「ポイント」に委ねられようとしている法科大学院

     11月12日開催の法曹養成制度改革顧問会議に提出された資料にある「法科大学院の組織見直しを促進するための公的支援の見直しの更なる強化」策が、弁護士のブログ(「黒猫のつぶやき」 「福岡の家電弁護士 なにわ電気商会」 「Schulze BLOG」)で取り上げられています。

     制度の概要は、前記「黒猫」氏が分かりやすく解説されていますので是非お読み頂ければと思いますが、要は司法試験の累積合格率、法学未修者の司法試験合格率、入学定員の充足率、法学系以外の課程出身者・社会人受入れ状況、地域配置、夜間開講状況の達成状況をポイント化して、公的支援に差をつける形です。これまでの公的支援減額の目安よりも、より細かく実績を反映させるシステムということもできます。

     法科大学院制度の現状に対して、この強化策がとられることが、最適な方法なのかについては、議論が分かれるところであると同時に、正直分からないという回答になる人も少なくないと思います。素人目でみると、ポイント制そのものにもついて、そもそもこの割り振り・評価に何の根拠があるのかは、もちろん全く分かりません。例えば、なぜ累積合格率が全国平均未満の場合が、平均以上の半分のポイント加算なのかとか、地域配置同一都道府県県内2校以下と夜間開講実施を合せた評価は、直近の入学定員の充足率が75%以上と同等のポイント価値を有するのか、とか。

     それこそ素人目に分かるのは、要はポイント制にする以上、おそらくそういうことではないのだろう、ということです。とにかく便宜的にポイントで評価して、表題にあるように「法科大学院の組織見直しを促進」させようということですから。つまりは、「生き残り」をかけたポイント稼ぎをさせることをもってして(実現可能性はともかく、少なくとも表向きは)、それを実現させようということだろうと。4点のポイントほしさに、夜間開講を全くやるつもりがなかったところが、実施に踏み切るとか、現実的には困難かもしれませんが、社会人・法学部外出身者獲得積極策に鞍替えするとか、それもあり、という話です。

     インセンティブだと。いいじゃないか、これで「組織見直し」が促進させれば、ということなるわけですが、同時に、より「公平」で目に見える達成目標を提示することで、この制度からお引き取り頂く道筋をつけた、ともとれます。その意味では、所詮、上位校「生き残り」「逃げ切り」のシナリオの中での方策です。もちろん、その先に、肝心の、離れつつある法曹志望者が帰ってくるということが、どこまで想定されているのかなどは、とても素人には理解できません。

     ただ、今、私たちに分かること、あるいは記憶しておかなければいけないことに思えるのは、やはり「理論的教育と実務的教育を架橋」をはじめ数々の崇高な理念のもとに、「関係者の自発的創意を基本」を基本に実現しようとした(司法制度改革審議会最終意見書)制度の存続が、いまや根拠を問うこともできないポイント制にゆだねられようとしている、という「改革」の現実の方です。


    投稿サイト「司法ウオッチ」は全面無料化・リニュアルしました。「弁護士データバンク」も無料で登録できます。ただいま、「予備試験の在り方」「『給費制』廃止問題」についてもご意見募集中!皆様の意見をお待ちしております。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ






    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR