法科大学院「意義」発信の効果と現実

     社会的な理解度を高めるための、情報発信という手段の必要性や効用を否定する人は少ないと思いますが、それが制度活用や支持に常に有効なものになるわけではありません。いうまでもなく、その活用や支持を伸ばすうえで、社会的な制度理解が、それこそどこまでネックになっている話かによるからです。制度そのものに改めるべき問題が内包し、むしろそのことの方への理解度が高ければ、それを度外視した、制度を維持したい側による制度説明の効果に期待できるわけはありません。

     そもそも情報発信の効果を考えれば、発信したい側が発信したい内容を流すだけでは意味がないことはいうまでもありません。受け手がどういう情報を期待しているか、それに応える形が必要です。制度の当初はともかく、それが運用されて時間が経過したあとでも、それが社会に受け入れられない理由と対策として、しばしば「周知」ということがテーマになりますが、ここは現状での社会の反応をしっかりつかんだうえでなければ、それこそ一方通行の「念仏」と化してしまいます。

     裁判員制度にしても、法科大学院制度にしても、法曹人口の増員政策にしても、あるいは弁護士という仕事の魅力にしても、この「改革」では、どうもそんな感じになるものを目や耳にしてきたように思えます。制度・政策の意義は、耳にタコができるほど聞いてきた感がありますが、現在、それらについていわれる問題の本質は、果たして社会の理解不足、制度・政策の意義の周知不足を、最大の要因とするものなのか、という疑問を呈したくなるのです。

     7月14日開催の第11回法曹養成制度改革顧問会議の提出資料のなかに、「法科大学院教育の意義を発信するための広報活動(案)」というものがあります。現在のところ、議事録が公開されていない同会議で、この案をめぐりどのようなやりとりがあったかは定かではありませんが、中身からすれば、タイトル通り、政府が法科大学院教育の意義発信を、志望者獲得と社会的な理解のための、一つの方策として考え出していることをうかがわせます。

     こうしたとらえ方自体は、別に新しいことでもなく、既に中教審特別委員会でも、「法科大学院教育の成果の積極的な発信」を改善方策の一番目に挙げています(「法科大学院教育の更なる充実に向けた改善方策について」)。

     前記「広報活動(案)」は、その趣旨として、「法曹養成制度の中核としての法科大学院の意義・重要性を周知」が「多様な人材、特に有為な若者が法科大学院を経て法曹を目指すことにつながる」ことを挙げており、明らかに制度擁護派が「抜け道」と位置付けている「予備試験」対策を意識しているようにとれます。基本的に、法科大学院回避は、その意義やメリットが良く伝わっていないために生じている、ととらえること(あるいはそれが一因とすること)を基本に置いているようにとれます。

     さらに、同案では志望者学部生対象にしたパンフレット作成の企画案が掲げられていますが、その内容として、以下の二つが紹介されています。

     「[法科大学院出身の若手法曹・法曹有資格者から]法科大学院に進学した動機や、そこでの学修、それが実務にどのように役立っているかなどを発信→法曹を目指す人にとっての近未来のイメージを明らかに」
     「[法科大学院教員・実務家から]理論と実務の架橋がどのようになされているか、学修の意義、法科大学院出身の法曹に期待することなどを発信→法曹を目指す人に期待されていることを明らかに」

     後者については、おそらくこれまでも繰り返し言われてきた、「念仏」の類になることは予想されます。前者については、またぞろ扱い方次第というよりも、それ込みで想定されているととれます。要は、都合のいいインタビュー回答だけを抽出する手法が当然とられるわけですから、「成功バイアス」的な効果が問題になる可能性も十分あります。一部の体験者の「効果」実感や実績を、誘引手段に用いることが、果たして現在、法科大学院教育が置かれている現状への有効方策の一つなのかどうかの問題です。

     経験者の魅力ある言葉と、制度側が掲げる意義と期待の発信――。そんな言い分は百も承知という志望者が、いまさらのこうした方策に冷めた目線を送らないのか、そして、もし十分承知していなかった志望者が、仮にこれを真に受けて突っ込んでいったとして、今の制度は本当にその期待にこたえられるのか。そんな気持ちにさせられます。

     この場合、もちろん前記「効果」を考えれば、情報発信する側が、本当に利用者による制度評価に向き合い、本当に必要な情報を提供しているのか、つまりは、本質的に法科大学院回避、法曹界敬遠の原因を理解しているのか、という疑問を、この案を構想している側に投げかけることもできます。ただ、あくまで推測と断りますが、それはもはやあまり意味がないかもしれません。なぜなら、それはすべて分かっている、百も承知で、これを繰り出そうとしているのが、今の法科大学院制度の現実であるように思えるからです。


      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    法科大学院に入学する意義がありうるとすれば、次のパターンしか思い浮かびません。

    1 社会人であり、
    2 法科大学院への通学、司法試験受験、現職の仕事、3点セットの全てをつつがなくこなし、
    3 司法試験合格後は確実にクライアントを就職先事務所に引っ張っていける人、
    というタイプです。

    基本的には、無理、ということになります。

    まれに、外資系の事務所が有名法科大学院を優秀な成績で卒業した人を雇う、という噂もあります。しかし、外資系事務所は、利益を上げられない(クライアントを捕まえられない)弁護士のカットオフに、何の躊躇を覚えません。

    たった一つの人生を、法科大学院のプロパガンダを真に受けたために台無しにする、などというのは、非常にばかげています。

    No title

    消費者被害である法化大学院に対し何も言わないのであれば、消費者保護を弁護士に語る資格はない。

    昨年の日弁連のCMといい、なぜこうも「痛い」広告ばかりを目指すのか…見る側をバカにしてるのだろう。そして、前者は会費の無駄、後者は税金の無駄。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR