「それなり」のサービスのリスクと認識

     「改革」の弁護士増員政策を肯定する側からは、しばしば利用者による「選択」の意義がつなげられて語られてきました。端的にいえば、利用者による主体的な「選択」が実現すれば、あたかも弁護士側が懸念するような利用者の不利益は生じない、むしろ利用者側の判断に委ねよ、という捉え方です。

     弁護士の善し悪し、外れを引くか引かないかということで言えば、これまでも書いてきたように、情報の非対称性の存在も含め、そこを依頼者市民側の自己責任に委ねるのは、こと弁護士については酷な現実がありますし、そうした特殊性が十分に社会に伝えられていると思いません(「依頼者『自己責任』の酷」)。

     ただ、この「選択」について、もう一ついわれてきたのは、コストとリスク判断での可能性でした。つまり、この「改革」によって、例えば提供されるサービスの程度によって投下コストを主体的に選べる形が、弁護士という仕事についてもこれまで以上に完備されていくのだ、という見方です。

     このことは、いわゆる隣接士業といわれる司法書士、行政書士の側からも、ある種の期待感を込めて語られるのを耳にすることになりました。有り体にいえば、弁護士を依頼するほどじゃない、そこまでのコストをかけたサービスを期待していないニーズの受け皿に彼らがなれるという期待感のもとに、「選択」の意義が強調された格好です。

     ただ、いうまでもなく、その判断には「リスク」ということが重要な意味を持ちます。コストとリスクを考え、費用対効果で「選択」するのは、およそこの社会の有償サービス利用者にとっては当たり前という話にもなりますし、むしろ弁護士側から出される懸念論は、そうした利用者側の機会を阻害するものとして、またぞろ批判の対象になるといったこともありました。ある司法書士は、「リスクは背負っても、それなりの安いサービスを受けたいというニーズはこの社会にある」と唱え、隣接への代理権付与といった権限拡大方向を含め、「改革」の方向への期待感をあらわにしていました。

     しかし、この点についても、果たして弁護士「選択」でのリスクがどういうものなのか、現実的に依頼者市民がどういうことを迫られるのかについて、果たして十分に伝えられているのかは、疑問と言わざるを得ないのです。

     ある意味、この社会の中にあった、簡易な弁護士利用への期待感の「受け皿」になった一方で、いまや弁護士から不評の声ばかりが聞こえてくる、法テラス(日本司法支援センター)。その利用を考えている市民への、いわば分かりやすい忠告といえる一文を、ある弁護士ブログ(「街の弁護士本音ブログ」)が掲載しています。

     法テラスの扶助制度を利用した場合、通常の弁護士費用の3~5割程度安くなり、分割払いもでき、生活保護受給者であれば支払を免除される。その半面、弁護士にとっては、まさに前記不評の原因となる割安な弁護士費用と建て替え制度利用での手続きの手間という大きなデメリット。強いて弁護士にとっての利点をあげれば、とりっぱぐれがないことと、弁護士費用を払えない低収入者・生活保護受給者からも一応弁護士費用を支払わせることができる、といった点。「しかし、これが『利点』になるのは、他にろくな仕事がない弁護士にとってのことに限られる。他に仕事があるなら、あえて法テラスを使って引き受けるメリットなどなにもない」(前記ブログ氏)。

     こうした現実を紹介したうえで、前記ブログ氏は、これが単に弁護士にとってのデメリットではおさまらない、利用者側のリスクにつながっていることを忠告します。要は、提供されるサービスの「質」への影響です。

     「第1に、値段による差だ。少し考えてみれば分かることだが、同じ店で、あるサービスと別のサービスとの値段に差がある場合、高い値段の方がサービス内容が良いのが普通である。もちろん、弁護士にとっては、たとえ無料であろうとも、依頼者の正当な利益の実現に努めなければならず、依頼者に対して負っている義務は変わらないことになっている。しかし、これも考え方の問題であって、依頼者に対して負っている最低限の義務は果たすが、それ以上の努力は一切しないと割り切ることでサービスに差を付けるということは可能である」
     「弁護士の仕事は、依頼者に分からないように手を抜こうと思えばある程度できてしまうので、分からぬように手抜きをされることは十分あり得る(あるいは、意図的に手抜きをしないまでも、弁護士にとっては無意識的にであれとことん依頼者のために努力しようというモチベーションを低めることはあり得る。)」
     「第2に、このような意図的なものでなくても、仕事の質が悪い可能性が高いということである」
     「弁護士にとって法テラスの仕事はあまり割に合わないのだから、そのような仕事をあえて引き受けるということは、能力が低いので他に仕事がないという可能性もある。そうでないとしても、法テラスの仕事は費用が安いのだから、これで経営を成り立たせようとすれば『薄利多売』にならざるを得ず、1つ1つの事件に費やせる労力にもおのずと限界が出て、仕事の質に影響するということもあり得る。あるいはまた、新人でまだ仕事の少ない弁護士が、いわば練習の機会も兼ねて法テラスで事件を受けるということもある」

     つまりは、「それなり」のサービスが、手抜きを含めて利用者に分からない形の弁護士主導で当然に行われることのリスクと、法テラスの待遇に見合った「それなり」の能力に遭遇するリスクについての忠告です。

     ブログ氏はこのあとに、法テラス利用のまともなサービスを受けられる場合として、弁護士にその事件に思い入れがあるとか、依頼者に何か共感・同情したとか、はたまた社会運動的観点から力を入れているとか、あるいは機嫌がよかったとか、弁護士がお人好しだったといったような場合、新人でまだ仕事の少ない弁護士が練習を兼ねて法テラスで事件を受けた場合で、その新人に相応の能力がある場合といった、幸運を期待するしかないと指摘。「法テラスを使ってくれ」といって嫌な顔をせず、勧めてくれば、その幸運なケースかもしれないが、その逆の反応ならば、そうしたケースではないのだから、その弁護士への依頼はやめておくのがお互いのため、と結論付けています。

     自己責任による「選択」も、費用対効果を考えるのも、この社会では当たり前といっても、社会の中にある弁護士のサービスへの期待度には非常に高いものがあります。コストに見合った当然の「手抜き」を依頼者がどこまで覚悟しているのか、についても、依頼者の失望の声を聞くたびに、疑問に思ってきました。そこには、利用者自身が実は一民間サービス業とは必ずしも同一視していない、公益性のイメージもあって、「ここまでやってもいいだろ」的な無理な期待感に基づくハードルの上げ方もあるのが現実です。その一方で、ある種のプライドも手伝ってか、弁護士側もブログ氏のような現実的なリスクを、これまで十分に提示してこなかった観があります。

     メリットの強調と期待感を前面に出し、現実的なリスクを後方に押しやって続ける「改革」に、ゆがみが出るという当然の成り行きを私たちは今、改めて直視すべきです。


    弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6046

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    女性が法科大学院を目指してくれないと困っちゃうー
    っていう叫び声が聞こえる気がするけど、気のせいかな?


    法科大学院に託児所でも作れば?
    その後は保育所作って、待機児童の問題も法科大学院に通えば解決しますとか。
    もう司法改革とか馬鹿すぎてあきらめモードだよね。
    一生消えない溝が弁護士の間に出来たよ。
    その溝に翻弄されるのはこれからこの業界を目指そうといまだに幻想を抱く情弱たち。

    No title

    というかなんでここで書き込んでるの?むこうのブログに書き込んで本人に直接伝えてあげようよwww

    No title

    >妊娠・出産・育児は、女性に対して、長期間にわたる体力的・精神的・経済的ダメージをもたらします。

    とはいえ、そのための産休等間の会費免除制度もあるわけですからそういうのをうまく利用していくのがこれからの若手弁護士では?特にこの方はツイッター等もうまく利用している方ですし。
    頭の固い他の弁護士と一緒にされても困ると思いますよ。

    No title

    いくつか下の投稿にあったブログにアクセスしてみました。結論として、この方は、数年後に出産することがあるならば、請求退会を余儀なくされるでしょう。

    妊娠・出産・育児は、女性に対して、長期間にわたる体力的・精神的・経済的ダメージをもたらします。法テラス事件のような手間暇がかかり心労の大きい仕事を続ければ不幸な結果になりかねませんので、真っ先に整理すべきです。また、先々を見越して妊娠前に多額の蓄財をして配当収入等を確保すると同時に、事務所経費をミニマルにする必要があります。ところが、貧困層の家事事件や刑事事件がメイン業務の弁護士は、弁護士会の高額な会費を除く経費削減は可能(必須)でも、蓄財は不可能です。

    最近の弁護士という職業は、若者にとっては若いころの思い出づくりの域を出ず、一過性のスポーツ選手かアイドルのようです。

    それなのに、若者に対して、仕事はある、業務拡大を、公益活動を、女性の参加を、と言い続ける執行部は、本当に罪作りです。

    No title

    一定の規模を超えたら、総合数が増えて得するのは「支配者」に属する層だけだよ。
    だから人数増えろって言ってるのは99割が支配者層と思っていい。
    現場の状況?支配者層が儲かるので関係ありまーせん^^

    No title

    法テラスに批判的なブログを実名で書いていた弁護士でも
    そのお陰(真摯な筆致のせいであろう)で盛況だという話なので
    一概に法テラスについて批判的であっても
    それが悪いとも一概に言いきれない。
    http://terarin.exblog.jp/24507584/

    No title

    しかし逆に考えてみれば、『法テラスと契約していないからといって経営にゆとりがある、とは限らない』のではあるまいか?
    (法テラスの契約が逆に負担になるため、法テラスとは契約を止めたとかもともとしていないとかいう弁護士の声も散見されるため)
    寧ろ経営が苦しいので逆に高く費用を設定している(しかし客にはいいサービスだから高額なのであろうと錯覚させることも可能)とかいう可能性もあるのではないだろうか?

    さあどうするそんじょそこらの一般市民!もう何も信用できんよ!これがお前達の望んだ司法改革だ!どうだ!

    No title

    弁護士は歯科医と似た運命にあるようだ。

    歯科医はヤブが多い。
    「保険診療ではだめだから自由診療にした方がいい」
    と、高額な治療を勧める割には、自由診療の持ちが悪い、というのは日常茶飯事(しかし、運よくよい歯医者に乗り換えることができて、保険診療で治療をしてもらうと、よく持つ)。

    また、必要もない抜歯をしてインプラント等で儲ける歯医者も多い(千葉大学真ん前にある某歯科などは、ここ30年ほど、右も左もわからぬ留学生の歯を全部抜歯して、インプラントと自由診療のポーセレンを売りまくっている。日本人学生で、やはり20本暗い抜糸しないと持たない、と言われた人が実際にまずは一本を抜かれてしまい、その後別の歯医者に行ったところ、その歯医者からは「抜く必要のあるはなんか一本もありませんよ。」と言われたケースもある。このように、日本人患者を相手に荒稼ぎをすると問題が発覚することもあるので、地元患者の被害例もあるが、主に留学生が狙い撃ちにされている)。

    歯医者が、まともな医療保険制度改革をしないで、患者との関係の中で経営問題を解決しようとするから、こういうことになる。弁護士でいうならば、法テラスの報酬を正常化することをあきらめているような状態。官僚が馬鹿で交渉の余地がないのと、上層部が官僚とベタベタなのでどうにもならないというのも、歯医者と同じ。そのうち、弁護士会が、本来できないはずの政治献金をしていることが発覚し、大問題になるのではないか。そのときが強制加入制崩壊の最後のわらだろう。

    今ではコンビニよりも歯科医院のほうが多く、口コミサイトも大流行なのに、多くの患者はいい歯医者を探して放浪している有様。元は良い歯医者でも加齢とともに技術が劣化し、後継者はいないか二代目の典型だったりするので、運よくよい歯医者が見つかっても結局患者は放浪する運命にある。弁護士事務所でもありがちなこと。

    専門家の人数増加や、広告規制緩和は、品質向上にはつながらず、ユーザーの問題は解決されない、ということのわかる、よい例。

    No title

    無能弁護士に関連した愚痴


    依頼人が無能弁護士に引っかかるのは自己責任だが、無能弁護士と直接闘うハメになるのは相手方なんだよ。
    無能の相手しても良いことなんてひとつもない。相手するだけ無駄だし寿命が大きく縮む。

    だから、無能弁護士の相手をしなくて済む、まっとうな方法で被害を回避出来るする「選択」が欲しい。
    懲戒請求とかいう、クソ面倒なうえに却下が分かりきったゴミシステムじゃなくて。

    No title

    離婚部門は敬遠されがちなの?じゃあ離婚事件がメインの弁護士は問題児が多いって印象も間違ってないんだな。

    でも依頼人視点だと、弁護士ってだけで相手を信用しちゃうんだろうね・・・
    ある意味、適材適所と言えるけど・・・

    No title

    弁護士会って、業務拡大とか言ってるのに、
    やってることって、仕事を減らすことばかりだよね。
    貸金業法改正とか、法テラスの応援とか、過疎地への法律事務所創設支援とか。
    ロースクールもそうだな。あれのせいで、弁護士という名前だけのやつが増えて、明らかにアホが増えたために、弁護士の値打ちが下がった。
    弁護士会のやってることは、弁護士の敷居ではなく、価値を下げる行為だよ。
    裁判員に力を入れてるのも意味がわからない。あんなもんにチカラ入れるなよw
    プレゼンだぁ?んなもんに会費使うなよ。

    No title

    「生活保護=償還免除」と依頼人に説明すると、苦情になるかもしれません。

    法テラスはやっぱり官僚的 今後は生活保護を受けていても立替金の償還免除が可能などと言ってはならないようだ
    http://jsakano1009.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-ed3b.html

    予納金が援助対象にならないのは、弁護士が身銭を切れ、ということか。赤字事件なのにさらに実費部分で身銭を切るのはつらいんだが・・・もろもろの事情☆から、受任したら身銭を切らされることのほうが多い(ハイリスク・ノーリターン)。

    おかげさまをもって、法テラス全体の援助件数が平成22年をピークに下がり、債務整理に至っては4割減。

    ☆もろもろの事情:貧困者が予納金を持ってこないからといって易々と辞任するわけにはいかないし、破産申立も和解もしないということでは債権者から懲戒請求されるしで、もう四面楚歌。結局、身銭を切らされることが多い。だから、引き受けない弁護士が多い。

    離婚事件のみは増加。これは、金銭請求のない離婚事件の着手金&実費=26万1800円と、決してふざけた金額ではないためです。しかし、DV事件のように弁護士自身のセキュリティーにかかわる事件が増えている(実際、命を落とした弁護士もいる。顔を切りつけられたレベルの話は数か月ごとに聞くしニュースにもならない)ので、経済的にせっぱつまった弁護士以外は、敬遠します。

    No title

    >生活保護者だからという区切りは簡単だけど、それだけで全額免除、破産管財予納金までくれるというのはいかがなものかと

    いや破産管財予納金まで手が回らない債務者は生活保護以外にも多い。で、予納金まで手が回らない奴が多すぎ。「用意できましぇ~ん」で資料は揃ったのに申し立てできないのが多すぎ。せめて同時廃止原則にするか法テラスで予納金までやってくれるかどっちかにしてほしい。

    No title

    弁護士会っていつまで続けるのかな?
    もういらないと思うんだけど。

    No title

    弁護士会の対応の予想
    >能力も経験もない弁護士によるミスがどういうものはもっと情報発信して欲しい。
    上記に対して(鼻ホジしながら)
    「個人の資質であり、大変遺憾である。再発のないよう研修等の対策を検討する」←実行するとは言ってない。

    懲戒制度もク○だしね……

    No title

    >能力のない弁護士に騙されて人生を破滅させられる市民が出てくる
    >能力も経験もない弁護士によるミスがどういうものはもっと情報発信して欲しい。
    これには激しく同意。しかも弁護士は、自分のせいで騒動の規模を拡大させようが、一人だけいつでも逃げられる権利を持っている。後始末?やるわけないじゃん。
    依頼人はもちろん、相手方も100%不幸になり、誰も得しない存在なのが無能弁護士。

    こんなゴミを、法律事務所に直接依頼しに行って、一般相場の料金を払ったうえで掴んでしまった時は・・・
    法テラスだけじゃないんだよ、ゴミを掴みかねない現状は。しかも見抜きづらい、途中で気づいてもチェンジ不可。

    No title

    生活保護者だからという区切りは簡単だけど、それだけで全額免除、破産管財予納金までくれるというのはいかがなものかと

    法テラスについては考えるべきところが多い

    No title

    私は事件処理に手を抜くことが出来ないので、最初から法テラスとは契約しません。

    No title

    >弁護士から見れば赤字(しかも手続きが面倒過ぎ)。利用者から見れば償還義務あり・免除無(しかも書類が難しすぎ)。双方にメリットがない(ルーズ・ルーズの関係)。

    償還義務ありのどこがルーズ? 普通に考えれば分割払いにしてもらえるだけでもメリットなのに、そのうえ、格安で依頼できるんだから、十分にウィンだよ。

    No title

    >重大な誤りがあります。マチ弁が法テラスを批判し続けていることの一つに、
    「『生活保護受給者=免除』ではない。」
    >ということがあります。ブログ筆者は、法テラス事件を受任した経験がないのか、受任経験があったとしても償還免除手続きを取ったことがないのでしょう。

    これは些末な揚げ足取りですね。
    勿論、過払金や損害賠償請求等で生保受給の依頼者に一定額以上の入金があった場合には、その中から弁護士報酬を含め法テラスの立て替え分も支払う義務が生じます。
    しかし、そうでない場合、申請すれば原則償還猶予となり、さらに一定の期間が過ぎれば免除される公算が高いものです。
    これは、非生保受給者ではあり得ない。資力要件規定によって、こうした依頼者の殆どが、生保以下の収入で生活しているにも拘らず、です。
    実はこの制度のこの点に、本当の「闇」が隠れているはずですが、誰も怖くて言えないのでしょう。
    所詮、このヒト達の正義感など、この程度のものだということです。

    No title

    重大な誤りがあります。マチ弁が法テラスを批判し続けていることの一つに、
    「『生活保護受給者=免除』ではない。」
    ということがあります。ブログ筆者は、法テラス事件を受任した経験がないのか、受任経験があったとしても償還免除手続きを取ったことがないのでしょう。

    弁護士から見れば赤字(しかも手続きが面倒過ぎ)。利用者から見れば償還義務あり・免除無(しかも書類が難しすぎ)。双方にメリットがない(ルーズ・ルーズの関係)。

    No title

    話題の組織が提供するサービスの質、弁護士としての遣い勝手の良さを論じるのも結構ですが、
    そもそも考えるべきは、この組織は本当に真っ当な経緯で企画・設立されたものなのかどうか、
    さらにはこの10年の間、組織として社会的正義に関わる問題も起こしていないのか、今一度振り返るべきではないでしょうか。

    気になるのが、記憶では一回だけ実施されたのみと思いますが、同組織の職員を中途採用する際、採用選考の要件として、
    「法科大学院の卒業生で、かつ司法試験を既に三回不合格になった者」というのがあったと記憶しています。
    「何らかの資格試験に合格した者を採用する」というのならわかりますが、どう考えても理不尽極まりない措置としか思えません。
    同組織では、他の法律関連の隣接職種の人間も役員として名を連ねています。
    にもかかわらず、この組織の業務は行書や司書資格者では遂行不可能で、司法試験の勉強をした人間でないと無理なのでしょうか。
    では、翻って、こうした非弁の役員は、この組織の運営という重要事項に関して、どんな役割が遂行できるというのでしょう?
    こうした子どもでも分かるような理不尽な采配をせざるを得ない理由は、何なんでしょうか。

    本当に問うべきなのは、数年前に栃木でもあった弁護士による交通費=公金横領事件に関して、
    組織として誰一人処分されることもなかった事実と併せて、こうした専横な態度がまかり通っている現状そのものだと思います。
    それ以外の議論は、ただの問題点のすり替えに過ぎない、共犯者だ、というのは過言に過ぎますでしょうか。

    No title

    しかしこのマチベン、「workingpoorlawyer」ってなってるとこがすげえな……。

    No title

    能力のない弁護士に騙されて人生を破滅させられる市民が出てくることも、弁護士の費用対効果を知ってもらうには必要悪かなと思うようになった。
    能力も経験もない弁護士によるミスがどういうものはもっと情報発信して欲しい。

    No title

    一生懸命がんばる弁護士は法テラスに手を出しちゃだめなんだよ、きっと。

    No title

    しかし同ブログ記事からの引用になるが

    >ある意味では依頼者を差別しているとはいえるが、それで弁護士に不満を抱くのはお門違いである。(中略)それだけのサービスを受けたかったら、それだけのサービスを提供しようと思わせるだけの人間になるか、接し方をすべきである。

    ブログ主はもっとこういった「弁護士からの視点」を広めるべきだと考える。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR