裁判員制度「強制」効果拡大の失敗

     最高裁が毎年行う裁判員制度に関する国民の意識調査のなかの、参加の意思を問う設問では、肯定・否定の回答がそれぞれ2種に分類されています。参加に肯定的な意見が「参加したい」と「参加してもよい」であるのはいいとしても、かねてから気になるのは否定的な意見の分類、「あまり参加したくないが、義務であれば参加せざるを得ない」と「義務でも参加したくない」の方です。

     何で最高裁は、ここで「義務」というものを挟んだ、こんな国民の意思の採り方をあえてしているのでしょうか。あくまで、「義務でも」の回答設定も、「参加しない」ではなく、「したくない」という希望で、拒否の意思をストレートに聞いた形をとっていません。いうなれば、「したくない」意思を程度であえて分けた格好です。

     これは、見方を変えれば、「強制化」に対する「効果」の分類といえます。同じ「したくない」人のうち、「強制化」の効果あるいは脅威で参加をしぶしぶ選択する人の割合。実はともに裁判員制度の必要性や参加の意義を積極的に認めているわけではない「したくない」という消極派のうち、「義務」を出されては逆らえない人と、最終的に拒否できるかはともかく、少なくとも正直な意思を表明できる人の違いともいえます。

     そして、こうした形で国民の意思を分類したい側の意図として、あることが推察できます。それは、一口にいえば、「強制化」の効果拡大です。そもそも「義務」という言葉を挟むこと自体、この制度が「強制」であることの周知・脅威の拡大を狙っているといえるものですが、要は前者の「効果」の部分への取り込みです。つまり、みんな「やりたくない」のは同じ、でも、これだけの人が「義務」ということで「納得」しているではないか、あなたはどうなの、と。あたかも「納税」のように、「やりたくない」けどやっている人もいるんだから、あなたも「義務」を自覚しようよ、国民として、というメッセージになるということです。

     だから、制度推進者がおそらく思い描いた展開は、「義務でも」の人が、「義務なら」にどんどん転換し、「義務なら」で参加した人が「参加してよかった」と発言し、やがて前記肯定的評価2種に流れるストーリー。その「強制化」の効果のストーリーが、はっきりするアンケート結果を、ここで期待しているのではないかと思うのです。そして、それは取も直さす、彼らにとって、「強制化」して「よかった」というストーリーです。

     残念ながら、制度開始5年が経っても、そういうストーリーにはなっていません。2009年度の意識調査であった「義務なら」44.9%、「義務でも」36.3%は、2013年度には前者が40.6%に減り、後者が逆に44.6%と増加。積極意見2種の合計も18.5%から14.0%に下降し、これらいずれにも該当しない「わからない」が1.3%から0.8%に。制度の実態が分かれば分かるほど、国民の意思はよりはっきりと拒否の方向に流れている、といえます。「強制化」の効果のストーリーとは、真逆といっていい状況です(「平成25年度裁判員制度の運用に関する意識調査」)

     今年の憲法記念日の最高裁長官談話では、裁判員制度について「順調」という文字が消え、「様々な課題」の存在の方に言及していますが、最高裁もこの現状には、さすがに「順調」という言葉はあてはめられなかった、という見方も出ています。

     5月23日、朝日新聞の「社説」は、5年という節目の裁判員制度を取り上げていますが、「強制化」という問題に言及しないのはもちろんのこと、このはっきりとした国民の反応を、あくまで「強制化」の失敗として見ない、あるいは読者に見させない論調に終始しています。世論調査の結果に加え、辞退率が2009年53%から2013年63%に増えていることまで紹介し、「制度が定着化とは逆行しているように見えるのはなぜか」と自問しながら、学者のコメントを引用しつつ、原因をすべて「裁判員の経験を社会で共有できていない」ことに被せています。

       「強制化」の効果のストーリーは厳然と残っているのに、「やってよかった」がもっと広がれば、あたかも主体的な積極参加意見が増えるという見方です。急性ストレス障害になった裁判員が、「強制化」の脅威ゆえ参加を余儀なくされ、それを拒否しきれなかったことを今、後悔し、もう二度と自分のような被害者を産まないでほしいと叫んでいることを「朝日」が知らないわけもありません。

     「朝日」はこの社説でも、「社会の正義は、『お上』にまかせるものではない」などと、またぞろ「お任せ司法論」を持ち出しています。しかし、肝心なことは、裁判員制度は国民の「お上に任せられない」という意識のもとに作られた制度ではない、ということです。国民の意思を反映させるという制度が、国民の意思を反映していない――。「強制化」の存在そのものが、そのことを物語っている制度の現実は、少しも変わっていないというべきです。


      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 刑事司法
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    日本の司法は三流以下に成り下がりました。
    なんか、日本という国と社会を意図的に破壊しようとする思惑でもあるのかな?と思います。

    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR