弁護士の「公益性」をめぐる評価とスタンス

     「給費制」存廃というテーマは、実は私たちの社会のなかの弁護士という存在について、非常に重要な問題を投げかけていました。「貸与制」への移行そのものは、前回も書いたように最終的にはおカネの問題、つまり、「給費制」でなくても「やってやれないことはない(はず)」という結論が、支援策や「稼げる」返済可能な資格という、ある種の現実的条件を満たすということで導かれ、終結してしまったようにみえました(「『実現可能性』に後押しされた『改革』の現実」)。

     ただ、この議論のなかで、もう一つ、「給費制」存続論を否定する立場から、強く主張されたことがありました。それは在朝・在野の違いをいう主張。つまり、司法修習終了者のうち、裁判官、検察官はともかく、民間の事業者である弁護士になる人間に国費で給与を出す正統性の問題です。

     結論からいえば、この主張が持つ、社会に対するある種の説得力について、弁護士・会のとらえ方は甘かった、あるいは彼らの予想を上回るものだった、ように思えます。国費の投入に対して、将来的に公益として還元される在朝法曹に対し、民間にあって自由にビジネスとして稼ぐ弁護士は、必ずしもその還元があるわけではないし、その保証はない。それは、一民間人の職業訓練に国費が投入される不公平であり、「社会に通用しない」というとらえ方につながっていました。

      「給費制」の議論がメディアに取り上げられたころ、この観点から弁護士会側の存続論を強く批判する弁護士会外の声が、予想以上に強いことに私も驚いた覚えがあります。それは、弁護士という資格の現実が、公益性を担うイメージよりも、ビジネスとしてのイメージを、いかに社会に形づくっていたのかに改めて気付かされるものになりました。

     もちろん、弁護士会サイドも黙っていたわけではありません。彼らからは、当然に、正統性の主張には、正統性で対抗する主張が繰り出されました。つまり、それは統一修習、あるいは法曹一元的な理念。戦前の権力の暴走をチェックできなかった反省、司法に深くかかわり、人権の擁護主体としての存在意義、その意味での三者の同等の質確保の意義、さらには弁護士インフラ論等々の、在野にありながら、裁判官・検察官の養成と区別されるべきでない根拠が主張されました。そして、「貸与制」移行後も、基本的にそれらは主張されています(第一東京弁護士会「給費制復活を含む司法修習生への経済的支援を求める会長声明」)。

     弁護士・会をずっとウオッチしてきた立場からすれば、この主張は彼らにとって、ある意味、まさに疑いようもない正統性の主張だったと思います。ただ、残念なことに「効果」という意味では、それこそ彼らの予想以上に、それは小さいものだったというべきです。それは前記あくまでビジネスである専門職の、公益に還元されない資格者のイメージを覆すほど、彼らの正統性論は社会にイメージしやすいものではなかった、ということだと思います。現実的な弁護士像に対して、抽象的理念的ととられてしまう弁護士像。さらに、一つ間違えれば、普通の事業者として稼ぎながら、特別の地位を得ようとする方便のごときとらえ方までされかねないものでした。 

     ただ、一方で、彼らにとってやるせないことに思えるのは、弁護士・会は現実的に、公益的な活動を自力でずっとやってきていることです。各種委員会活動は個々の会員が拠出する会費で運営され、さらに各弁護士会では個々の会員に公益活動を義務化までしている。そこでは、繰り返し弁護士法規定の使命や、公共的な役割が弁護士の本来的職務であることへの自覚も、会員に促されてきました。また、現在、法テラス(日本司法支援センター)に移管された格好の扶助事業を、それ以前は長く弁護士・会が自力で支えてきたという実績(あるいは自負)もいわれます。

     有り体にいえば、理念でも方便でもない、弁護士・会の公的な活動実績からの存在意義よりも、個々の「稼いでいる」弁護士像の方が、より社会に認知され、その現実をもってして、弁護士の養成に国費が投入されることの正統性が、弱い立場に立たされる結果となっている、いうことになります。

      「改革」のバイブルというべき、司法制度改革審議会最終意見書は、この「弁護士の社会的責任(公益性)の実践」を弁護士に強く求めています。このことは、「改革」当初、多くの弁護士の口から自戒・自覚の言葉としても聞かれました。ただ、皮肉なことに「改革」は、より弁護士にとって、それを実践しづらい環境を生み出しました。それどころか、前記「給費制」廃止を含めて、むしろより積極的に、実践しづらいところに弁護士を追いつめているようにみえます。

     最近、若手弁護士のなかからは、弁護士・会の公益性、少なくとも今までのような会員の負担に依存した形での、その推進に、極めて冷めた、消極的な意見を聞きます。その背景には、これまでも書いてきたように、会員を経済的な追い詰めている「改革」を推進しながら、会員の負担によって公益的な使命を果たそうとする無理に対する弁護士会主導層の認識への不満があります。ただ、そこにはもう一つ、やはり「やるせない」と表現した、弁護士の公益性に対する評価の低さという現実があるように思えます。

     これはすべて弁護士自身が招いたことではないか、という批判もあるとは思います。公益など見向きもせず、前記「稼ぐ」ことのみにまい進するような弁護士イメージを形成したのも、彼らの同業者であり、もし、公益性について社会的評価が低いとすれば、それも弁護士・会の実力ではないのか、と。それは、そうかもしれません。

     ただ、現実問題として、それでは公益には目もくれず、在朝法曹とは共通の基盤を持たない、ビジネスマンとしての弁護士だけでこの国が、どんどん満たされていくことが、本当にこの国の大衆にとって有り難いことなのかどうか、という問題は、どうしても残ります。


     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ


    真実を知る事が第一歩。原一探偵


    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    公益性を求める??

    内閣の定めた公益性とは、星野名誉教授のよるものがとりあげられていますが、「公益性」の判断は、各法人の個々の事業について行えば足りるか? これは、かなり議論があるところです。.......極めて煩雑なやり方だと思います。
    一方に公平で一方に不公平だということは明白であり、一般業務である弁護士に(ある意味非常にガテンな体力と気力、知力も求められる有資格者でありながら、一般の自営みたいなものと捉えていますが間違っていたらご指摘下さい)その言葉を使う自体違和感があるのですけど.....。
    だから悪徳もいるでしょう。消費者(相談者)も任せっきりの依存的になってはならないということなんではないでしょうか?全く利益になってるのかな?というお仕事もされています。

    No title

    弁護士ってお金出して資格を買わなきゃいけないんでしょ?
    なりたいと思いませんね。

    No title

    >適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っているのだから、
    >弁護士は公益的な存在だと思います。

    >そんなものに公益性を求めるなら、
    >この世に公益性のない職業なんて存在しませんね。
    >銀行員ももちろん公益的な存在ですし、
    >八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんも公益的な存在です。
    上記の文章の構造からすると、
    「そんなもの」とは、
    「適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っていること」
    だと考えられます。
    そして、
    「適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っていること」に
    公益性を求めるなら公益性のない職業は存在しないと主張し、
    銀行員も八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんも
    公益的な存在であるという主張が続きます。
    そうすると、文章の構造からすると、
    銀行員も八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんも
    「適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っている」から
    公益的な存在であると主張していることになりますね。

    >弁護士だけが偉そうにふんぞりかえって
    >紛争に関与しているから公益性があるなどと笑止です。
    偉そうにふんぞりかえっていて、
    弁護士をやっていけるとお考えであればそれこそ笑止です。
    そんなに弁護士がおいしい仕事だとお考えであれば、
    弁護士になられたらいかがでしょうか?

    No title

    銀行員、八百屋さん、魚屋さん、肉屋さんが
    適切な紛争解決を目指す上で
    1つの重要な役割を担っているとは
    知りませんでした。

    紛争解決に役割分担がなければ公益性がないというのは視野の狭い考え方です。
    通貨の流通に関与している銀行員も、野菜の適正な流通に関与している八百屋も、魚の適正な流通に関与している魚屋も、精肉の適正な流通に関与している肉屋も、みな国民の生活と不可分密接に関連しているわけで、分業で成り立つ社会において、公益性のない職業なんてものは存在しません。
    弁護士だけが偉そうにふんぞりかえって紛争に関与しているから公益性があるなどと笑止です。

    No title

    >適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っているのだから、
    >弁護士は公益的な存在だと思います。

    >そんなものに公益性を求めるなら、
    >この世に公益性のない職業なんて存在しませんね。
    >銀行員ももちろん公益的な存在ですし、
    >八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんも公益的な存在です。

    銀行員、八百屋さん、魚屋さん、肉屋さんが
    適切な紛争解決を目指す上で
    1つの重要な役割を担っているとは
    知りませんでした。

    No title

    適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っているのだから、
    弁護士は公益的な存在だと思います。

    そんなものに公益性を求めるなら、この世に公益性のない職業なんて存在しませんね。
    銀行員ももちろん公益的な存在ですし、八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんも公益的な存在です。

    No title

    >言い分の対立するどちらにも弁護士は就任するのです。
    >金もらって代弁しているに過ぎません。

    それでも弁護士は公益的な存在だと思います。

    双方に弁護士が付いて攻撃防御を尽くし
    中立な裁判所が判断を下す、
    という方法が、
    法に則った適切な解決を目指す上では
    とりあえず1番ましな方法である、
    というのが現在人類の知恵が到達した場所だと思います。

    世界の裁判の主流が
    当事者主義を捨てて
    職権調査主義になることは、
    少なくとも当分の間は無いと思います。

    適切な紛争解決を目指す上で1つの重要な役割を担っているのだから、
    弁護士は公益的な存在だと思います。

    No title

    司法の一角を担い、人権を守るという点においては、弁護士は公益的な存在ではあります


    単なる思い上がりでしょう。
    弁護士の使命は人権の擁護なんて笑止千万です。
    人権なんて相対的なものでしょう。
    言い分の対立するどちらにも弁護士は就任するのです。
    金もらって代弁しているに過ぎません。

    No title

    >司法書士でも,行政書士でもいいんだが,どうして弁護士資格を取らないんのか?といつも思う。
    >昔と違って,ローに行けば「誰でも」取れるんだから。

    本当に、そう思いますね。他のコメントにもあるように、行書、司書はもう存在理由さえない士業。過払金請求で大儲けした後、さっさと店畳んで不動産業に転身したヒト達のようにはいかなくとも、自分達の身の振り方を考えないとトンデモナイことになるでしょうね。
    だから、同じようにただ自己崩壊を待っている法科大学院を、こうした士業者の再教育センターにでもして、弁護士への転身を促進する形にした方が、一般国民にとってはサービス向上になると思う。つい最近大学を卒業して、アタマだけが良くて合格した新人よりも、世の中の酸いも甘いも経験した元他業種の弁護士の方が、上手く落としドコロを見つけてくれる確率は高いからね。
    ローを抱えている大学法人も、始めた事業を畳むとなると、そのしわ寄せが学費の工面に困っている学生や保護者にも行き、また既に卒業した人間への配慮からなかなか踏ん切りがつかないはず。
    いずれにせよ元凶は、法務省が幹部を司法試験合格者で固め、実質上業界団体に過ぎなくなっていること。あそこのノン・キャリアは、あまり法規で雁字搦めになっていな法テラスのような「外局」ができて、「やっと自分達にも『天下り法人』ができたっ!」と喜んでるだけじゃないのかな。
    それがよく分かっている一部の政治家も、自分自身が業界人で落選後に同業者から白い目で見られるのが怖いから、思い切った改革が出来ない。他の政治家は、検察・特捜部が怖い。だから、戦後、司法分野には国民の監視の目が一切届かず、この分野は70年物の肥溜めになってしまっている。来週の国民審査なんて、結局みんな鉛筆が勿体ないのか、誰も×しないわけでしょ?
    おまけに、ここに来ている同業者も、法テラスが抱えているいくつかの裁判についても、最高裁の事務総局はじめ関係部署とのシガラミ等が怖くて結局何も言わない。
    栃木であったように、組織ぐるみで公金横領し、それをまた発覚後すぐに公表しないで時間を掛けて隠蔽工作しているあんなトコロを存続させている限り、そもそも自分達の公益性ウンヌンを議論する資格など誰にもないんだよ。

    No title

    公益活動の担い手である弁護士は、たとえ弁護士報酬が得られず貧困になったとしても、成仏すればいい。それが本望であろう。

    公平であるべき裁判官は、たとえ給与がもらえず貧困になったとしても、成仏したらいい。それが本望であろう。



    確かにパラレルですね。私は信仰心があまりないので、余裕のある範囲で公益活動をするにとどめています。



    ところで、egovなる名称で役所がHP上から書式無料ダウンロードを拡大・充実しています。これで、行政書士・司法書士は、化学療法で少しずつ病巣を小さくされるがごとき状態に陥っています。この国際的に見て異形のライセンスは、最終的には、TPPによる制度廃止につながれているようです。ここにも哀れな断末魔の輩がいるようですね。消費者の方々には、事件屋にはくれぐれもご注意頂きたい、と思います。

    No title

    ›給費制についてなんですけど、公益性かビジネスという論点ではなく、弁護士の卵が国に経済的に依存することがよろしくないって考え方はないんでしょうか。

    これ突き詰めると,むしろ,裁判官が国からお金(給料)をもらうのはおかしいという話にならないかい?
    個人vs国の行政訴訟なんてたくさんあると思うんだが,裁判官が国から給料をもらうのは,結局,「国を負けさせたら,給料カットな」ってコントロールの話にならないかい?
    憲法上,裁判官の相当額の報酬は保障されているんだが,具体的に例えば,月100万円以上と保障されているわけではないんだよね。「相当額」なんて曖昧な概念なんだよね。
    ›国家権力の意に反する判断をすることもあるからこそ,裁判官には他の職業にはない独立性が認められてるんですよね?それなのに国から経済的援助を受けるってゆうのは,裁判官の独立性を弱めることにつながりませんか?
    になっちゃうよね。
    こっちの方には疑問はないの?

    No title

    人間誰でもトラブルになってから自覚するものなのですが
    >弁護士は公益的な存在ではありません。
    いいえ、司法の一角を担い、人権を守るという点においては、弁護士は公益的な存在ではあります。
    どうしても我々としては「トラブルに巻き込まれるはずがない(正しい生活をしていれば)」と思いがちなので、弁護士なんて人生に関係ないと思うのでしょうが…。
    大企業との公害・不良製品で人生の全てを壊されてしまったら…
    ある日何もしていないのに冤罪に巻き込まれてしまったら…
    そういう活動を支えてきたのは、まぎれもなく弁護士でした。
    (過去形なのは、今や法テラスと契約しないと国選弁護ができないくらい弁護士の立場が弱いから。なかなか手弁当で弁護団作るのも難しくなったし)

    弁護士会が(某A○の広告のように)ちょくちょくCMで
    「あなたが犯罪・トラブルに巻き込まれてしまったら、あなたを支える活動は弁護士会がやってます」とかできればよかったかもしれませんが、それって最初から何か不穏なこと(国や企業や警察が間違えること前提)をいってるようなものですからなかなか難しいでしょう。

    …とちょっと反論してみました。

    No title

     給費制についてなんですけど、公益性かビジネスという論点ではなく、弁護士の卵が国に経済的に依存することがよろしくないって考え方はないんでしょうか。

     国家権力と対峙することもあるからこそ、弁護士には他の士業にはない独立性が認められてるんですよね?それなのに国から経済的援助を受けるってゆうのは、弁護士の独立性を弱めることにつながりませんか?弁護士さんがそこに疑問を持たないのが不思議に感じます。

     給費制が廃止されて、経済的に苦しくなる→弁護士の力が弱まるってゆう論理は分かるんです。ですけど、そもそも政府の胸先三寸で廃止されてしまうような制度に支えられていた弁護士自治って、非常に危ういものだったような気がするんですよね。

     理想を言えば、貸与制も無利息じゃなくしっかり色つけて返したほうが弁護士の独立や矜持が保てるんじゃないかと思います。

    No title

    弁護士の「公益性」という表題自体がおかしいと思わないといけないのでは?

    弁護士は公益的な存在ではありません。

    No title

    よくわからないんだが,ローにも行けない(入れない)レベルなら,はっきり言って,法曹の才能ないから法曹の仕事にかかわろうとするのは,辞めたほうがいいよ。依頼者が迷惑するだけ。

    非弁が意味不明なことをギャアギャアわめき散らしているのは,見苦しい,聞き苦しい。
    ド素人が,医学部に入れる頭がないのに,「医師免許をオレ様がもらえないのは制度がおかしい。おれはブラックジャック様だ。」「お医者さんごっこがしたい。させろ。」とわめき散らしているのと同レベル。

    No title

    >それほどまでに凄腕揃いのはずの本物の「弁護士」が、
    >条文も判例も何も調べずに
    >信じ難いほどデタラメな妄言を喚きまくった挙げ句、
    >法外なタイムチャージだけをさんざん騙し盗ってた実例も、
    >探せばいくらでも見つかるんじゃありませんか?
    多人数の集団の中で一定割合問題ある人間が出てくるのを
    完全に防ぐ方法があるのであれば教えてほしいところです。
    弁護士ではなく他の士業に依頼したために、
    本来守られるべき権利が守られなかった方も
    たくさんいらっしゃるかと思います。

    >一昔前、司法書士は額に関係なく一切代理できなかったんですよね。
    >それが今、「140万円まで」とはいえ、
    >正式に代理人になれて、簡裁の法廷にも行ける。
    >なぜ、昔は「一切」代理権がなかったのですか。
    >なぜ、今は一部とはいえ代理権があるのですか。
    司法書士の方が国会議員等に対する影響力が強いですしね・・・。
    なお、制度は改悪されることもあるのだから、
    今の制度が昔の制度よりも正しいとは言い切れないと思います。

    >弁護士は例外なしに全員が有能で、
    >それ以外は例外なしに全員が無能だというのなら、
    そのようなことが言えるわけがありませんし、
    そのような内容のコメントは無かったと思います。
    ただ、少なくとも、弁護士は、
    かつて弁護士の資格を取得できる程度には
    能力のある時期があった人であるとはいえます。

    >日本中の簡裁は司法書士のせいで大混乱しまくってるはずだが、
    >そうなってますか?
    そういうこともあると思います。
    簡裁事件ではありませんが、
    司法書士が作成した破産の申立書で
    私が見たものの中には、
    雑な仕事だと感じるものがいくつかありました。

    No title

    >どうして弁護士資格をとらないのか

    希望者は「誰でも」弁護士試験を受けられる、年齢も学歴も過去の経歴も一切問われない、なぜなら採点が完全ブラインドだから、というのならまだそれもわかりますが、過去それに近かった試験制度を躍起になって改悪し、自分たちのお好みだけを何とかして恣意的に取り立てたい、などという汚い欲望を全開にした挙げ句、未だにちっとも反省してない奴らが失脚するどころかのさばりつづけてるのを見ると、吐き気を催すほどの欺瞞ですね。試験制度改悪のせいで、受験したくてもできなくなってる人が何万人いるのやら見当もつかない。

    旧試験の短答に合格しているという理由を、有利どころか不利に取り扱って故意に落とした挙げ句、東大理系卒だの外資系企業勤務だのを優遇してのぼせ上がらせていた恥知らず野郎に、当時から今までどれほどの批判がありましたか? 少なくとも失脚にはほど遠いようです。

    No title

    司法書士でも,行政書士でもいいんだが,どうして弁護士資格を取らないんのか?といつも思う。
    昔と違って,ローに行けば「誰でも」取れるんだから。
    この「誰でも」に入らないレベルの御仁なら,自身の職務範囲を忠実に守って,決して,弁護士の職務範囲に入ろうとするんじゃねーよ,と思う。

    No title

    一昔前、司法書士は額に関係なく一切代理できなかったんですよね。
    それが今、「140万円まで」とはいえ、正式に代理人になれて、簡裁の法廷にも行ける。
    なぜ、昔は「一切」代理権がなかったのですか。なぜ、今は一部とはいえ代理権があるのですか。民事法の権利義務の成立に、額の高低に絶対的な違いがありましたか。弁護士は例外なしに全員が有能で、それ以外は例外なしに全員が無能だというのなら、日本中の簡裁は司法書士のせいで大混乱しまくってるはずだが、そうなってますか?

    既存の制度だけを根拠に振り回し、「それは正当な決まりと言えるのか?」という反問を一切許ないのは、「決まってるんだから従え!」などと喚いて独裁政権の公然たる権力犯罪人権侵害を躍起になって正当化する狂信的な支持者と変わらない。薬局開設の距離制限とか、不当な規制に立ち向かった人たちを私は心から尊敬しますが、連中に言わせるとそういうのは一切許されないとんでもないこと、ということになるのでしょうか。

    No title

    それほどまでに凄腕揃いのはずの本物の「弁護士」が、条文も判例も何も調べずに信じ難いほどデタラメな妄言を喚きまくった挙げ句、法外なタイムチャージだけをさんざん騙し盗ってた実例も、探せばいくらでも見つかるんじゃありませんか? ここの河野さんのサイトだけでも、修習終わったばかりの即独者やら、歳とった耄碌者やら、あるいはタイムチャージの極大化だけが目当ての確信犯やら、「弁護士の肩書」と「法律事務の独占権」を嫌らしく振りかざした連中の法律家失格ものの所業が話題になったことが何度ありましたか?

    「規制緩和」の必要性をあなたに最も実感させてくれたのは誰でしたか? と問われたら、私は躊躇なく「弁護士」と答えます。ええ、「lawyer」でも「 barrister」でもなく、「 bengoshi」と。

    No title

    司法書士兼行政書士が、相手方の自称代理人になっている事件が、あった。記録を読んだが、もうでたらめの一言に尽きた。

    当職が受任した直後に、
    「あんたの言っている司法書士法29条2項というのは、司法書士法人の職域の条文であって、これを直接の根拠にあんたの代理権を導き出すのは無理だ。自分のことを管理人とか書いているけれど、なに、家裁の審判書か、公正証書でもあるの?」
    と一言述べたら、この事件屋はしっぽを巻いて逃げ出した。

    相手方も数年間にわたって騙されていたことをようやく知り、すぐに、弁護士代理人をつけた。すなわち、司法書士と弁護士では雲泥の差と知り、司法書士を黒子として利用することすらしなかった。

    所詮、こんなもんです。

    No title

    ADRは相手が合意しないとできない。
    行政書士は交渉も調停も訴訟もできない。
    司法書士は目的物の価額が140万円を超えると代理できない、
    破産申立ての代理もできない。

    No title

    公益って何おいしいの?

    No title

    一般市民は、敷居が高くて値段ばかり高くて高圧的な弁護士など必要ではなく、訴訟は司法書士に代筆してもらえば良いし、交通事故の示談書はコーチを受けながら自分で交渉して示談書だけ書いてもらえば足りるからね。
    儲かって楽な仕事は弁護士の出る幕じゃないよ。
    弁護士は、生活保護者同士の諍いや、お金のない人同士の小競り合いを、じっくり聞いてあげてよwお金にはならないけど、あんたらの大好きな社会正義を実現してください!
    他士業には真似できんわwお金にもならん客の相手とか、弁護士会のなんの意味もない活動におつき合いするとか(^^)
    社会のゴミ拾いみたいな仕事なんだよね弁護士って。

    No title

    何釣り?
    まじめにつられるのも馬鹿らしいから。
    一つ前の人は業務拡大したらやっていけると勘違いした司法書士か何か?

    今や交通事故の専門家は行政書士だし、債務整理や破産は司法書士やコンサルタントが専門家として存在します。
    しかも、相続や遺言は行政書士と税理士で片付くのです。
    弁護士は必要ありません。資格廃止していいんじゃないですか。
    司法書士の代理権を拡大すれば足ります。

    No title

    ブログの名前を「弁護士観察」ではなく「弁護士応援」「弁護士擁護」に変えたほうがいいのではないかと最近思いますが…。

    >公益には目もくれず、在朝法曹とは共通の基盤を持たない、ビジネスマンとしての弁護士だけでこの国が、どんどん満たされていくこと

    法律家は、もはや弁護士だけではありません。隣接士業もどんどんその領域を拡大していることをお忘れでは?既に在朝法曹とは共通の基盤を持たない者達がどんどん満たされていますし、ADRなど弁護士に頼らない紛争解決方法もある以上、もはや弁護士のあり方でなく、法曹のあり方そのものを語っていかないといけないと思います。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR