「改革」が目をそらした等身大の国民 

     日本で司法が利用されないこと、とりわけ民事訴訟が回避される傾向として、従来、三つの説がいわれています。一つは、日本人は、もともと法ではなく、当事者間の関係を重視し、それに基づいて事案を処理する傾向があるとする「文化説」、もう一つは、十分に機能していない司法制度に問題があって、敬遠されるというよりも、利用したくてもできないとする「機能不全説」、そして、訴訟を起こしても結果が読めてしまうために、回避されているとする「予測可能説」です。

     今回の司法「改革」推進派のなかに、これを別々の見方、あるいは対立するものとみない意見があります。司法の機能不全を考慮に入れて、訴訟の費用対効果を予測すると、訴訟回避は合理的行動になり、その結果、訴訟嫌いの現象が存在することになる――というように(三宅伸吾「弁護士カルテル」)。「文化説」をも統合させる試みは、一見して厳しいようにも思えますが、要はそういう文化を維持させる結果となっているということになります。

     今回の「改革」路線が、「二割司法」を掲げて、司法の機能不全解消を強く打ち出したのは、まさにそれを「利用されない司法」から脱出するための突破口と位置づけようとしたわけで、逆にそのためには、こうした回避傾向がバラバラに存在しているとするわけにはいかなかった、とも言えます。とりわけ、「それが日本人に根付いた文化だから」といった説明は、ある意味、それが等身大の日本人の性向、つまりは「日本人にとって司法の現状は妥当なレベル」(前掲書)とされることだけに、彼らは絶対認められなかった。そのために、ここも「二割司法」がイメージさせた不正解決や泣き寝入りと結び付け、「透明な普遍的なルール」による解決こそ必要であり、むしろ、そうした文化がはびこる社会を望ましくない社会と、頭から位置付けることになったように見えます。

     そして、彼らの突破口とした「機能不全」解消の中心に据えられたのが、結局は、訴訟促進と弁護士激増だったといえます。実際には、仮に「機能不全」を柱にとるとしても、法律扶助の充実を含め、経済的な要素とそれに基づく国民の合理的判断を無視できないはずですが、なぜか基本的に、あるいは結果として審理が時短され、弁護士さえ増えれば、司法が活用されていくような描き方になったとしかいいようがありません。

     さらに、不思議なことは、彼らはこうした「改革」路線の先に現れるかもしれない「訴訟社会」を持ち出されると、今度はそれを抑制するものとして、つまりは、それは日本に決してもたらされない根拠として、今度は前記「文化説」が依拠する日本人の性向の存在を強調して、その到来を否定するようなところがあることです。

     もっとも、いまや「改革」が描いた「二割司法」という、わが国司法の機能不全の描き方そのものが極端だった、ということがいわれています。つまりは、司法を利用させようとする「改革」の狙いは、前記3説を一まとめにして「二割司法」打破を突破口としたことにおいても、弁護士激増がすべてをもたらすと期待したことにおいても、外れてしまったといえます。

     経済的な問題を軽視した点では、それこそ国民が司法におカネする用意を、「改革」がどう見積もっていたのか、弁護士さえ増えれば、本当におカネが投入されるといった皮算用だったのか、さらにいえば、「機能不全」をいうならば、なぜ大量に社会に存在するはずの、無償性の高いニーズへの対応がもっと意識されなかったのか、という疑問が、改めて湧いてきます。ただ、それを含めて、「改革」が軽視したのは、やはり等身大のこの国の国民だったという気がしてならないのです。


     「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR