法律事務所「二極化」の現実と価値

     「法律事務所の二極化」ということが、今回の「改革」をめぐり、散々言われてきました。ただ、よく耳を傾ければ、その意味するところは、人によって違います。よくいわれるのは、事務所形態についてで、これまで日本の個人事務所主流の形から、共同化、ローファーム化が進むというもので、「改革」によって、その二つの形態にはっきりと分かれてくるという見方です。

     それと同時に、よく言われるのは、むしろ経営する弁護士の姿勢にかかわるもので、大まかにいえば、「改革」によってよりビジネス化を意識する弁護士と、そうでない旧態依然とした弁護士に分かれるという見方。さらに、これに被せて、いわゆる「勝ち組」「負け組」という分け方に類する、要は儲けているところ、儲けられるところと、そうでないところというニュアンスもあります。

     この場合の多くは、弁護士増員政策やそれに伴う競争・淘汰という「改革」のあり方に対して、肯定的積極的に受けとめようとする論調のなかでいわれてきたという特徴があります。そこには新しい「改革」の流れのなかで、それに乗れない者と乗れる者、いわば時代遅れとそうでないものといった、弁護士の保守的姿勢あるいは「心得違い」を批判的にとらえる響きを伴ったりします。

     もっとも、一方に対して必ずしも批判的な意味を持たない前者の使い方にしても、社会の多様なニーズにこたえていくという、建て前からすれば、それぞれの役割を果たすはずの二極化は、「改革」論調のなかで肯定的に描き出されます。一方が主に個人や中小企業ニーズにこたえ、もう一方が主に大企業のニーズにこたえるといったイメージ化もできます。

     だとすれば、この二つの二極化というとらえ方には、むしろ「改革」の建て前として、ひとつ決定的な違いがあるはず、といわなければなりません。いうまでもないことかもしれませんが、前者の二極化は、その両者をきっちりと成り立たせなければならないはずのものであるのに対して、後者は一方が消えていくことが、むしろ「改革」の効果として、望ましいことになるということです。
     
     2014年3月末までの5年間で、日本の弁護士の数は約8000人増え、30545人なりました。「弁護士白書」2014年版によると、その間、最も増えた事務所形態は、「1人事務所」で951(事務所)増、次いで「2人」793、「3~5人」719各増。所属弁護士数でみると、「3~5人事務所」が2594人増と最も増え、以下、「2人」1586人、「1人」951人、「6~10人」936人、「11人~20人」875人各増と続き、その後に事務所数では2件しか増えていない「101人以上」の大事務所が、474人増えています。

     一方、2014年3月末現在、全事務所数(14791事務所)との割合でみると、やはり「1人」が最多で59.31%、「2人事務所」18.21%と、両者で全体のほぼ8割。以下、「3~5人」16.06%、「6~10人」4.41%、「11~20人」1.43%、「20~30人」0.32%、「31~50人」0.14%、「101人以上」0.06%、「51人から100人」0.05%。全弁護士に占める所属弁護士数の割合でも、「1人事務所」が25.03%と最も多く、「3~5人」が24.52%、「2人事務所」15.37%、「6~10人」13.53%、「11人~20人」8.15%で、全国に9事務所しかない「101人以上」が6.23%と続いています。

     ところが、これを推移でみると、この5年間に大きな変化があったわけではありません。はっきりしているのは、全事務所件数との割合では、「1人事務所」はこの間徐々に下降し、5年前に比べて5.33ポイント減と最も下げ幅が大きいこと。逆に「2人事務所」が2.50ポイント、「3~5人」が2.37ポイント各増のほかは、それより多人数の事務所形態でいずれも横ばい、もしくは頭打ちという状態であり、これは所属弁護士数で見てもほぼ同様の傾向にあります。

     これらのデータからいくつかのことが推察できます。日本の法律事務所形態は、依然、2人以下の小規模が主流であるものの、そのなかで「1人事務所」よりも2人から5人規模の経営形態が、現在のところ多くの弁護士に選択されつつあること。それ以上の規模の事務所については、事務所数としては増えつつあっても、その勢いは鈍いこと。それは、同時に増員弁護士の受け入れ先としてみたときに、31人以上の規模の事務所よりも、現実的に前記「3~5人」を中心とした小規模事務所がより「貢献」しているという現実があること――。

     所属弁護士の弁護士経験年数に関するデータがないので、これもあくまで推測になりますが、以前も書きましたように、既に事務所在籍3~7年での独立という従来のモデルが崩れていることがいわれるなか、これらの規模が選択されている動機付けも変わってきているととれます。「1人事務所」のなかには、かつてのように長く共同事務所に所属した高齢のベテランが、自宅開業などに移行するケースもあるかもしれませんが、当然、事務所勤務経験のない「即独」組もいます。それと同時に、選択されつつある5人以下の規模の共同事務所にしても、従来型の経験のある弁護士の独立ではなく、主に「即独」のための経費シェアとしての妙味から選択されてきている可能性も考えられます。

     一番の問題は、これら「二極化」と一括りにされてきたことのなかで現実に起こっていることが、一体、誰にとって望ましいことなのか、ということです。それは言い換えれば、こうしたことが、たとえ弁護士の生存にとって望ましいことであっても、利用者にとってのあるべき弁護士に望ましいのか、という疑問です。少なくとも、前記動機付けから推測する限り、そこには「望ましい」というよりも、「仕方なく」という、いわば追いつめられた結果が沢山含まれているととることができてしまいます。

     弁護士1人、事務員なしの事務所を想定して、どこまで経費を削れるのかをシミュレーションした「弁護士有資格者」のブログ(「法廷日記」)がありました。非常に現実的であり、参考にできる試算として関係者には受けとめられるかもしれませんが、その一方で、果たしてここまで経済的に追い詰められる形が、本当に利用者にとって有り難いことなのかが、不安になってきます。

     冒頭後者の「二極化」をいう立場からすれば、そもそもそういうことは問題にならないと思います。およそ誰でもやっている生存のための当然の「努力」ということで片付けられそうです。しかし、前者の意味において、現状はどうみるべきでしょうか。どちらかといえば、増員政策の「受け皿」としての「貢献」が低い側の目的やニーズが強調される一方で、あくまで現実的に主流である事務所形態の弁護士のあり方あるいは未来は、どこまで想定されているのか。結局、後者の論調の前に、それもかすんでいるのではないかーー。

     「二極化」と括られる現実の意味と価値について、もう一度、考え直す必要があるように思えてなりません。


    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ


    真実を知る事が第一歩。原一探偵


    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    だいたい、司法制度改革って日米構造協議の申し子でしょう?
    結局、彼らの本当の目的は、この国の法律専門家集団をかき回して、
    制度面からモラル・ハザードを起こすことだった・・・っていう当初からの
    都市伝説がますます現実味を帯びているってことなんでしょうね。
    こんな所には、本当に切羽詰って貧困ビジネス業界に手を染めているタイプは
    書き込んだり覗きに来たりしないんでしょうけど、結局堕ちていく同業者をただ
    眺めている業界団体って、結局それ自身も腐り果てていく運命なんだろうね。

    No title

    >完全に負け組の構造ですね。
    >その構成で事務員がボトルネックにならないだけのお仕事しかないんですか?
    >普通は弁護士2人に事務員3人ですよね?

    お褒めにあずかり光栄の至り。
    弊所は事務員の出来がいいので、1人で十分なんですよ。
    もちろん顧問先も多くあります。
    負け組なんてとんでもないですよ!
    どうぞよいお年を!

    No title

    日弁連もローマンセーとロー反対に二極化、というか二団体化させるべき

    No title

    法律事務所の2極化を説明するなら、
    (1)弁護士が何時間働いたかによって報酬を請求できるクライアントがほとんどを占めている事務所と、
    (2)昔からの着手金と成功報酬でしか請求できないクライアントがほとんどを占めている事務所かという区別が必要でしょう。
    この違いは法律事務所の経営を考えるうえでかなり重要になると思いますよ。

    No title

    弁護士2人に事務員1人?
    完全に負け組の構造ですね。
    その構成で事務員がボトルネックにならないだけのお仕事しかないんですか?
    普通は弁護士2人に事務員3人ですよね?
    あ、まあ弁護士と事務員の給料なんて変わらないから、弁護士に郵便の管理や切手を買いにいかせたらいいですね。
    司法改革万歳ですね。

    No title

    >少し深く考えると、アメリカの勝ち組は資本家、つまりグローバル企業の株主です。

    本当にそう思うなら、株を買えば良いのでは。
    誰でも勝ち組になれますね。

    No title

    ご指摘のような、情けない状況に陥りつつある弁護士業界を、長年かわらずに温かくウォッチし続けていただき、ありがとうございます。

    少し深く考えると、アメリカの勝ち組は資本家、つまりグローバル企業の株主です。グローバル企業のために働く弁護士は、必ずしも勝ち組ではないようです。

    そうすると、弁護士の中に、弁護士であるがゆえに勝ち組、なんて人が、本当にいるのか?という気がしてなりません。個人的には、コンサル会社にお金まで払って弁護士事務所のマーケティングにいそしむ人の気持ちがわかりません。弁護士としては平平凡凡に誠意を尽くして仕事をしつつ、ちりも積もれば・・・で資本を形成しています。

    なお、2人から5人の事務所で経営する場合は、ほかの主要メンバーの死亡や疾病、経営不振などで経費を払えなくなるような場合への備えが必要です。

    では、バケーションに入ります。河野様、読者の皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

    No title

    何もしていないとか心の貧困とか失礼だなぁ。
    まず自分の足元を固めなければなりませんからね。
    1人事務所→共同経営の形態は戦略的()なんです。
    弁護士1事務員1より、弁護士2事務員1のほうが人件費もかかりませんし。
    そして共同経営が軌道に乗ってきたら、きちんとニーズの掘り起こしや新人の雇用に取り組みますよ。

    …やだなぁちゃんとやりますって。
    …いつとは確約しませんけど。
    それに利益相反の可能性はなきにしもあらずですけど
    依頼者にとっては1人事務所だろうが共同事務所だろうが関係ないですし
    相手方の準備書面を見て、弁護士が多いことにビビる人もいるくらいですから
    弁護士は多いほうがいいのですよ。

    No title

    詳細な分析をありがとうございます。
    統計から演繹的に導かれる結論として、
    法曹人口激増を支持しているバカ共は、ニーズがあるとか、新人を雇用しろとかほざくくせに自分は何もしていないという事実が明らかになったと思われます。
    これこそまさにローマンセー、増員派の「心の貧困」がもたらす事実です。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR