弁護士会費「減額」というテーマ

     弁護士の中で不満が高まっている、高い弁護士会費(「弁護士会『会費』の無理」 「『会費』イメージを超越した弁護士会費」)。ただ、弁護士会の中で、ずっと聞かれてきたのは、「日弁連を主導する方々は、会員のために本格的に会費を減額するつもりはない」といった諦めの声です。

     弁護士会の会費が、一般的な団体会費のイメージから、かけ離れて高い理由として、弁護士自治があり、自前での登録・懲戒業務に加えて、人権擁護を含めた公的な活動を背負っているということが挙げられてきました。それだけに、これを減額化する、そのために活動も縮小化するという方向を、いわば弁護士自治「自滅」への方向のようにとらえる見方もありましたし、会務に熱心な一般会員のなかにも、会員負担の苦しさは分かっても、会費徴収は重要との意見がありました。一般的にみれば、それらが若手対策に限らない、本格的な会費減額化というテーマを抑えこんできた観はあります。

     また、適切な議論を経ているという意見も出されます。会費増額は総会に諮られている、会員はそこで反対することができたわけだし、会費の額は会員多数の承認を得ているというものです。ただ、多くの会員に、会費が切実なテーマとして扱われずに済んできたのは、取りも直さず、それなりの経済的なゆとりがあったから、という見方もできます。つまり、前記したような会費の趣旨が掲げられ、それを熱心に支持する会員がいるなかで、強制加入団体の会員が負うべき義務として、自らを納得させて異を唱えてこなかった会員が少なからずいた、ということです。

     日弁連の2012年の収支でみると、全収入53億1052万円のうち、会費収入は49億1524万円、登録料収入が1億1371万円で、実に全体の95%を占めています。弁護士増員で会費収入は増え、日弁連は組織として潤っているはずなのに、なぜ、個々の会員の負担は減らないのか、会員に還元されないのか、といった声を聞きます。

     2002年からの10年間で、日弁連の会員数は約1万3000人増加。この間、年間の会費収入は約18億5000万円、登録料収入は約7000万円増えました。一方、支出では、2012年の46億8456万円のうち、事務費が21億586万円と全体の半分近い額を占め、10年間で約7億円増えました。ただ、見逃せないのは、それとともに、委員会費も10年間で約5億円、事業費も約2億2000万円増加していることです。会員増で事務費が増えただけでなく、弁護士会の活動費は増額している。増えたら増えただけ、活動も広げるということが、宿命づけられているような弁護士会の姿が見えます。

     ただ、問題はその内容に対する会員のコンセンサスです。委員会はもっとリストラできないのか、7億円を越す事業費に含まれるイベント代、機関誌「自由と正義」など2億円を越す会員広報費は見直せないのか、という声が聞かれます(「弁護士会とやりあう」)。そもそも、弁護士自治の旗を守り、身銭をきって、文字通り持ち出しで公的な活動を行うという弁護士会スタイルの無理をいう見方も、会内に広がってきています。

     会員の会費と会活動に対する目線が、かつてと大きく違い、厳しいものになっているのは、いうまでもなく、その日弁連・弁護士会が旗を振ってきた「改革」路線が、一方で弁護士に民間サービス業者としての自覚と競争を求めているからです。また、弁護士個人の負担は、以前も書いたように日弁連会費にとどまらず、所属弁護士会費を含めて重層的なものです。会館建設といった各弁護士会が抱える事情のなかにも、会員の不満のタネがあります(「福岡の家電弁護士のブログ」)。さらには、弁護士の公的な役割の自覚(あるいはカセ)につながる「給費制」も奪われるといった状況もあります。「改革」の要請、社会の要請に板ばさみになりながら、生き残りを図るところに追い込まれている会員弁護士に対する、日弁連・弁護士会のスタンスが、これまで以上に問われる状況にあるというべきです。

      「一度、手を挙げたらば、降ろさないのが日弁連・弁護士会スタイル」。半ば皮肉を込めて、こう語る弁護士がかつていました。「やれる」という姿勢をみせるから、弁護士に対するハードルは上がり、あとに引けなくなるという人もいます。弁護士自治を守ることにつながるはずの「攻め」の姿勢によって、会員の不満が高まり、自治へのコンセンサスを失いつつあるのが、今の弁護士会の姿であるようにも見えます(「黒猫のつぶやき」)。

     次年度の日弁連会長選挙は終わりましたが、もし、会務の本格的なリストラ・縮小と、会費の大幅軽減を含む会員負担の解消を公約の柱に掲げる候補者が出たとしたならば、投票行動に及ばなかった半数の人間を含めて、多くの日弁連会員は、少なくとも本音として、どうとらえたのでしょうか。また、いつの日かそういう候補者が出馬し、勝利するという未来は、訪れないのでしょうか。


      「司法ウオッチ」では、現在、以下のようなテーマで、ご意見を募集しています。よろしくお願い致します。
     【法テラス】弁護士、司法書士からみた、法テラスの現状の問題点について、ご意見をお寄せ下さい。
     【弁護士業】いわゆる「ブラック事務所(法律事務所)」の実態ついて情報を求めます。
     【刑事司法】全弁協の保釈保証書発行事業について利用した感想、ご意見をお寄せ下さい。
     【民事司法改革】民事司法改革のあり方について、意見を求めます。
     【法曹養成】「予備試験」のあり方をめぐる議論について意見を求めます。
     【弁護士の質】ベテラン弁護士による不祥事をどうご覧になりますか。
     【裁判員制度】裁判員制度は本当に必要だと思いますか

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    弁護士会への強制加入と高い会費は参入規制ですね。

    若手の登録番号が48000番代になろうが,毎年判・検希望者以外の研修所卒業者が3000人になろうが,高い会費を払えずに登録できない,ないし,登録しても直ぐ辞めて除籍者が年間3000人であるのであれば,現状維持ですから。

    あと,本来は,自身でスキルを磨くのを,判・検の真似をして,若手向けの研修をやるのも,決して,若手のためではなく,自身のためです。
    なぜなら,一応形だけは「若手向けの研修」をしておかないとこれから即独等で下積みも何もせず世間に放り出された若手が大量に下手打った時の,対世間向けの免罪符が無いですから。
    ここで「形だけ」というのがミソです。大事なことを研修させてスキルを盗まれては商売上まずいので,国選弁護の仕方とか,クレサラとか,法テラス研修とかに限定です。

    昔は,新人弁護士は大切にされました。一人前の弁護士になるには10年はかかるとも言われてもいました。誰も新人弁護士を商売敵なんて思っていませんでした。
    今は,「即独研修」と称して,適当に話をした後,「頑張れ!!」ですから。客がつかずに店が傾いて登録抹消しても誰も気にもとめません。そもそも,新規登録者の数が多すぎて,最初から,だれがだれやら分かりません。

    現状は,高い会費に不満が多く(弁護士の人数が倍になったら,会費は半分でいいんじゃないか,と言っている人もいます),将来的には,任意加入になってこの問題は解決するでしょうが,その場合,会費が払えず登録抹消した弁護士が復活登録するので,「弁護士」を名乗る者は,飛躍的に増え別の問題が発生するでしょう。

    同時に,懲戒権もなくなるので,もう少し幅広く自由に弁護士業を「純粋商売」として(依頼者の足元を見て弁護士報酬をボッタクるふっかけるとか,報酬額に応じた「松」「竹」「梅」「定食」「ミニ定食」「炊き出し」「残飯」といった各コースわけのサービス提供とか)とり行う人が増えるのだろうなという気がします。

    No title

    単なる抽象的な目標ではなく、
    会費を半額にする、とか具体的な掲げた候補者が出たら、
    圧倒的得票で当選するでしょうね。

    削減された会費収入の中で、できる範囲で委員会活動をすることにして、
    その予算を超える活動はざっくり取りやめて抜本的な改善をしないと、
    いつまでたっても焼け石に水の削減しか実現できません。

    弁護士会は単位会も、日弁も含めて巨大になりすぎて、かえって
    会員の足枷になっているという現状を認識すべきでは。

    No title

    人権擁護大会を辞める。
    日弁連の委員会は全てテレビ会議にする。
    自由と正義はオンライン配信にする。
    イベントの告知にカラーポスターは使わない。
    日弁連通信も辞めるか、ネット配信かのいずれか。

    出来るところから始める。
    上記だけでも多分2,3億円くらいは節約になるはず。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR