弁護士の「本質的性格」と現実

     しばしば並べて語られることになる弁護士と医師という仕事の持つ決定的な違いについて、昨年、日弁連法務研究財団が復刻、出版した故・大野正男弁護士(元最高裁判事)の論文「職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史」のなかで、次のように印象的に述べられています。

      「弁護士は、医師の場合と異なって、絶対的な共通の敵をもたない」

     この言葉に対して、弁護士法1条を想起される方もいると思います。そこに弁護士の使命として掲げられる、弁護士自らがしばしば引用する「基本的人権の擁護と社会正義の実現」。その侵害は、「共通の敵」になり得ないのか。あるいは一般的な感覚としても、もし、弁護士を「正義」と結び付けてとらえるものがあるとすれば、現実はともかく、本来的には(あるべき形としては)医師の「病気」に相当する「敵」に、その侵害を当てはめることが自然とする向きもあるかもしれません。

     しかし、大野弁護士は、はっきりと次のように書いています。

      「医師の場合、病気に対する闘いは、医師階層にとつての共通の具体的な職業的目的であるが、弁護士の使命とされる『基本的人権の擁護と社会的正義の実現』は、価値的表現であるから、抽象的には共通であっても、現実的にはその内容がかなり異なる」

     同弁護士は、例として労使、資本家・有産階級側と社会的弱者の双方につく弁護士の存在を挙げ、もしその一方を「敵」とすれば、「弁護士職務の共通項は存在しなくなる」としています。これは、前記弁護士法1条の使命を知らない弁護士がいないのと同じくらい、弁護士ならば誰でも分かっている、弁護士という仕事の本質的性格といっていいものです。まさに社会のさまざまな「正義」の主張を背負い、敵対することも宿命づけられている弁護士にあっては、使命である「正義」は、現実的な場面では、その侵害・阻害者を絶対的な「共通の敵」とはできない、あるいはしにくい、ということです。

     しかも、その一方で、弁護士の場合、こうした職業上の性格こそが、その多様性とか独立性という問題と結び付いています。一方を「絶対的な共通の敵」としないことこそが、多様な社会的な役割を弁護士に与えることになり、そこで前記使命を全うさせるためにこそ、独立性が重要な要素になるということです。

     今、このことを考えると、二つの問題が浮かんできます。一つは弁護士会の姿勢です。多様な立場に立つ会員を強制的に加入させている弁護士会が、「人権」を最大公約数的にとらえて、その活動や対外的な意思表明を行ってきた実態は、ある意味、「共通の敵」を設定する発想ということができます(「弁護士会意思表明がはらむ『危機』」 「弁護士の『最大公約数』」)。それは、大野弁護士が表現した、まさしく「価値的表現」としての「抽象的」な共通項で、それこそ「なんとか」束ねてこられた、といっていい弁護士会の現実につながっています。

     そして、もう一つの問題は、「司法改革」です。大野弁護士は同書のなかで、弁護士の本質的特質として、①職業としての独立性②専門的知識による社会的有用性の保持③自治能力との密接な関係性④一定の経済的条件によって支えられること――の4点を挙げています。今回の「改革」の結果を改めてみれば、それはこの特質すべてにプラスに作用していないように見えるのです。

     増員政策によって、弁護士のプロフェッション性を支える経済的条件は、大きくぐらつきました。大野弁護士は、「職業倫理が経済的利益追求をこえて成立するのは、その職業が一定の経済的条件を満たしている場合に限られる」と喝破していますが、「改革」はこうした現実を果たしてどこまで踏まえたといえるのでしょうか。

     同弁護士がいうように、法学教育を受けたのは何も弁護士だけでなく、その特質はいかなる分野で有意義に利用されているかにかかっているととらえれば、弁護士登録をしない「法曹有資格者」でもよし、とする方向が出ている今、それは、どう考えるべきでしょうか。「改革」が想定しているような弁護士の需要が、その社会的機能の拡大とともに、どんどん広がるような未来図は描けているのでしょうか。

     そして、このことは、弁護士自身の独立性や、それを担保する自治という発想から、個々の弁護士を遠のかせる結果を生んでいないでしょうか。巷でいわれる依頼者のおかしな言い分に、盲目的に寄り添い、かつてでは考えられない主張を展開する弁護士の登場(「『ポーズ』弁護士増加の嫌な兆候」 「歓迎できない『従順』弁護士の登場」)。高い会費で支えられる弁護士会の自治は、個々の会員弁護士には、個人の業務の足を引っ張る規制となり、前記弁護士会がなんとか束ねてきた形への、強い不満となって噴出する結果になっています。

     有用性のアピールや「開拓」努力は、この本質的特質を支えられるものとして、この「改革」の現状下で、どこまでその成果を見積もれる話なのでしょうか。

     大野氏のこの論文は、あくまでわが国の弁護士の職業的階層の形成を歴史的に考察するものですが、最後に弁護士・会の課題として、日弁連の機構的問題(執行機関の貧弱さ)や、日本の弁護士の法廷偏重にたどり着いています。弁護士・会と社会との距離を、「役割を果たし切れていない」という自省からとらえる発想には、弁護士会内「改革」論調に近いものを感じます。ただ、この論文が最初に発表されたのは、1970年のことです(「講座現代の弁護士」第2巻「弁護士の団体」所収)。むしろ、今、改めてこれをみれば、浮かんでくるのは、前記「使命」を持つ弁護士・会の厳しく難しい位置取りと、それをさらに厳しく難しくさせている「改革」の現実の方です。


      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    ここで
    「弁護士の共通の敵は、日○連である」
    …って、やっぱり弁護士の方々が言っちゃいけないことなんでしょうね…

    「法科大学院のおかげで弁護士になれた(キリ」

    っていうことはあるようなので…。

    No title

    弁護士の絶対的な共通の敵は法科大学院だと思う。

    No title

    こだわりをもって、良質な弁護士を社会に提供するしかない。

    粗雑な大量生産は、結局、日本人には向いていない。

    司法試験合格者は、年間で300人、多くて400人。

    すでに存在する弁護士の総数は自然減などにより1万人程度。さらに法曹有資格者は廃案、司法書士や行政書士も廃止。

    ところで、弁護士の劣化はよく言われるのですが、実は裁判官(及び事務官など)の質の劣化こそ、非常に問題です。国民は、弁護士は選べても裁判官は選べない。特に、大都市圏の裁判所では裁判官の数が多く、裁判官選び(法廷地狩り)が功を奏さない。裁判官劣化問題の方が、国民のダメージは大きいのです。

    法廷で寝ている、記録を読まない、人の話を聞かない、記憶力がない、法律雑誌を読まない、社会人としての常識がない、とにかく目の前から事件が消えて処理件数が増えればよい。特に地裁はひどくて、無理筋の請求を一部でもむりくり認容した結果、高裁の裁判官や事務官・書記官がとばっちりを受けます。弁護士とは違い、組織人として言いたいことも言えない方々の心中をお察しするに、本当にお気の毒です(ただし高裁にもしょうもない裁判官達はいます)。あまりにもひどいので、もう見捨てました。10年くらい前がターニングポイントで、このあとはどんどん劣化しています。そのためここ7,8年は、交渉で事件を終結させることに全力を尽くしています。

    そのため、大野氏の言う法廷偏重というのは、いまいち理解できません。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR