「無責任」の構図が生み出す結果

     「改革」が招くことになった弁護士や法曹養成の現状を、弁護士・会はなぜ、想定することができなかったのか――。これまで弁護士会内の世論を見わたしてくると、不思議なくらいこのことへの問いかけが希薄な印象を持ちます。もちろん、「私たちは分かっていて警告していた」という弁護士も沢山います。ただ、一方で、こうした結果をまるで想定していないように、「大丈夫」の太鼓判を押した弁護士たちが、この「改革」を主導し、そして多くの弁護士たちがこれを受け入れたのは事実です。

     いま、このテーマを投げかけると、「いまさら建設的でない」といった、弁護士が議論を封じるときに、しばしば用いるフレーズが返ってきたりします。あるいは、当時の「選択」にかかわっていた世代の弁護士からも、どこか他人事のように、「どうしてこういうことになっているんだ」といった、答えにたどりつけない、ため息まじりの声が返ってきたりします。

     どういうことが想定されていたのでしょうか。弁護士が量産されても、現存の弁護士たちが対応しきれないほどの有償のニーズが埋まっているのだから、それが掘り起こされる形で、新人も既存の法律事務所に吸収されていく。開拓努力をするという意識変革さえすれば、社会全体が事後救済型になる中で、ニーズは十分に掘り起こせる。この大量の弁護士を生み出すためには、従来の司法研修所の教育では物理的に対応できないので、大学にこの養成に参入して、法科大学院を中核とする新たなプロセスで輩出するしかない単に数を増やせば、質の低下が問題にならざるを得ないが、そこは法科大学院の教育が底上げ的にレベルを確保しつつ、増員が実現されていく――。

     今では当たり前のようにいわれる、競争による淘汰が質を確保するといった発想は、弁護士のなかに希薄だったと思います。これまでよりも、競争が激しくなるということは想定ができたとしても、前記潜在ニーズに関する基本的な発想のなかでは、ここまでの生存をかけた競争状態にさらされることを多くの弁護士は想定していかった。まして新人の就職難という事態や、質を教育と資格試験によってではなく、最終的に淘汰によって担保するといった状況への懸念が、正面から取り上げけられたわけでもありませんでした。

     その一方で、太鼓判を押していた主導層はともかく、当時の個々の弁護士たちの本音の部分では、この業界が全体として激的な増員に耐えられるという感触をどこまでもっていたのかは、疑問です。弁護士必要論は当時、あふれていましたが、それが個々の弁護士の生活を具体的にどのくらい支える有償ニーズにつながっているのか、「開拓」という号令の先に、どのくらいの規模のものがもたらされるのか、つかめていた弁護士の方が少なかったと思います。

     あえて語弊のある言い方をすれば、ここに「無責任」の構図があるように思えます。つまりは、「大丈夫」と太鼓判を押しながら、それは果たして弁護士全体の未来について語られていたことなのかという疑問です。今でも、端境期といわれる中堅弁護士が口にするのは、自分たちより上の、経済的安定が崩れることを疑いもしていなかった弁護士層の存在です。彼らは自らの安定が崩れない未来は確保できたところで、弁護士全体の未来に太鼓判を押していたのだ、と。

     こういう言い方はお叱りを受けるかもしれませんが、これは「悪意」というよりも、事実上の「限界」というべきなのかもしれません。もちろん、ここに「悪意」に近いものを読みとる意見もあります。

     「日弁連執行部と司法改革推進論者らが、弁護士不足のために弁護士大増員が必要であると言い出せば、それが嘘であっても、世間は、自分に不利になることを自ら言い出すようなことは絶対にしないだろうと考え、それを信じ、他の者がそれを打ち消そうとしても、それが困難になる」
     「よって、この手口はフェアではなく禁じ手であり、全体が致命傷を負う。それを言い出し出した弁護士は、『マスコミは世論である』と言った中坊(公平)氏と、主にその人を支持した周りの組織の人たちであった」(鈴木秀幸弁護士『司法のあり方と適正な弁護士人口政策』「司法改革の失敗」)

      ただ、これも現実は、「責任」を問われないという構図のなかで起こっていることです。「こんな明らかな政策の失敗に対して、当時の弁護士会関係者は誰も責任を問われないのですか」ということを、この世界を知らない人間から良く聞かれます。弁護士会は、会社のように、政策の結果に対して、誰かが立場として責任を問われることがほとんどない(なかった)、といっていい組織です。もっとも「そこまでの問題がなかっただけ」という答えも返って来るかもしれません。ただ、それも問われない体質のなかで、なかったことになっているのと区別はつかない、といわなければなりません。

     弁護士会は、民主的な会員の決定によって方針が選択されているということも言われます。どんなにある立場の人間が煽動、主導したとしても、方針決定は会員全体で民主的に選択されたということです。もちろん、サイレントマジョリティも含めて、賛同した個々の責任がないとはいえません。しかし、前記言い方自体が、弁護士会の場合、責任分散の理屈で、現実的には「問われない構図」を作っているようにみえます。

     今、弁護士会のなかの格差は広がりつつあります。それは、経済的な格差であると同時に、若手とベテランという世代間の格差としても語られます。弁護士会の自治・強制加入、高額会費を自分たちの生存のための活動を縛る「規制」として受けとめる、弁護士会という存在そのものに対する意識格差も生まれています。その一つの表れとしての今回の東弁副会長選挙(「『任意加入制』提案、東弁副会長候補出馬という『始まり』」)が注目されましたが、既にそうした若手が日弁連会長の座に座るための得票を具体的に考察したブロクまで現れました(「刑裁サイ太のゴ3ネタブログ」)。

     格差が生まれるということは、「無責任」の構図のうえで、他者への配慮なき「選択」の危険はより高まるとみなければなりません。前記ブログ氏は、その考察の目的として、「若手を重視しない(ようにみえる)日弁連執行部体制に対する牽制として、若手が団結すればいとも容易く日弁連会長の座を得られることを示すこと」としています。「切実である」という現実は、その言葉通りには共有されない。それは、共有しない結果に、責任が問われない現実と切り離してみることはできません。

     弁護士会の過去の方針選択に対して、「善意」という形で説明する論調が会内にあることも以前書きました(「『弁護士弱体化』という意図」)。ただ、それをすべて否定しないとしても、「善意」が利用される結果もまた、「無責任」の構図から生み出されます。そして、その他者への配慮に責任を問われない「改革」のしわ寄せが、結局、利用者市民に回ってくる。それがまさしく、今、であるように思えてくるのです。


    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    自由の戦士様

    >現在の強制加入制度が個人の思想信条の自由を侵しているから問題視されているのですよ。

    このご主張については過去の河野さんの記事
    弁護士会意思表明がはらむ危機 http://kounomaki.blog84.fc2.com/blog-entry-820.html
    をお読みいただけばよろしいかと存じます。

    下の人に返信

    悪徳企業や既得権益者を批判している私がネトウヨなんですか?

    >思想信条だし、別にいいんじゃない?
    現在の強制加入制度が個人の思想信条の自由を侵しているから問題視されているのですよ。

    政府権力の監視や自由・法の下の平等・民主主義は、これは普遍的価値ですが、大きな政府とか福祉国家は普遍的ではない。河本準一の所業を憎む弁護士だっているでしょう。持家があっても生保を受けようとか日弁連の主張は常軌を逸している

    No title

    新自由主義を否定することが共産主義を肯定することにはならないと思うけど、ネトウヨに言っても始まらないのだろう。
    あなたは中坊を尊敬する、それはあなたの思想信条だし、別にいいんじゃない?
    私は中坊を軽蔑するし、それは私の思想信条の問題だから、それで良い。
    他人の価値観を批判するのは言論の自由だが最終的には他人の価値観は他人の価値観として尊重しあうことで決着する問題だろう。

    中坊なんて永久に軽蔑するけどね。

    No title

    「電力会社は特殊だから競争や淘汰の理論を用いるべきではない」 これが通用すると思いますか?

    少なくない弁護士が原発被害者に対する加害者(東電)の傲慢さに憤り、電力改革に貢献した。

    企業の自己責任や競争を否定し、国民負担に転嫁しようとする電力既得権者に対して、数多くの批判的な提言が出された。この運動には日弁連を含む法曹界の参加もあったはずだ。

    「うちの業界は特殊」は甘えの理論だ。

    下の人に返信

    なぜ新自由主義だと悪いのでしょうか?

    共産主義弁護士よりマシです。

    弱者・被害者の立場を守る点では共産主義思想の弁護士を尊敬していますが、経済政策としての共産主義は悪です。これは歴史的事実。

    そもそも思想の自由をはじめとする基本的人権は弁護士が最も尊重しなければならない価値です。しかし個別的価値に基づいた政治活動をする会に強制入会させることは思想の自由を侵害し人権弾圧を行っていることになります。

    No title

    済みません、なぜ中坊氏を批判しないのか理解できません。
    私は中坊氏から被害しか受けていない者ですが、彼は新自由主義という普遍的価値を尊重する軽蔑に値する弁護士です。

    法曹に存在価値はありません。
    その存在価値の破綻に中坊が寄与した部分はきわめて大きいと思います。

    No title

    すいません、なぜ中坊氏が批判されているのか理解できません。私は中坊氏から恩恵を受けた者ですが、彼は自由・平等・民主主義という普遍的価値を尊重する立派な弁護士でした。

    換言すれば、彼が改革しなければならなかった当時の法曹システムには普遍的価値がない。それは今も同じです。

    筆者は日弁連を人権擁護の組織として擁護するが、強制加入によって『人間の最も重要な権利』たる思想信条の自由を制限する組織が人権擁護とは矛盾していませんか。

    弁護士は弁護士会に登録しなければ商売できない。つまり日弁連思想に反対と思っている人でも生活のために思想信条を曲げねばならないのです。

    仮に、日弁連思想が自由・法の下の平等・民主主義という現在の日本で100%絶対的に尊重されるべきものなら異論はありません。

    しかし、例えば福祉の程度、生活保護の程度、外国人の権利などについては、これは個人によって異なり、普遍的価値として万人が共通の価値を持っているわけではありません。

    普遍的価値を尊重するという共通基盤のなかで、生活保護を減らすべきと考える弁護士だっているでしょう。
    そういう人が思想・信条を生活のために曲げて、自分の意見に反する組織に上納金を搾取される現状は間違っている。また、法の支配というのに、裁判所の管轄に入ることを拒否しているのは、おかしい。

    テレビ局マスコミの電波独占と並んで、弁護士会ら士業の強制加入制度は自由の敵だと思います。どちらもその内部の人員の質は素晴らしいのに、自由を侵害し独占や強制を主張している。自由を守れ。

    No title

    任期が短すぎるっていうのもあるよね。
    たった1年(単位会)、2年(日弁連)で次に申し送りできることが前提だから
    なるべく自分の代では無難に無難に…っていうのが無意識にあるんだろ。
    普通の会社じゃそうはいかない。ある程度長くやるからこそ「責任をとって辞任します」ってこともできるが。
    派閥があれば余計に自分の世代ではおとなしくしておいたほうがいい。
    それに大体この手の出世コースは決まってる。
    無難に無難にコースにのっておくのが吉ってやつ。

    No title

    少しずつですが、広げすぎた事業を縮小し、会計を適正化する時期が来ているようです。

    二弁の財務は全体的に見れば無駄に良好です。しかし、昨日のFAXによれば、二弁の特別財源から、二弁の団体生命保険の保険料支払いに対して行われてきた5%分相当額の補助金支出は、特別財源の枯渇により、今年度で終了します。さらに、この団体生命保険の存在自体が、何らかの形で10年以内に解消されることが見込まれています。

    中堅や若手はそもそもこの団体生命保険の存在自体知らなかった。むろん、補助金支出も知らない。自分たちがなけなしの金をはたいて払った会費が長年お手盛り的?に使われていたということを今回初めて知り、怒りを持ってFAXを握りつぶした次第です。

    ただし、問題を公開し英断し会計の適正化を図った今の会長に対しては拍手を送っているので、今後も遠慮無く業務を適正化していくのが二弁の道だと思います。事務所経営に問題がなければ、いつの日かまた会長に返り咲いて頂ければ、と思います。二弁は単位会としてはまともなほうで、都市型公設も時流に合わせて縮小方向であり、東弁のような副会長候補者は出にくい状況にありますが、日弁連がどうにもならんことは二弁内部では本音での共通認識でしかもユニークな会風ですので、先は見えません。

    ちなみに、今の中堅・若手の経済状態からは、一括払いの貯蓄型生命保険か、掛け捨ての生命保険か、そもそも加入しないか、といった3極に分かれ、特に後二者の層が厚いので、現在の時流に添って言えば、二弁や日弁連の団体生命保険の必要性は無いと言えます。

    No title

    >今でも、端境期といわれる中堅弁護士が口にするのは…

    それは単に言い掛かり。上の世代は安泰ということを予想していたなら当時の端境期の弁護士は何を予想してどういう行動をしていたのか。何も手段を講じていなかったから今の状態があるのではないのか。結果を見てからなら何とでも言えるものである。

    >どんなにある立場の人間が煽動、主導したとしても、方針決定は会員全体で民主的に選択されたということです。

    これはタテマエ。実際の弁護士社会は今は知らんがかつてはムラ社会。大御所が言ったのなら控えたまえ…というのは今は知らんがかつてはあった。異論があれば委任状を提出して総会に出ない形で消極的に抗議するような…。「責任が問われない構図」というのは正しい。下の世代は「自分達は委任した。だから上の世代に責任がある」と言うだろう。上の世代は「ほら大多数の会員が賛成したから全員に責任がある」と言うだろう。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR