弁護士「高圧的」イメージをめぐる変化

     かつて弁護士に対する市民の苦情、あるいは関係決裂の原因として、しばしば市民の口から「馬鹿にされた」という言葉を聞くことがありました。もちろん、弁護士側には、馬鹿にする意図など毛頭ない、という弁明をしたくなるケースもあるとは思います。

     ただ、以前も書いたことがありますが、耳をすませて市民の言い分を聞けば、「馬鹿にされた」という話の多くは、「素人扱いされた」というものです。多くの市民は、法律に関しては少なくとも弁護士よりは「素人」と考えるのは一般的ですから、それも当然といえば当然なのですが、要は、その時の弁護士の態度。言葉に出さなくても、知識に対して、「そんなことも知らないのか」とか、依頼者の要望に対して、あきれ顔で「そんなことはできない」と言われた(ような気持ちになった)というのが、圧倒的に多かった、という印象があります(「弁護士に関する苦情(3)『素人扱いされた』」)。

     「高圧的」という言葉は、よく弁護士に使われてきました(「『高圧的』弁護士イメージの現実」)。弁護士にもさまざまな人がいます。かつてから依頼者が「素人」であるがゆえに、逆に気配りを欠かさない弁護士もいたことも知っているだけに、その点では弁護士=高圧的イメージとされることは、少々気の毒には思いますが、ただ、現実的にそうした弁護士が存在してきたことは、私の経験からも事実です。

     どの社会にもいる、と括ってしまえば、弁護士という職業の「特徴」のようにいうこともおかしな感じがしますが、その一方で、弁護士自身が自覚してきた「敷居が高い」という市民の受けとめ方の一つの要素として、こうした姿勢があったことは否定しきれない、と思いますし、それもまた自覚している同業者がいます。難関試験を経たある種のエリート意識、サービス業的な自覚のなさということを、「高圧的」の背景に当てはめることもできなくありません。

     かつて「雇う」という言葉を弁護士に使っただけで、「弁護士を雇うとは何事だ」と激怒したベテラン弁護士がいました。弁護士会内では、数々の役職を歴任し、「良識派」という評価もされていた人物ですら、こういう感覚だったのか、と今にして思います。

     ただ、この点に関しては、弁護士のタイプが大きく変わってきたのも事実です。依頼者・市民に対する口のきき方や態度に、当たり前の配慮をする弁護士は増え、同業者から見ても、前記したような弁護士は「旧タイプ」とくくられるようになっています。時々、ある種の皮肉として、「これは司法改革の唯一の功績ではないか」という人もいます。これまでも書いてきたように、「改革」が弁護士に一サービス業の自覚を求めた先には、必ずしも依頼者・市民にとって、望ましいことが待っているとは言い切れない現実がありますが、少なからずその自覚が、弁護士の依頼者に対する「配慮」の意識に変化をもたらしたと考えれば、前記言い方もまた正しいことになります。

     その一方で、弁護士の「高圧的」イメージには、依然強固なものがあります。それだけに、若手を含めて、多くの弁護士は、そうしたものを形づくることに貢献してきた「旧タイプ」の弁護士の淘汰は、いまや本音の部分では歓迎している、といっていいと思います。ただ、少々気になるのは、最近、これも弁護士から聞こえてくる、依頼者・相談者市民の方の変化です。

     それは、一言でいえば、サービスの有償性を度外視し、さまざまなことを弁護士に持ち込む傾向。そこには、弁護士に筋違いの要求をするものも増え、無理な要求のレベルもまた上がっているという指摘があります。「相談者の質」という問題を言う弁護士は、以前よりも増えているのです。有償性が伝わらないまま、「気楽に」「小さいことでも」の弁護士活用のアピールが、そうした弁護士にとって歓迎できない「多様化」をもたらしている、という見方もあります。「敷居が低くなったことの副作用」という受けとめ方や、その意味では、弁護士会は、もっと弁護士が扱うサービスの有償性の方を、社会にアピールすべき、ということも言われ出しています。

     当然、この傾向は、弁護士に対する「不満」の裾野を広げる方向であり、それはまた、そうした無理な要求に対して現実的対応をとる弁護士の姿勢を、「高圧的」という旧タイプイメージに置き換える危険性を生み出します。

     依頼者に対する姿勢には、弁護士側の意識と能力が現実的に深くかかわり、今後も自覚が求められ続けることはいうまでもありません。ただ、一方で、旧タイプの淘汰という形だけでは、弁護士の負のイメージが払拭されない、それこそ「身近」「親しみやすさ」「本当は敷居が低い」アピールだけでは、解決しない新たな状況も生まれているように見えるのです。


     「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    高圧的というのと人を舐めてかかるというのもありますね。依頼人に対しても、相手方に対しても舐めた態度をとるというのはこの職業しか見たことがありません。でもおもしろいもので企業弁護士など優秀な弁護士さんはそんなことないんですよね。まあだからこそ離婚弁護士や債券弁護士にしかなれないのかもしれませんが。。

    No title

    弁護士に依頼する事件は,依頼者の思い通りの結果にはならないものが圧倒的に多いですから,そもそも弁護士業務に高い満足度を求められても困るんですよね。
    無意味に態度がでかい弁護士も困りものですが,一方で問題のある依頼者から身を守るのも弁護士に必要なスキルであり,「敷居が高い」「高圧的」なんて評判を過度に気にしていたら,弁護士なんかやってられないのもまた事実です。
    自分は「日本一敷居の低い弁護士」を目指す,などと意気込む若手も,やがては現実を知ってベテランと同じようになっていくか,あるいは問題のある依頼者によって壊されていくでしょう。後者はほんとうに可哀想ですけどね。

    恐らく、弁護士の質と依頼人のレベルは長期的には一致します。

    なぜこれが訴訟に、と思うような事件には、大概、鈍い、横柄、そしてサイコな弁護士が代理人になっています。弁護士が2ちゃんねるのスレッドをたてたり、自分のブログでさらし行為をしていたりする場合、さすがに同業者からも極力回避されていたりしますが、そういう弁護士の事件は、控えめにいっても、相当特徴的です。

    社会人としての常識ある弁護士のところには、そういう依頼人が集まります。ただし、紹介のない案件だと、レベルの不一致が生じやすく、あらぬそしりをうけがちです。そのため、紹介のない案件は回避する傾向が生まれます。そのような案件のなかでもとくに特徴的なのが特徴的な事務所へ行き、
    、これがニュースになったりするとますます弁護士のイメージが悪くなります。

    いい方向に回転するきっかけがあればいいのですが。



    No title

    >問題ある依頼者は自分に甘いが他人に対する要求は高い。だから感謝もない。

    同感。それ以前に、過去記事にもあったように
    1.人生相談なのか法律相談なのかはっきりしない
    2.裁判所への過大な期待(「真実を暴いてくれる」ところだとか「判決が出たらすぐに全額の取り立てができる」と思っている)
    が問題だと思うので、まず前提として依頼者自身の問題整理をしてこいと思う。

    えばりくさってる弁護士は少数でしょう。
    もともと弁護士はまともじゃない人を相手にする機会が多いです。
    急がなくて良いことを急げと急かすくせに、本当に急ぐときに打ち合わせの時間を守らない、ドタキャン、話を聞かない、必要なことをしない、しちゃいけないということをする、そんなときに、弁護士は厳しいことを言う。
    弁護士は単なるサービス業じゃありません。その人のためを思うからこそ、厳しいことを言う。
    言っちゃ悪いですが、問題ある依頼者は自分に甘いが他人に対する要求は高い。だから感謝もない。
    ならばビジネスライクにしようにも、そういうスジの悪いのは金払いも悪い。
    付き合わないのがベストなのですが、法テラスなんかやってると、そう言う人が多いですね。
    弁護士への苦言なんて、大半はそんなところではないかと。
    そしてそういうスジの悪いのは若手に回ってくる。若手に苦情が多いことにされる。
    えばりくさってるのはベテラン。


    なんか間違ってますよね
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR