「司法を考える会」発足の危機感

     司法「改革」がもたらした、さまざまな制度的矛盾によって、司法の担い手、とりわけ弁護士に豊かな人材が供給されない事態が生じているとして、その危機的状況打開へ、新たな弁護士有志組織が旗揚げし、動き出しました。名称は「これからの司法と法曹のあり方を考える弁護士の会」(事務局長・森山文昭弁護士、略称・「司法を考える会」)。

     司法審意見書の3000人方針の旗は降ろされても、司法試験合格者は年2000人で頭打ちのままで新人弁護士の就職難は年々深刻化。法科大学院修了の受験要件化、回数制限で司法試験は誰でも受けられる試験ではなくなり、高い学費、給費制廃止で、修了時1000万円もの借金を負うことも珍しくなくなって、経済的な事情から断念する人が増加。富裕層だけが法曹になれる状況が進行。司法修習は前期修習廃止、実務修習廃止で希薄化し、最近の修習生の法律基礎知識に不足に懸念も。弁護士になっても勤務弁護士になれないことから、自信をもって実務に臨めない弁護士も増え、早期登録抹消組も。経済環境の悪化で意欲はあっても、人権擁護や弁護士会活動に参加することは難しくなっている――。

     会の設立趣意書は、こうした現状認識に立った強い危機感を持つ弁護士の結集を唱っています。当面の緊急対策として①速やかな司法試験合格年1000人以下実現②修了の受験要件化中止を含む法科大学院の抜本的見直し③前記要件化された制度のもとでの予備試験尊重④修習期間延長、前期修習復活など司法修習充実化⑤給費制復活――を掲げています。

     これまで「改革」の現状を問題視してきた方からすれば、前記認識を含めて、いずれも「当然」といいたくなるような、妥当・適切なもので、その意味では、本来、現実を直視する人ならば、十分賛同できるはずのものだと思います。ただ、この会が設立される背景を考えれば、逆に実は今の日弁連・弁護士会の主導層の動きが、こうした現状を憂う会内の声を十分反映しているようにはとれないということがあるといわざるを得ません。そして、そのことは、こうした危機が、実は「弁護士の助けを必要とする国民にとっての危機」(前記設立趣意書)であることを、十分社会に伝えない結果を招いている、ともとれるのです。

     3月15日の同会「設立のつどい」に記念講演者の一人として招かれました。演題は「市民の目から見た法曹人口問題」とさせて頂きました。分野分野で弁護士を必要とする声があっても、弁護士が「社会の隅々」「津々浦々」まで顔を出すような「弁護士依存社会」は大衆が選択したわけではなく、「改革」があるべき論として挙げたものであることや、膨大な機能不全、さらにそのなかに大量の泣き寝入りや不正解決を描き込んでいる「二割司法」論に引きずられた増員路線が国民の感覚からずれていること。さらに「メリット」ばかりを強調し、本当のリスク、さらにそれでも増員を必要とするのかという視点を提示せず、疑問も極力喚起させない姿勢をとってきた大マスコミの責任、そして、「改革」のスタンスとして分かりにくい日弁連・弁護士会の姿勢――。このブロクでも展開してきた、そうした見方について短い時間でしたが、お話ししました。

     とりわけ「改革」の姿勢ということでいえば、日弁連にしても、法科大学院関係者にしても、増やしてしまった弁護士の「受け皿」と、作ってしまった法科大学院制度の存続という発想から逆算されたような姿勢ばかりが目立つ現状について指摘しました。「改革」の現状・それを直視した慎重論・反対論と、社会・大衆との間に、「改革」推進派と大マスコミが存在している構図では、大衆に本当のリスクを含めた現実は伝えられないまま、進行しているのだ、と。

     この「設立のつどい」の記念講演では、私のほかに、法曹養成制度検討会議で孤軍奮闘した和田吉弘弁護士が自らの活動と、同制度について感じてきた疑問点について、「ロースクールを考える」の著者である角紀代恵・立教大教授が、数々の疑問・問題がありながら批判を許さないような「空気」のなかで出来上がった法科大学院制度について語られました。

     このなかで和田弁護士が語った、彼が教員時代に感じたという、率直な疑問が、とても印象的なものでした。

     「大学の教員は、大学別の司法試験合格者数という司法試験は非常に気にするのに、なぜ、司法試験に合格できる力が付く方向での授業をしないのか」
     「なぜ、多くの学者は、司法試験の予備校をア・プリオリに敵視するのか」
     「法科大学院なのに、なぜ、依然として学生のほうを向いていない無責任な授業が多く、事例問題の出題や添削も司法試験の受験指導として禁止されるのか」

     そのこたえに当たる彼の目に映った現実は、大学のランク付けにつながる合格者数だけを気にしながら、学生を向いた授業で負担を増やしたくない、法学部から法科大学院に移行しただけで、法曹養成改革の意識がなく、実務家としての書面作成能力を育てることもできない教員たちの姿。いわば受験指導禁止というおかしな制度を支える、実はやる気も能力もない法科大学院関係者の現実でした。

     「日弁連は、なぜ、法曹人口を激増させることにつながる法科大学院制度を維持しようとするのか」

     彼は、法曹養成制度検討会議を通して感じた疑問の最後に、これを加えていました。そして、その彼なりのこたえとして挙げられたのは、およそ次の4点でした。①日弁連として現行法科大学院制度に賛成してきたこと(その方針を改めたくない)②法科大学院の専任教授になれるメリット③自分の子どもを後継者の法曹にするために新制度の方が、メリットがあるとする見方④激増状態の方がイソ弁を雇う際に給料を抑えられること――。

     業界内の人間にはいずれも、ある意味、うなずかせるものがあるはずですが、およそ一般には理解されていないものに思えます。今回の「司法を考える会」発足は、前記したような強い危機感のもとに、日弁連主導層を下から突き上げ、動かそうとする活動といえますが、この「改革」の「伝えない」構図乗り越えて、どこまで現実を社会に投げかけられるのかにも期待したいところです。


      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    合格者減員派=ローなんかどうなってもいい派
    合格者増員派=ロー維持派
    こう見ると、既得権を貪る抵抗勢力は、明らかに後者です。

    No title

    人数の問題をはっきり言うと反発を受けて物事が進まなくなるというのは
    法科大学院マンセー派のプロパガンダでしょう。

    法科大学院には一切協力しない、関わらない、そのためにはまず、イソ弁を採用しない、研修に協力しない、仮にイソ弁をどうしても採用する必要があるなら、予備試験ルートか、もしくは旧試験の合格者で廃業の瀬戸際に居る弁護士をイソ弁として雇うという方法を各人が実践していく他ないと思います。

    No title

    私は、合格者数の問題にはあまり詳しくないのですが、この設立趣意書を見せた弁護士からこのように言われたことがあります。
    「人数の問題をはっきりと言ってしまうと、反発を受けて、却って話が進まなくなる。表立っていうべきではない」
    このような考え方には一理あると思う反面、ではどうすればいいのか?実のところは合格者数問題に触れられたくないだけか?というのが、実のところよくわからないのです。
    いずれにせよ、日弁連は「夢」だとか「海外進出」だとかを「業務拡大」とおっしゃっているようですが、具体性もビジョンも感じられないです。要するに頑張れと言っているだけ。でもそれも仕方ないでしょう。なにしろ、マーケティングをなにもしていないからです。
    もともと司法改革など何らのマーケティングにも基づいているわけではなく、ただ思いつきで「需要は増える」と言っているだけですし。

    No title

     和田先生が言及されていることに苦笑している方も多いのではないでしょうか。
    多くの中下位ロー生や関係者が認識しているけれども、口に出すことをタブーとされていることばかりです。
     上位ロー生の場合は、良い講義もあるし、最悪でも受忍できる範疇なので、少し受け止め方が違うかもしれません。

     東京弁護士会の上層の弁護士が集団でいらっしゃる下位ローというのは、どこなのでしょうか?周りに聞いてもどこのローなのか教えてくれません。
     なんでも、ご子息がローに入学したとたんに、「給費制復活運動」をし始めたとか。。。
     しかし、自分、自分、自分の利益だけなんですねえ(和田先生がご指摘の①~③に該当)。

     中下位ロー生の大多数が三振者となり、その大部分が派遣で食いつなぎながら
    奨学金も返済するという生活を送っていますが、こういうことに対して、何とも思わないのでしょうか?
     それより何より、弁護士過剰により弁護士の質が低下していますが、このことに対して自己の責任を微塵もお感じにはなられないのでしょうか?
     未だ弁護士増員を求める一部の弁護士会と日弁連は、そこまでしても法科大学院を護りたいのでしょうか?
     もうどうぞ法科大学院と心中してください、という感じですが、責任はとってほしいものです。
     
     学者さんもちょっと酷いと思います。
     司法試験とは無縁だったのに、学部でいい加減な講義をやっていたのをそのままで、ローの教壇に上がってきて、どれだけ学生の足を引っ張っているか(全員とは言いません)。多くの学生は、我慢に我慢を重ねて、鬱積がたまっています。
     一般の人には、尊敬される職種の人たちで、やっていることは、本当に正しいと思われがちですが、もう少し一般の人に真実を知ってほしいと思います。
     
     
     

    No title

    ご指摘ありがとうございます。大変失礼しました。

    No title

    明らかな脱字だと思いますが、修習終了時1000円の借金ではないですね。
    きっと1000万円と書こうとしたのでしょう。

    もうその兆候は出てきていますが、若手の方が犯罪に手を染める可能性が圧倒的に高くなります。

    過去の生活レベルが捨てきれないバブリー弁護士も引き続き危険なのでしょうが、若手は、確実に借金に追い詰められ、それを見越した犯罪組織からの勧誘もむしろ若手の窮状につけ込む方が多いと思われます。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR