叩き込まれたことを○年間実践しましたが、証拠の同意・不同意、異議、示談交渉、証人尋問、いずれも「常識」とはかけ離れた弁護士倫理が要求されるため、メンタル的も体力的にも、きわめてきつい状況に置かれました。

    できのいい小学生レベルの正義感を持った裁判官・検察官・マスコミ・被害者様と対峙するのは、警察・検察報道を垂れ流すだけのマスコミに加担してワーワー言っている国民には、想像しがたいほどにきつい仕事です。

    ところが、いざ冤罪とわかると掌返し。全く、裁判もマスコミも庶民も、あてにならないものです。

    ただ、冤罪と判明する事件はほとんどありません。したがって、警察・検察の垂れ流した情報が真実として流通し、そしてまた世間は次の餌食を楽しむ、というわけです。庶民には、自分もまた餌食となりうる、という危機感は、ゼロです。

    実際、犯罪を犯した被疑者・被告人が多いわけで、その弁護をするというのがどういうことなのか、弁護士やその家族まで社会的制裁を受けるものであるということを、刑事弁護のレクチャーをなさる先生方であればご存じないはずがありません。

    最近は被疑者・被告人との関係でも懲戒の問題が発生しうるような緊張関係が増えており、全くやりにくい仕事となっています。

    ほぼ孤立無援、家族まで犠牲にしうる環境、ハイリスク・ローリターンの中で、仲間を増やして団結して力をつけたい、という、刑事畑の先生方のお気持ちは痛いほどわかります。が、若手に対するフォローがあまりにも不十分です。

    不十分というより、中には、自己顕示欲のために逆に足を引っ張ったり叩きのめしてフラストレーションを解消し満足感に浸っているのでは・・・という感想を持つことすらありました。ご高齢者のチームワークには敬意を表しますが、根性物語を押し付ける割には若手に対して閉鎖的かもしれません。あくまでも、個人的な感想であり、ほとんどの若手はそのようなことは考えていないでしょう。

    基本的に、無罪事件というのは例外的な存在で、ほとんどは有罪事件であり、刑事弁護人においては示談交渉や社会復帰等に向けた活動が重要です。ところが、実務の大半を占める活動ではなく、マスコミが華々しく取り上げる冤罪事件への取り組みに重点を置いて若者の関心をひこうとするかのごとき講演・報道の在り方には、常々疑問を持っております。現実の刑事弁護の姿とは全く一致する点がないというのではありませんが、99%程度はズレています。

    しかも、約10年前に法務省系の法テラスに刑事弁護の運用をゆだねるにあたって加勢する先生もいた等、刑事畑の先生方のお考えは、個人的には、全く理解不能です。

    正直、ついていけず、事務所を変えたとたんに刑事弁護からは離れました。水泳競技選手の中には、引退したとたんに、水恐怖症となり、お風呂にも3年間は入れなかった、ということをおっしゃる方がいます。自分の場合は、3年どころかもっと時間がたっていますが、未だに裁判をモチーフにする日本のテレビドラマや映画などは、絶対に見ることができません。おそらく、一生、目にすることはないでしょう。

    請求退会する弁護士の多くは、法テラス事件(刑事民事とも)などの低報酬で手間暇がかかる事件しか回ってこないために、経営が苦しい先生方です。根性物語を若手に押し付け、それで若手が経営難になったら彼らを支えるだけの経済力や根性があるのか、実際に若手をサポートしているのか、刑事畑の先生方への疑問はつきません。

    刑事畑の先生方が、弱い若手に根性物語を押し付けるのではなく、八方美人で会員のことを何とも思っていない執行部と闘うのであれば、共感が持てるのですが・・・。

    国民がしっかり認識しておかなければならないのは、一時間2万円超程度の弁護士報酬を払えるのでなければ、まともな刑事弁護を受けるのは極めて難しい時代になった、ということです。刑事弁護にはマンパワーを要します。一件当たり数百万円のアドバンスが要求されるのはざらです。それもこれも、国民が刑事事件を映画のごとき娯楽にしてしまったことが、原因です。

    仮に高額なアドバンスを禁止するようになれば、まともな刑事弁護が日本から無くなるだけです。結果、捜査機関は、やりやすくなります。また、アドバンスを禁じるならば、刑事補償や国家賠償からの報酬支払いに対する規制も、バランス感覚としては必要という気がします。

    No title

    週刊ポスト9/2号が「[匿名弁護士座談会] あぁ、弁護士はツラいよ!」だから次の記事はこれと見た。

    >「若手弁護士よ、いばらの道を行け」という言葉で締めくくってしまっています。

    次回の記事が「(ブル弁以外の)弁護士よ、いばらの道を行け」という言葉で締めくくられるのかどうか……。それとも、各弁護士の資質の問題で締めくくられるのかどうか……。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR