新法曹養成が残した「点」への認識

     司法試験という「点」による選抜から、法科大学院を中核とした法学教育、司法試験、司法修習が連携する「プロセス」の養成へ、ということが強調され、謳い文句となったのが、今回の新法曹養成です。そもそも旧試体制が果たして「プロセス」の養成でなかったのかということへの疑問は以前も書きました(「新『プロセス』が破壊しているプロセス」)。

     しかし、もう一つ、この「改革」がずっと引きずっているのは、むしろ「点」が残っていることへの認識の問題のように思えてなりません。有り体に言えば、厳然と司法試験という「点」を残した制度について、「改革」推進者のなかでも、あるいは法曹界と法科大学院関係者の間にも、本当の意味で共通認識ができていない、あるいは、できていないまま、「改革」が進められている結果が今ではないのか、ということです。

     それは、大きく括れば、二つの点について、いえることだと思います。一つは、基本的な「点」を残している意味についての認識です。端的にいえば、資格試験であっても、適正な法曹人口を維持・調整する、選抜試験としての意味があることへの共通認識です。もし、この共通認識があるならば、「修了者の7、8割」といった相当数が合格する制度を構想する以上、はじめから法科大学院の入学者数は絞られなければなかったはずでした。

      「点」を残すな、という議論が当初なかったわけではありませんが、少なくとも法曹界では、当時ほとんど相手されなかった、いわば、あり得ないという認識だったと記憶しています。

     結論からいえば、「改革」はこの共通認識をあいまいにしたまま、駒を先に進めてしまいました。いまや制度参入に手を挙げた大学が予想外に多かった、というのは、制度誤算の言い分として繰り返しいわれていることですが、そもそも「改革」は、当初の時点での参入規制の検討を回避しました。それは、いまにしてみれば、駒を先に進めたいあまり、「この指とまれ」式になってしまったということもいわれます。

     また、そもそも「点」に合せて法科大学院入学者数を考えるということは、「それでは今度は入学試験が『点』による選抜になる」と、あたかも「改革」が「悪」と決めつけた旧試「一発」の弊害が残るような言い方もされましたが、入学者を多く迎え入れたい大学側としては、「それでは制度の妙味がなくなる」という本音もあったといわれています。

     つまり、「適正な法曹人口」という発想から厳然と「点」を残したという主に法曹界側の認識と、法曹人口増員という拡大政策の前に、その認識を必ずしも共通のものとしないまま、駒を進めたかった法科大学院側が、結局、どう帳尻を合わせられるのかあいまいな制度をここまで進めてきた、とれるのです。法科大学院関係者から「受からせればいいではないか」と言わんばかりの放出論や、司法試験元凶論のようなものが聞こえてくる背景もここにあります。

     もう一つは、「点」を残す以上、受からなければ意味がないということへの認識です。志望者の意図がそこにあることは、もちろんいうまでもありません。それに対して、現実問題として司法試験合格率が法科大学院評価の基準でありながら、「対策」を否定するという矛盾を抱えた制度の現実です。

     認証評価でも「司法試験対策を行ってないかどうか」が評価の対象になってきた現実に関して、森山文昭弁護士が共著書(「司法崩壊の危機」)のなかで、こんなエピソードを紹介しています。同弁護士が勤務する愛知大学が日弁連法務研究財団の認証評価を受けた際、評価委員からはこうクギを刺されたというのです。

      「歯を食いしばって、やせ我慢でいいから、とにかく司法試験のことは一切忘れて教育するように」

     なぜ、こんなおかしなことになっているかを推測すれば、それはやはり旧試悪とする思想だと思います。「予備校依存」と決めつけて旧試を悪とした以上、徹底的にその体制との差別化を図らなければならないという認識。法科大学院が「予備校」にとってかわったのでは決してない、ということを強調したいあまり、陥ってしまった矛盾です。ただ、制度は、それを承知の上で押し切ろうとしているように見えます。

     予備試験に志望者たちが流れるという現象は、ある意味、この制度的な矛盾を彼らが完全に見切った結果ともとれます。司法試験に合格したい志望者たちに、「やせ我慢」で司法試験を忘れて教育する「プロセス」が受け入れられるわけはありません。

     そして、それでもこの「プロセス」を本道としたいあまり、志望者の機会をさらに制限して強制誘導するために予備試験をなんとかせよ、という声が、制度維持派から聞かれる現実は、この「改革」が依然として「点」の存在を直視しようとしない証のようにも思えてくるのです。


    あなたは憲法学者らが「違憲」とした安保関連法案に対する政府の対応をどう考えますか。また、どのような扱いをすべきだと思いますか。ご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6707

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    このまま進んでいけば、定評のない法科大学院はどんどん閉校し
    黙っていても卒業生の7割は司法試験に合格することになるので
    何も言わなくても……っていう悟りの境地ですね。

    その前に文系の再編っていうのがあると思うので
    法学部→×→法科大学院
    ってなるのが先になるかもしれません。

    No title

    やれやれ……あの御方の目の前で「このままでは、成仏する前に即身仏になる」と意見を述べる猛者がおるとはのう……某弁連大会にて

    No title

    ロー推進派の中で,司法試験に「適正な法曹人口を維持・調整する選抜試験としての意味がある」と認めている人は,あまりいなかったのではないかと思います。
    法曹界の中でも,特に弁護士会主導で地方の下位ローを作ろうとした人たちは,「今までの法曹養成は都会の大学に独占されてきた。法科大学院で地方の法曹を養成することで独占体制を打ち破り,地方の法科大学院を地方自治の拠点にするのだ」などという奇妙な政治的スローガンを掲げており,適正な法曹人口の維持・調整などいう視点は全く考えていませんでした。
    また,日弁連は一時期「司法試験合格者数年間3,000人」という数値目標を推進する決議を出していましたが,実際に年間3,000人という目標が達成されたことは一度もありません。
    2,000人を少し超えた段階で,これ以上合格者数が増えたら司法修習が破綻するということが分かり,時の鳩山邦夫法務大臣の英断で合格者数が頭打ちになり,会員の間でも「3,000人は無理だ」という批判の声が高まって,ようやく日弁連も主張をトーンダウンさせたという経緯があり,当時の日弁連執行部に「適正な法曹人口」などというまともな思考のできる人材がいなかったことは明白です。

    また,法科大学院側でも,法曹の「質」について真面目に考えていたのは一部の上位校関係者のみで,大多数の大学関係者は「法科大学院制度によって,今まで有名大学の法学部に独占されていた法曹養成の分野に,我が校も参入できる。いや,参入しなければ我が校の将来はない」といったレベルの思考しかなく,そのような頭の悪い大学を,さらに頭の悪い弁護士会や政治家が後押ししました。
    そして,文部科学省はそうした「頭の悪い連中」を多数味方に付けることによって,法科大学院制度の創設を政治的に実現可能なものとしました。法科大学院制度に厳しい参入規制を設け,実質的に有名大学しか参入できないものとするのであれば,「有名大学による法曹独占」という旧試験時代の現状はさほど変わりませんから,法科大学院制度を創設すべきだという声は,政治を動かすほどの大きなものにはならなかったでしょう。
    現在の法曹養成制度は,むやみに法曹人口を増やそうとする文部科学省が車のアクセルを全力で踏み,それと同時に最低限の質を確保しようとする法務省や法務族議員がブレーキを踏み,その結果取り返しのつかない大事故を起こしてしまったという類のものであって,「適正な法曹人口」というベクトルの力は全く働いていません。
    その証拠に,推進室による「検討結果取りまとめ」にも,「適正な法曹人口」ないしこれに類する言葉は一切入っておらず,「法曹需要はまだまだあるから法曹人口は今後も増加させていくべきだ」という趣旨のことしか言っていません。
    今日の事態は,「適正な法曹人口」のあり方という,現実的な思考の持ち主なら当然に考えるべき視点が,司法改革の議論ではほぼ一貫して置き去りにされたことにより生じたのであって,法科大学院政策と「適正な法曹人口」という法曹会側の認識が交錯した結果現在の状況が発生しているという記事の内容は,全体としてミスリーディングであるとの批判を免れないと思います。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR