弁護士「保身」批判が覆い隠す現実

     この「改革」で、弁護士の主張・スタンスに対し、「保身」というイメージを被せた批判がなされるのを度々みてきました。基本にあるのは、数の維持は弁護士たち自分たちが楽して儲けられる、あるいは儲けてきた環境の「保身的」な維持を意味する、というとらえ方で、増員に慎重・反対を求める弁護士・会の方向には、常に、そして真っ先に掲げられてきた切り口といっていいものです。

     そして、これまでも書いてきたように、そこには弁護士は「特別じゃない」といった、他の業種との比較において、競争という環境があたかも彼ら自身によって回避されてきたという不当性、平等性の強調もあれば、それこそ「甘えるな」的な「心得違い」論が被せられるのも、パターン化しています。さらには、「市民のため」を掲げて、「改革」の旗を振ってきた日弁連・弁護士会が、ここにきて、弁護士増員の影響で就職難や経済的困窮が現実化したならば、途端に慎重姿勢に転じている、といったことにも、「改革」よりも「保身」をとっているかのように被す批判も時々耳にします。

     弁護士の中には、何を言おうが、こうした「保身」イメージを被せてくる主張にうんざりしている向きも少なくないようで、もはやいちいち取り合わないという声も強くなりつつあるようにみえます。ただ、その一方で、なぜ、これほどまでに弁護士が「保身」というイメージを被せられるのか、という疑問も多くの弁護士のなかには依然あるようです。もし、弁護士を一サービス業として他の業種同様、一般化するのであれば、逆にどの業種だってより安定的に、より儲ける道を選んでいるではないかという思い。あるいは果たして今、現実的に求めているものが「楽して儲ける」というレベルのものなのかという思いもあります。

     ただ、利用者の視点に立って考えれば、本来の関心は一点に絞られていいと思います。つまり、こうした「保身」イメージを被せ、弁護士の増員に対する慎重姿勢を抑え込む先に、結果的にこの社会に何が良いことがもたらされるのか、という点です。実際に弁護士を激増させた結果を、私たちは既に見ています。現実問題として供給過剰状態のなかで、弁護士の修養環境は喪失し、人材はこの世界から遠ざかりつつある。一サービス業と弁護士が自覚して、競争すればするほど質は良化し、低額化していくというシナリオは、この増員の実績として現れず、国民が報道で目にするのは、経済的に窮した弁護士が依頼者のカネに手をつけるパターンの不祥事の数々。国民が最低限信頼を寄せたい、寄せざるを得ない「資格」の安全性が、この激増政策で向上したなんていう話などはどこにもありません。

      「保身」という言葉に引きずられれば、なにやら不当なイメージとして伝わる弁護士の増員抑制論ですが、実は、増員の負の影響は、待ったなしにこの社会で拡大しているというべきなのです。

     3月27日に開かれた法曹養成制度改革顧問会議第7回会議で、経済界から参加している顧問として参加している阿部泰久・経済監査部長が、弁護士人口に関連して、こんな発言をしていました。

      「各地域の弁護士会から要請書というものがしきりに届いておりまして、それを見ますと、いろいろなことが書いてありますけれども、弁護士が増えて、収入が減って、事務所が維持できないみたいな話は結構多いのです。それは、我々としては知ったことかというつもりでありまして、数が増えて、需給が緩んで、価格が下がったから調整すべきという話は、ほかの分野ではあり得ないことだと思います」
     「法曹を産業に例えるつもりはありませんけれども、産業であれば、新規参入があるほど、その産業の勢いは増すわけでありまして、参入を制限して栄えた産業というのは、私が知る限り、世界的にないはずなのです。そうすると、弁護士会の意見としては、決して、そういうことではないと思うのでありますが、どうも地域会のおっしゃることは、要は、これ以上増やされたらたまらないという、極めて端的なお話が多いので、そこだけは懸念しております」

     典型的な前記他業種を引き合いに出して、不当性を強調する弁護士「保身」批判、あるいは「心得違い」論です。この日のやりとりは、議事録公開とともに、弁護士界のなかで話題となっていますが、これを取り上げた弁護士ブログ「黒猫のつぶやき」は、この発言の下りについて、こう評しています。

       「現に、タクシー業界では運転手の労働条件を向上させるために強制的な運賃値上げが行われていたり、農業分野では農家を守るための様々な需給調整が行われたりしているところ、阿部顧問はそれらとの関係をどう考えているのか聞いてみたいところ(後略)」
       「法曹養成制度の設計者たちが、自ら設計した制度によって法曹になった人が飢えていくのは別に構わないと公言しておきながら、それで法曹志望者を再び呼び集められると考えているのは、凄まじいまでの想像力の欠如というほかありません」

     弁護士という仕事を、一般の事業者扱いすることで不当性を強調する論法の矛盾、そして「保身」批判に目を奪われて、「改革」の効果への想像力が欠落している、という指摘に読めます。後段に絡めていえば、公平・平等の司法試験受験機会を破壊し、結果として、法曹界から人材を遠ざけている法科大学院制度が、より実質的な参入障壁として批判されず、一定の数によって弁護士の経済的安定を図り、再び志望者が目指す世界にすることが、「保身」に基づく「栄える」ことのなき参入規制の扱いになる、という転倒した発想も読みとることもできます。

     もちろん、地方弁護士会から出されている主張にこそ、まさに前記した現在進行中の司法と利用者・市民への負の影響が強く打ち出されているにもかかわらず、またぞろ「保身」イメージだけをここで被せている点も、見過ごすことはできません。

     ただ、ある意味、もっとも見過ごせないのは、彼の「知ったことか」というセリフかもしれません。通用しない弁護士の「保身」的論理ということをいわんがために、つい口から出たようにもとれる表現ですが、さすがにこの会議に参加している人間の自覚として、「知ったことか」はありません。弁護士がどうなろうと関係ないと、個人的にお考えになるのは自由ですが、その影響を気に欠けるつもりもないような姿勢では、どういう結論をあらかじめお導きになるおつもりなのか、と言いたくなります。

     いかに経済界からの参加とはいえ、この発言をもって、さすがにこれが同界の平均的な認識とまではいえませんが、もし、これが多くの経済人の本音だとするならば、弁護士界のなかにある「受け皿」作りの期待感など、どこでつなげていいか分からなくなります。「知ったことか」なのですから。

     今回の発言をはじめこの会議を見て、何よりも今、私たちが認識しなければならないと感じるのは、想像力が欠如したままスタートした「改革」が、依然として、それが欠如したまま、止まらないという深刻な現実であるといわなければなりません。

      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    変な依頼、明らかに費用割れしそうな案件は、全て法テラスにまわします。定量的な立証に至らなそうなご近所の騒音トラブルとか、つまらない言いがかり系のすったもんだとか、通販で変なものを買ったのでなんとかして欲しいとか。
    もう、弁護士の仕事って、こんなのばっかりだよね。こんなくだらないことを処理するために弁護士になりたかったやつなんて一人もいないと思うよ。

    下から3番目の方へ

    阿部泰久顧問は,企業の出身者ではありません。1980年に東大法学部を卒業して経団連の事務局に入り,以後ずっと経団連のお抱えで企業法務研究に従事してきたという人物です。衆議院法務委員会で参考人として呼ばれた和田照子氏も経団連事務局の出身で,たぶん似たような経歴の持ち主だと思います。
    要するに,実務には直接関与しない研究者で,しかも大学教授と異なり学生の面倒を見ることさえもありませんから,自分の想像だけでいくらでも好き勝手なことが言えるわけです。ある意味,法科大学院の教授以上にたちの悪い連中です。

    No title

    まあ釣りだろうけど。

    結局,DQNから絡まれる等してみないと現実が分からないんだよね。
    今流行のご近所トラブル系とか。

    この手の依頼に,真面目に対処していた頃もあったけど
    (純粋にかわいそうだとの動機だけで対処していた頃もありました),
    特権も廃止されたようなので,
    今はビジネスライクに,サクッと,
    「オレ専門じゃないから分からない。法テラスには弁護士の中でも選り抜きの経験豊富な優秀なスタッフが揃っているから,そちらに行ったら」といってお引取り願うことにしている。

    特権とか言ってる人がいますが、そういうつまらない問題に矮小化して思考停止するから世の中おかしくなるんですよね。そういうレベルの問題ではありません。まあ釣りなのでしょうが。釣りにマジレスかっこ悪い、で終わりなのでしょうけど。

    司法試験や法曹に何らかのネガティブな思いを抱いている人っていますよね。法に抵触していながらどうにかならないかと模索して、弁護士にアドバイス求めたらどうしょうもない、そんなところから弁護士嫌いになった人とか。
    弁護士憎い話って、そういう言いがかり的な物が非常に多くて困りますね

    競争させようとしたら横領しちゃうぞ。
    横領されたくなかったら、特権を維持させろってか。

    No title

    よくもまあ、ここまで愚弄されながら、怒って立ち向かうどころか、迎合を続ける事ができますね。それとも、阿諛追従さえしてればベラボーに儲かるような人たちなんでしょうか? 日弁連とか言う集まりは。

    「あれが○○○なのよ。弱い者には強いけど、強い者には丸っきり弱い」
    皆さんだったら、ここの伏せ字に、どんな単語をあてますか?

    No title

    知ったことか、と正面切って切って開き直ってるのに、日弁連は、どこまでお人好ししてんでしょうか。日弁連の諸政策の基本戦略は、単なるダンピングだと思います。つまり、弁護士をタダ同然、少なくとも自分たちが推進してきたロー制度や修習貸与制による債務をかえしきれれない程度の待遇で供給しようとしているだけじゃないですか。未だにローを推進して、予備試験をぶち壊そうとする。日弁連は一体なにやってんですかw

    No title

    経済界出身とされる「阿部顧問」の出身企業はわかりますでしょうか?
    その企業について、法曹界の活性化のために、非正規雇用、サービス残業、ありとあらゆる法律紛争の火種はすべて取り上げて、裁判所で問いただすことで、阿部顧問の望む、活性化した司法を実現しましょう。

    No title

    「知ったことか」ですが,
    いやー,すごい響きです。
    以下,

    貧乏人は泣き寝入りですか。
     →「知ったことか」。自由競争だからね,銭持ってきて。
    手抜き弁護で敗訴した。責任取れ。
     →「知ったことか」。ちゃんとした弁護士を見抜こうね。自由競争だから。
    高額な依頼料を請求された。
     →「知ったことか」。自由競争に価格統制などありえんだろ。
    弁護士が横領。金返せ。
     →「知ったことか」。競争原理が働き,淘汰されたという理想の発現ではな  いか。
    クレーマー達から不当訴訟多発で大迷惑だ。
     →「知ったことか」。弁護士は大勢いるから安心だぞ。
    若手弁護士の修業の場がない。弁護士会で面倒見てくれ
     →「知ったことか」。どこの経済界に商売敵にノウハウを教えるバカがいる  ?実務との架け橋=ローの教授の出番だぞ。
    見に覚えのない痴漢で逮捕された,助けて。
     →「知ったことか」。会社はクビか。刑務所行くかもね。残念・残念

    だったら、弁護士の請求するフィーに、高いだのカネがないだのというのはナシだな。商売なのだから、かかった手間に見合うフィーを払うのは当たり前。嫌なら頼まず泣き寝入りすべき。損切りというやつだ。依頼に際して、カネがないとかいう前置きのバカが多すぎる。知るか。カネがなければ来るな。どこの世界に、カネがないのにラーメン出すラーメン屋があるんだ。
    都合の良いときだけ他の商売と同じだ競争しろとかいい、都合が悪いと公益だ困ってる人のためだ安くしろとか、そういう卑しい奴らのリテラシーのなさから変わらないと、弁護士業界が変わるはずない。
    カネのない奴は物を買う資格なし、人にものを頼む資格なしという、社会で当たり前のルールをキチンと教育せい。


    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR