弁護士「淘汰」の幻想

     今回の「改革」とともに、なぜ、これほどまでに弁護士という仕事に、「淘汰」という言葉が被せられることになったのか――。再三書いているように、今回の弁護士の増員政策に関しては、大量の需要がありながら、供給が不当に制限され、それを生み出していたのが、弁護士の競争を回避しようとする自己保身的な発想であるというとらえ方があります。それとともに、この競争の先にある「淘汰」の必要性というとらえ方には、良質化の要請という側面が強くあります。

     つまり、これもこれまで書いてきたことですが、前記弁護士の競争回避の環境のなかで、本来ならば、もっと洗練されたサービスを、もっと低廉で受けられるはずなのに、利用者は前記彼らの保身によって、それが不当に阻害されてきた、というイメージです。あたかも、そこでは利用者にとって、弁護士の「使い勝手」がよくなると同時に、逆に、利用者を食いものにし、暴利をむさぼるような、心得違いをするマイナスな存在は、自然とこの競争に敗北し、消えていくはずだ、という描き方がされています。「淘汰」が弁護士にそういうプロセスをもたらすのだ、という見方には、弁護士も一サービス業に過ぎないとする、「特別扱いをするな」という論調も必ずと言って被せられます。

     ただ、この増員時代に、「競争」ということを少なからず意識している弁護士でさえも、多くは、そんなキレイな形で、「淘汰」のプロセスが現出するなどとは、全く考えていないと思います。仮にサービス業への自覚が、顧客に対する口のきき方や対応に変化をもたらすことはあっても、「競争」によって、利用者にとって本質的にマイナスな弁護士がこの世界から消えるといった意味での、良質化がもたらされることはない。さらに、薄利多売化が困難な弁護士の仕事にあって(「弁護士『薄利多売』化の無理と危険」)、低額化も生まれない――。

     以前、このブログのコメントにもありましたが、競争による「淘汰」の必要性を強調する一般の意見のなかには、そのプロセスで利用者にとっての問題弁護士が、あっさりと消えていく、という見方が強くあります。ただ、およそそうはならない。他のサービス業と違い、普通の依頼者・市民にとって、一回性で、かつ、十分に取捨選択できる能力と環境が担保されていない弁護士との関係では、逆に、依頼者の選択にはじきとばされることなく、それこそ「悪徳」弁護士のぺースでの金儲けと生き残り策が実行されることも、現実的には十分可能だからです。

      「ブラックは消えない」ということが、実は弁護士のなかでは時々、ささやかれます。弁護士会の自浄作用という意味では、もちろん問題になるところですが、一方で懲戒制度というものが、「ブラック」に対して十分な効果を持っていないことを本当は多くの弁護士は分かっていると思います。「ブラック事務所」というのは、雇用される弁護士にとって「ブラック」という意味もあるわけですが(「『ブラック』が増長する状況」)、それも含めて、同業者からみて眉をしかめたくなるような法律事務所は、この「改革」によっても平然と生き残る、ということが、弁護士の口からは聞かれるのが現実なのです(「『ブラック事務所』は淘汰されるのか」)。

     そして、さらに弁護士の多くがはっきり自覚しているのは、この競争の先にまっているのは、「カネにならない仕事」の「淘汰」であるということの方です。前記したように薄利多売化が困難である以上、これは不可避です。そもそも潜在有償のニーズを期待した弁護士増員政策の破たんでも明らかになったように、大衆側に多くのお金を弁護士・司法へ投入する用意がない以上、「カネにならない仕事」には目も向けず、したたかに、あるいは巧みに(前記構造のなかで、完全に弁護士ペースで)、生き残ろうとする弁護士が、その「淘汰」の先に残ったとしても、それが普通の依頼者・市民の期待にこたえるものにならないことを、弁護士は分かっているのです。むしろ、淘汰されてしまうのは、大衆にとって必要な弁護士なのではないか、ということを。

     冒頭の問いかけにかえれば、弁護士の「淘汰」がこれほどまでに言われたのは、それだけ「心得違い」ととられる弁護士が現実に存在した、ということなのかもしれません。ただ、たとえそうだとしても、弁護士という仕事の特殊性を無視した、一サービス業として同一視する一般化論が、大衆にとって、結果としていいことはもたらさないのははっきりしている、といわなければなりません。

      「競争」による「淘汰」では、良質化も、低額化も、決して大衆が期待するような形ではもたらされず、本当にそれが必要であるのならば、もっと弁護士という、ある意味、大衆にとって危険な仕事が置かれる環境を考えなければなりません。それを度外視し、いつまで続くかも分からない「淘汰」とされるプロセスに期待しても、むしろそのツケが、大衆に回ってきかねないのが現実なのです。もっとも、実はいくら「淘汰」必要論が声高にいわれても、いいことが待っていないことに、大衆はもはや気付いているようにも思えるのですが。


    投稿サイト「司法ウオッチ」は全面無料化・リニュアルしました。「弁護士データバンク」も無料で登録できます。ただいま、「弁護士の競争による『淘汰』」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!皆様の意見をお待ちしております。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ






    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

     司法の質が落ちるということは,取り締まる側だけじゃなく取り締まる側の能力も落ちるということです。懲戒のための調査や審査だって人員が必要だけど,その仕事も弁護士のボランティアないし弁護士会の自己負担で,取り締まり体制を強化する余裕などはない一方で,犯罪者予備軍ばかりがどんどん増えていく。
     また,一般の犯罪と同じく,犯罪まがいの行為に手を染めなければ食べていけない人たちがどんどん増えている現状では,刑罰を重くしても犯罪を抑止する効果は期待できません。
     実際に悪いことをした弁護士を重く処罰すること自体には反対しませんが,政策として意味があるのは目の前の犯罪者を重く処罰して自己満足にふけることではなく,どうやって犯罪者予備軍を減らすかということでしょう。最近の日本人はえてして前者の思考に傾きがちですが。

    No title

     現状認識としてこれからも弁護士の質はどんどん下がっていくんですよね?だったら処分を厳しくするのは何ら間違ってないと思いますが。根本的な解決にならないからといって目の前の犯罪者を見逃していいわけはないでしょう。車の両輪で進めればいいじゃない。

    No title

     仮に弁護士会が除名処分を乱発したところで,格安で新人弁護士を雇いダミーに使える今の状況では,悪徳弁護士ないし悪徳非弁の淘汰には何の効果もないのですが,それに気付いていない一般市民も意外と多いみたいですね。
     これからも,弁護士の質はどんどん下がっていくので,淘汰必要論が今後も収まることはないでしょう。本当は,出来の悪い弁護士を淘汰するためにどのような制度設計が必要か冷静に議論する必要があるのに,それを考える力のない人や一定の利害関係に縛られた人の無責任な声ばかりが高く響くので,一向に問題の解決には繋がらないのです。
     己の利害のため,何が何でも司法改革の路線を推し進めようとする人にも腹は立ちますが,古き良き時代を懐かしんで現状を嘆くことにも意味はありません。旧時代の法曹養成制度がいまや完全に崩壊している以上,今から旧試験時代の制度に戻したとしても,それだけで現状を改善するのはほとんど無理だからです。

    No title

     弁護士会の緩い処分基準を厳しくして、一発レッドカード退場にすれば淘汰できるんじゃないですか。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR