弁護士会への拠点意識

     弁護士会を「人権の砦」とする言い方を、弁護士の口から、だんだん聞かれなくなってきているような気がします。

     「人権の砦」という表現は、裁判所についても用いられていますが、冤罪・誤判を正してきた弁護士会としては、さらに自分たちが「砦」として機能してこそ、という自負があっても、それは当然といっていいでしょう。それが、いかにも古い言い方のようになっているのは、一つは「人権」という言葉を前面に掲げない傾向と、もう一つは「砦」という拠点意識の問題かもしれません。

     もともと大多数の弁護士が、弁護士会というものに拠点意識を持っていたか、といえば、そうとはいえません。

     弁護士会は多種多様な委員会活動を行ってきましたが、そうした会務に対しては、はっきりした弁護士間に温度差もあります。極めて熱心に取り組む方がいる半面、もっぱら関心は自分の抱えた日常業務で会務にほとんど関心がない方もいて、その比率はご本人の公式見解は別にして、後者の方が圧倒的に多い現実はあります。大都市の弁護士には、所属する弁護士の会館にほとんど足を運ばない人もいます。

     また、以前から書いていますように、サイレント・マジョリティともいえる弁護士会の方針に対する無関心層、多数派に常に手を上げる人たちも存在してきました。そうした人たちの票も、方針決定の採決ではカウントされ、提案者側としては力を発揮してくれるわけですが、そうした票がおよそ弁護士会への拠点意識に基づくものだったかといえば、これもまた疑問です。

     弁護士には、さまざまな考え方や、思想を持った方がいます。その点でも、かつては反権力的な弁護士会のスタンスそのものを嫌って、距離を置く人たちもいなくはありませんでした。

     そういう意味では、弁護士会は確かに「人権の砦」として、自負する弁護士たちがいたことは事実でしたが、やはりもともと大部分の弁護士にとっての「砦」であったとはいいにくいものがあります。

     ただ拠点意識ということからみると、最近、新たな傾向が加わっていると思います。弁護士のビジネス化が、前記したようなもともとあった弁護士会への疎遠な感じを加速化させていることや、弁護士の経済的な余裕のなさが、ますます会務離れを後押ししている現実があります。「拠点意識」そのものが、ぴんとこない若い人が増えてきているようには思います。

     しかし、それに加えて重要なことは、弁護士会と会員の乖離という問題です。何度も書いてきていますように、強制加入団体である弁護士会には、会員である弁護士の考えを公平・公正にくみ上げて、会務に反映させる「会内民主主義」が求められています。それが、今回の「改革」、とりわけ増員問題や法曹養成をめぐる日弁連の方針に会員である弁護士の声が、公平に反映されていない、という不満が高まっています。

     弁護士会という組織が、本当に会の政策や司法について考えている会員の声の受け皿として機能していない、という会員の意識は、いわばこれまで会に対して、それなりの「拠点意識」を持っていた層までの離反を生むことにつながっています。

     なぜ、総会も開き、直接民主制という形のもと、圧倒的多数決で採決しているのに、こうなるのかは、前記採決の現状をみれば明らかですが、どうもこの状況について、日弁連・弁護士会の執行部は、まだ楽観視しているようにも見えます。

     弁護士大増員・法科大学院制度を含む司法制度改革に疑問がある弁護士に呼びかけ、提言を行うとする「法曹人口問題アソシエーション」という団体が、弁護士によって、このほど立ち上がりましたが、まさに前記したような状況のなかで、新たな「拠点」を作る動きといってもいいと思います。

     「人権の砦」たるかどうかの判断は大衆が決めることですが、それも含めて、日弁連・弁護士会が、本来やるべきことをやらなければ、弁護士たち自体が、その「砦」からどんどん去っていくことになるかもしれません。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR