9月19日の「屈辱」

     政権とそれにつながる私たちの代表による様々な軽視。今回の安保法制の成立に至る過程で、私たちがみせつけられたのは、結局、彼らによる憲法と世論を軽視し、強引に考えを押し通した彼らの姿であったとしかいいようがありません。

     民主主義は、多数決にとどまらず、少数意見に対してどう向き合うのかでその真価が問われるとされてきました。しかし、今回の安保法制反対の声は少数意見ですらない。少なくとも8割の世論が審議不十分、政権の説明不足を感じている代物です(共同通信世論調査)。およそそれを無視できる彼らに、少数意見への配慮など期待できるわけもありません。

     安倍晋三首相がメディアでも再三唱えていた「丁寧な説明」は建て前でしかありません。「国民の理解」が広がらないことが分かると、あたかも本当はこの「強行」の先に、それが必ずや広がるという新たな建て前を掲げました。彼らが「丁寧な」つもりで行った「説明」をもってして、逆に「これではダメだ」「不安だ」という「国民の理解」が広がったということはハナから認めない。そうした前提での、結論ありきでは、もはや「独裁」といわれても仕方がありません。

     この政権や安保法制を擁護する側からの、この国に広がったデモを軽視する発言がみられます。国民の意思は選挙で反映される、国民が選んだ代表の多数派が決めようとしているのだ、嫌ならば次の選挙で彼らを落とせばいい――、と。国会を包囲して、叫んだところで無駄といわんばかりの言い方です。

     選挙が国民の意思を反映させる貴重な機会であることは当然だとしても、現実問題としてすべての政策を代表に委任できない場合は当然ありますし、選挙時に政策についての、彼らの恣意的な濃淡づけや隠ぺいも行われます。そして、何よりも当選後の「裏切り」が存在します。それでは、当然、選挙と選挙の間に取り返しがつかない形でこの国を変えられてしまうかもしれません。

     デモは、そのときのためにあります。9月21日の朝日新聞朝刊1面で山中季広・特別編集委員は、「投票とデモは代議制民主社会を支える2輪」とし、主輪は投票であり、それ一本での安全運転が理想だが、危険な運転が始まったときは、デモという補助輪を回さなければならない、と例えています(「安保とデモ、刻まれた主権者意識」)。まさにこのことを示したのが今回の安保法制成立強行への事態だったというべきです。この手段を軽視すべきどろか重視すべきことが、今回むしろはっきりしたのではないでしょうか。当然、デモは次の選択に反映させ得るものにもなるのです。

     そして、さらに強調しておかなければならない軽視がありました。それは専門家の知見に対する軽視です。圧倒的多数の憲法学者、弁護士、元最高裁判事までが「違憲」とした法案に対して、彼らがどういう態度をとったのか、私たちは記憶にとどめなければなりません(「安保法案反対、学者・日弁連共同記者会見で示された認識と現実」)。

     その軽視が立脚したものは、議論の潮目が変わったとされた6月の国会での3憲法学者「違憲」見解後に、高村正彦自民党副総裁が口にしたものの(テレ朝ニュース)なかに集約されているといえます。つまり、安全保障環境の変化による法制の必要性は、多数憲法学者の知見を超える「価値」を持つという言い切りです。

     そして、そこには自衛隊という存在も引き合いに出されます。憲法学者の知見で「違憲」とされたものの実績の強調です。この論調は、その後も安保法制の「違憲」主張に対して、「じゃあ、自衛隊はどうなんだ」式の批判的切り口につながっていた観があります。

     あたかも上回る「価値」よって、軽視は許されるという立場です。しかし、そうした政権の「価値」判断に憲法が歯止めにならないということと、この多数の専門家の知見を軽視できるということは、どうみても同義ではないでしょうか。「厳粛に受け止める」という建て前の言葉さえない、あからさまな軽視を安倍政権と私たちの代表たちは、やってのけたというべきです。自衛隊にしても、違憲性に向き合わずに既成事実化した側の開き直りにもとれます。集団的自衛権に関して誤読というべき彼らの「砂川判決」解釈に対する、専門家の批判的見解も軽視された格好になっています。

     しかし、あえていえば、これはある意味、私たちがずっと見てきたことと言うべきかもしれません。国の政策に都合がいい「有識者」が集められ、会議が重ねられて出た結論を「お墨付き」のようにする慣行を私たちは見ています。まして、大衆の叡智を聞くかのように行われるパブコメの声が反映されるなど、夢のまた夢。安保法制論議でも、公聴会の扱いを含め「セレモニー」という言葉が飛び交いましたが、形式で行われる意見聴取は、本当の知見の重視ではもちろんありません。

     自民推薦の参考人までが「違憲」と断じた前記見解後、「犯人探し」までが同党内で取り沙汰されたのを見るにつけ、もともとすべて「セレモニー」。そうみれば、もともと専門家の知見にしても、国民の声もフェアに扱われ、重視される前提にない現実があったといわざるを得ません。むしろ、それが今回の安保法制で、ここまであらさまに行われたことには、追い詰められて出さざるを得なかった本性という見方もできるように思えます。

     戦後安保政策の大転換という局面で、国の進む方向について、民意や専門家の知見を遠ざける重大な軽視を目の当たりにしたというべきです。この安保法制が成立した9月19日は決して「悲劇」ではなく、民主主義国家の市民としても、専門家にとっても次の選択につながる、彼らの軽視が貫かれた「屈辱の日」として銘記されるべきだと思います。


    安保関連法案の強行採決、同法成立についてご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6834

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 安倍政権
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    なぜか日本のマスメディアでは報道されないのだが・・・。

    アメリカさんは日本国首相を礼儀正しく待遇してくれ、しかも中国海洋侵略に日米協力して対応してくれるという(尖閣諸島は安倍政権の毅然たる態度で以前よりは改善。米軍基地の多くのが撤退したフィリピンやマレーシアが南沙諸島などにおける中国の軍事拠点建設・軍事行動に、完全に震え上がっている。フィリピンに至っては、明確に日本の軍事援助を要請している)。

    かつて9条は日本の好戦的な連中を抑えるのに効果的だったが(正義の戦争とか言っていたKS党とか、彼らのセクトのNS軍とかのテロリスト連中)、現在のKS党が正義の戦争をしようなどということは考えられない。当初予定されていた9条の役割は終わった。あえて9条を残すならば、日本の国防のため、同盟国の意向も踏まえて解釈することには何の問題もない。極右のオーバーシュートは、アメリカのインテリジェンスが抑えるので、問題ない。

    テキサス親父:俺が日本に関して言い続けてきたことをオバマが証明したぜ
    https://www.youtube.com/watch?v=i5XimEGZ-EI

    No title

    一つ下の方、前半後半ともに噴飯ものだけど、とりあえず文献示してもらえますかね。こんな電波な文章では法学徒を納得させられないですよ。

    >同盟国の意向なしに、このタイミングでスキャンダルになったと考えるのは、アメリカのインテリジェンス能力を過小評価している
    教えてもらった女学生が模範解答まんまで解答するという間抜けなことをしたのはCIAの工作なんですかねえ…(呆れ)

    こういう妙な陰謀論を唱える人って、普段はあ○あにゅーすあたりで騒いでるんですけどねえ。こんなところまで出張してきてご苦労様(笑)。

    No title

    日本国憲法それ自体は、アメリカ人の若造どもがGHQの意向を忖度しながら起案し、それを白洲次郎らが翻訳したもので、当然ながら法律としての出来は悪く、なんというか、鏡のように、読む人それぞれのの考えを映すことが可能なもので、これが絶対だという解釈はできない構造になっている。特に9条は、同盟国の意向でどうとでも解釈は変えられるように作られている。

    2002年から考査委員の憲法学者が複数回問題を漏えいしたというスキャンダルの渦中では、憲法学者や弁護士の憲法論には信用性も権威もない。同盟国の意向なしに、このタイミングでスキャンダルになったと考えるのは、アメリカのインテリジェンス能力を過小評価している。アメリカは、安保問題について、真剣に取り組んでいる。もし本気で9条9条と叫ぶならば、本丸を責めるべきだ。ただし、はっきり言っておくが、今回も負け戦なのは間違いない。領海・龍空侵犯を繰り返す中国・ロシアを増長させアメリカの後ろ盾なく侵略されるということであり、とてもではないがこの負け戦には関わることができない。

    No title

    一番下のコメント野郎に色々とツッコミが入ってるが

    >ご自身の意見に都合のいい根拠を針小棒大に取り上げていませんか?
    ここがすごい気になる言い方だった。もっと別の言い方あったんじゃない?

    No title

    >司法制度改革推進派と同レベルの結論先にありきで
    論の内容でなく、唱える人の属性で判断してしまうという、よくある誤りを犯していますね。司法制度改革憎けりゃ法律家まで憎いということでしょうか。そもそも、長谷部教授はロースクール制度にはかなり懐疑的ですが。
    まあ、賛成派のいわゆるネトウヨのネガティブキャンペーンが随分激しかったですから、流されやすい方や精密な思考が出来ない方は真に受けてしまうのかもしれませんね。

    No title

    だいたい、憲法論の話をしているのに
    全く別次元の政策論(しかも具体性がまるきりない)を持ち出す時点で
    立憲主義が全く理解できてない極端に知識の乏しいお方というのがバレバレですな
    政策的に必要性が高いからって憲法の縛りを超えて何やってもいいってなら
    日本国憲法を無視した単なる安倍独裁ですわ
    まあそもそも戦争法案の必要性がどれだけ高いかも全く説明できてないけどね

    No title

    門外漢かつ一般人かつ賛成派の人、つまり賛成派のマジョリティ、の意見を代表するようなコメントですね。

    >いずれも違憲判断を下す権限のない人ばかり
    何で権限がない人は批判してはならないのですか?論理の飛躍ですよ。上意下達の会社組織のような要領で考えているのかもしれませんが、だったら表現の自由は葬り去らねばなりませんね。

    >本当に多数の者が今回の安保法制に反対だと言っているのでしょうか?
    弁護士や元最高裁判事については、反対派の割合なんて調べようがないでしょう。立場を明らかにするのも嫌だという方も多いでしょうし。ただ、憲法学者の多数が反対の立場なのは間違いないでしょう。「圧倒的多数」というのがかかるのは学者だけと考えればよろしいかと。
    まあ、数を強調してアピールするのは筋がよろしくないとは思います。重要なのは、学者の多数が違憲で一致する理由です…が、賛成派は反対派の批判に全く応えようとしてません(まさに結論ありき!)から、数に訴えるのもやむを得ないところではあります。

    >綺麗ごとでは済まされないシビアな利害調整の政策論争
    憲法を、法の支配を蔑ろにする政治を許すことでどのような事態が起こるか。そちらの方が綺麗ごとでは済まないでしょう。
    ただ、こういうのは何十年もかけて徐々に進行することですから、目の前すら見えていない大多数の素人さんにはわからないのが当然。そこは学者さんがちゃんと啓蒙しなければならないところなのですが、あまりうまくいってないですね。

    No title

    >だいたい憲法学者なんて、こういうテーマに対して、いかなる状況においても「反対!」「違憲!」ということでしか、自らの存在意義を示すことのできない存在です。
    長谷部さんがそういう人だと言いたいんですか,なるほど。
    他人に調べてない云々抜かす癖に自分の頭悪い思いつきは全く調べようとしない
    安倍信者の薄汚いダブスタが分かりやすいくらいバレバレですね

    No title

    > 圧倒的多数の憲法学者、弁護士、元最高裁判事までが「違憲」とした法案

    ここにあげられている方々は、いずれも違憲判断を下す権限のない人ばかりです。だいたい憲法学者なんて、こういうテーマに対して、いかなる状況においても「反対!」「違憲!」ということでしか、自らの存在意義を示すことのできない存在です。ロースクールの教授みたいなもの。

    また弁護士や元最高裁判事についても、本当に多数の者が今回の安保法制に反対だと言っているのでしょうか?調査しましたか?ご自身の意見に都合のいい根拠を針小棒大に取り上げていませんか?

    河野さんは、司法制度改革に関しては、比較的フェアな意見を述べられますが、それ以外のテーマ、綺麗ごとでは済まされないシビアな利害調整の政策論争では、司法制度改革推進派と同レベルの結論先にありきで、本質から目を背けた、単なる感情論で論じる傾向が時折見られます。

    今回のような投稿をみると、司法制度改革だけの方なのだなぁと思ってしまいます。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR