消えゆく弁護士の「建て前」と「改革」の関係

     一時代前の弁護士のなかには、自らの仕事を「ビジネス」と括られることへの抵抗感が確かに存在していました。それをいまでは、過去の本音と建て前として片付ける人もいますし、いわゆるビジネス系が圧倒的に少数派だったことを挙げ、いまやさかんに批判される訴訟偏重の古い弁護士の業態観に結び付ける人もいます。

     しかし、ここでもう少しこだわってみたいのは、その建て前です。なぜ、当時の彼らは弁護士の仕事を「ビジネス」として括られたくなかったのか。かつて弁護士について「雇う」という表現を使っただけで激怒した弁護士がいましたが、「孤高」と表現したくなるような独立心、あるいは聖職者意識のようなプライドを、彼らから見せつけられることはありました。もちろん、これは必ずしも評判がよかったとはいえません。

     ただ、そうしたものの根底に何があったのかといえば、それは端的にいえば、裁判官、検察官と対等に、三権の一翼を担っているという自負だったようにみえました。強固な自治を持ち、時に国家権力とも対峙できる地位にいるという事実の重さは、「ビジネス」と割り切り、採算性を追求している仕事と括られることを許さなかった。それは、いわばいかなる権力にも、カネにも従属しない「建て前」だったということもできるかもしれません。

     以前も書きましたように、この「改革」が表向き弁護士に突き付けたのは、「公益性」でした(「非現実的だった『改革』の弁護士公益論」)。弁護士は「奉仕者」性がまだまだ足りない、いわばカネ儲けばかり追求するのではなく、社会的責任を果たせという批判的論調をもった要求でした。

     前記弁護士の意識からすれば、「公益性」を云々される筋合いはない、という反応の仕方もあったと思います。現に、われわれほど日常業務やそれ以外の活動で「公益」に貢献してきた存在はない、という反応もありました。

     しかし、これはある意味、「建て前」としての弱い部分を突かれた格好だったというべきかもしれません。この「改革」のアフロ―チが、もしもっと、今現に起きているような弁護士の「ビジネス」への開眼や採算性追求、さらにいえば「公益性」からの離脱を連想させるものであったならば、あるいは当時の弁護士の「建て前」でも、のめるものにはならなかったのではないか、と思えます。「改革」路線の巧妙さというべきでしょうか。

     もっとも、前記結果は、弁護士増員の失敗あるいは誤算によって、「改革」が「心ならずも」生んでしまった想定外と言い募る方もいらっしゃるとは思います。しかし、いまや前記「改革」の「公益性」アプローチを含めて、それ自体が「改革」の「建て前」だったとみることができます。すべては想定内、はじめから目的は別のところにあった、ということです(「状況改善楽観論の正体」)。

     この「改革」の過程で、弁護士業に関して流通し、普及したのは「サービス」という言葉です。それこそ、前記したような往年のプライドを持った弁護士の口からは、あまり聞かれなかった言葉ではありますが、この言葉も「改革」にとってはある意味、都合のいいものだったといえます。この言葉は、「公益性」「私益性」の境目をあいまい使うことができるからです。ある人は、ここに「公益」的な意味を込め、ある人は他の採算性だけを追求するサービス業と同じ意味でとらえる。

     ただ、このあいまいさは「改革」推進には当初都合がよくても、結果としては無償・有償の境目のない需要論を許すことにつながったようにみえます。それが現実的に増員論の破綻につながった。そして、いまや表向き弁護士という存在を「公益性」という目的に縛り付けているようにみせながら、弁護士にとって採算性度外視への不満と、新たな「従属」を誕生させた形にみえる「法テラス」という存在にもつながっているように思えます。

     過去の経緯はどうであれ、今、弁護士である立場からすれば、それでも生きていなければならない、という視点があるのは当然です。ただ、この「改革」の結果、この世界を目指す動機づけを完全に失いつつある「志望者」たちと、私たち利用者にとっては、この経緯は本当に望ましいものだったのか。三権の一翼を担う気概を持てず、あるいは「公益性」から離脱して、頭から「ビジネス」と割り切る弁護士が、私たちがおカネを投入する用意があることを前提に増えていく「改革」を私たちは期待するのか――。

     それを考えると、彼らの持っていた「建て前」の意味も、少し違ってくるような気がします。


    あなたは憲法学者らが「違憲」とした安保関連法案に対する政府の対応をどう考えますか。また、どのような扱いをすべきだと思いますか。ご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6707

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    法テラスの内情を某巨大掲示板に弁護士が晒していますね
    ツンデレblogより
    http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/44906927.html
    建前と改革で法テラスを推進した結果がこれだよ

    No title

    二つ下の人へ

    なるほど、わかりやすい
    有名弁護士の皆さんはそういう商売をしてますよね
    けばけばしい広告とかではなく、いちげんさんお断りの仕事ぶりが評価される
    最近ではひところより法律事務所のTVCMを見なくなりましたが、こういう品格を重んじるスタイルはこれからも一定数の人たちによって続くんでしょうね

    No title

    この記事が切っ掛け(?)で、弁護士同士がブログでやりあってますが
    http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1420.html
    なんかもう「弁護士同士で見苦しい」としか言えませんな……

    No title

    民間企業の中にはこれを結びつけてうまく商売にしてるところも多いですよね。
    高級品とかそうでしょう。
    そういう方面をもっと開拓してみてはどうでしょうか。


    そうだよ、他人の時間を自分のために利用するのに、当たり前の対価を払える人のみを相手にするというのは、「高級品」の販売と同じで、特に弁護士というのは、一人一人違う人生について、その最善の方法を考えて提案し、実現するという意味で、オーダーメードの商売なのだから元々高級品の販売マーケットしか存在しない。

    金のない者を相手にしないのではなく、他人にその時間を要求するのに当たり前のサービスの「対価」を支払わない奴を相手にしないのだから、品格をもってクライアントに接するだけのこと。
    ここでいう品格というのは、サービスの対価を当たり前と思わない人を相手にしないことが「品格」として要求されていて、まさに高級品の販売路線

    気が合うじゃないか。言っていることは同じだよね。

    No title

    ビジネス、品格…
    民間企業の中にはこれを結びつけてうまく商売にしてるところも多いですよね。
    高級品とかそうでしょう。
    そういう方面をもっと開拓してみてはどうでしょうか。

    No title

    消えゆくのは「弁護士の品格」だよね

    弁護士の品格って何?
    ローのためにムダに新人を受け入れ続けて、成仏すること?
    だったら品格がないって言われるほうを選ぶ。

    No title

    コメント欄を見れば一目瞭然だけど
    消えゆくのは「弁護士の品格」だよね…

    業務拡大と言って、広げてはいけないところにまでひろげたのがいかんかったですね。
    下の投稿がその点を指摘しているように思います。
    コインパーキングでお釣りがでない。不当利得返還請求権行使だ!訴訟だ!ってなもんでしょ。日弁連等の業務拡大なぞというキャンペーンは、そういう方向性ですよ。一言でいや無効な需要喚起なんですよ。寝てたらイイ子を起こしてしまっている。
    日弁連がすべきだったのは、こういう事件でこういう法的手段が理論的にはあり得るが情報収集が困難なので実際にはできないから、情報収集手段を法的に整備できないか、といった、実務的な問題意識に即した提案と議論でした。

    日弁連のお偉いさんというのは、日弁連の普段の声明や会議などでの言動を見る限り、相当に的外れなので、きっと普段は弁護士としての実務的なお仕事をなさってないと見えます。現場の意見が聞こえないんでしょうね。
    そんな組織、現場にとって役に立ちません。現場はそんなものに会費を払うほどお人好しではないのですが、払わざるを得ない。
    そのくせ日弁連のやってることは、上記コインパーキングの話のような的の外れたことばかり。なにが公益なんだかわかりません。
    困っている人がいたらただでやりましょうとかいうのも多い。バカらしい。さしずめローや貸与の人たちはもっとバカらしいでしょうね。
    こんな的外れなことばかりで、若手はついてくるはずもないでしょう。あ、仕事をちらつかせれば来るのか。

    No title

    日弁連執行部に対して、会員から希望されるキャンペーンは、
    「依頼人は、弁護士に対して、弁護士費用はきちんと払ってね。
     (自称)被害者だからって、無料で仕事をすることは不可能です。
     仕事をきちんとやりとげて100%の結果を出した後で、着手金を返せ、とか言われても、困るんだが。
     そこまで言うなら、自分で弁護士になって、弁護士として(自称)被害者からの事件を無料で引き受けてみてね。やってみれば?」
    というようなものでしょうね。

    なにせ、(自称)正当な権利があれば、弁護士費用なんか負担しないで当然、弁護士費用が無料だとしても速やかに(自称)正当な権利が実現されないこと自体がそれでも不満、というような勘違いも甚だしい自己中心的な方が増えてしまい、困っています。依頼人が納得していても、その親族がくちばしを挟んできて、非常に不愉快な思いをしたり、信用問題になったりすることもあります。おそらくこれは、日弁連(と朝日や毎日、日経など)のキャンペーンにより国民に与えられた印象が、実現不可能な期待を膨らませるものであったなど、何か間違っていたためでしょう。

    要はローは自分たちは悪くないと思っているわけで、これじゃ改善されるはずもないよな

    No title

    弁護士をビジネスと考えると、費用対効果が悪い。だからいまどきの中学・高校・大学受験生は、公務員不人気と相まって、めったなことでは法学部を目指さない。今や法学部は、理系科目が苦手でやむなく文転した、というような学生が、法学部にでも行くか・法学部しか残っていない、などと、消極的に選択する学部に成り下がっている。

    ところで、本日の朝日新聞で、未だに多くの法科大学院が、「予備試験を廃止せよ」と主張していることが確認できた。しかし、予備試験を廃止すれば、法学部を目指す若者が減り、ますます日本における法学教育ががたがたになる。それでも法科大学院だけは流行る、などと考えるのは、完全に考え違いだろう。

    No title

    弁護士なんてビジネスで十分
    特別な存在じゃないと言い放ちながら、公益のために働けとか言っている奴は全員〇ねばいい。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    「消え行く」が弁護士に掛かっているようにしか読めないところがシュール
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR