ハードルを下げる「改革」イメージのツケ

     「ハードルを下げる」話が、必ずしもよい結果につながっていない――。今回の司法「改革」がもたらした、さまざまな変化をみてくると、このことを共通して感じさせられます。正確にいえば、「ハードルを下げる」というプラスイメージが前面に出され、それが先行する形になったことで、確実に制度への誤解が生み出されたようにとれるのです。

     弁護士の数が増え、それが社会で広く活用される社会を描いた「改革」は、市民にとって弁護士利用のためのハードルが、ぐっと下がる未来をイメージさせました。弁護士・会側から発信される「敷居が高い」ことへの自覚・反省とともに、彼ら自身が主体的にハードルを下げることへの期待を喚起した、ともいえます。

     しかし、利用者の声に耳を傾ければ、必ずしもハードルが下がったという実感は聞こえて来ません。数が増え、テレビでもインターネットでも弁護士がアクセスしやすくなっても、そうした機会保障だけでは、本当の意味で利用のハードルが下がることにはならなかった。

     むしろ、弁護士側が必ずしも「ハードルを下げる」ことに結び付けたわけではなかった、低廉化を利用者側は当然のように期待し、これと結び付けたし、数が増えることで、もっと簡単に、自分のケースにマッチした専門の弁護士を選べ、出会いが確保されていいはず、という欲求は強くなった。そして、それによって、薄利多売化が難しい業務の実態や有償サービスを基本とする自営業者としての現実に対する理解はより後方に押しやられ、逆に今、無償性への誤解や弁護士への無理な要求を高める傾向にまでつながっているようにみえます(「弁護士の『利便性』をめぐる認識格差」 「弁護士『薄利多売』化の無理と危険」)。

     弁護士利用の「ハードルを下げる」というイメージによって、非現実的な形で「改革」のハードルを上げてしまっているといえるかもしれません。

     修了者「7、8割合格」をうたった法科大学院制度は、弁護士の増員政策とあいまって、法曹になりやすい、この国の未来をイメージさせました。激増政策が実行されたことをもって、確かに旧制度より「なりやすくなった」という人はいます。しかし、単年修了者の「7、8割合格」は即刻看板倒れになり、それ以上に経済的時間的負担感は、司法試験への道を実質的に広くチャレンジできる制度でも、チャレンジしたくなる制度でもなくしてしまいました(「法科大学院『志望』をめぐる認識のズレ」)。

     司法試験が依然として「狭き門」であることが元凶で、そこが変わっていればこんなことになっていなかったかのようにいう声も、法科大学院方面からは聞こえてきます。しかし、いかに政策的増員が決まっていても、さすがに司法試験のレベルを極端に下げていい、という考え方は、法曹界側にもともとないのです。法科大学院という法曹養成の一部を担った新プロセスが、底上げ的に合格ラインまでもっていくという前提も、しっかり前記「法曹になりやすい未来」のイメージに結びついていたのは確かです。

     だからこそ、当初、経済的時間的無理をして、たとえすぐに収入を得られる就職口を選択しなくとも、あるいは退職しようとも、チャレンジした志望者たちがいたわけです。しかし、現実的には借金を背負っても司法試験には受からない、さらに受かっても前記弁護士の状況からいえば、返済を含めて厳しい現実が待ち受けていた。あたかも狭き門を改めて、法曹になるための「ハードルを下げる」ことをイメージさせた制度は、多くの犠牲者を生み、法曹界から新たな志望者を遠ざける結果となったといえます。

     また、法曹になりやすい、さらにいえば、誰でも合格できる制度イメージの無理は、法科大学院の未修コースに最も象徴的に現れているといえますが、それは既に実際に担当した教官が本音として語っていることです。

     さらに、この「改革」の一つの目玉となった裁判員制度は、市民の誰もが「裁く側」に立たされる可能性がある制度として、導入当初、「裁く」という行為のハードルを下げるイメージ戦略が、さらに露骨に行われました。導入前から、民意の離反が顕著だったこの制度を何としてでも導入しようとする側は、「裁く」ことを極力「誰でもできる行為」とイメージ付けようとしました。

     事実認定を「浮気発見」に容易なものとして、制度拒絶感が強かった主婦層に訴えたという女性検事の話が残っています(「『浮気発見』にたとえられた裁判員裁判」)。「常識に照らせばいい」とか「専門家も一緒だから」とか「諸外国でやっているから」といった話ばかりが強調され、「裁く」ことがいかに厳粛で、時に苛酷であるのか、どういう責任を背負わされるのかという話は、後方に押しやられた。

     もっとも、裁判員制度の場合、こうした戦略の効果が当初から推進者側の思惑通り、100%発揮されたとは言い難いものがあります。しかし、死刑関与といった、それこそ拒絶感に影響するテーマをきっちり伝えていないことのツケが回ってきているといえますし、少なくともそうしたことが誠実に伝えられていれば、制度に対する評価は当初からもっと違うものになっていたはずです(「裁判員裁判被害国賠が浮き彫りにする『不都合』」)。また、「裁く」側に配慮するあまり、「裁かれる」側が主役ではないような、裁判そのものに対する転倒したイメージが、裁判員制度のもとで作られている観もあります。

     推進者側のなかには、今でもこれらのイメージは勝手な誤解と強弁する人もいるかもしれません。「ハードルを下げる」などというのは、受け手の都合のいい解釈で、そんなことは一言も言っていないのだ、と。しかし、それをいうならば、見触りのいい話を前面に、伝えるべき現実を後方に回した、「改革」にとって、それこそ都合のいい扱い方、伝え方がなかった、といえるのでしょうか。もっとも、ツケが回ってきているという、既に結果が出ていながら、そのことを認めないからこそ、彼らはこの「改革」の流れを止めようとしないわけですが。


    裁判員制度の必要性についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4808

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >とここまで書いて思ったが、
    >「裁判所の受付を通過する能力」と「裁判を戦う能力」は別問題か。
    >後者を持ってない弁護士はちらほら見たことあるが、
    >前者を持ってない弁護士は流石に見たことないや。
    >ここだけは研修の効果出てるんだろうな。
    裁判所の受付を通過できない訴状を見る機会があるのなんて
    裁判所の職員ぐらいでは?

    弁護士が付いていて受け付けてもらえない訴状なんて
    どの程度あるのか疑問だけど。

    No title

    >でも弁護士資格取るまでの流れで、
    >訴訟のいろはをどれだけ学べるかって言われたら・・・
    >ネット知識の素人()と案外差がないかもよ?
    ↑訴訟のいろはについて弁護士とネット知識の素人との比較

    >書類の作成能力は流石に弁護士の方が圧倒的だが。
    ↑書類の作成能力について弁護士とネット知識の素人との比較

    これに関して、弁護士のピンキリの話をしていたと思っていたという人間に、
    弁護士のスキルについて適正な評価ができるのだろうか?

    No title

    >>ネット知識で十分だと思ってる素人の話をしていたので
    >してないしてないw弁護士もピンキリだって話だw

     >>まあ、素人がネット情報で頑張ってそれでうまくいくほど、
     >>訴訟は簡単ではないんだが・・・。
     >>
     >>だからこそ、難関資格だったんだけどね。
     >でも弁護士資格取るまでの流れで、
     >訴訟のいろはをどれだけ学べるかって言われたら・・・
     >ネット知識の素人()と案外差がないかもよ?
     >書類の作成能力は流石に弁護士の方が圧倒的だが。
    ↑これ読む限り、弁護士とネット知識の素人の
    比較の話をしているのであって、
    弁護士もピンキリという話ではないように読めるね。
    これを受けてのネット知識の素人の本人訴訟の話だからね。

    さらに言うと、その前から↓という話も出てたし。
     >ネットで検索すれば、簡単に法律知識が
     >(ただし自分のケースに当てはまるとは必ずしも言えない)
     >得られるという錯覚が
     >「どうしてタダでももらえる情報に、
     >高い料金を払わなきゃならないのか」
     >という依頼者のモンスタークライアント化に
     >結びついてきたのだと思うよ

    あなたはコメントを読み返しても
    弁護士もピンキリだって話をみんながしていたように見えるのかな。

    No title

    >「裁判所の受付を通過する能力」
    >前者を持ってない弁護士は流石に見たことないや。ここだけは研修の効果出てるんだろうな。

    ……いや、これは研修以前の問題で、形式と印紙額が整っていれば受付は受付てくれるから……内容の補正はまた別問題だし、それは補正の連絡がくるもんだし……。
    確かに稀に受付でやたらチェックする書記官はいるけど……。

    No title

    執行部の音頭に従順にしたがって、法テラスや裁判所の下請けや弁護士保険を受けてきた弁護士が、赤字に耐えきれずに、次々に請求退会している。

    「来月の事務所経費どうしよう?」
    なんて考える必要もない事務所は、ハードルは1ミリも下げず、法テラス等とは契約しない。

    だいたい、2016年執行部のメンバー22人中の一人でも、法テラス事件を受任する先生がいます?
    http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/meibo/2016_4_meibo.pdf

    No title

    >ネット知識で十分だと思ってる素人の話をしていたので
    してないしてないw弁護士もピンキリだって話だw
    訴訟能力がない弁護士の存在自体はあんたも否定してないしな。
    「もちろん個人差はあるが、今の弁護士にそこまでの信用ない」もそういうこと。

    とここまで書いて思ったが、「裁判所の受付を通過する能力」と「裁判を戦う能力」は別問題か。
    後者を持ってない弁護士はちらほら見たことあるが、前者を持ってない弁護士は流石に見たことないや。ここだけは研修の効果出てるんだろうな。

    No title

    >本人訴訟の話なんかしてないんだが・・・もうちょっと頭使ってね?
    それにあんたの言い方だと、弁護士はルールブックがきちんと頭に入ってるから何も問題なくプレーできる、と言ってるように聞こえなくもないぞ?
    もちろん個人差はあるが、今の弁護士にそこまでの信用ないからな?

    「そこまでの信用」って、どこまでの信用???
    普通に訴訟遂行できる程度の能力持ってる弁護士なら
    普通にそれなりにはいるだろう。

    普通に訴訟遂行できる程度の能力持ってる弁護士に出会えない人か、
    普通に訴訟遂行できる程度の能力というものがわからない人なんだろうな。

    No title

    >本人訴訟の話なんかしてないんだが・・・もうちょっと頭使ってね?
    ネット知識で十分だと思ってる素人の話をしていたので、
    おれは、ネット知識で十分だと思ってる素人の
    本人訴訟について話をしたんだが、それが何か悪いのか?
    あんたに話題のテーマを限定される筋合いはないんだがな。

    >それにあんたの言い方だと、
    >弁護士はルールブックがきちんと頭に入ってるから
    >何も問題なくプレーできる、
    >と言ってるように聞こえなくもないぞ?
    そんなこと言ってないな。
    ルール知らないのはそもそも話にならん
    ということを言ったのだろう。
    ルールを知っていることは必要条件であって
    十分条件ではない。

    あんたに合わせて言うなら、
    あんたのねじ曲がった読解の話なんかしてないんだが・・・
    もうちょっと頭使ってね?
    といったところか。

    No title

    まあ司法試験を簡単にしちゃった時点で、法曹に価値はないよね。
    司法試験自体、ローで漏洩されてたわけで。

    No title

    本人訴訟の話なんかしてないんだが・・・もうちょっと頭使ってね?
    それにあんたの言い方だと、弁護士はルールブックがきちんと頭に入ってるから何も問題なくプレーできる、と言ってるように聞こえなくもないぞ?
    もちろん個人差はあるが、今の弁護士にそこまでの信用ないからな?

    No title

    >でも弁護士資格取るまでの流れで、訴訟のいろはをどれだけ学べるかって言われたら・・・ネット知識の素人()と案外差がないかもよ?
    書類の作成能力は流石に弁護士の方が圧倒的だが。

    本人訴訟では、
    要件事実なんて考えたこともない無意味な主張と、
    証拠から大幅に飛躍した事実認定が定番かと。

    例えるなら、本人訴訟は、
    野球のルールを知らずに野球をやってるようなもの。
    どうやったら得点が入るのかも知らずに
    何となくバット振って
    何となく気が向いた方向に向かって走っている感じか。

    No title

    >まあ、素人がネット情報で頑張ってそれでうまくいくほど、
    >訴訟は簡単ではないんだが・・・。
    >
    >だからこそ、難関資格だったんだけどね。
    でも弁護士資格取るまでの流れで、訴訟のいろはをどれだけ学べるかって言われたら・・・ネット知識の素人()と案外差がないかもよ?
    書類の作成能力は流石に弁護士の方が圧倒的だが。

    No title

    >ネットでただでもらえる情報で解決できると思う人は、
    弁護士に依頼せず自分で交渉なり訴訟なりやればいい。
    >まあ、素人がネット情報で頑張ってそれでうまくいくほど、
    訴訟は簡単ではないんだが・・・。

    →そして「司法書士/行政書士」に流れちゃう(これは他業種の広告の問題と、弁護士もそういう広告について何の取り組みもしなかった結果なので)んだよねえ。
    もう特に相続関係なんて資格が乱立してるもんな。
    行書が司法書士や弁護士向けにFAX流す時代でもあるし。
    まぁ家裁の事件は割に合わない上にこっちのストレスもMAXになるだけだから正直、他資格が欲しいってんならくれてやってもいいとは思っているのだが。

    正直、弁護士は刑事事件と地裁以上の事件だけを扱う専門(←ここ重要)ってことにしないとどんどん軽んじられる気がするね。

    No title

    >「どうしてタダでももらえる情報に、高い料金を払わなきゃならないのか」という依頼者のモンスタークライアント化

    ネットでただでもらえる情報で解決できると思う人は、
    弁護士に依頼せず自分で交渉なり訴訟なりやればいい。

    まあ、素人がネット情報で頑張ってそれでうまくいくほど、
    訴訟は簡単ではないんだが・・・。

    だからこそ、難関資格だったんだけどね。

    もう、たいした需要は無いということなんだから、
    大増員の根拠も無くなったわけで、
    合格者数減らして、法科大学院制度も廃止、
    旧試験の形態に戻すべき。

    法科大学院なんて需要ないんだから税金の無駄遣い。
    法科大学院関係者が職を失おうが、
    そんなこと、知ったことか!!ですよね。
    税金の無駄遣いを正当化する理由にはなりません。

    No title

    >「どうしてタダでももらえる情報に、高い料金を払わなきゃならないのか」という依頼者のモンスタークライアント化

    エイズやエボラがなぜ出てきたか?
    これらは、アフリカのアンタッチャブルな地域における風土病で、お猿さんやらの病気だった。
    それが、開発でアフリカの奥地に人が行くようになって、もらってきて、変異して、拡散したと聞いたことがある。

    弁護士の世界もそれと同じで、アンタッチャブルな地域に踏み込んで、そこのウイルスをもらって拡散しちゃったのだろうと思います。
    アンタッチャブルな、というのは、貧民ね。弁護士はもともと最高級の法律家であり、複雑な紛争を事案に応じて解決することを生業とするもので、その仕事はもともとが面倒なこと。だからその分、処理にも能力が必要だし、それだけ費用も跳ね上がるのは必定。なにしろ人がやらかしたことの後始末だからね。
    貧民間の事件に、弁護士はそもそも適合しないんだよ。

    それを、貧民間の事件という、アンタッチャブルに踏み込んでしまったために、すべてのバランスが崩れてしまったのではないかと思っています。
    貧民間の話は行政に投げたりすればいいのに、お人好しの弁護士会は引き受けてしまった。これが全ての「終わりの始まり」ではないかと思いますけどね。

    No title

    IT云々は言い訳じゃないかなあ?
    確かに素人でも表面上の知識は得られるようになったが、実際に現場を経験しないと分からないこと、出来ないことはある。
    こういう部分で「やっぱ本職は違うな」と思わせれば、専門家としての価値が生まれる。
    「弁護士を雇わないと裁判で負けますよ!」なんて煽りも、こういった事実から生まれたんじゃないの?

    あ、でも今は弁護士が十分な経験を得られないんだっけ。
    やっぱりITと改革のダブルコンボが原因かも。

    No title

    露骨な戦略という以前に、ITの発達も大きかったと思うけれどね。
    ネットで検索すれば、簡単に法律知識が(ただし自分のケースに当てはまるとは必ずしも言えない)得られるという錯覚が
    「どうしてタダでももらえる情報に、高い料金を払わなきゃならないのか」という依頼者のモンスタークライアント化に結びついてきたのだと思うよ(某ド○○○○も最初は試行錯誤があったのは分かるけれども、今は露骨な弁護士のポイント稼ぎの場になっている)。

    そもそもこの国は、知的な仕事に関する評価の低さは驚くほど低かった。石田三成しかり。頭脳派・事務方の人間は古来から評価されない傾向にある。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR