「失う価値」という視点

     表現としては、なかなか適切な言葉が見当たらない感じもあるのですが、あえていえば、透明化できないもの、ルール化できないものが支えてきた環境を、ある種の「正論」が破壊し、奪っていくということが確かに存在します。「公正さ」や「平等」ということも掲げられる、この「正論」の前に、多くの人は口をつぐみます。

     もちろん、その中にはそのことによって、結果的に社会が利益を享受できることもあるでしょう。ただ、一方でそのイメージ化通りに、「価値」を生み出さない、むしろ失うということが起こる。その理由はいうまでないことですが、「不当性」のイメージ化が先行することによって、それが長く存在してきた「価値」や、失われることによって得るとされる「価値」との正確な比較衡量がなされなかった結果にほかなりません。

     司法改革をめぐる議論のなかでも、その意味で危ういと感じた、印象的なシーンがありました。「給費制」によって同僚や教官との懇親会や飲み会へ参加できたという司法修習生の本音が、政府の有識者会議で批判的取り上げられた場面です(「『格調』を重んじ『夢』を与える『フォーラム』」)。結果的に司法修習生が語ったことは、「給費制」の存廃の判断には、「価値」としてカウントされず、逆に「飲み代に血税か」という形で批判的にとられる材料となりました。

     ただ、「給費制」の恩恵を被った多くの弁護士に聞けば、異口同音に遊興費ではない、その「価値」を認めています。人脈や知識を含めて、もし「給費制」がなかったならば、修習生活で得られたものが相当にかわってしまっていたはず、という感想も聞きます。

     そもそも一般社会では修養は自弁、アフター5の酒席が勉強の時間になることはあっても、その費用が支給されるという発想は行き過ぎという「正論」も掲げられました。ただ、それが仮にこれまで修習生に与えられてきた特別な余裕であり、恵まれた環境であったとしても、それが支えてきた「価値」や魅力を奪う意味は果たして考慮されたのか、奪うことによって得られる「価値」との比較衡量はなされたのかに疑問を持つのです。百歩譲っても、根底にある金銭的な「価値」の説明で、判断停止できるのでしょうか。

     弁護士という資格についても、同じようなことを感じます。弁護士がこれまで「不当に」恵まれていたということが強調され、「資格は永久の生活保証ではない」という「正論」が掲げられています。しかし、その資格の安定性、他の資格に比べて経済的に恵まれていること自体は、何も「不当」ではなく、現実的にいえば、それが志望者にとって、この資格の魅力の大きなウエートを占めていたとしても、それ自体に問題があったわけではありません。

     司法試験は、長く志望者にとって人生をかけた「一発逆転」のチャンスというとらえ方をされる存在でした。法科大学院修了を受験資格とした新法曹養成制度は、仕事をしながらそのチャレンジをしようとするものにとって、機会を奪うことになりましたが、一方で増員政策よって弁護士という資格の安定性や余裕が失われたことは、「一発逆転」そのものの「価値」を奪ったといっていいものです。

     そして、現に前記「給費制」廃止も含めて、その失われた魅力によって生まれた志望者の敬遠という問題が、今、法曹界に突き付けられています。他の職種と比較し、「不当性」が強調されてきた法曹養成や弁護士のあり方をめぐる「正論」が志望者にとっての「価値」を奪った結果です。ただ、一番の問題は、その失われた「価値」に見合う、あるいはそれを上回る「価値」を「改革」が社会に本当にもたらしているのか、です。これがまさに「改革」の「価値」にかかわります。

     弁護士は「まだまだ食える」とか、「ニーズは掘り起こせばある」とか、さらには法科大学院というプロセスを経ないことによる「質」の問題を懸念してみせたところで、そのメッセージそのものが、資格の魅力を生み出し、経済的時間的負担覚悟で志望者が戻って来ることにつながるとは思えません。現実の法曹養成と弁護士の姿に、かつてのような魅力や妙味を志望者が感じ取れなければ、「価値」がない、あるいは化け皮がはがれた「正論」とされて当然です。

     法曹養成過程や弁護士という資格かどんな恵まれていようとも、それ自体私たち利用者にはどうでもよいことです(「『食えるか食えないか』というテーマの前提」)。それこそ世の中の仕事にも、さまざまな環境や安定性の違い、継続への有利不利があるように、法曹養成も弁護士も魅力があり、それだけ困難に資格試験にチャレンジする「価値」もあったというだけです。しかし、魅力のない世界からは優秀な人材も離れていきます。「正論」がいう「不当性」は、前記「価値」を奪うことで、本当にそれを上回る「価値」をもたらすのか。既に実践された「改革」で、これまでにそれは見えてきたといえるのでしょうか。

     以前、大学院の質の低下の問題に関連して、社会学者の宮台真司氏が透明化、ルール化されていないもので支えられていた環境が奪われた、変質のプロセスについて語っているのをご紹介しました。彼はその環境を「暗黙の前提」としていますが、いったん破壊されたそれをまた作り出せるのかについては、かなり悲観的な見方も示していました(「法曹養成の『暗黙の前提』」)。

     弁護士界のなかにも、「弁護士という資格はかつてのような魅力を取り戻せない」といった悲観的な見方が強まっているように見えます。しかし、「改革」がまだ基本的にその路線の上を走り続けている以上、私たちはこれからも「失う価値」について、フェアにこだわり続ける必要があるはずです。


    あなたは憲法学者らが「違憲」とした安保関連法案に対する政府の対応をどう考えますか。また、どのような扱いをすべきだと思いますか。ご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6707

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >一体、この組織には何があるんでしょうね。
    横からじゃなくて真正面ですよそのツッコミは。

    何があるか薄々感じていても黙っているのが繁盛事務所の勝ち組センセイ方でしょうな

    No title

    >このブログの後半の一節
    >「本来、弁護士しか助力ができない人々を切り捨てるようなことを半ば容認し、その一方で必要のない人員を確保し、必要のない法律事務所を置こうとする。法テラスは、いったい何がしたいんだろう。」
    >ここに尽きると思いますわ

    横からすみません。
    この組織は地元の弁護士が国選事案の接見回数を何十回と水増ししていてもかなりの期間放任していました。
    さらに、6年以上もの間、複数の弁護士への交通費を意図的に水増し支給しておきながら、本件に関係していたはずの事務職員が誰一人として刑事責任を含め公に処罰されない組織です。
    もし他の官公庁がこうした不法行為を継続的に犯していれば、必ず処罰の対象となり報道されるはずです。
    関係した弁護士個人の問題ではないはずです。組織として、違法、不法な行為が防止できないどころか継続的に見過ごされてきたことに問題があったはずです。
    一体、この組織には何があるんでしょうね。

    No title

    http://terarin.exblog.jp/24215680/
    このブログの後半の一節
    「本来、弁護士しか助力ができない人々を切り捨てるようなことを半ば容認し、その一方で必要のない人員を確保し、必要のない法律事務所を置こうとする。法テラスは、いったい何がしたいんだろう。」
    ここに尽きると思いますわ

    No title

    もっとぶっちゃけた法テラスの話(下でリンクされている方の)
    「法テラスについて書かせてもらうよ」
    http://terarin.exblog.jp/24215680/

    こういう実態をもっと知らせたほうがいいと思うんだ。
    国の機関っていうのはしょせんこういうハコモノでしかないんだって。

    No title

    漫画製作のために他人の財布に手を突っ込めるならリスクがなくていいので相したいというのはビジネスとして間違っている考え方ではありません。
    漫画の製作を修習生や弁護士と結び付けなければいいのです。
    単なるビジネスとしての資金集めの方法に過ぎません。
    修習生を助けると思ってとか、そういう価値観を入れようとするから、詐欺っぽく聞こえるだけです。
    野良犬の足を切って、横に並べて、かわいそうな動物の保護のために寄付をお願いしますと言っているのとあまり変わらないでしょう。

    No title

    これは司法修習生の「漫画制作」のためのクラウドファンディングということだが http://www.bengo4.com/other/1146/1305/n_3330/

    漫画のコマではないが「漫画制作の資金を集める暇があるなら他のことをしたほうがいいのではないか?」と思わざるを得ない。
    あるいは漫画制作のための寄付かよ……そんなことを考えるなら
    ・判・検予定者と弁護士予定者を完全に分けたほうがいいんじゃないのか?
    ・司法修習なんてなくてもいいのではないのか?
    という方向になるような気がするが…。

    No title

    司法修習生の給与について、「給費制」とか「給費制の恩恵」とかいう表現自体が思考を誤らせる元です。憲法問題を隠蔽するための策略です。

    司法修習制度は司法官試補の制度に弁護士試補の制度を合併させた制度として発足したのであり、司法修習生に対し、給費制の奨学金が支給されたのではありません。給与です。給費制も貸与制もありません。

    なぜそのような制度が創設されたのかといえば、憲法が法曹一元を前提にしていたからです。

    司法修習生は、裁判官、検察官、弁護士の実務を勉強するのではなく、裁判官、検察官、弁護士の仕事を実地経験するのであり、言わば見習い工として働くというのが本来のコンセプト、設計理念です。法科大学院ではそのような実地経験は不可能です。

    本来、司法修習がOJT(オンザジョブトレーニング)であり、それによって一人前の裁判官、検察官、弁護士ができあがることを目指さなければならなかったのに、その司法修習期間は「少なくとも2年」とされていたのを1年に短縮され、給与も廃止されて、めちゃくちゃになっています。日本の裁判所の惨状を直視するべきです。

    No title

    >あと、法テラスを推進賛同してる奴は、当然、自分の事務所の事件を全て法テラス持込みにしてるよな!?そしてそれ以外はやらないよな!?顧問先なんか持たないよな!?

    勝組の場合…
    顧問先を持ち法テラス以外の事件をやりなおかつ法テラス推進して
    イソや軒に面倒な事件と法テラス事件をやらせる。
    最強だな!

    法テラスは、資力要件をもっと厳格にしないと、ほとんどの人が対象になるからね。

    あと、法テラスを推進賛同してる奴は、当然、自分の事務所の事件を全て法テラス持込みにしてるよな!?そしてそれ以外はやらないよな!?顧問先なんか持たないよな!?

    顧問先を持ち、法テラス以外の事件をやり、なおかつ法テラス推進なんてことはしてないと思いたいですが。

    No title

    > 法テラスというのは弁護士ってまだまだこんなに無駄遣いの余裕があるんですよっ弁護士って裕福なんですよって市民にアピールするためにあるんでしょ?

    いやいや、金にならない、面倒くさい、時間ばかりかかる事件を他の弁護士にやらせて「弁護士会は弱い市民の見方です。」とアピールして自らの正当性を誇示する一方で、自らは面倒なことは何もしない、日弁連執行部を構成する裕福なフリーライダー弁護士共のためにあるのですよ。

    No title

    法テラス、無くなったらいいけど、そうもいかないだろうなぁ。
    たぶん、これから量産された弁護士の不正請求事案がどんどん増えて、法テラスへの報告や提出書類が増えていくんだろうなぁ。

    No title

    法テラスというのは弁護士ってまだまだこんなに無駄遣いの余裕があるんですよっ弁護士って裕福なんですよって市民にアピールするためにあるんでしょ?

    法テラスのほとんどの案件って、救う価値のまったくない事件ですね。

    つまり、法テラス事件は、社会的意義がないし(弁護士としては、法テラス予算獲得と取りはぐれ防止のために、社会的意義があると擬制せざるを得ないのだろう)、コスパは悪いし、客筋は悪くて次につながらない上元々弁護士と話をできるだけのメンタリティがないので要求がデタラメだし、まともな証拠のないことが多いので事件の筋も悪い。
    こんなのに、国民の税金を投入していること自体、どうなのかなと思う。
    しかも投入された税金が実働した弁護士の手間賃として支払われているならともかく、法テラスはゴージャスなビルに入居して贅沢にスペースを使い、潤沢な事務職員を雇い、えらいさんへの報酬がどのくらいかは知らないが払われてるのだろうし、ようするにどうでもいいところで金を使ってるんだよね。

    つーかさー、弁護士がうどん屋だとして、「俺は金がないんだ!400円のうどんを150円で食わせろ!」って客が来たら追い返すでしょ?
    それで食わせたら、無理をして受けてるのだとしても、400円払ってる客に対する裏切りだよ。
    法テラスを積極的に推進したり利用してる弁護士は、そんなことにも頭が回らんのか?と思う。そんなことだから業界ごと沈没しつつあるんじゃないのかな。
    まして、法テラスを推進してるおえらいさんは、法テラスどころか、しっかりと顧問先をたくさん抱えてウハウハなんだろ?
    まず自分らが、顧問業務より法テラス事件だけをやれといいたい。できないなら、法テラス推進しちゃダメでしょ。

    No title

    法テラスをいまだに擁護するのは、利権を握っている人か、無知な人か、日本の司法制度を破壊したい人か、二極化の固定化に腐心している1%の連中だけ。一刻も早く法テラスを廃止して、もとの制度に戻すべき。

    https://lmedia.jp/2015/06/06/64728/2/

    「内と外から見て分かった 法テラスが抱える問題点とは」
    ・・・
    法テラスの事件は、困難な事件や対応に配慮を要する依頼者の比率も高く、精神的に追い詰められる勤務弁護士も少なからずいます。その一方で、必ずもらえる給料に安住して、ろくに仕事もせずにのほほんとしている勤務弁護士も少なくありません。私も実際そういう勤務弁護士を複数見てきました。
    ・・・
    国選事件については、かつて出なかった費用が出るようになったり、大昔に比べれば随分と報酬面の問題は解消されているようです。しかし、報酬の算定が形式的なため、弁護士が必死になってつかみ取った成果(早期の釈放など)が正当に評価されず、非難の的となっています。報酬規定の見直しは必至でしょう。

    また、民事法律扶助事件については、地域差もあるようですが、法テラスが弁護士費用の立替を決める審査に問題があると考えています。提出が必要な書面が多すぎますし、審査が形式的過ぎるのです。弁護士の助力が必要で、かつ資力が低い人が法テラスの支援を受けられないということもままあるように感じています。

    「安かろう悪かろう」が是認されている側面もあり、明らかに問題がある対応をしている弁護士がいても、よほどのことがない限り法テラスとの契約が解除されることもありません。

    このように、内から見ても外から見ても、法テラスが問題だらけの組織であることは間違いないと思います。特に最近は、組織全体が、法務省や財務省の顔色ばかりうかがっているといえます。

    弁護士や利用者の苦情を解消したり、「やる気のある勤務弁護士」が頑張ることができる体制を作る根本的な動きが見えません。
    ・・・

    No title

    すでに最高裁は、司法研修所におけるフェアな二回試験を、明確に放棄したのでしょう。

    民間企業から派遣された安時給のおばさん試験官が、こんなに帰宅が遅くなるなんて聞いていないとかなんとか錯乱して切れまくったうえに、試験時間終了後も教室内の修習生と回答用紙が長時間放置したとか、
    試験官が茶髪の遊び人風でやるきがないとか、
    指示がでたらめとか、
    居眠りしているとか、
    私語がうるさいとか、
    その二回試験のひどい様について詳細に報道されたことがありました。

    こんなことが英検や漢検でおきたら、どうなるでしょうか。もはや二回試験は、英検5級未満です。

    しかも、司法研修所では、二回試験答案のみならず、事件自体を放置しています。司法研修所という官僚組織においては、もはや自浄作用は働きません。

    最高裁は、裁判教官の劣化ひいて二回試験が使い物にならなくなっていることを百も承知で、裁判教官におべんちゃらを言うのがうまく官僚組織にぴったり適合する資質を持った若者を採用し、その後にヒラメ裁判官を思う存分育成するつもりなのでしょう。そこにユーザーである国民の利益などという視点が1ミリもないことは、言うまでもありません。

    No title

    >弁護士はただの資格であり、
    >弁護士業はただのビジネスだから、

    第一条  弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
    2  弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。
    (弁護士の職責の根本基準)
    第二条  弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない。

    もう「品性の陶冶」なんて文言、削除すべきですよね。


    長い引用文になりましたが
    弁護士が単なる資格で、ビジネスに過ぎないというのと、その後の弁護士法第1条お呼び第2条の引用は矛盾するんですか?
    単なる資格に過ぎない、ビジネスに過ぎない資格業は品性の陶冶に欠けるんですか?
    失礼な話といえば失礼な話ですが、
    商業ベースで話をされたくないキチガイが弁護士法を持ち出して、弁護士は正義の味方なんだから、手弁当でオレを助けるべきだ、とか言っているだけの話でしょう。

    そもそも弁護士法1条2条などは特別の義務規定ではなく、単なる訓示規定というやつです。
    ここから直接の具体的義務を導くことなど出来ません。

    まあ、品性の陶冶だとか、弁護士は基本的人権を擁護だとか、条文の文言が悪用されることしかないので、条文としては廃止すべきだと思うので、結論には賛同しますけど。

    No title

    法テラス(日本司法支援センター)は存在自体違憲ですから、消滅させるべきです。

    法テラスがなくなっても、国選弁護はなくなりません。法テラスが作られる前と同じく、法テラスを通す必要がなくなるだけです。
    http://shihouwatch.com/archives/6046

    No title

    あーあ、ついにコメント欄にヒヨったか・・・

    No title

    >法テラスが無くなっても、大半の弁護士にとっては何も困りません。
    >法テラスに依存しているのは、ごく一部の弁護士だけですからね。

    では、どうか地方事務所の審査(委員)会の委員に是非なっていただいて、審査の際、どう考えても訴訟まで起こす利益がないと思しき案件を立て続けに持ち込むような「ごく一部」の事務所を見つけられた際には、その場で所長に電話で許可を取り付けた後、また直接電話で相手事務所に引導を渡してあげてください、「顧客の人生と国の税金を喰いモノにするのも、いい加減にしなさいね」とね。

    No title

    >国の税金からわざわざ広報費込みで毎年百億円単位の運営交付金を出す必要もないし、
    >「後で弁護士の取りっぱぐれがないように、生保受給者は裁判費用負担分を免除して、全額国庫負担にしています。それで一般国民・納税者は満足ですか?」ともっと大々的に国民に制度の正統性を問えばいい。

    全くその通りで、税金から法テラスに金なんて出してくれなくていいですよ。
    法テラスが無くなっても、大半の弁護士にとっては何も困りません。
    法テラスに依存しているのは、ごく一部の弁護士だけですからね。

    無くなった方が、余計な委託援助の費用負担がなくなるので、結構な限りです。

    No title

    >ところで,そんなことはないだろうと思うんですが,ひょっとして,一般人って,「弁護士って法テラがないと困るよね」なんて思っているのですか?

    知財や企業法務等で安定した収入がある所は法テラスなんて刑事・民事共に契約しようとも思わないだろう。大都市だと国選の案件取るためにわざわざ朝から列に並ばなきゃならない。その時間分を法人顧客の朝食会にでも当てた方が報酬は高いだろうし。
    彼らはこんなところで法テラスの報酬額の低さを愚痴る必要もなければ、ヘンに関わりを持って、同じ単位会の底辺で財政的に逼迫している事務所や同業者と法テラスの存在価値についてわざわざ議論して、反って妬みや恨みを買う理由も必要性もないから、完全に「触らぬ神に崇りなし」の姿勢だろうね。

    No title

    >比較的処理が安易で請求金額が大きい過払金案件等、自分達が結構報酬を>もらえる時は法曹界の権威に隠れて黙って貰っておいて、複雑な他種案件で>ヘンな顧客に当たった時はこれ以上ない言葉で喚き散らす


    結構報酬をもらえる時・・・黙って貰う???
    誰から???

    結構報酬をもらえる???
    法テラの雀の涙のこと???

    喚き散らす???
    何を???

    意味がわからない。

    いろんな(無料)相談をグルグル回って終わった人ですか?それとも,本人訴訟している人ですか?

    法テラについて国民に制度の正統性を問う???
    大変勇ましいのですが,したければご自分でしたらいかがですか?
    応援しますよ。
    法テラ廃止してもらっても構いませんが?

    ところで,そんなことはないだろうと思うんですが,ひょっとして,一般人って,「弁護士って法テラがないと困るよね」なんて思っているのですか?
    もし万が一そうだとしたら,なんというか常識ハズレというか,頭の内がバラ色というか,非常におめでたいですね。

    No title

    >おそらく,別の弁護士も誰も受任しないから,いろんな(無料)相談をグルグル回って終わるか,本人訴訟だろ?
    >誰も地雷なんか引き受けないし,踏まないだろ?
    >てか,これって別に最近の話じゃなくて,こんなのずっと昔からだろ???

    ならば、こんな旧民事扶助協会以来の弁護士の偽善遊びのために、国の税金からわざわざ広報費込みで毎年百億円単位の運営交付金を出す必要もないし、「後で弁護士の取りっぱぐれがないように、生保受給者は裁判費用負担分を免除して、全額国庫負担にしています。それで一般国民・納税者は満足ですか?」ともっと大々的に国民に制度の正統性を問えばいい。
    比較的処理が安易で訴額が大きい(大きかった)過払金請求案件等、自分達が結構な報酬を「濡れ手に粟」でもらえた時は法曹界の権威に隠れて黙って貰っておいて、複雑な他種案件でヘンな顧客に当たった時はこれ以上ない言葉で喚き散らすのは、あまりフェアな態度とは言えないのでは?

    No title

    >結局、自分自身では持ちたくない案件を同業者に押し付けて終り。
    >それをされた同業者は、どう思うんだろうね。

    ???
    押し付ける???
    どう思う???

    おそらく,別の弁護士も誰も受任しないから,いろんな(無料)相談をグルグル回って終わるか,本人訴訟だろ?
    誰も地雷なんか引き受けないし,踏まないだろ?

    てか,これって別に最近の話じゃなくて,こんなのずっと昔からだろ???

    一般の人って,どんな依頼者(人格的に問題があるとか,ウソだらけで何が本当か詐欺師とか,心の病の人とか,全くの言いがかりを正義正義と主張する狂人とか・・・)でも最後は心優しいお人好しな弁護士が自腹を切って受任してくれると思っているの???

    だとしたら,なんというか世間知らずというか,図々しいにも程があるというか,頭の内がバラ色というか,非常におめでたいですね。

    No title

    >弁護士はただの資格であり、
    >弁護士業はただのビジネスだから、

    第一条  弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
    2  弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。
    (弁護士の職責の根本基準)
    第二条  弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない。

    もう「品性の陶冶」なんて文言、削除すべきですよね。

    No title

    >>そんなのは客ではない。ただのクレーマーないしはその予備軍。
    >>法テラスを教えるか,〇〇の専門を称し
    >>無料法律相談をHPで謳っている弁護士をググれ
    >>と教えてお引取り願って終わり。

    >結局、自分自身では持ちたくない案件を同業者に押し付けて終り。
    >それをされた同業者は、どう思うんだろうね。
    >年次が上の〇〇先生だから仕方がない、
    >○○○○の会員の先生だから、断ると後が厄介だから、ここは穏便に・・・
    >もう業界内のモラルも倫理観も総合法律支援法の体現する理念とやらも
    >あったもんじゃない、って感じですね。
    弁護士はただの資格であり、
    弁護士業はただのビジネスだから、
    自由競争しなければならなくて当然である、
    と多くの方が主張し、司法制度改革が進められました。

    オーダーメイドの要素の強い業務は、薄利多売が難しく、
    弁護士が一定の時間を費やさなければならない以上、
    処理できる事件数には限りがあります。

    ビジネスなのであれば、
    適正な報酬の見込めない案件は受けず、
    業務に対する適正な報酬を支払ってくれる顧客を
    大切にするのは当然のことです。

    No title

    >そんなのは客ではない。ただのクレーマーないしはその予備軍。
    >法テラスを教えるか,〇〇の専門を称し無料法律相談をHPで謳っている弁護士をググれと教えてお引取り願って終わり。

    結局、自分自身では持ちたくない案件を同業者に押し付けて終り。
    それをされた同業者は、どう思うんだろうね。
    年次が上の〇〇先生だから仕方がない、○○○○の会員の先生だから、断ると後が厄介だから、ここは穏便に・・・
    もう業界内のモラルも倫理観も総合法律支援法の体現する理念とやらもあったもんじゃない、って感じですね。

    No title

    >最近は客の方がオツムが良くなって、弁護士は皆、過重労働必至の不当契約でもしぶしぶ泣き寝入りしているんだろうか?

    そんなのは客ではない。ただのクレーマーないしはその予備軍。
    法テラスを教えるか,〇〇の専門を称し無料法律相談をHPで謳っている弁護士をググれと教えてお引取り願って終わり。

    No title

    >最近は客の方がオツムが良くなって、弁護士は皆、過重労働必至の不当契約でもしぶしぶ泣き寝入りしているんだろうか?

    んなわけない。
    「弊事務所の報酬規程はこれですから」で押し通せばOK
    過重労働なんて割にあわないことまではしない。
    うちの報酬規程に納得できない客まで取り込もうとは思わない。

    No title

    そういえば最近、代理依頼した弁護士との契約上等のトラブルで、国民生活センターや自治体の消費者窓口に苦情や救済を求める一般市民(顧客)の数は激減したの?
    これについては数年前、某国営放送が特集番組まで組んでたけれど、最近は客の方がオツムが良くなって、弁護士は皆、過重労働必至の不当契約でもしぶしぶ泣き寝入りしているんだろうか?

    No title

    >法テラスが安いと文句言うのなら、使わなきゃいい。
    >わざわざ法テラスと契約してるくせに安いだのと文句多すぎ。

    客のほうが知恵をつけてだな……
    「先生のところは法テラスをつかえますの?」って言ってくるんだよ。
    資力要件に合致しない奴まで聞いてきて、要件に該当しませんよなんて言おうものなら「値引きしてくれないんですか」ってくるんだ。こっちのイメージ悪くなるばっかりだよ。

    他にも法○○○と契約しなきゃいろいろ圧力があってだな…

    おっと誰か来たようだ。

    法テラスが安いと文句言うのなら、使わなきゃいい。
    わざわざ法テラスと契約してるくせに安いだのと文句多すぎ。
    そうすると、かねない奴をどうやって受けるんだ、という反論がありうるが、やらなきゃいいんだよ。

    安くでも受けるやつがいるから成り立ってるんで、それがけしからんというなら、弁護士会入会金を上げて、安くでもやるようなやつは採算の取れないようなシステムにするということも考えられる。

    飲み会で修習生に無理やりキスした裁判官もいましたね。実際はもっといるんでしょう。

    No title

    強制加入の業界団体の一員として、これだけ全体的に問題点が指摘されている司法制度改革について、具体的に何の改善策も出そうとしないのなら、結局共犯者じゃないでしょうか。
    特に法テラスに至っては、色んな文句を言いながらも自分の銀行口座に何がしかの金額が振り込まれると、泣きじゃくる子供の口に飴玉を放り込めば泣き止むように満足している様子をツイッターに書いている弁護士のナント多いことか。

    No title

    >>私の目の黒いうちは旧合格者達も残っているので大丈夫

    >これって幻想だよ。
    >それって実務経験を積めばすぐに追いつかれることだ。

    そもそも,実務経験が積めていない。理由はいろいろあり,彼らだけのせいではないが。
    これではどれだけ年数を重ねようと意味が無い。

    >きちんとしたローでしっかり勉強してきた
    学者や書生じゃないので,実務ではそこから先が大事。
    どこにどんな証拠があるかわかっていないので本当ならできるはずの立証ができないといった若手を(相手方として)よく目にする。
    あるはずの証拠というものがわからないので,どういう理論構成したら有利となるかもわからない。
    依頼者がかわいそう。

    >競争に敗れて非行に走ったり、廃業しそうな旧試験組はたくさんいるんじゃないか。
    旧試験組がすべていいとはいわない。
    「私の目の黒いうちは」というのは信頼の置ける旧合格者達を知っており,何かあっても彼らに頼めば大丈夫,という意味のつもり。信頼の置けるロー卒は残念ながら知らない。

    No title

    元主計局員が不快な体験をされたなら、現財務省職員が研修所に対して厳しいのもやむを得ないですね。身から出たさび、とはこのことです。

    飲み会に関しては、裁判教官たちがリクルートの機会として利用したうえに自分たちがちやほやされて息抜きを得る場所としてエンジョイしたため、おかしな方向に転んでいきました。

    現在では給費制が廃止され、司法修習生が経済的に大変厳しい状態で、それはもはや公知事実といってもいいでしょう。それでもまだ飲み会が続いているというのは、驚異的です。裁判官の底抜けの世間知らずぶりまたは非人間性(人の痛みを知ろうとせず、自分たちの都合のいい制度は温存するという図々しさ)を示すものと思われます。

    そして、給費がないから飲み会がつらい、などと、飲み会を上位に置く価値観を持つ修習生も、完全に勘違いをしています。物事の順番をわきまえるべきです。国民は、修習生の飲み代のために税金を払ったわけではありません。給費制ゆえに修習に集中できた、という事実はあるでしょう。しかし、今は、右肩上がりの時代ではなく、少子高齢化の時代。昔の余裕ある時代の制度を懐かしがるのは、無理筋というものです(もちろん研修所は出産や育児に対して全く理解がなく、1年修習を遅らせるか断念するという方法しかないという厚遇により、少子化を促進している。)。飲み代の話なんかで同情を引こうとは、裁判官や検察官ほどではないにせよ、修習生や弁護士の世間知らずぶりも相当なものです。現状では、修習生の生活が苦しければ生活保護を申請するということになります。このような劣悪な環境に修習生を置いてしまった以上、国民が高いレベルの司法サービスを求めるべきではないことは、言うまでもありません。

    要するに、全てが悪い方向に転がっているわけですが、一番の原因は裁判教官の勘違いです。裁判官が飲み会を悪用しなければ、飲み会云々などというばかげた枝葉末梢の話で給費制復活の芽を摘むこともなかったはずです。最高裁は、更なる人材劣化を防ぐために、飲み会の現状をきちんと調査すべきですし、調子に乗っている醜い裁判教官を叱責して社会人の常識をわきまえさせるでもあり、今後の教官の人選に関しては吟味に吟味を重ねるべきでしょう。今できることを誠実にこつこつと積み重ねていく必要があります。むろん、彼らは抜け道を考えるでしょうから、罰則強化と一罰百戒のみせしめが必要であることも言うまでもありません。

    なお、検察庁に期待するものは何もありません。職務中に彼女に甘えた声で携帯をかけているデブな検察事務官によるパワハラ事例は、毎年聞きます。

    No title

    >私の目の黒いうちは旧合格者達も残っているので大丈夫

    弁護士の先生のコメントでいらっしゃいますか?それともユーザーの方でいらっしゃいますか?
    弁護士の先生のコメントだとすれば、旧試合格者の知識が現在の試験合格者に勝ることは認めますけれども、旧試合格者の間で熾烈な生存競争が現在でもあることを考えると、その中で自信を持って残れると思えるのはいささか甘いのではないかと(二世・法人顧問先の多い企業法務事務所という条件が付けばまた別ですのでそういった方であれば申し訳ございません)。

    ユーザーの方であれば…法律は割と改正されますので、常に新しい法律を学んだ人間のほうが遥かに実務としては有利になりますし、実務だってすぐに変わるものですよ。他士業や法務局・金融機関の手続や業務範囲だって変わってきていますしね。
    旧試験だから頭がいいということと、実務をユーザーの希望通りにできるということは別ですよ。

    No title

    >私の目の黒いうちは旧合格者達も残っているので大丈夫

    これって幻想だよ。
    私も旧試験組(40期台)だけど、旧試験よりも新司法試験の方がはるかに難しい。
    きちんとしたローでしっかり勉強してきた新試験組を侮るべきじゃない。
    旧試験組に優位な点があるとすれば、司法修習が2年たっぷりできたという点だけだけど、それって実務経験を積めばすぐに追いつかれることだ。
    現に、60期台との競争に敗れて非行に走ったり、廃業しそうな旧試験組はたくさんいるんじゃないか。

    No title

     自分たちの権利や特権を守ろうとすることは傲慢だとは思いません、当然のことだと思います。真に傲慢なのは、それらを当然のものと思ってあぐらをかくことなんですよね。当たり前の権利だ、市民のためにもなるんだ、だから当然理解してもらえる。そんな態度だったから今のようなことになったんですよ。

     失礼ながら河野さんも同じですね。正論とか価値とか、抽象的な言葉をこんな場でこねくりまわしてなんになるんですか。正しいか正しくないかじゃなく、勝つか負けるかしかないんです。そして正しい側が勝つとは限りません。

    No title

    かつて,法曽三者になる者はエリートだった。合格率2~3%の難関というのがその背景にあった。
    だから,その前段階の司法修習生の身分にも公務員扱いとして国費が支給された。
    しかし,今や法曽三者になる者はエリートではない。聞いた話では,3回受験すれば,結局,49%が合格できているそうな。
    なので,国費は支給されない。ただの平民に何の恩恵も与えられない。

    それだけの話では?飲み代がどうとかのは話を矮小化して本質からずらそうとしているだけでしょ?そこは本当はどうでもいいことだと思いますよ。

    なので,現状の合格率を維持する限り,貸与制が給与制に戻ることはないでしょう。
    そして,結局,これからの日本を背負う能力者達は,法曹三者は目指しません。もっと,自分を評価してもらえるフィールドを目指すだけです。

    最終的には,法曹には,地頭の悪いものばかり集まるようになり,最終的なつけは利用者が払うことになるでしょう。
    また,弱者救済とか人権とかのお題目は化石となり,1にビジネス・2にビジネスの時代の到来です。
    それはそれで時代の流れでもあり仕方ないかとは思います。
    弱者とか市民とか自称して人様に頼り過ぎだったと思います。いささか図々しかった。自分の撒いた種は自分で刈り取れの時代です。

    とりあえず,私の目の黒いうちは旧合格者達も残っているので大丈夫ですが,このままでは20年後,30年後は,やぶ医者ならぬやぶ弁だらけでめちゃくちゃになるでしょうかね。

    No title

    給費制廃止違憲訴訟の人間の戦術があまりにも稚拙だったといわざるを得ません。
    飲み会に出られなくなった、など、国民の支持を得られなくて当たり前です。
    その失言を速やかに失言と認めず、さらに弁解を繰り返そうとしたことで開き直ったとしか評価できないのではないでしょうか。

    貸与制になったことでまぎれもなく借金として精神的にも経済的にも追い詰める原因になりました。その事実で何が悪かったのでしょう。
    なぜ飲み会など持ち出さなければならなかったのでしょうか?
    給費制廃止違憲訴訟の弁護団の失態です。

    No title

    同僚との人脈は、今後何かにつけ必要です。
    教官や指導担当者、他の同業者との人脈は言わずもがなです。就職にも直結することが多いですから特に人生において重要です。
    遊んでいたわけではないので、「税金で飲み会楽しかったよ!」といった感想を述べるような人間の戯言は聞くべきではなかったのです。
    普通の人間が真面目にやっているのに、茶々を入れたり余計なことを言う人間のいう事など、普通の社会では聞かないはずなのに、なぜかこういう場面では聞きいれられてしまうんですよね。
    嘆かわしいことです。

    No title

    本当に、司法研修所の飲み会は、そんなに素晴らしいものだったのでしょうか。

    「司法研修所の飲み会は、実にばかげていました。あれは本当に、いい迷惑でした。」
    社会人合格者であれば、異口同音に、こういいます。

    通勤に時間を要し、しかも自宅に修習生の帰宅を待つ家族がいる者もいます。家事や育児や介護が控えているものもあるでしょう。このような修習生が、面白くもない飲み会に夜遅くまで参加せざるを得ないというのは、非常に負担が重く、気が重い。

    大学を出ただけで社会経験がなく、他人の立場に思いをはせることのできない、青臭いエリートは、このような背負うもののある他人の立場に立って考えることができません。

    世間知らずで青臭いエリートによる同化圧力は、気味が悪いほどに凄まじいものがありました。

    もし飲み会に参加しなければ、変わり者で裏切り者ではみ出し者、として扱われ、講義中の発表の際にも嘲笑が漏れるなど、まぁとにかく、なんというか、多くの修習生が非常に子供じみていました(修習生の子供じみた振る舞いは、年々悪化していると聞きます。法科大学院という世間から隔絶された場所に数年いると、無駄なプライドが養われるようです。)。当時、財務省の元主計局員を定年退官された方にすら、若造が失礼な態度をとるのを何度も目撃しました。彼らの世間知らずぶりというのは、もう言葉に尽くせません。

    さらに、何かと出身大学で固まりがちな修習生が、そのグループの親睦を深めることの延長で開かれる飲み会です。学閥のない者にとっては、面白くもなんともありません。なお、早稲田では、出身高校別の親睦会もありました。世間的に早稲田の評価がそんなに高いとは聞いたことがありませんが、彼らの主観的な価値は非常に高いようでした。というか、何かのプライドをかけて必死だったのかもしれませんが、それが何なのかは未だにさっぱりわかりません。自分たちの輪だけの話であれば勝手にしてくれればいいのですが、全員がその高校出身の早稲田卒にはなれないのだから、何かと巻き込まないでいただきたかった。

    特に見苦しいのは、裁判教官、検察教官に対して、任官志望者がおべんちゃらたらたらということでした。特に女性枠のある検察志望者は必至です。しかし、彼らが自分の立場を確保するために開く飲み会に付き合わされる方はたまったものではありません。

    修習生の見え透いたおべんちゃらに勘違いを深め、傍若無人・横柄・贔屓を横行させていく裁判教官・検察教官たちの変貌を見るにつけ、つくづく、なんだこりゃ、ここは馬鹿養成所か?こんなに簡単に変容するとは、教官たちの薄っぺらい人間性はなんだ(入所までに、「実るほど首を垂れる稲穂かな」というような話を経済界の方から幾度となく聞いていたので、マジで法律家が馬鹿に見えた)?彼らは本当に実務に携わる資格と能力があるのか?と思いました。

    飲み会への参加を拒否すれば村八分に合う。参加をしても時間とお金の無駄で精神衛生上非常に悪い。

    私立幼稚園~私立大学、最近は国立大学にも、子供じみたスクールカーストがあるそうですが、かつての研修所はまさにカースト花盛りでした。

    貸与制になってこのようなくだらない飲み会が減ったならば、それは非常に好ましいこと、と思います。

    飲み会にいい思い出を語る法曹は、間違いなく、他人の幸せを踏み台にしていました。

    同化圧力で他の修習生に迷惑をかけた、かつての修習生に聞きたい。もし、今、あなたが当時と同じペースで飲み会に参加せよと圧力を受けたら、はなはだ迷惑ではありませんか。あなた方は、そのような迷惑を、当時、他人にかけていたかもしれない、と省みて、他の元修習生に謝罪をしたことはありますか、と。

    給費制がなくなり飲み会ができなくて困るのはかつてのカースト上位に位置する連中と思われ(しかし、飲み代も捻出できない上位カーストってなんだ?)、彼らの特権が復活することについては何らの意義も見いだせないため、個人的には全く同情しません。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR