描かれた「法曹有資格者」像の魅力度

      「就職難」と、かつてのような一定の経済的安定を確保することが容易でなくなってきているという、弁護士が直面している現実。このことが、志望者にとっての、弁護士という「資格」の魅力を減退させ、法曹界から彼らを遠ざけつつある、一つの要因になっていることは、「改革」推進派も、もはやはっきりと認識していることのはずです。

     これを本来、素直に見れば、無理な増員政策の結果ということになり、当然、需要のヨミ違え、さらにいえば、それを生み出すことになった「改革」の発想までが、反省を伴った検証対象になってもいいように思います。ただ、残念ながら「改革」の現実は、もはやストレートに、そうした方向にはいかないものをはらんでいるようにしかみえません。

     それは、有り体にいえば、非常に無理をしている、言い換えれば「改革」がそれを維持しようとするがゆえに、苦しい姿を見せているとしかとれない、ということです。

      「複雑化・グローバル化した現代社会が持つ法曹へのニーズに照らすならば、次のような多様な法曹像が浮かび上がってくる。すなわち、『専門的な事件への対応が可能な法曹』、『法務分野に限らずビジネスで広く活躍する法曹』、『グローバル化に対応した国際的な法曹』、『行政(官庁・自治体)で活躍する法曹』などである」
      「法曹が社会の多様なニーズに応え、企業の内外でその活動を支えることは、個々の国民の法的ニーズに応えるだけでなく、日本の社会経済活動の発展や、産業の競争力強化にも資するものである。そして、法曹自身も、そのニーズに応えるべく、互いに切磋琢磨して競争力をつけ、法的サービスの向上を図っていくことが重要である」
      「法曹の競争力が高まることで、国民生活の安定や発展、あるいは産業の国内外における競争力強化にもつながる」

     3月25日に開かれた政府の「法曹有資格者の活動領域の拡大に関する有識者懇談会」第3回会議の事務局提出資料に、「企業における法曹有資格者の活動領域の拡大に関する分科会」での意見として、こんな内容が紹介されています。今後の議論の参考に供するというのですから、提示している側は無視できない意見、尊重すべき見方ととらえていると考えていいと思います。

     やや見飽きてしまったような切り口ではありますが、改めて目を離して見ると、奇妙な気持ちになってきます。それは端的に言って、冒頭のような目線を法曹界に向けている志望者にとって、これが今、そんなに魅力的な内容だろうかということです。ことによると、この意見発言者も資料作成者も、ここに描かれているような展望が、一定の説得力をもって志望者に訴えるものになり、あるいは現在の状況で再びこの世界を目指すようになると、本気で考えているだろうか、と。

     大手企業法務部や大手企業系法律事務所に勤務する弁護士を「エリート」とする見方はあるかもしれないし、その仲間入りをしたいと思ってこの世界を目指す人はいると思います。ただ、企業・自治体の、いわゆる組織内弁護士が「安定している」という風にとらえられるのは、あくまで現下の弁護士の状況でのこと。「サラリーマン」になるために弁護士資格をとることに本来の魅力を感じるとは限りません。しかも、その「サラリーマン」弁護士の実態が、力関係からいって、どういうものになっていくのかは未知数です。もちろん、あくまで企業の論理での「使い勝手」ですから、いわば「買いたたかれる」ことだって考えられる。それを全く想定しないなんてことは考えられません(「福岡の家電弁護士のブログ」 「Schulze BLOG」)。

     まして「法曹の競争力が高まることで、国民生活の安定や発展、あるいは産業の国内外における競争力強化にもつながる」といわれても、どこまでそこにリアリティを持てるのか、という気がして、虚しい感じすらしてきます。

     お気づきかとも思いますが、そもそも前記懇談会・分科会は「法曹有資格者の活動領域」と掲げていながら、その紹介されている意見では「法曹」や「法曹像」という言葉で括られているのは、どう解釈すべきなのでしょうか。この会議も、また日弁連も、冒頭書いたような、弁護士の「就職難」という、志望者にとっての決定的な現実に対し、「弁護士じゃなくても」⇒「法曹有資格者」、「法律事務所じゃなくても」⇒「企業、自治体」ということで、なんとか問題を打開しようとしているように見えてなりません。
     
     志望者は戻って来ないばかりか、「法曹」と社会の関係も大きく変質させてしまいかねないのに、なぜ、そんなことをやっているのか――。それが掲げられてきた「理念」の正しさを信じてのことですらなく、もはや止めるに止めれない、壊すに壊せない「改革」の現実のように見えて、なおさら虚しい気持ちにさせるのです。

     
      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    「法曹有資格者」とやらが、「法曹にもなれるが、そっちに興味はないのでこっちに来た」という人ならまだしも、「法曹になれなかったので、仕方なくこっちに来た」という代物では、誰も評価なんかしないし、ましてや高給払う経営者も皆無でしょう。誰でもわかるように、弁護士が進出していない分野とは、弁護士資格なんか必要ない分野であり、わざわざ高い学費と長い年月を掛けて特に必要でもない弁護士資格なんか取ってから進ませるよりも、さっさと飛び込ませたほうがよほど有意義だ。これがわからない、認めようとしない馬鹿は経営者失格。ましてや、そんな馬鹿にわざわざ金払って知恵借りる経営者など、形容する言葉が思いつきません。

    完全に日本国内の話しかしていないのに、いちいち「ニューヨーク州弁護士」を名乗りたがる輩が近頃いますが、連中は「弁護士」の肩書きを、誰もが恐れ入る魔法の印籠だとでも思い込んでいるようです。そういう思い上がりにしがみついている限り、弁護士とかいうのは、詐欺師や暴力団の絶好の獲物であり、一般市民の敵であり続けるでしょう。

    No title

    ロー関係者の馬鹿が法曹有資格者とかいう弁護士の下に良く分からないカテゴリを作るのであれば、弁護士の上に、旧司法試験合格者とか、上位500人以上合格者とかいう別のカテゴリを作らなければならなくなります。
    もはや「弁護士」では市民の信頼は得られないカテゴリになってしまいました。

    No title

    ›ただ、企業・自治体の、いわゆる組織内弁護士が「安定している」という風にとらえられるのは、あくまで現下の弁護士の状況でのこと。

    自治体は任期があるので,2から3年後に,任期切れという形で放り出されます。
    ですので,とても,「安定」とはいえないと思いますが・・・・。

    企業では,任期は謳われていないようですが(任期があって,更新する内容の契約になっているのかもしれません。経験がないのでよく知りません。),もともとその会社の社員だった人が弁護士資格を得て出戻ったみたいなケース等を除き,数年ごとに会社を転々としているインハウスの方が多いようです。
    こちらも「安定」と呼べる代物ではないと思いますが・・・・
    少なくとも,終身雇用と呼べるようなものではないので,この点,錯覚・誤解している希望者の方は留意すべきといえます。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR