「弁護士自治」会員不満への向き合い方

     今、この国の弁護士の何割が、本音で「弁護士自治」を絶対死守すべき、と考えているのか――。この問いに明確に答えられる人は、もちろんいません。これについて、日弁連が全会員アンケートを行うということも、今のところありませんが、「もはや怖くてできないのではないか」という見方すらあります。もっとも、このテーマについては、必ずしも「本音」がその回答に反映するとも限りませんが、それでもいまや一つ間違えれば、決定的な「自治」無用論につながる会員意思を浮き彫りにするような、弁護士自治存否を正面から問う意識調査を、今の弁護士会主導層がやるわけもない、とは思います。

     会内の弁護士自治、強制加入への会内の不満は、以前も書いたように、私が取材を始めてからの30年間で、今、最も高まっており、今後さらに高まる状況にある、といえます。その内容は分ければ、大きく二つ。「改革」によって生まれた、弁護士の経済的な困窮化によって、負担感がより高まった高い会費への不満からくるもの。そして、それと一体ではありますが、そうした不満をより刺激する形になっている会務への低い了解度からくるもの、です。

     つまり、有り体にいえば、会費負担が業務維持のうえで、切実である会員はもちろん、仮になんとかやっていかれる状況の会員であったとしても、その会費の使い道として、弁護士会のやっていることはどうなんだ、会員の意思を公平に汲み上げ、それに沿った会務運営をしているのか、さらにいえば、こうした時だからこそ、もっと個々の会員の業務に還元されるような運営がなされてもいいのではないか、といった受けとめ方です。

      「人権」という弁護士にとっての「最大公約数」で、なんとかその個々の会員意思が束ねられてきたといえる、これまでの弁護士会の現実にあって、「改革」は、否応なくそれに対する会員の厳しい目を生み出し、その「ハードル」を上げることにつながった、ということもできます(「弁護士会意思表明がはらむ『危機』」)。

     問題は、この状況下で、いまのところ弁護士自治堅持の立場に立っている弁護士会主導層は、今、どのくらいの危機感を持ち、会員の不満にどういう言葉と姿勢で向き合おうとしているのか、という点です。

     もちろん、これを弁護士自治の存廃問題ととらえれば、これまで通りの、その意義が語れることになりますし、現に聞こえてくるのは、そうしたお馴染みの論調です。国家権力と対峙することになる、その職業的使命と性格。司法大臣の監督下にあった戦前の形への反省。ただ、この意義が繰り返しいわれることの意味は、もちろんあったとしても、そのことで現在の、弁護士自治をめぐる会員意思の分裂的ともいえる状況が解消される、と考える会員がどれほど存在しているのか、といわなければなりません。

     そもそも民事事件を担当する弁護士と、日常的に国家権力と対峙している刑事事件を担当する弁護士では、かつてからこうした論拠に基づく自治の意義に現実的な温度差が存在することは否定でません。もちろん少なからず、刑民を扱うことになる弁護士が、それなりの理解を示してきたということもできますが、そこには会員間の意思の濃淡にバラツキがあります。

     さらに、自治の中身である懲戒や監督権行使について、本来、国家の行政作用のなかに含まれる弁護士の質確保につながるそれらを、裁判の適正化という観点から、国家が前記したような弁護士の職業的性格を汲んで、譲歩しているというような論(「弁護士自治の政策的根拠」)を、いまや口にする弁護士はほとんどいません(「『弁護士自治』の根拠」)。あえて厳しい見方をすれば、弁護士会がこの「譲歩」に胸を張ってこたえている、とはいえないような現状と、何よりそれに対する厳しい社会の目が存在していることが、こうした論が消える背景にあるともいえます。いまやネット上などでは、監督官庁なき弁護士会の存在に対して、その実効性において、否定的な見方で溢れかえっているのが現実です。

     今、弁護士会内で、「自治」に対して不満を持ち出し、不要論に傾き出している弁護士の多くは、前記したように弁護士会サイドから繰り出される、その「意義」の論拠を知らないわけではない、というよりは、百も承知だと思います。ここでも、情報を発信する側が、本当の理解への効果を無視し、発信したいことだけを流すような姿勢をみる思いがします(「法科大学院『意義』発信の効果と現実」)。

     そして、最も決定的なことは、本当にそれを会員が了解するために、いま、「改革」と会運営はどういう方向を向かなければならないのか、その肝心なことから弁護士会が目をそむけているように見えることです。

     このテーマに対して、緊張感がないように見える弁護士会主導層の姿勢について指摘したところ、最近、ある弁護士は、「実は緊張感は持っているが、もはや、どうしていいのか分からないのではないか」と言っていました。その見方が正しければ、弁護士自治の内部崩壊の危機を前にしても、本当の会員の意思に向き合い、大きく舵を切るということができない、弁護士会の現実があることになります。


      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    アメリカでは、ABAは任意加入団体。

    各州の弁護士会の会費は、アクティベート会員の場合、「年」400ドル前後(3年分がこれ未満の州も)。非アクティベートだとその半額程度。

    アメリカでは、会費の担い手は弁護士だけではありません。
    各ロースクールが、地元の弁護士会に、年間数十万USDにのぼる会費を払う。
    なお、卒業生の司法試験受験資格を左右する為(ロースクール卒業=受験資格、ではない。そのロースクールが弁護士会にapproveされることが必要)、まともなロースクールは払います(なお念のため、ほぼ全州に共通するMPREやMultistateなどの試験の他、各州ごとの司法試験問題は州弁護士会が担当することが多い)。
    要するに、アメリカのロースクールは多額の弁護士会会費を払っていると言うことです。日本の法科大学院が、弁護士会の会費負担について全く触れないのは、なぜでしょう。

    だいたい、アメリカは、裁判官を市民による選挙で選ぶ州も多い、というお国柄です。(被選挙権者は弁護士)
    この話も全く出てこないというのは、最高裁と法務省に何らかの意図があるのでしょうか。


    恐縮ながら、下のご慧眼なコメントに、補足をさせていただきます。
    >弁護士会費を払っているのに、得られるメリットは
    →日弁連発行の英文身分証明書(国際事件で提出を要請されることがある)。
     研修会はメリットにはならない。既知の分野はレベルが低くて退屈だし、未知の分野は2時間程度の研修で実践力がつくわけもないので、会費と時間を割くのは無意味ではないかと思う。
     
    >・毎月「自由と正義」が送られてくること
    →いつも速攻で古本屋に売っています。もはや自由と正義はいらないので、送料と書籍代併せて約年間1万3000円を、会費から減額してほしい。

    ・>公益と称して、よくわからない会議がされる。
    →しかも会議に出て意見を言うと、老人から、
      「執行部がお決めになったことだ」
     などと明言され、 はっきり排除される。
      「話し合った」というアリバイ作りをするだけの大政翼賛会に、忙しい会員を呼びつけて長時間拘束し、このご時世大変に貴重な有償の仕事の機会を奪い、不愉快にさせるという神経が、全く理解できない。

    >・本来の業務に役立つようなことは、ほとんど何もしていない(民事執行制度の改正、犯罪被害者法制の改正)反面、目立つが何の意味もないこと(裁判員制度や法科大学院制度)にはご執心で、そっちにばかりリソースを割いている。

    →一例ですが、不動産執行の前提となる登記制度のレベルで、アメリカと日本では全く違います。
      アメリカでは、「登記は早い者勝ち」という州はごく少数派でほとんどの州が不動産の善意取得を認め、しかも土地や建物を単位にしている州はごく少数であってほとんどの州では譲渡者と買受人を基準とするという日本人からすれば到底理解しがたい登記制度を採用しており、いわゆる登記所も日本のように一カ所が掌握しているのではなく裁判所や税務署が管理しているものもあって分散している。
      一言で言えば、登記制度の信頼性が低いので、不動産取引では保険が必須。
      どこをどうしたらこんなアメリカの制度を日本に移植できるのかが、さっぱり分からない。大混乱がおこります。 
      要するに、アメリカの保険会社が儲けたいだけなのでは。ごり押しで反米感情を誘発するのは、長期的視点を欠き、賢くない。

    No title

    弁護士自治って、大事なものだと思っていたのですが、お偉いさんが好きなことを外部から文句を言われずにやるための方便ではないかと、最近は疑って見ています。
    やたらに高額な弁護士会費(日弁連会費)は、自治を維持するためにしかたないと思っていました。
    しかし、会内の会計をみてみると、その多くは、どうでもいい似たような委員会の乱立やそれに起因する無駄な活動による負担と思われで、中でも、そのためにつかわれる交通費の多さには驚くばかりです。なぜテレビ会議システムを活用しないのでしょうか。Skypeでもできます。
    日弁連の委員会自体も、あーだこーだだけで、実益のある、会員のための議論がされているとは必ずしもいえず、会内の総意とも言えない声明を出したりする。
    公益のためなどと言うが、市民には全くといってよいほど評価されておらず、会員の負担だけで、得るものといえば関わった会員の心理的満足だけ。自己満足としか思えず、そのようなことに金が注ぎ込まれる。人権大会などその最たるものではないでしょうか。
    そんなわけで、自治とは、僕ら末端会員の負担の元に、会内の予定調和的な自己満足を図るための方便でしかないと、最近では強く感じています。
    人はパンのみに生きるにあらずといいますが、パンも食えずに飢える人たちが続出している実情と、それに対して、相変わらず弁護士の値打ちを下げる施策しか打ち出せない、一方で出血も止められないのであれば、弁護士自治は弊害ばかりを生み出しているということになり、いかに刑事弁護などで国家との対峙に必要だと言っても、そんな、非日常的な業務のために高額な弁護士会費を払え、と言われても、納得しない人がどんどん出てくるでしょう。

    さらに、問題を混迷たらしめているのは
    法曹有資格者
    任期付公務員
    の問題です。これらの人々は、弁護士「になる資格を持つ人々」ですが、登録をしていないので、法律上「弁護士」ではありません。
    しかし、新聞などでは「弁護士が会社に」「弁護士が自治体に」と、弁護士登録して高額な弁護士会費を払うことおが「弁護士」を名乗る以上必要なことなど、端から無視するような記事が躍っています。つまり、新聞記事が反映しているとされ、日弁連が常に意識している「世論」からすれば、弁護士登録など、露ほどの価値もないとみなされているのです。

    かたや高額な弁護士会費を毎月営々と支払う。
    一方で、弁護士会費を払わなくても世論からすれば「弁護士」と同視され、自治体や会社の名代として動ける。会社なら商法上の支配人にでも祭りあげておけば地裁での訴訟代理人にさえなれる。

    弁護士会費を払っているのに、得られるメリットは
    ・毎月「自由と正義」が送られてくること
    ・どうでもよい声明が出ると「弁護士会って何してんの?」とビジネスマンなどから冷笑されてイジられること
    ・公益と称して、弁護士は無償同然で使っていいですよ的な事業に無戦略に駆り出される(それがあとで弁護士のイメージアップになるとか、業務(つまり儲かること)拡大に資するというのであれば別ですが。無戦略と書いたのは、そういうことがないから。
    ・公益と称して、よくわからない会議がされる。
    ・本来の業務に役立つようなことは、ほとんど何もしていない(民事執行制度の改正、犯罪被害者法制の改正)反面、目立つが何の意味もないこと(裁判員制度や法科大学院制度)にはご執心で、そっちにばかりリソースを割いている。

    結局、「公益」といいつつ、市民のためになっているわけでもないが、このような活動にご執心であることからすると、実際にはそのような視点など持たないのでしょう。

    書くほどに絶望的な気持ちになりますね。

    No title

    何をもって弁護士自治と呼ぶのでしょう。
    懲戒に関し、第三者の関与を排除するということであれば、これはまったく不要です。

    日弁連の会長選挙ももう正直何でもありの薄汚い選挙活動
    投票当日に、派閥会員が投票所に足を運ばなければ不利益を課し、投票後には投票会場の同じフロアの別室に立ち寄り、派閥推薦の候補者に投票したことを宣誓させるとか、バカじゃねえの?
    投票の秘密は憲法の保障した人権だとかようほざいたな。
    これで国政選挙で同じことやったらこいつら一体どの口で何を語ろうとするんだ?
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR