「改革」が本当に残そうとしている弁護士

     「弁護士は金持ちの味方」という言い方をよく聞きます。大方「金持ち」の側が、そう言っているのではなく、弁護士は「正義」の実現を使命に掲げながらも、結局、カネで動く用心棒だ、といった批判的な響きをもっていわれるものです。

     「味方」という表現には異論もあるかもしれませんが、弁護士は特定な階層の弁護だけを引き受けるわけではありませんから(「弁護士の『本質的性格』と現実」)、当然に「金持ち」の弁護もしますし、そのこと自体を否定できるわけもありません。拝金主義的傾向をいうものかもしれませんが、「ほとんどの弁護士が金持ちの味方」と言いたいのであれば、それは相当に個人的な経験をもとにした拡大解釈といわなければなりません。

     ただ、もし、そうした弁護士がこの社会で多いことも、今後、増えることも望ましくない、という考えに立って、前記言い方を批判的に使うのであれば、その人は、少なくとも弁護士に向けているのと同じ程度の批判の矛先を、この「改革」に向けてもいいのではないか、と思えてならないのです。なぜならば、端的に言って、この「改革」は「金持ちの味方の弁護士」を増やすことはあっても、減らすことはないといえるからです。

     有り体にいえば、採算性の低い需要に、これまで弁護士が取り組めてこられたのには、あくまで一定の採算性がとれる需要からの収益が担保されていたからです。担保されているうえで、採算性の低い需要に手を出すか出さないかは、それこそ個人の意識によるのでバラツキはあったとしても、可能な環境があった。それがなくなればどういうことになるのかは、もはや明らかといわなければなりません。

     「改革」がイメージ化した、今でも聞こえてくる「社会の隅々論」や、競争による淘汰がもたらす「効果」からすれば、社会的な弁護士利用の裾野が拡大し、あたかも経済的な条件を抜きにして、あらゆる階層が弁護士を利用しやすくなる社会が連想されるかもしれません。

     しかし、あえていえば「社会の隅々」でも、弁護士はタダ働きをするわけではないし、淘汰されるのは「金持ちの味方」の弁護士でもありません。おそらく真っ先に淘汰されかねないのは、その逆の層を相手にしてきた弁護士たちです。そのなかには前記した環境のなかで、意識をもって、取り組んできた弁護士たちがいます。楽して儲けていたり、環境にあぐらをかき、いわば営業努力をしてこなかった弁護士だけが消えていく、というイメージもまた、現実とは違うのです。

     さらにいえば、法科大学院制度や「給費制」廃止によって、法曹への道そのものが、お金持ちしかチャレンジできない制度になれば、これからの弁護士がどういう層で占められていくのか、ということも容易に想像がつくことです。

     それでも、社会的弱者のために、犠牲的精神で取り組む弁護士が、現れないとはいえません。ただ、これまでにはっきりしたことは、今のところこの「改革」はそういう弁護士を現実的に増やす方向を向いたものでも、「市民のため」に保護するものでもない、ということです。本当にその層の弁護士が、私たちの社会のために確保されなければならないとすれば、彼らを支える経済的な基盤を確保・整備しなければなりません。少なくとも、個々の弁護士の生存競争に丸投げしたり、彼らの心得違いをなじって、精神論で「なんとかしろ」と言ったところで、どうにもならないことははっきりしているのです。

     弁護士に対して言われる、いわゆる「成仏理論」(「弁護士『成仏理論』が描き出す未来」) の立場は、ここで書いてきたことを、ある意味、十分承知している考え方のようにみえます。つまり、このままの「改革」路線でいけば、「金持ちの味方」ではなく、「世の中の人々のお役に立つ仕事」をしようとする弁護士は、もはや「成仏」覚悟じゃなきゃできない、ということを。

     最近も、司法試験合格「3000人」の夢を捨てきれない人たちから、彼らが掘り起こされると想定している需要が増員弁護士を成り立たせるというよりも、実は対価度外視のような弁護士を前提にしているような発言(「Schulze BLOG」)が飛び出しているのを見ても、「成仏理論」こそが、この「改革」の無理の象徴であると改めて感じさせられます。

     この無理の先に、本当は、どういう弁護士で満たされる、どういう社会が待っているのかーー。私たちは、真剣に考える必要があります。


     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ


    paperboy&co.運営のレンタルサーバー『ヘテムル』がスペックアップ!
    独自ドメイン、データベース、FTP アカウントの設定数の上限を、
    以下のようにに変更いたしました。

     
    ・独自ドメイン設定数の上限: 50個 → 無制限!

    ・データベース作成数の上限: 50個 → 100個

    ・サブ FTP アカウント作成数の上限: 2個 → 50個


    ドメインや WEB サイトをたくさんお持ちの方は運用コストの削減が図れます。


    『heteml(ヘテムル)』レンタルサーバーはこちら


    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    難破船からの脱出法

    >ところが、現実には、法テラス白書に掲載されたデータを直視すれば明らかなとおり、法テラス利用者はむしろ減っています。

    ところが、その存立理由にも大きな矛盾を抱えた組織なのに、
    大〇が替わる度にある組織のヒト達が質問して、
    この組織を持ち上げるような発言が公式に記録され、
    それを聞いた〇僚たちがここの活動領域を拡大するような〇策を企画したり、
    有名大学の先生がシンポジウムを開いて、
    一部の報道機関がわざわざゴールデンタイムのニュースに載せます。
    これは別に困った国民を助けたいがためではなくて、
    その一部の組織が自分達の勢力を拡大する道具にここを使っているだけです。
    今はある機構のトップが推進派なので、誰も怖くて何も言わないのでしょうが、
    その組織の次の世代の中には、「こんな茶番劇に加担し続けるのは自分の良心が咎める・・・」と思って、
    それが流れを大きく変えるキッカケになるのではないか、と思います。
    その潮目が見え始めてからでは遅い。
    今はどんなに渇きが激しく苦しくても、「内輪の選挙の時、票集めに妨害が入っては、
    将来中堅企業の顧問にもなれない・・・」と皮算用する年長者に絆されて、
    塩水を飲んでいては自分が救われませんよ。
    長年受けた訓練と職業柄からして、人一倍正義感が強いはずの自身の性質を甘く見ると、
    将来自分自身に仕返しをされます、この間の事件の父親のように・・・。
    手を出さないのが、一番無難です。

    No title

    司法制度改革派って本当にクソだよな。

    No title

    ご慧眼です。

    司法制度改革が経済的に困窮した市民の為の弁護士を増やすと言うことであれば、弁護士の増加に伴い法テラス利用が増加しなければ、おかしい。

    不景気も深化し、二極化が深刻な問題となり、低所得者が激増し、そのような層も含めてあまねく法的サービスを国民に行き渡らせるという趣旨からも、法テラス事件が増加しなければおかしい。

    もろもろを考えると、制度設計通りならば、法テラス利用者が5倍、10倍と増えなければおかしい。

    ところが、現実には、法テラス白書に掲載されたデータを直視すれば明らかなとおり、法テラス利用者はむしろ減っています。

    「赤字の法テラス事件など、もう、やっている余裕はないよ。」
    というのは、実働で経験豊かな弁護士の共通認識です。

    いったい、赤字の仕事ばかりを喜んで引き受ける人間(田中正造のごとく、ひとの嘲笑もものともせず、全財産をなげうち、最後はずた袋に聖書とちり紙が入っていただけの状態で行き倒れになられたような聖人)が、日本に何人いるでしょうか。

    司法制度改革推進派には、
    「お金が無くても『チャレンジ』はできるさ。
     問題は、弁護士登録した後、請求による退会などという憂き目を見ず、業務継続できるかどうかだ。
     あなたが弁護士になって、自分が言うとおりにやってみて、弁護士としての業務継続が可能だ、と証明してみろ。。
     すでに弁護士だというならば、今すぐ法テラス事件だけで事務所経営をしてみろ。
     自分ができもしないことを他人に押しつけるのは、無責任極まる。」
    とお返事するしかありません。

    No title

    お金がなくてもチャレンジできますよ。
    1000万円の借金を背負えばよいのです。
    もちろんその後ほとんどの人間は司法試験に合格したところで返済出来ませんが。

    No title

     「ほとんどの弁護士が金持ちの味方」が拡大解釈なのなら、お金持ちしかチャレンジできないってゆうのも拡大解釈。

    No title

    河野さんの分析は大変に優れています。

    コメントを見ても、河野さんのフォローか、または、このフォローに対する支離滅裂な八つ当たりであることからして、司法制度改革推進派の断末魔が伺われます。

    No title

    弁護士が金持ちの見方というのは違います。
    金持ちとそうでない方とで、サービスの価格を変えるのはフェアではありません。
    サービスへの対価を払える方の貴賎は問いません。

    同じ金額で同じサービスを提供します。
    私にはお金がないから同じサービスを廉価で提供しろと言っている人間に問題があるだけではないでしょうか。

    No title

    むしろそういう層ばかりを相手にしている弁護士は、もともと扶助協会→法テラスというように、弁護士会や国の機関を使い、安くてもかっちり取れるようにしてきた。

    かっちりとれるとか、最初の金額ですら費用にもならないのに。
    あ、あれだ、たくさん抱えて、適当に流して、経営の合理化を図るってやつだね。

    改革推進派は、本居宣長の玉くしげを読んでから、顔を洗って出直してこい。

    No title

     金持ちしか...論って、いわゆる機会均等の観点からの話ならわかるんですけど、富裕層出身の弁護士は庶民のために働かないだろうって話ならけっこう差別的じゃないですかね。

     そんなこと言ったら、現在60代以上の弁護士は今より大学進学率がはるかに低い時代に弁護士になっているわけですから、大半が裕福な家庭の出身だったんじゃないでしょうか。

    No title

    >有り体にいえば、採算性の低い需要に、これまで弁護士が取り組めてこられたのには、あくまで一定の採算性がとれる需要からの収益が担保されていたからです。

    要するに余裕ができる他の事件からがっぽりとって、採算性の低い需要に回していたというのに

    >おそらく真っ先に淘汰されかねないのは、その逆の層を相手にしてきた弁護士たちです。

    余裕を持っていた弁護士が、採算性の低い事件も受任していたってだけであって、逆の層ばかりを相手にしている弁護士なんていないよ。
    むしろそういう層ばかりを相手にしている弁護士は、もともと扶助協会→法テラスというように、弁護士会や国の機関を使い、安くてもかっちり取れるようにしてきた。
    弁護士は昔も今も営利で動くもの。昔は聖職、今は即身成仏というわけでもない。過去を美化するのもいいかげんにしたほうがいい。

    No title

    弁護士が法テラスを利用する機会は激減しました。

    個人的には、3年以上、法テラスの民事法律援助は利用がありません。法律相談援助も、事務所では1年以上取り扱いがありません。今後も利用しない予定です。

    実際、法テラスのデータとしてもそれは如実に表れているのですから、改革推進派も事実を真摯に受け止める必要があるでしょう。

    ところで、世の職業やサービスの中には、安全性が高く求められるものがあります。司法サービスの安全性が確保されない場合、日本人が想定しないレベルに司法が堕落します。実は、弁護士報酬から裁判官に渡す賄賂分をプールし、これを裁判官に渡す、などといった方法でのわいろが横行しない司法制度など、国際的にみるとむしろまれです。日本の裁判も金持ち勝つだ、などというのは、いやまだまだですよ、もう少しお勉強なさいな、このまま対処しなければ日本もそうなりますよ、と言わざるを得ません。ちなみに、アメリカで社会的地位のある方が入る刑務所と、それ以外の刑務所は明らかに別物ですし、宣告刑も露骨に違います。自白をとるための水責めの方法での取り調べもあります(当然日本では江戸時代になくなっています)。waterboardingで検索してごらんなさい。それでもアメリカはまだまだハイレベルなほうです。だから、司法の安全性は、高く保たれねばならず、そのためには人材の質確保のために、弁護士の経済的裏付けもしっかりと確保すべきなのです。そうしない、という政策手段をとるならば、そのしわ寄せは国民全体に回ります。

    >間違いです。法律相談援助、代理援助、書類作成援助とも、おおむね減少傾向にあります。法テラス白書平成24年度版の60ページをチェックしてください。資料2-2,2-3のグラフで、一目でわかります。震災特需を除けば、減少傾向はさらに顕著です。

    それは訴訟事件そのものが現象しているからです。母数の減少度合いを考慮すれば法テラス利用割合は増加していますよ。あと、法テラス契約弁護士が増加しているのも無視していますね。

    >国選事件は減少しており、貧困弁護士が取り合いをしています。

    問題は事件の引き受け手の数の問題であって事件そのものの減少は問題ではありませんね。あと、この記事の理屈だと、貧困弁護士は国選事件みたいな採算性の低い分野には見向きもせずに金儲けにつながる事件ばかり追い求めるようになるんじゃないですか?貧困弁護士が国選事件の取り合いをしているという事実自体がこの記事の本旨と矛盾してますよ。

    No title

    優しい俺は、とりあえず法科大学院の教育レベルと司法試験のレベルには敬意を払ってやってるんだぜ

    どちらも実務に耐えられないほど劣化していることを自覚して言っているのかな?

    今の司法試験とかいうのに合格した人間が弁護士のみのMLでどれだけ間抜けな質問連発しているか知らずに言っているんだろうな。
    正直こんなのよく合格させたなと思うよ。

    No title

    おいおい
    >どのレベルを想定して言っているのかな?
    >それが出来るなら、じゃなくて出来てないことも問題で

    それを言っちゃぁ『「法科大学院の教育」と「司法試験」は
    全く意味のないことなんですよ』って言ってるのと同じじゃねぇか。
    優しい俺は、とりあえず法科大学院の教育レベルと司法試験のレベルには敬意を払ってやってるんだぜ。

    No title

    >それに、質さえあるレベルを保っているなら

    どのレベルを想定して言っているのかな?
    それが出来るなら、じゃなくて出来てないことも問題で、大体、金持ち=優秀なんて等式どこにも成立しないぜ。

    金持ちで優秀な人間は弁護士にはならないのだよ。

    No title

    >じゃあなんで法テラスの利用は急増しているんでしょう。

    間違いです。法律相談援助、代理援助、書類作成援助とも、おおむね減少傾向にあります。法テラス白書平成24年度版の60ページをチェックしてください。資料2-2,2-3のグラフで、一目でわかります。震災特需を除けば、減少傾向はさらに顕著です。

    国選事件は減少しており、貧困弁護士が取り合いをしています。しかし、赤字または年収70万円以下の層などは不可避的に請求による退会を余儀なくされますので、いずれ引き受け手がいなくなるという深刻な問題に直面します。それ以前に、弁護士のモチベーションが下がっており、品質が下がっています。

    弁護士のサービスは、必要的弁護事件を除いて強制ではありませんから、使いたくない方は使わなくていいんじゃないですか。弁護士会が法科大学院のプレッシャーに負けてクレクレ的な営業をするために、とんでもない勘違いをする俺様たちが出てくる始末です。困りますね。

    No title

    >本当は、どういう弁護士で満たされる、どういう社会が待っているのか

    別に弁護士で満たされる社会なんて必要ないわけです。
    裁判には必ず弁護士を付けなければならない法律なんぞありません。刑事事件は別として、民事事件・家事事件において弁護士を頼まなければならないという先入観や、そもそも学校で法律についての教育をしていれば、民事系弁護士なんて必要ないでしょう。
    弁護士弁護士連呼するから話がおかしくなる。
    弁護士が食えなきゃ困る・・・いや、国民全員が食えなきゃ困るわけで。弁護士に特化して語る必要なんてないわけです。

    >お金持ちしかチャレンジできない制度になれば、これからの弁護士がどういう層で占められていくのか

    実質「お金持ちしかチャレンジできない」のは別に弁護士に限りません。口に出して言わないだけで、この世の中は全てお金があるからチャレンジできることばかりです。
    それに、質さえあるレベルを保っているなら、どの層がなろうと別にいいのではありませんか?お金持ちのほうが余裕があるので寧ろ質が一定であればお金があったほうがいい。

    >「ほとんどの弁護士が金持ちの味方」と言いたいのであれば、それは相当に個人的な経験をもとにした拡大解釈といわなければなりません。

    拡大解釈とは失礼な。
    「裁判はお金次第(証拠収集が全て。専門家の伝手・探偵・照会etc)。だから、弁護士は金持ちの依頼者に有利にならざるを得ない」なんですよ実際のところ。

    じゃあなんで法テラスの利用は急増してるんでしょう。なんで昔は嫌がられていた国選弁護が奪い合いされるようになったんだしょう。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR