「大鉱脈」論失敗という経験の活かされ方

      「眠れる大鉱脈」は必ず存在する。だから「鉱夫」さえ増やせば、絶対に「鉱脈」に突き当たるはずだーー。司法制度改革審議会最終意見書以来の、弁護士激増推進論者のなかにある発想を、このブログでも、集会や講演会でも、しばしばこんな風に喩えてきました(「検証なき『増員』路線の失敗を認めない人々」 「弁護士増員をめぐる優先順位」)。弁護士を必要とする案件はこの国に沢山あるが、それは眠っている。だからそれを掘り起こすには、開拓者たる弁護士が沢山いるのだという、潜在需要論と、いわゆる「掘り起こし論」です。

      「二割司法」という発想が、「眠れる大鉱脈」を連想させることにつながったとみることもできれば、法科大学院擁護派から聞こえてくる、取りあえず司法試験に合格させろという論調にしても、弁護士会内の需要「まだまだ」論にしても、あるいは競争・淘汰状態が弁護士の尻を叩いて、需要開拓のつるはしをを振りおろせ、というような論調も、すべてこの描き方につながっているように見えます。

     だからこそ、今の弁護士に起きている異常事態と、それがもたらしつつある社会的な影響を考えれば、このまず「大鉱脈」ありき、開拓者たる「鉱夫」の増員ありき、の発想が、本当に正しかったのかというところから考え直すのは当然といえば当然のことのように思えます。現にそれが進行し、結果として当初の年間司法試験合格者数3000人目標の旗を「現実性を欠く」として降ろしたことは、前記「発想」の失敗を意味すると考えるのは自然ですし、またそう考えないと、この方針転換には意味がない。まず、鉱脈がどのくらいあるのか、それがどのくらいの「鉱夫」を、どのように支えられるのか、「開拓者」の人数がニーズを生み出すといった発想に寄りかからない慎重さが求められて、当然のように思えるのです。

      「ロースクールと法曹の未来を創る会」という団体が発足するという話が、弁護士ブログで話題となっています(「タダスケの日記」 「黒猫のつぶやき」 「福岡の家電弁護士のブログ」 「Schulze BLOG」)。法科大学院の基盤を強化し、修了者の新人弁護士を支援し、社会が求めている幅広い知識と経験をもつ法曹を増やすことを目指す組織のようです。まだ組織の全貌も明らかではありませんし、今後、どのくらいの弁護士が賛同するのかも未知数ですが、これまでに発表されていることや発起人の顔ぶれから、さまざまな推測ができます。前記ブログの分析は、少なくとも今後の同会の動向を見ていくうえでも、参考になるものといえます。

     この組織が、これまでにホームページ上で明らかにした文面の冒頭に、こんな一文が登場します。

      「ロースクール発足当初は、6万人近い法曹希望者が入学を希望し、その中には、従来の法曹がもたなかった知識や経験の持ち主が多数含まれていました。これらの人たちが法曹として巣立っていれば、日本の法曹界が大きく変化し、司法改革がめざした『見えやすく、分かりやすく、頼りがいのある司法』の実現に向かう歩みが始まったはずです」

     これは、どういう意味ととるべきでしょうか。現段階でも合格「3000人」の増員に「現実性を欠く」という認識を余儀なくされ、合格「2000人」、弁護士年間1500人規模の増員でも、その行き場を模索し、その未来が危ぶまれているのに、もっと多くの人たちが「巣立っていれば」うまくいっていたのに、ということでしょうか。「発足当初」という言葉にこだわっているとすれば、当初、法曹界が敬遠される前の、志の高い志望者を法曹として一気に社会に輩出していれば、事態が変わっていたということの強調でしょうか(数を抑えたのは、「法曹三者の都合」という表現も出てきますが、その分析は前記ブログに譲ります)。

     ただ、その真意は、以下の「私たちの提案」の中の次の一文から、見えてきます。

      「(登録した新人弁護士に対し)経済団体や労働組合、消費者団体などと協議し、社内弁護士、顧問弁護士、相談員などの枠を数万社単位で開拓し、紹介する」

      「数万社単位」という膨大な「受け皿」の描き方への疑問は、前記「Schulze BLOG」氏も指摘するところですが、ここで見えるのは、結局これまでの「改革」の経験は何であったのか、と言いたくなるような「大鉱脈」論に見えます。「大鉱脈」は「あります」と、彼らは言っているのです。そして、それを前提に「開拓者」の数が必要であり、法科大学院の基盤を固める必要がある、と。経験から逆算する発想に目を閉じて、前に進め、といっているようにしかとれません。

     もっとも、この一文だけから判断する限り、「数万社単位で開拓」するのは、「紹介する」とあるように、この会ならびにこの会の参加弁護士であって、いわば彼らが「開拓者」になる、といっているようにとれます。増やした「鉱夫」で「掘り起こせ」というよりも、法曹界と法科大学院の将来を憂う私たち弁護士が、「数万社単位」を開拓してみせる、といっているように、新人や志望者が理解してもおかしくありません。

     ことによると、「開拓」という言葉があてがわれていても、やはり彼らはそこにある、弁護士を必要とする「眠った」ニーズを「掘り起こす」というよりも、弁護士自身が「鉱脈」自体を創る、それが自分たちの「未来を創る」ことだというイメージの方を強く持っている、ととることもができるかもしれません。ただ、それが「できる」あるいは「許される」という自信自体も、この「改革」の経験から、むしろ利用者の側が、慎重な視線を送るべきことのように思います。いうまでもなく、一体、誰のための「改革」なのか、言い換えれば、今、行われようとしていることが、何から逆算されていることなのか、という点は、問われ続けなければならないはずだからです。

     この会の今後の成果に期待する人もいるかもしれませんし、現段階でこれを「無謀」というべきではない、という意見もあるかもしれません。しかし、少なくとも「大鉱脈」論の失敗という経験の方に目を向ける多くの弁護士と志望者の意識とは、大きな隔たりがあるように思えてなりません。


     「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    現実味のある数字ではなく「数万社」のほうがかえって被害に遭う人が少なくなるであろうと思います。
    寝言であることが一目瞭然であるということは消費者被害を防止するには、有用でしょう。
    まあ胸糞悪いとしかいいようがないですが。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR