法曹志望者数回復「なんとか」論の苦しさ

     司法試験合格率さえ上がれば、法曹志望者は帰って来る――。こう考えているのではないかと疑いたくなる、大マスコミを含めた法科大学院擁護派の姿勢に対して、弁護士会のなかにはずっと疑問の声があります。いうまでもないことですが、法科大学院を修了し、たとえめでたく司法試験に合格しても、その先に待っている就職難を含めた弁護士の経済的な状況を考えれば、「資格」が与えられればいい、という発想にはならないだろうということです。

     かつて合格率数パーセントだった旧司法試験体制で、志望者が増え続けていたのはなぜか、ということもいわれます。新法曹養成制度とつながってきた法曹人口増員政策によって、結局、現実問題として弁護士という仕事が、志望者にとってかつてほど魅力的な存在ではなくなりつつある。そのことをまず無視できないはずではないか、ということになります。

     確かに司法試験合格率7、8割が想定された法科大学院制度が、結局は2割台というのは、「詐欺的」といわれても仕方がありません。さらに、あるいは法科大学院関係者のなかには弁護士の状況も憂慮しているとし、「ミスマッチ」論に乗っかり「適材主義」に返って、企業・自治体に利用されるような人材輩出も進めると強弁される方もいるかもしれません。

     ただ、後者についてどのくらいの実績を作れるのかが未知数であることもさることながら、圧倒的に伝わってくるのは「合格率低迷」主因説のようなとらえ方です。前記したような旧司法試験体制が実証していることを挙げての、「合格率」とは関係ない、「弁護士の魅力」主因説を強調する大マスコミの報道を目にすることもありません。

     なぜ、こういうことになっているのか。有り体にいえば、法科大学院制度は「板ばさみ」状態ともいえます。現在の状況を前提にすれば、これ以上の弁護士の量産は、さらにその「資格」の魅力を低下させ、志望者を遠ざけかねない。そのことは制度維持派も分かっている。だからといって、「資格」者を多数輩出しなくていい制度にはしたくない。そもそも量産を目的につくられた制度は、そこに大学運営上の妙味がしっかりとつながっていたということもあります。司法試験合格者数の設定が制度の死活問題になることは、当初からいわれていたことです。

     批判を恐れず、見たまんまを言えば、法科大学院制度の側からすれば、とにかく「資格」が与えられる制度ということで「なんとかならないか」という発想にとれてしまいます。「受かりやすい」制度にさえなれば、とにかく「資格」ほしさに人は来る。しかも、そんなに「弁護士」の現実も将来も暗いのならば、「法曹有資格者」でどうだろう、と。

     そうだとすれば、そこから見えてくるのは制度維持の苦しさの方です。しかも、これは見方によっては、相当に現実と志望者をナメているようにも見えます。一方で受験資格条件を盾に志望者に負担を強制しながら、はっきりとした「価値」を提供できていない現実を棚に上げ、受験指導もしない(できない)で、合格率さえなんとかしてくれれば制度は維持できる。しかも、弁護士になりたくて法科大学院に来る(来ている)志望者の存在を百も承知でありながら、まるで「その先は弁護士さんの問題」と言わんばかりの姿勢かと思えば、いつのまにか目指すは「法曹」でさえなくなっている――。

     時々、法科大学院関係者のなかからは、弁護士の競争・淘汰論にのっかって、取りあえず社会に放出すればいい、という後は野となれ的な「資格」の保証を軽視するような意見が聞かれてきましたが、現在の状況につながる制度維持派の心底だったという思いもします。

     ところて、こうした法科大学院制度維持の側に立つ弁護士・会の姿勢は、どう見るべきでしょうか。「その先の」問題としての「責任」を自覚して、「受け皿」探しに奔走し、どうも前記「合格率」主因説に拠って「なんとかしよう」とする制度維持の苦しさを指摘するのでもなく、逆にそれにとことんお付き合いする姿勢でしょうか。そもそも「受け皿」の規模を「資格」の魅力を回復できる程度に見込めているのか、という問題はありますが、「法曹有資格者」への鞍替えにも、「自治」を持ちながら、なぜか随分と寛容な姿勢のように見えます。「改革」路線維持を前提にして、「弁護士」の魅力・将来性には、本当はどこまで自信を持っているのかを疑われても仕方がないように思えます。

     これで志望者は必ずや法曹界を目指すようになるはず、法科大学院もなんとかなるはず――。そう考えているようにとれてしまうと、そうした制度維持派の弁護士・会の姿勢も、もはや相当に苦しいように見えます。


     「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    額はともかく、揉めてるからこそ弁護士を頼るのであって、揉めてないんならわざわざ弁護士頼るわけないでしょ。まさか近頃の弁護士は、「紛争性のない事務だけが弁護士の仕事! 紛糾してるのは税理士か行政書士にでもやらせろ!」とでも言っているのですか? 事件性不要説も真っ青ですね。

    話は変わりますが、仮に今、司法試験本試験の受験制限が撤廃されて学歴関係なしに(旧試験よりもオープンに)受験可になったら、一体どれぐらい受験者が集まると思いますか? 司法書士試験を上回るでしょうか?

    いまや、相続も、簡単で顧客満足の高い案件は、税理士、司法書士、どうかすると行政書士が取り、弁護士のところに来るのはもめまくり、低額の案件。こういう案件は、時間もかかるし、顧客満足も低いんだよねー。
    かくして、弁護士は顧客満足も低いと罵られ、資格自体が、使えねー奴ら扱いになる。
    ロースクールなんて、法律の理論も実務も教えてないくせに、ビジネスや営業のことも教えてない。名刺の渡し方さえ教えてない。いったい何してるの?遊んでるの?寝てるの?

    ローを出て司法試験に受からず仕事のない人、ローを中退した人、ローを出て司法試験に合格したけど就職のない人の話を立て続けに聞きました。悲惨の一言です。借金まみれです(笑)。彼らは、なんの役にも立たない「教育」に貴重なお金と新卒資格と時間を費やしました。ローにいる間はそれが司法試験合格のために必要と信じて。
    まあ、ローの授業で受かろう、受かるであろう、などと信じてしまっている時点で合格もないし、そんな情報収集・処理能力では就職もなくて当たり前といえばそうなのかもしれませんが、目の前にある結果を見ると、さすがに気の毒になります。
    こんな悪徳商法を、誰がはじめ、拡散し、維持したのかと。

    No title

    法科大学院も弁護士会も,要は国の規制で守られている官業ですから,どんなに苦境に陥っても,「国にさえ見捨てられない限りは何とかなる」という発想が根底にあるのでしょう。
    法科大学院にとって予備試験の存在は脅威ですが,逆に言えば政治を動かして予備試験ルートさえ塞いでしまえば,世間に何を言われようとも法曹になる道は法科大学院しかない,民主主義国家である以上どんなに腐敗しても法曹という職業そのものを無くすことはできない,だから法科大学院の存在意義が無くなることはあり得ず,いずれは持ち直すことができる,と考えているわけです。
    実際には,予備試験制度の廃止や受験資格制限を実現させるのはそう簡単ではありませんし,このまま法科大学院が縮小し上位10校くらいしか残らない事態になれば,政治への影響力を維持することも不可能になるでしょうけどね。
    これから法曹を目指す人には気の毒ですが,弁護士の独立性とか弁護士自治とかいうものは,現実には全く失われており,そんなものを求めて弁護士を目指すとそのうち後悔することになりますよ。

    No title

     弁護士の職業としての最大の魅力は、「独立して」公益的な仕事
    ができることにあると私は認識しています。
     官公庁や企業に宮仕えするために、お金も時間もかかる、学校によっては、ひどい講義しかしないという法科大学院へ行こうとはとても思えません。
     ゆえに、私は、予備試験ルートでしか司法試験の受験はしないと決めました。

     法科大学院関係者が「企業内弁護士」の法曹としての魅力とやらを語っているらしいですが、志願者をなめすぎです。
     そもそも自分が経験してないのになぜ魅力を語れるのでしょうか?
     そんなに魅力があるなら、自分が率先して企業内で老社員として勤務すればいいと思います。

     それほどまでにして法科大学院をまもりたいのでしょうか?
     恥ずかしくないのでしょうか?
     法曹志願者のみなさん、法科大学院を受験するのは断固としてやめましょう。

     
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR