弁護士「セカンド・オピニオン」の限界と現実

     医療分野同様に、弁護士の世界でも、いわゆるセカンド・オピニオンの必要性を認める業界内の声は、近年、急速に多くなりました。しかし、表現は微妙なものになりますが、肯定するとはいっても、必ずしも歓迎しているわけではない。むしろ歓迎はできないような、微妙なニュアンスがそこに込められることになります。

     「改革」の弁護士増員政策を肯定する立場からは、結果として、依頼者の自己責任による選択のハードルが高くなる現実に対して、必ず持ち出されるといっていいのが、弁護士による情報公開と、このセカンド・オピニオンという手段です。利用者・市民の自由・適正な選択の可能性と、それによって適正に行われる弁護士の競争・淘汰を、この「改革」にどうしても描き込まなければならない、「改革」肯定派の立場からすれば、ある意味、当然といえば、当然です。

     弁護士がどんどん情報を公開すれば、非対称性は解消し、依頼者がどんどん弁護士を取り変えて、多くの弁護士の知見に触れられれば、適正な選択は実現する。だから、たとえ資格付与による弁護士の質保証を緩め、いったん社会放出して、そこを競争に委ねたとしても、実害は依頼者市民の努力次第で回避できる――。こういう見立ての「改革」であればこそ、セカンド・オピニオンの実践は当たり前であり、むしろ前提といっていいものといえるからです。

     では、弁護士界内の肯定的な流れは、この「改革」の描き方をそれこそ肯定的に受け入れた結果ととれるのか、というと、そうでもなさそうです。もちろん、医師の世界もそうですが、セカンド・オピニオンには、知見・判断に対する疑義という専門家としては「面白くない」感情的な問題をはらむことは事実です。また、弁護士界内の「歓迎できない」ニュアンスなどと書けば、またぞろ競争を回避しようとする「心得違い」といった弁護士に対する「心理分析」も登場してきそうです。

     ただ、むしろ「改革」の現実からは、利用者・市民として、ここは別の面を押さえておくべきであるように思います。

     一つは端的にいって、弁護士のセカンド・オピニオンは、医者のそれより対応が難しいということです。いうまでもなく、医師のそれで問われるのは、当事者(患者)の病状であるのに対して、弁護士で問われるのは、その当事者が置かれた、あるいは抱えた法的な状況です。以前にも書いたことですが、二番目の弁護士の判断材料は、相談者が提出してきた資料と証言です。相談者が一番目に語ったこと(伝わっていること)と全く同一なことを語ってくれているかどうかで、結論は違いますし、依頼者側が自分に不利なことは言っていない場合や、肝心な情報が落ちている可能性もある。少なくとも二番目の弁護士は、時間的にもまだ、一番目ほど依頼者の話を聞いておらず、情報量は違い、判断材料が異なれば、弁護士の出す結論は変わります(「弁護士のセカンド・オピニオン」)。

     その点では、当事者に当たり、仮に病状についての本人の申告漏れやうまく伝えられないことがあっても、検査をすることで客観的に判断材料が得られる医師の場合とは、根本的に違います。このことを経験のある弁護士ほど、よく分かっていて、即断には慎重な姿勢になります。かつ、それに加え、弁護士に禁じられている他の弁護士の受任事件への不当介入(弁護士職務基本規程72条)を気にするということもあります(「弁護士湯原伸一〈大阪弁護士会〉)の右往左往日記」)。

     本来、他の弁護士の間違った対応への指摘ならば、少なくとも「不当介入」にはならないはず、となりそうなところですが、その判断材料を得ることが前記のような状況だと、やはりここでも慎重な判断は働きます。そこは、相手も弁護士であり、主張してくることも想定されます。いわば、同業者をかばっているわけではなく、自らの身を守るために慎重にならざるを得ないということです。

     つまり、現実を考えれば、弁護士のセカンド・オピニオンの効果には、多くの場合、限界がある。即刻、誰が見ても懲戒相当になるような証拠がそろっている(他の事情があろうともといえるような)場合ならばともかく、依頼者が多くの場合で抱えている、納得できない弁護士の対応についての二番目以降の弁護士の所見は、前記慎重姿勢のうえに「一概に言えない」扱いになるか、いくつもの仮定のうえの抽象的な「あり得る」「場合もある」的な結論になっていくのです。そこについての依頼者市民の不満は、これまでも度々耳にすることになってきましたが、その都度、これまで書いてきたような事情を、一応、伝えることになるのです。

     そして、もう一つ、押さえておくべきなのは、やはり「改革」がもたらしている今の状況です。セカンド・オピニオンが活用される前提は、複数の知見が存在し得るという当事者の認識です。ある専門家の知見への疑義を「素人考え」でおさめきれなくさせるのは、当然、「素人考えではない」ことを明らかにする他の専門家の所見があるかもしれない、とする可能性です。有り体に言えば、およそ「どの専門家でも同じだろう」とか、逆に「同じ結論になるのが専門家だろう」という発想が強いほど、このチャレンジは広がりません。

     医療でのセカンド・オピニオンの広がりには、この検証を経た選択への患者の権利性に専門家側が無視できなくなってきた面もありますが、医師側もよりよい処方を探る上でも、また、本人の納得という面でも、これを是認してきたという経緯がみられます。利用者からみた誤診回避が、専門家からみたよりよい医療の追求という形になる点は、一見、弁護士の場合も同じです。しかし、後者を担保することについて、前記したように弁護士は医師の場合と比べて、限界や躊躇せざるを得ない現実があります。

     では、それでも今、弁護士がこのセカンド・オピニオンの必要性を語り出しているのはなぜなのか。そこには、以前よりも、多くの弁護士が多くの弁護士の知見を疑い出している、あるいは同業者として、その知見に自信がもてなくなっていきているということがあるのではないか、と思えるのです。

     もちろん、これも以前書いたことですが、もともとこの弁護士が扱う法律分野では、対処の仕方、考え方が弁護士によって一つではない面、多様な捉え方が合法的に現れることを知らない弁護士はいないと思いますし、ならばこそ、前記慎重姿勢にもつながってきました。しかし、最近、弁護士たちはこの「改革」がもたらした増員時代に、そうしたこれまでの認識をさらに超えた「多様な」弁護士が生まれていることを知っています。依頼者の意向に沿うことだけを考えて、説得することなく、法的には実現不可能な無理な要求を突き付けてくる弁護士、経済的余裕がなかったり、採算性を追求するあまり、明らかに依頼者の不利益になる手抜きをする弁護士、そして、「合法的」という前提も疑われるようなものが含まれる弁護士。

     いわば、前記したセカンド・オピニオンの限界に引っかからずにアウトと判断すべき弁護士が、かつてより沢山この世界に現れ出していることを、ほかならない同業者が広く認識し始めているということになります。そうした現実が先行するなかで、本来、限界があるセカンド・オピニオンの必要性が語られ出しているのではないか、ということです。

     そうだとすれば、これは冒頭の「改革」路線の増員政策や、弁護士の競争・淘汰を支えていく、積極的な意味合いでのセカンド・オピニオンの効果に注目が集まり出したのでも何でもない。むしろ、その実害を少しでもなくするために、とらざるを得なくなっている「改革」の負の影響の表れともとれることになります。

     利用者にとって、弁護士のセカンド・オピニオンが必要か否かと問われれば、必要ということになります。おかしな弁護士、危うい弁護士が増えているという情報が社会に伝われば、これからより利用者はその成果に期待するかもしれません。しかし、その一方では利用者にとって、選択の自己責任の酷さを甘くみることにつながる、安易なセカンド・オピニオンへの期待感だけは、幾重にも戒められなければならないようにも思えます。


    弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6046

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    当たり前

    >性格と知能の批判は説明できないようだね。

    知能・性格の悪さが丸出しな書き込みをすれば、それを指摘されるのは当たり前。理由や説明を求めることではない。

    >俺に対する性格と知能の批判の繰り返しは、十分な「悪質な行為」に該当すると思うが

    思いません。
    本当に悪質だと思うのであれば、家族や近所に聞いてみれば。
    「Aさんが知能性格の悪さ丸出しの書き込みをしたので、Bさんが指摘しました。Bさんってかなり悪質ですよね?」  と。

    No title

    6日間様子見したが、やっぱり反応なしか・・・性格と知能の批判は説明できないようだね。

    あんたが弁護士だと仮定した場合、俺に対する性格と知能の批判の繰り返しは、十分な「悪質な行為」に該当すると思うが、これを理由に責任追求、懲戒処分請求したところで認められるの?そもそもどんな内容で訴えるの?そして割に合うの?

    No title

    唐突に「性格と知能の問題では」なんて批判しておきながら、「私の考えですから」から勝手に結論づけて逃げるのズルない?
    しかもご丁寧に「性格、知能の低い奴に喚かれて処分されるのは不当」って主張してから「あなたは性格及び知能レベルが『悪質』だと思う」って追い打ちをかけてるし。

    こんなやり方してまで文句の言い逃げをしたかった理由でもあるの?あるなら是非聞きたいね。
    俺の意見に反論するのはともかく、性格と知能の批判までするのは普通じゃないよ。

    クレーマー対策

    >お手軽さがほしいわー

    私はそうは思いません。
    お手軽になってしまえば、クレーマーや性格・知能に問題のある方、逆恨みしてる方が、「悪質だ」とわめいたら、それで懲戒や法的責任が発生してしまいます。
    これは明らかに不当でしょう。

    まあ、これは私の考えですから、2015-11-20(13:32)の方がそういう懲戒制度もしくは民法刑法になるべきだと思うのであれば、堂々と法改正でも主張してみてはどうでしょうか。

    なお、私はあなたの性格及び知能レベルを、けっこう「悪質」だと思います。
    しかし私は、それを理由にあなたを罰金刑にしろなどとは、
    全く思いません。

    No title

    「悪質な弁護士に絡まれたら法的責任の追求、あるいは懲戒請求をしましょう」が「十分な保護」なのか・・・敷居高すぎるわー・・・ストーカーに追われたら交番に駆け込んで後は追い払ってくれるくらいのお手軽さがほしいわー・・・

    そもそも「悪質な行為」を理由に責任追求、懲戒処分請求は通るのか?「行為は悪質だとしても処分を下す法的理由がなければ請求は却下だよね☆」で終わりじゃね?金もかかるし。弁護士もそれが分かってて露骨に悪質な態度とってるフシあったし。

    No title

    セカンドオピニオンを求めるのはイイことです。
    業界が腐っていることを市民自らが実感してもらうことです。

    区別をつけよう

    2015-11-19(05:44) 投稿の方へ
    >素人ってだけで無条件に相手をバカにする
    >相手が弁護士を雇ってないって理由だけで悪質な行動を繰り返す
    >無能糞アホ馬鹿カス弁護士に絡まれた人間

    まず、湯原弁護士が言っているのは、対依頼者への話だよ。
    あなたが言ってるのは、相手方弁護士の対応でしょ。
    全く別次元の話だとわかってるのだろうか。

    そもそも、本当に悪質な行為があったのであれば、民事・刑事で責任追及できるはずだよね。
    しかもそれらに加えて、相手が弁護士なら、懲戒処分まであるんだよ。
    既に十二分に、悪質な弁護士に絡まれた人には保護があるよ。
    (ついでに言うと、相手の弁護士が「無能・アホ・馬鹿」だったら、むしろあなたに有利なんだが)

    それらの手厚い保護があるのに、さらに重ねて、「罰金徴収」という制裁まで科せというのであれば、
    相当な根拠を示さなきゃ、ダメ。
    しかしあなたは、「バカにされた」程度の、抽象的かつ主観的な話しか、出せていない。

    おそらく、「馬鹿にされた」理由は、素人だからでも弁護士つけていないからでもなく、
    あなた自身の性格と知能の問題では。
    それを現実逃避してないかな。

    No title

    リンク先の湯原弁護士のブログより引用、一部改変
    >ときどき、「それはあかんやろ!」と思う案件処理を聞くときもあるのですが、
    >職務基本規程第72条がある以上、真正面からそのことを伝える訳にはいかないかと思います。

    これ、今すぐ何とかしてほしいわ・・・弁護士の悪質な行動を止める時だけ例外とかにしてくれないかな。
    指摘した弁護士にはボーナスを払う、その金は悪質行為した奴から罰金として徴収とかさ。素人ってだけで無条件に相手をバカにする、相手が弁護士を雇ってないって理由だけで悪質な行動を繰り返す奴には間違いなく効果あるんで。
    そうでもしないと、無能糞アホ馬鹿カス弁護士に絡まれた人間に救いが無さ過ぎる。

    No title

    弁護士が弁護士自身の知見を疑う、弁護士の知見に自信が持てないというのは、完全にOJTや弁護士会の研修などが責任を持って負うべきことではないのか?

    違います。

    No title

    依頼人と弁護士のレベルは一致します。

    お金も能もなければ、同じタイプのひどい弁護士にあたる確率は高まります。だからといって、セカンドオピニオンを依頼したところで、結局その弁護士もその相談者にとって類友でしょう。

    かしこい資産家(または多国籍企業)のみが賢い弁護士にたどり着いて勝ち上がる、そしてますます富める、という結論に、変わりはありません。

    No title

    2015-11-18(15:53)の方へ

    私は新司やロー卒者の質については、詳しくありません。
    ただ、ベテラン中堅の問題は、能力的な意味での「質」というよりは、
    「経営苦により不当・違法行為に走ってしまう」ことでしょう

    もともと、最初の投稿者の方が、「弁護士会で責任もって研修すべき」旨の主張をしていました。
    しかし現在は、政府及び各学者様によれば、
    「ロースクールから、能力的にも人間的にも従来より優れた法曹が、毎年毎年、2000人近くも輩出されている」 は ず です。
    それが真実であれば、弁護士会で研修など重ねる必要はないでしょう、と。

    もし、最初の投稿者の方が、
    「能力も人間的にも優れた人が大勢輩出~ なんて事実は全くない。誰かが責任を持って研修してくれなきゃ困るレベルだ」 
    と感じているのであれば、
    文句を言うべき対象は、少なくとも「弁護士会」ではないでしょう。

    医療におけるセカンドオピニオンは、客観的な検査結果よりも治療方針、方法について複数の知見を求めることを主眼としたものです。その意味では法律分野のそれと格段の違いはないものと思います。

    新試は関係ないだろ

    その言い方だと、
    「新試・ロー卒は××」ってことになるだろ!

    この記事は若手の質について言ってるわけじゃないだろ。

    寧ろベテランや中堅についてなんじゃないのか。

    違うね

    >弁護士が、(他の)弁護士の知見を疑う、(他の)弁護士の知見に自信が持てないというのは、
    >完全にOJTや弁護士会の研修などが責任を持って負うべきことではないのか?

    違いますよ。
    司法試験合格+二回試験合格で、弁護士として最低限必要な能力は、担保されている「はず」です。
    もし、担保されていないという実情があったとすれば、批判すべき対象は、司法試験・二回試験の合格基準に対してでしょう

    なお、この10年間ほど、法曹になる人の多くは、ロースクールのありがたいプロセス教育を受けています。
    国と各ローによれば、それによって、従来の法曹よりも能力的にも人間的にも優れた人達が大勢育成されている「はず」です。

    もし、そんな実情はないと考えるのであれば、批判すべき対象は、政府とロースクールでしょう。

    No title

    >それでも今、弁護士がこのセカンド・オピニオンの必要性を語り出しているのはなぜなのか。そこには、以前よりも、多くの弁護士が多くの弁護士の知見を疑い出している、あるいは同業者として、その知見に自信がもてなくなっていきているということがあるのではないか、と思えるのです

    ???
    これは完全に弁護士自身の問題ではないのか?
    弁護士が弁護士自身の知見を疑う、弁護士の知見に自信が持てないというのは、完全にOJTや弁護士会の研修などが責任を持って負うべきことではないのか?

    今回の記事は、①法律解釈についての違いについて食い違うことによるセカンドオピニオンの必要性②弁護士の(主に性格的なものか)事件の進め方による食い違いから発生するセカンドオピニオンの必要性③明らかに懲戒事由になる場合に発生するセカンドオピニオンの必要性を一緒にしてしまっているような気がするし、意図的に④依頼者のニーズ(正義は100%勝つ!といった感情的なもの)による弁護士との見解の違いという部分を抜かしているように思う。
    少なくとも④はともかく、①は法律相談の際に(やっている事務所もあると聞くが)ある程度の雛形を用意し、チェック項目を付けてもらうことによって相談内容にぶれがないようにできる。②は弁護士自身や弁護士会が発信する情報収集による依頼者本人の責任といえよう(ネット、SNSを活用できるかどうか自己責任となるが)。③は何度もコメントしているが弁護士会の権限で(懲戒履歴の無料検索や公表/懲戒手続の改善/質の良い倫理研修)対応できるだろう。
    あるいは弁護士会主催の法律相談だけは1件の相談に数名の弁護士で担当し、思いつく手段を次々挙げてもらう。その数名の弁護士の中で一番依頼者のニーズに合った弁護士と委任契約という方法もあるかも知れない(某テラや自分で直接法律事務所を選んだ場合は自己責任)。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR