「選択的夫婦別姓」にたどりつけない現実に思うこと

     選択的夫婦別姓をめぐるキーワードを一つ挙げるとすれば、「寛容」という言葉以外にないのではないか、と思ってきました。だから個人的な問題意識としては、この言葉ひとつで制度的解決に道が開けそうなこの問題が、えんえんとそうはならないことの方に向いてきたといっていいかもしれません。私たちの国、社会は、どうしてこの「選択肢」を認められないのか――。

     多くの推進派の人が、口を酸っぱくして繰り返し言ってきたように、あくまで求められているのは、別姓を選択できる社会。同姓をやめさせる制度ではありません。夫婦の同姓の選択にも継続にも、全くかかわらない要求です。国民の受けとめ方としては、本来それこそ、「不都合な人たちがいるならば、認めてあげればいいじゃない」で済んでよさそうな話であり、そうであればこそ、国家が制度的にも「選択肢」をあえて与えないことの方が、むしろ筋が通らないような話になっていいくらいに思えます。

     「家族の一体感」が損なわれるという反対論があります。これにしても言われてきた通り、別姓で本当に損なわれると感じる夫婦が同姓を選択すればいいだけであり、個人の立場で他人の「家族の一体感」を云々して、制度に反対すること自体が僭越といってもおかしくないくらいの話です。だから、これを最上段に振りかぶって、まるで同姓別姓の混在は、この社会に許されないといっているように聞こえる政治家などの声を聞くたびに、目線の先にあるのが、「個人」でないことはもちろん、結局、崩したくないのは「家族」とはいいながら、「国家」としての一体感ではないか、と思ってきました。この国の住民は、個人の選択肢より、制度による国家の一体感を求めているのでしょうか。

     こういう個人的な問題意識からすると、夫婦同姓規定「合憲」の最高裁大法廷判決の翌日の朝日新聞朝刊オピニオン欄「耕論」が取り上げた三人の識者のうち、山田昌弘・中央大学教授の意見は、すとんと胸に落ちるものがありました。

     「夫婦別姓への反対は結局、理屈ではなく感情なのでしょう。その底にあるのは、この社会の同調圧力です。多数と同じでない人は変だ、けしからん、皆と同じにしろという無言の圧力です」
     「問われているのは、皆と同じにしないのなら不利益を受けて当然、あるいは人と違うことを許容しない、という社会でこれからの日本は大丈夫なのか、ということです」
     「夫婦別姓の問題がずっと解決されずにきたことは、こうした社会の同調圧力の象徴のようなものだと思います」

     多様性を認めて、選択肢を用意するという社会の寛容性のなさ、その根底にある「同調圧力」に言及しています。ただ、私たちは、この「同調圧力」について、どこまで自覚的なのでしょうか。そうした感情によって、少数を犠牲にしつつ、寛容性も多様性も生まれない社会を選択するのでしょうか。ひとつはっきりしているのは、この「同調圧力」こそ、「国家の一体感」を求める側に利用されやすいという、この国の歴史的事実です。

     今回の最高裁大法廷判決は、民法750条の規定の「合憲」解釈を引き出したうえで、その決着を国会と国民的論議に投げ返しました。「選択肢が設けられていない不合理性を裁判の枠内で見出すことは困難」という寺田逸郎長官の補足意見でも明らかなように、多数意見の立場は、いわば司法としては「お手上げ」という意思表明になります。「同調圧力」とはいいませんが、15人の最高裁裁判官のうち、女性と弁護士出身以外が、キレイに「合憲」判断に名前を連ねています。

     この現実を見たうえであればなおさら、前記「朝日」オピニオン欄に登場した、泉徳冶・元最高裁判事の発言には、非常な重みを感じました。制度改正が進まないのは、この問題が少数者の権利にかかわるから。国会議員は多数派によって選ばれるから、政治家は常に多数派を意識する。だから、このような問題で国会自らによる法改正を期待するのは難しい。しかし、多数決原理によって少数者の人権を抑圧していいわけがなく、その時、少数者の人権を守ることができるのは裁判所しかない、と。最高裁判事経験者をして、「期待できない」ところに投げ返した今回の最高裁判決は、同元判事の見方に立てば、やはり少数者の人権擁護から逃げたという評価になって当然のように思えます。

     この問題には、長く、多くの弁護士が取り組んでいることを知っています。ただ、一方で、昨今、「少数者の問題を扱うことだけが弁護士の仕事ではない」ということの方が、弁護士界内では、さかんに強調されるようになりました。弁護士増員政策による弁護士の経済環境の激変から、こうした少数者の案件は、あたかも利益をなげうってでもやりたいという志向やイデオロギーに支えられた人がかかわればよろしい、といわんばかりにつけ放した声にも出会います。

     以前も書いたように、弁護士の仕事が特定の階層を弁護する存在でないこと(「弁護士の『本質的性格』と現実」 「『改革』が本当に残そうとしている弁護士」)は事実ですし、前記したような発想にならざるを得ない状況があることは理解していますが、ただ、それでもやはり私たちにとっての問題は、むしろこの社会が少数者のために立ち上がる、その発想に立つ弁護士をどれだけ確保できるのかにあるのではないでしょうか。

     期待的出来ない国会にボールを投げ返し、逃げてしまった「人権の最後の砦」の姿勢と、社会の当たり前の「寛容」さで少数者保護にたどりつけない、この国の現実を考えるほどに、それを強く思ってしまうのです。


    夫婦同姓規定「合憲」の最高裁大法廷判決についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6970

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ


    スポンサーサイト

    テーマ : 選択的夫婦別姓
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    国民不在はそのとおり

    >選択的夫婦別姓の問題は,理性ではなく感情の問題なのだろうと思います

    感情というよりか、ごく一部の方々のイデオロギー的偏向の問題では

    姓を絶対変えたくないという感情が強いのであれば、相手に変わってもらうよう説得すればいいだけ

    ・たまたまくっついたカップル二人が、
    ・たまたま偶然に二人ともが揃って、
    「自分で選んだ結婚相手の姓に変わるのはどうしても絶対に嫌だ」
    という感情を持ち
    かつ、「事実婚ではなくて法律婚じゃなくちゃ嫌だ 法律婚別姓を認めないのは私らへの人権侵害レベルの不利益だ」
    という、真摯な「感情」をもっているから、別姓法律婚を認めて下さいと主張しているーーー
    そう見えますか?

    どうみてもそんな「感情」を真摯に持ってるとは見えない
    「同性法律婚を否定させる」 これ自体を目的としたイデオロギー活動をしたいだけにしか見えない
    だからこそ、他者の共感は得られていない

    No title

    >選択的夫婦別姓の問題は,理性ではなく感情の問題なのだろうと思います。

    黒猫の投稿の下の人は、確かに支離滅裂な感情論だけですね。

    国民不在の議論

    選択的夫婦別姓の問題は,理性ではなく感情の問題なのだろうと思います。
    日本の家族制度は,明治以来絶えず欧米諸国の意向に振り回され続けており,明治初期は夫婦別姓制度が採用されたもののいまいち日本の実情に合わず,民法施行時に「ドイツが採用しているから」という理由で夫婦同姓(夫の姓を名乗る)が採用されました。
    その後,夫の姓を強制するのは男女差別だとするアメリカの意向で,戦後に民法が改正され今の制度になり,日本社会がようやくこれに馴染んできたと思ったら,今度は国連から,今の制度は憲法違反だから変えろと言ってきたわけです。
    いくら理屈としては選択的夫婦別姓の方が合理的であっても,これでは日本国民の間から「いい加減にしろ」という声が挙がるのは仕方ありません。
    しかも,国会による法改正で選択的夫婦別姓を導入するのでなく,最高裁の違憲判決で選択的夫婦別姓が導入されることになれば,多くの日本国民がこれを「欧米的価値観の押し付け」と受け止め,司法に対する猛反発を招く可能性も否定できません。最高裁はそれを恐れたのでしょう。
    また,夫婦同姓による法的不利益というのは,旧姓を使い続けるとそれが戸籍上の本名ではなくなるので,役所や金融機関の手続きで混乱が生じるというものですから,別に正面から夫婦別姓を認めなくても,あくまで夫婦同姓を維持しつつ,旧姓を続称したい人はその旨を役所に届け出て,戸籍にもその旨が記載される法制度を作れば,法的不利益は解消されるわけです。国民不在の議論で夫婦同姓制度の違憲性を主張しても意味がないどころか,問題をかえって解決困難な方向に向かわせてしまうのではないかと思います。

    論かポエムか

    >比較法の知識があれば、ペットとの婚姻があり得ないことは一目瞭然なんですがね

    日本語よくわからんけど、他の先進国で見られないような話は駄目だってことですね。少数派への徹底した非寛容ですな
    少数派への寛容を求める河野さんを、完全否定してるわけですね、あなたは


    >出生率上昇~女性にとって不利に過ぎる家族法の規定その他の

    なるほど。「家族法等が女性にとって不利だ。だから私は結婚出産しません」 という女性が、
    全体の出生率に影響を与える程度の人数で存在するというのが、あなたの論の前提ですね
    これは根拠やデータはある?
    それとも単なる妄想ポエムかな


    >金もないくせに従来の男の優越的地位だけは欲しい、というわがまま者が多く

    これもなにか根拠やデータある?
    それとも妄想ポエム?

    前者のは妄想だったとしてもつまらんポエムだなですむけど、
    後者は揶揄入ってるから、妄想でやっちゃダメだよ

    No title

    比較法の知識があれば、ペットとの婚姻があり得ないことは一目瞭然なんですがね・・・。日本以外の先進国はキリスト教国家ですが、動物とのあれは異様なやりかたのあれや不倫(もっともこちらは最近は非犯罪化される国が多い)と同様のレベルで犯罪、とされている国が多い。

    日本の場合、氏の問題のみならず、養育費の支払い状況の低さ(離婚したひとり親家庭の2割しかもらっていない)、育児や介護の負担を見ても、
    「容易ならざる家庭の問題は、他の先進諸国のようにパートナー同士でシェアするのではなく、すべて女性に押し付ける。」
    というわけで、結局は女性の過大な負担を前提とする制度となります。家庭の外の雇用形態も、家庭の状況を前提とせざるを得ない。

    トータルで見て、日本の女性の地位は低すぎる(アジアにあるイスラム教の国より低い)と、世界的な統計でも明らかにされるわけです。

    逆に言えば、日本の男性の役割は働いて十分な収入を得ること。夫に収入があってきちんと家計に入れてくれるならば、その間は我慢しますよ、という日本人女性も多かったわけです。しかし、新自由主義とそれのもたらす二極化によって、このような伝統的な男性の役割を果たせない貧困男性が増えているため、今の若い女性には(玉の輿を除いて)婚姻には何のメリットもなくなり、婚姻率が下がり、出生率も下がっています。

    安倍内閣は出生率上昇をもくろんでいますが、そのためには、賃金上昇が見込めないならば、女性にとって不利に過ぎる家族法の規定その他の制度を抜本的に見直さないと無理でしょうね。

    ただ、金もないくせに従来の男の優越的地位だけは欲しい、というわがまま者が多く、それが票にもつながっているでしょうから(農家とか)、なかなか難しいでしょうね。

    姓が変わる以外実質の無い結婚制度のせいではないでしょうか?

    日本の結婚制度が緩くて、姓が変わる以外の実質がないから、その部分を変えられないのだと思います。
    日本の結婚制度は、結婚に際しては宗教施設での挙式が不要で、離婚に際しては裁判が不要で、元妻や子供に対する離婚後扶養や養育費も法定されていない、緩い制度で、フランスの同棲婚PACS程度過ぎません
    カップルの選択
    ・・・・サビーヌ・マゾー=ルブヌール教授講演「個人主義と家族法」コメント
    水野紀子(東北大学法学部教授)
    http://www.law.tohoku.ac.jp/~parenoir/pacs.html
    日本の婚姻法の法的効果は、むしろ曖昧で無内容であるといわれる民事連帯契約のそれにずっと近い。日本の婚姻が、婚姻の効果としてフランス法より強力な点は、身分証明書を意味する身分登録簿である戸籍に公示され、氏も強制的に変更されるという公示機能と、合意が成立しない場合の裁判離婚成立の困難さの、ほぼ二点だけである。日本法における裁判離婚成立の困難さは、離婚法のごく例外的な場面であり、しかもその離婚そのものにおいても歪な結論をもたらすものであって、婚姻を守るものとは言い難い
    フランスの婚姻法が、夫婦にこれだけの重い法的拘束をもたらすものであると、それを嫌う当事者が同棲を選択するのも、理解できるようであるが、それは同時に夫婦となる選択をすれば、法によって実効的に守られることも意味している。
    婚姻が直ちに氏の強制的変更という拘束をもたらすだけで、実際には家族内の弱者保護のために強者を拘束する法的効果はあてにできず、シャドウワークを義務づける習俗と社会の圧力のみを強く感じるとしたら、自力で生きていける日本の若い女性たちが、しばらくは「個人主義」を頼りにして「家族」形成を回避するのもやむをえないことなのかもしれない。

    別姓を認めない理由というより、認める意味、認めないことで誰かに不利益になるのかが、わからない

    これから結婚しようとする二人が
    「あんたの名字に変わるなんて絶対に、絶対にいやだ!」と、
    お互いに、言い合ってるってこと?
    その痴話げんかを解消するために必要ってこと?

    戸籍制度の問題でしょう

    夫婦別姓を認めないのは、戸籍制度を壊せないからだと思います。現に、日本人が日本に戸籍のない外国人と結婚した場合、同じ戸籍に入らないので、別姓が認められるのです。こうやって正式に法律上も結婚しているのに別姓の日本人を何人も知っています。

    インチキ不寛容には

    フェミや左翼が、いつまでも繰り返してるワンパターン

    口先では、「多様性を認めろ」「少数派への寛容を」と言うが、
    実際には、既に多数決の中で一定程度寛容されている人達への、さらなる寛容を言い立ててるのみ
    それ以外の少数派に対しては、まったく寛容しない。
    むしろより不寛容な攻撃すら、平気でしてくる

    主張と結論が不整合

    >制度は非常にまれで奇異です

    だからどうだ、という結論がないですね
    まれだから駄目だ、という意見でしょうか。少数派への非寛容ですね。


    >多くの現代人にとっては、気持ち悪くて生理的に受け付けられないので、そのような社会や人と立ちとは距離を置きたいと思う

    具体例がよくわかりませんが、あなたは
    「多数派が理解できない他者への不寛容は当然、自己の不寛容を治す気は全くないです」、ということですね。
    つまり、不寛容を否定する河野さんとは、全く逆の立場ですね

    あなたの意見によれば、
    別姓派=「二人ともがどうしても家制度にこだわり、かつどうしてもお国が庶民を管理するための戸籍制度に登録させたい人達」
    に対して、理解できないから不寛容になってもいい、という帰結になりますよ。

    どうも結論としては合憲判決を否定したがっているようですが、内容と結論とがなにも整合していません。
    議論以前の問題。


    河野さん、この人もよくある例ですよ。
    まともな理由すら語れないのに、とにかく別姓を認めろと、認めない奴を攻撃するぞという、見事な不寛容と他者への攻撃性
    この手の方々が別姓を掲げるから、「認めてあげればいいじゃない」では済まずに、政治闘争になっちゃうんですよ

    もし、本当に真摯に、二人ともが家制度・戸籍にこだわって法律婚別姓を認めてほしいと思ってるカップルがいたとしたら、
    (本件原告はどうみても違います)
    フェミや左翼の政治闘争のダシにされることなど、迷惑以外の何者でもない。

    No title

    比較法的にみて、日本のように夫婦同姓のみを強制する制度は非常にまれで奇異です。別姓のみ、または、選択制(夫婦同姓、夫婦別姓、ミドルネーム、旧姓をつなげていくなど)が、先進国や中進国では日本以外はすべて採用されています。

    日本の官僚システムは、西洋諸国、特にアメリカの制度をありがたがって錦の御旗にして服従する傾向があるので、上告人側が、ハーグ条約のように、「G7で夫婦同姓のみを強制しているのは日本のみ」みたいなおし方をしたら、違憲判決が出たかもしれません。

    下のペットとの婚姻などの例は面白いアイディアですね。変わった例としては、東アジアや東南アジアの各地ではひどく古い時代には点在していた制度として、死者との婚姻制度(死霊婚姻)があります。なんと韓国では今でも存在します。韓国内での同調圧力の強さは日本の比ではなく、その結果として、現代人には全く理解でいない奇妙な社会体制や社会風習(ありていに言えば、多くの現代人にとっては、気持ち悪くて生理的に受け付けられないので、そのような社会や人と立ちとは距離を置きたいと思う。)が維持されています。違憲という判断を下した5人以外の最高裁判事たちは、韓国を他山の石とし、客観的に我が身を振り返らねばなければなりません。

    河野さんも政治闘争にしちゃってる

    >この「同調圧力」こそ、「国家の一体感」を求める側に利用されやすいという、この国の歴史的事実です。

    別姓派がそういうことを言ってるから、この問題が単なる個人の選択ではなく、
    政治闘争にされてしまうのではないでしょうか

    河野さんは違うと思いますが、別姓を声高に主張する人らの中には、
    フェミニストのような性差別主義・同性擁護主義者や、
    左翼のような人権否定派が、含まれています。
    彼ら彼女らこそが、全体主義者であり、不寛容の塊です。
    (・人を性別や国籍で区分して一方を優遇する、・意見を異にする者らの人権を平気で踏みにじる、
    ・気に入らない相手には捏造してでも徹底的に叩き圧力での封殺を図る、等々)

    そういったフェミや左翼らが別姓を掲げることによって、
    この問題が、一種の政治闘争ネタにされてしまっているのですよ。
    河野さんがもし、フェミや左翼っぽい政治闘争がやりたいというのであれば、余計なお世話な指摘ですが。


    ついでに別の角度から指摘しますと

    >「不都合な人たちがいるならば、認めてあげればいいじゃない」で済んでよさそうな

    「不都合ならば、相手にみょうじ変わってもらうか、事実婚すればいいじゃない」 で済んでよさそうな

    たまたまくっついた結婚希望のカップルで、二人が
    ・ともにどうしても家制度に強くこだわり、代々続いた自家の家名を残したい
    ・かつ、ともにどうしてもお国が定めた法律婚にこだわり、お国が管理する戸籍制度に登録したい
    と、本気で希望してるケースだけですよね。別姓が必要なのは。
    本件原告やその支援者を見ても、本当にそれを希望してるというより、
    フェミや左翼が裁判所での政治闘争をやってるように見えますが

    No title

    >多様性を認めて、選択肢を用意するという社会の寛容性のなさ

    はあ。では河野さんは
    ・子どもを作らないことを条件とした、親子兄妹間での婚姻
    ・ペットとの婚姻
    ・アニメキャラとの婚姻
    なども、寛容すべきだ・認められるべきだ と思いますか?

    婚姻制度というシステムを利用したかったら、そのシステムの形態に合わせるぐらい、寛容しましょうよ
    誰にも婚姻を強要なんかされてないのに、
    「私のお望み通りの婚姻システムにならないのは人権侵害だ! 私に同調しない奴は全体主義者だ!」
    とかわめいてる方々こそが、不寛容のかたまりでは
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR