状況改善楽観論の正体

     弁護士の現在の状況が改善されない以上、司法がよりよい人材を確保できる形にはならない――。言葉にするかどうかは別にして、この「改革」を推進する側も、批判する側も、このことは基本的に了解していると思います。今のような弁護士の経済状況は、妙味という意味はもちろん、「食っていけるかいけないか」というリスクの面、さらにそこに至る、強制プロセスとしての法科大学院と、「給費」なき司法修習へのコストを重ね合わせれば、はっきりした志望者の敬遠要素が存在しているからです。このことは否定のしようがないことと言わざるを得ません。

      「改革」の出口部分、どうにかしなければならない着地地点の認識を共通しながらも、なぜ、「改革」に対するスタンスが違ってくるのか。単純化してみると、結局、推進派が現在の状況は、「改革」のプロセスであり、いずれ弁護士の状況は一定限度、要は志望者が目指したくなるまでに改善されていくはず、という前提に立っているのに対し、批判する側は、このまま「改革」が続けば、弁護士の状況は悪化こそすれ、改善することはなく、延々と志望者はこの世界から去っていくという見方に立っているととれます。

     ただ、改めていうのもおかしな気持ちになりますが、これはどうみても前者の見方に分が悪い、ハードルが高すぎる話です。後者の立場からすれば、この状況を生み出している弁護士増員はこれからも続き、それによって数としての過剰な状況は解消されない、それに対して、法科大学院制度の強制化を前提にする以上、志望者の負担は減らない。同制度の強制化を基本的に維持する前者の立場が、弁護士の状況が改善に向かうという前提に立つのであれば、現在の数で経済的に存立が危ぶまれている弁護士がさらに増えても、彼らが支えられるだけの、しかも志望者にとって安定とか妙味とか安心とかを一定限度確信できるほどまでに、弁護士の経済状況が好転するということ。つまりは、なんらかの形で需要も生まれるということでなければならないからです。

     だから、といわなければなりませんが、推進論者はまだまだ需要がある、という立場に立ちます。ただ、それが大量増員を支え得るかどうかは未知数といわざるを得ず、さらに、そこの部分はあたかも弁護士の「開拓」努力次第のように丸投げする(環境整備や前記負担軽減にはあまり踏み込まず)姿勢であったり、それも本音では見通しが暗いと思えば、「成仏」できればよし、とするような、生存を前提としないような意見が飛び出すに至っては、はなはだ不確かな、無責任の領域に入っているととれるのです。

     これは、素朴な目線で見れば、とても奇妙な状況です。どうにかしなければならない着立地点を、それこそどうにかすることから逆算することが優先されていない。少なくとも、法曹界の人材確保が優先されるべきことであり、確保されないことが、致命的な問題であると認識するならば、こんな展開にはならないはずと思えるからです。

     1980年代後期、検察庁が検察官の成り手不足を深刻に受けとめたとき、取材した幹部が口にした言葉は、正直、意外なくらい、分かりやすい志望者目線のものでした。「処遇を改善しなければ今の若者は集まらない」。そのなかで、彼らが当時、気にしたのは、むしろ弁護士人気でした。「やはり転勤がなかったり、自分の希望するところでる働けることに魅力を感じるのではないか」。さらに、よく聞いたのは、マスコミの影響。巨悪を追求する事件が報じられるたびに、人気に影響する、そうした存在であることをよく説明されました。もちろん、そうした事件を待望していたわけではないけれど、自らの社会的なイメージの問題として重視していたし、なにより「現代っ子気質」(いまではいかにも古い表現ですが)などといって、前記した処遇も含め、こうしたもので左右される志望者の動向を直視していたようにとれました。

     より有利に、妙味があって、社会的イメージがいい仕事に、志望者がやりがいを見つけ、選択する。少なくとも、やる気があるならば、万難を排してもくるはず、といった変な自信に基づいていたり、まして妙味やメリットを素直に求めることを「心の貧困」のように扱う姿勢ではありませんでした。

     ところで、私も拙著のタイトルで使っていますが、この「改革」を批判する側の多くは、この現状に「失敗」という表現をあてはめ、逆に当然ながら、推進派は、前記したようなとらえ方、つまりはあくまで「改革」の過程であるという前提で、この二文字をほとんど使いません。ただ、実は、「改革」を批判する立場のなかにも、必ずしも「失敗ではない」という方たちがいます。

     「現状の危機について、就職難だから法曹志望者が激減しているという言い方や、OJTが不足しているから司法試験の合格者を減員すべきであるという主張は、間違いではないか、的を射た言い方ではない」
     「今回の司法改革最大の狙いは、法科大学院を造り、弁護士の大幅過剰を作りだし、弁護士報酬を切り下げ、弁護士の質を変えることであった。その結果、弁護士は既に大幅な過剰状況にあり、売上や所得が激減し、法曹志願者が減少することは当初から分かっていたことである」
     「弁護士過剰が明らかとなり、優れた人材は、今の弁護士業界のように質が落ち、みっともない広告・宣伝が繰り返される過当競争の業界ではなく、もっと有利で魅力のある職業を目指すことになる」(鈴木秀幸弁護士「世紀の司法大改悪」)

     これは、要するに、「改革」の目的がもともと推進派の表向きの言説や、それをもとに多くの人間が期待したのとは違うところにあったということであり、その観点からすれば、「失敗」ではなく、着実に狙い通り「達成」されているということです(「御苑のベンゴシ 森川文人のブログ」)。

     こうした見方を陰謀論のように扱う人も現れそうですが、この隠れた意図から見てみれば、あくまで着陸地点から逆算しない、志望者目線を現実的にとらえない、推進派の不確かな「いつかよくなる」論も、ある意味、分かりやすいものに見えてくることは確かです(「『弁護士弱体化』という意図」)。


    あなたは少年事件被疑者の実名報道は許されるべきだとお考えですか。少年法に対するご意見とあわせてお聞かせ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6558

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    全事件につき代理人を就任させること(特に離婚事件)、隣接士業は弁護士の下位資格あるいは全資格を統合させたうえで制限をかけること、これさえ徹底すれば自由競争は成り立ちやすくなると思うんだがね。

    No title

    >>懐疑派「他の分野と一緒にするんじゃねえ」
    >>「業なら収益も考えなきゃならんだろ」

    >結局のところ、「弁護士様だけは特別だ」ということですよね。
    「弁護士様」とも「だけ」とも言っていないと思います。

    >このブログのひとつ前の記事のコメント欄で、
    >完膚なきまでに叩きのめされたそんな、
    >主張を恥ずかしげもなく繰り返すだけ。
    >本当に恥ずかしい人たちです。
    少し前のコメントのやりとりで、
    弁護士が他の業種と比べて
    自由競争が成り立ちにくいことの分析が
    なされていました。
    その一方、弁護士業が他のサービス業と同様に
    自由競争が成り立つというその流れを
    具体的に説明するコメントはありません。

    No title

    妖怪じゃなくて業界でしたね・・・
    さすがに「似たようなもの」というツッコミは止めてくださいね

    No title

    >行政がやらなきゃならない部分もある
    請け負ってやるから補助金寄越せ、って言わないのがこの妖怪の特徴なのか良心なのか。

    公益(なのかどうかよくわからんが)活動しまくりの弁護士会と、業務に特化した弁護士会と、どっちが勢力伸ばすのでしょうね。
    弁護士会を分けて欲しいですね

    No title

    >そうじゃなくて福祉問題も消費者問題も全部いっしょくたにするんじゃねえよ(行政がやらなきゃならない部分もある)ってことですよ。

    何を言いたいのか理解に苦しみます。

    No title

    >結局のところ、「弁護士様だけは特別だ」ということですよね。

    そうじゃなくて福祉問題も消費者問題も全部いっしょくたにするんじゃねえよ(行政がやらなきゃならない部分もある)ってことですよ。
    意図的に読み替えると「弁護士さんって読解力もないのね」って言われちゃいますよ。ふふふ。

    No title

    >懐疑派「他の分野と一緒にするんじゃねえ」「業なら収益も考えなきゃならんだろ」

    結局のところ、「弁護士様だけは特別だ」ということですよね。

    このブログのひとつ前の記事のコメント欄で、完膚なきまでに叩きのめされたそんな、主張を恥ずかしげもなく繰り返すだけ。本当に恥ずかしい人たちです。

    No title

    分かり合えないんだから、少なくとも弁護士会は二つに分けるべき。

    No title

    弁護士HARRIER先生の記事は分かりやすいですね。
    http://ameblo.jp/mukoyan-harrier-law/entry-12018670989.html
    ただこれを見ると、絶対に「推進派」「懐疑派」はわかりあえないということがよくわかります。
    推進派「趣味でやれ」「全ては競争」
    懐疑派「他の分野と一緒にするんじゃねえ」「業なら収益も考えなきゃならんだろ」

    No title

    そりゃ、司法試験に通らない人間にとっては行政書士でも胸を張れるからいいよね
    現実問題交通事故関連は判例集掲載・億単位賠償狙いの博打打ばかりで、実際ノウハウの蓄積量は過払いバブル中に行政書士に抜かれんじゃないかっていう傾向があるからね

    >今は優秀な人は皆医学部へ行くそうですから
    生命倫理の最前線を学生時分からきっちり見聞することで高度な職業倫理が築かれるケースが殆ど

    相変わらず自称2ちゃんねらー弁護士は名無しの露出しかできないんだな

    刑事国選は、町の法律家である行政書士にやらせたら?( ´Д`)y━・~~

    No title

    50年後?
    司法改革云々どころか、弁護士などという職業がなくなっているに一票

    No title

     今は優秀な人は皆医学部へ行くそうですから、従来なら弁護士を目指したであろう優秀な人材が医師になることで、日本の医療のレベルが上がり、結果国民の健康増進が図られます。弁護士の尊い犠牲のおかげですね。

    人数増やしてもイイよ。その代わり、めっちゃ金儲け主義で行くだけのことだもーん。むしろ増員はそのお墨付きと言うわけだね。まーいいんでないの。誰の役にもたってるように思えない会務撲滅に繋がるからね。
    そうしないと淘汰されるからね。
    儲かれば官軍。儲からないことはいくら倫理的に正しくても悪。それがこれからの司法界だよね。

    No title

    そりゃ何も困っていない人達にとってはこのまま改革が進んでくれたほうがありがたいでしょうよ。
    でも困っている人が大半なんだってば…。
    それとも全部自己責任で片付ける気なのか?

    No title

    >時代の流れとともに全ては変わらなければならないのは自明の理である。
    悪い方向に変わるぐらいなら
    変わらない方がまだましであることは自明の理です。

    >少なくとも50年後には、この流れが是とされ、
    >流れに乗り遅れ淘汰された弁護士は顧みられることはないだろう。
    50年後には司法改革の失敗がもっと明らかになっているでしょう。
    他の国や歴史を見れば、容易に分かることだと思います。

    >そうなら、今まで通りの改革を進めていくしかない。
    改革は、状況を見ながらよりよい方向に
    軌道修正していくべきです。
    「今まで通りの改革を進めていくしかない。」
    という硬直した考えこそ、
    「変われない」典型だと思います。

    >現在の法曹志望者の減少は特に悪いことではない。
    減少の理由を考えれば、
    現在の減少は悪いことだと思います。

    No title

    >弁護士の質を変えることであった。

    質が悪くなったかのように述べているが、時代の流れとともに全ては変わらなければならないのは自明の理である。言いかえればどの時代においても、変わらないものは淘汰された。
    弁護士の質は時代とともに変わらなければならなかったのであり、それを「今」判断するのがそもそも間違いではないか。
    少なくとも50年後には、この流れが是とされ、流れに乗り遅れ淘汰された弁護士は顧みられることはないだろう。良い悪いの問題ではない。変われたか変われなかったかの違いである。

    弁護士人口を元に戻せば全ては良くなるか?そうではないはずだ。
    弁護士人口が減り、経済的に潤う時代がまたきたとしても、その金は弁護士の懐に収まるだけである。時代の流れである。
    そうなら、今まで通りの改革を進めていくしかない。弁護士には定年がないのであるから、そこを絞れない限り、入口あるいは入口近辺の自然淘汰に任せるしかない。現在の法曹志望者の減少は特に悪いことではない。

    No title

    ご正論です。誤解を恐れずに突き詰めて申し上げれば、勝者総取り(金持ち勝つ)のグローバル化の一環としての司法制度改革です。

    個人がとりうる対策としては、勝者であるグローバル企業の外国株式をタイミングを見計らって長期保有目的で購入し配当金を得ること(勝ち馬に乗ること)くらいしか、思いつきません(ただし、今は、若干の例外的セクターを除き、買いのタイミングではないかもしれません)。ちなみに、弁護士になったころは、金融取引なんてばくちだ、と思い、勤勉・堅実以外は考えられなかったものです。嫌な時代になったものですが、弁護士の収入だけで生活しようなどと強情を張っていると自分だけでなく家族をも不幸にしてしまいますので、この時代の流れには逆らえません。

    No title

    >妙味やメリットを素直に求めることを「心の貧困」のように扱う姿勢ではありませんでした。

    昔は簡単に言えば「ノブレス・オブリージュ」をたたき込まれていましたから、妙味やメリットを素直に口にすることははばかられてはいましたよ。揚げ足取りのように言われるのは残念です。

    日弁連がデメリットばかりの要求に屈するはずがない。いずれ逆転ホームランが来るはずです。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR