志望者に対する「改革」の無神経さ

      「市民のため」「国民のため」ということは、耳にタコができるくらい聞いてきた気がする司法改革の論議のなかで、「法曹志望者のため」という切り口を多く耳にした印象がありません。市民にとって、弁護士がどうあるべきか、という、「改革」を推進する側が、その目的にあう形で、市民の意思を忖度する話は沢山ありましたが、この世界をこれから目指そうとする人間の意思を、どれだけ汲む議論があったのか、という気持ちになるのです。

     今、改めてそのことに思いが至るのは、いうまでもなく、そうした「改革」のいわば無神経の先に、現在の状況が生まれたのではないかと、どうしても考えてしまうからです。「改革」が求めたものが、「ニーズ」と規定されたものにあった、既存の弁護士の意識変革や、業務改革にとどまらず、未来の法曹の在り方にかかわる以上、当然にこれからこの世界にやってくる、やってこようとする人たちの意思、あるいは志向が、それこそもっと忖度されてもよかったのではないか。というよりも、そもそもそれを根っこの部分におかなければ、何も先に済まなくなる、「改革」が頓挫することは当然だったように思えるのです。

     しかし、「改革」論議は、それを二の次、三の次にするように、後方に押しやった感があります。それは、なぜなのか。はっきりしているのは、法曹、とりわけ弁護士という仕事を、職業として選択する「価値」、「人気」に対する決定的な驕りのようなもの、つまりは、弁護士は、いつまでも人気商売でいられるという安易な前提が、「改革」を推進する側にあった、ということです。

     旧司法試験下で多くの志望者を、日本一といわれる狭い関門で、はねていた現実と、弁護士という社会的ステータス。そのことに対する「驕り」の先に、志望者が来なくなる未来や、弁護士が食えなくなる未来への、「まさか」というに近い思い込みや、甘い見通しの立て方があったのではないか、と思います。それは、別の見方をすれば、法科大学院という、明らかに公平な受験機会や、多様な人材確保にとって、マイナスの要素を含むプロセスの導入にしても、弁護士増員によって、弁護士がこれまで以上に競争が激しくなる経済環境になっても、「それでもなお人は来る」「仕事として選択される」という、不思議なくらいの思い込みがあったのではないか、ということです。

     今、起きていることの原因は、需要に対する決定的な誤算や、法科大学院制度設計そのものの問題とくくることはできますが、基本になるはず人材確保に対する決定的な甘い見通しが、結局はそれらの原因を生み出す根底にあったように思えてくるのです。増員方針と掲げれば、それが必ずや実現し、法科大学院のプロセスを強制化すれば、志望者はここを通過せざるを得なくなる、という発想もそれにつながっています。

     さらに、前記なぜ、ということに一つ付け加えられるとすれば、それは志望者の経済的発想による選択を、どこか軽視しているような建て前論があることです。経済的な妙味から、この世界を選択するということ。あたかもそういう人材は、こなくてもいい、というかのごとき、発言を、「改革」推進派からよく耳にしました。そういう彼ら自身が、その妙味を享受してこなかったのか、という混ぜ返し方もできますが、現実を飛び越えて、突然、「聖職者意識」を持ち出されるような違和感もありました。例の「成仏理論」(「弁護士『成仏理論』が描き出す未来」)とつながるものが、そこにもあったというべきでしょうか。もちろん、経済的な妙味から、この世界を選択したのではないととれる法曹も沢山知っていますが、結局、「改革」は、経済的妙味からではないといえる志望者たちの道も奪っているのが現実です。

     志望者からすれば、プロセスにも、その先にも、「改革」は魅力的なものを提示していない、というべきです。プロセスを守りたいがために、「その先」はなんとかなる、なんとかしろという前提で直視せず、「なれる制度ならば人が来る」ととれる発想もまた、無神経というべきです。

      「改革」論議が華やかだった十数年前、弁護士会のなかで「改革」推進派として旗を振る、ある企業法務系の大物弁護士に、このことをふったことがありました。つまりは、仕事として弁護士という「資格」が見離され、選択されなくなり、内容としてではなく、経済的な意味での「価値」(なるために時間と費用を先行投資する「価値」)が低下する未来が、この「改革」の先にくるのではないか、と。彼の答えは、拍子抜けするくらいシンプルでした。

      「そうだとすれば、悲しいね」

     彼が、全くそのことを念頭に置いていない、ということだけが、はっきりと伝わりました。彼は、もはやこんな発言を私にしたこと自体、忘れているかもしれませんが、いまだに「改革」の旗は振り続けています。そもそも彼のいる世界では、「それでも」でなんとかなる部分しか関係ないということなのかもしれません。そういう人間ほど、表向き「成仏理論」に、どこか理解を示しているようにとれる妙な感じもなくはありません。

     弁護士になってもらいたい若者に、弁護士として、この仕事を勧められない現実、さらにそうした後輩の若者に、法科大学院に来るな、と勧める法科大学院生の話、武本夕香子弁護士のブログで書かれています。私の周りの弁護士の口からも、本音の部分で「この仕事は魅力がある部分はあるけれど、現実問題として勧められない」という言葉を、異口同音に聞くようになりました。 

     武本弁護士は、「一番気の毒なのは、この司法改悪に翻弄された法曹を目指す人」であり、「司法制度改革に携わる人は学生や法科大学院生の声をもっと聞くべき」としています。同弁護士は、この現実を「消費者被害」として、論稿も書かれています。法曹養成の「利用者」としての志望者の視点に対する、無神経から、まず、「改革」は本腰で脱却する必要があるように思います。


    ただいま、「『給費制』問題」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    私怨

    >司法試験に落ちたか、あるいは弁護士に対する妬みか、

    そういう動機でしょうね。
    既得権益というなら司法改革こそが、大学周辺の「既得権益」を強化するために、莫大な税金をかけ続け、志願者に資力制限までしてるというのに。
    なのにこの手の人達は、司法改悪にはなぜか批判をしない。
    そのくせ司法改革反対意見に対してだけは、「既得権益保護だ!」としつこく絡んでくる。

    できればこういった醜い性格を直してほしい

    No title

    司法試験に落ちたか、あるいは弁護士に対する妬みか、
    ここぞとばかりに、自分の憂さ晴らしで弁護士をこきおろしている奴が多いですね。

    No title

    突っかかってきたのはおまえだろ?
    弁護士の既得権益って何だよ?って聞かれても答えられないくせに。
    今頃顔真っ赤か?

    No title

    >誰が定義を聞いているって言った?

    定義を答えたつもりはありません。実質を回答しました。

    馬鹿なだけでなく、人格も低劣な人とは、話しが出来ませんね。サヨウナラ。

    No title

    誰が定義を聞いているって言った?
    てめえの馬鹿さ加減を棚に上げて
    名前さえ書ければ合格できるようなローで、4人に一人は受かる司法試験にも合格できない落ちこぼれが何を偉そうに。

    No title

    >既得権益って何?
    >説明出来るの?

    「参入規制に守られた商売」です。

    あなた、馬鹿ですか?

    そんなこと理解できないお馬鹿でも、弁護士稼業が出来ることが大問題なんですよ!

    No title

    既得権益って何?
    説明出来るの?
    弁護士との間で何があったか知らないけど、希望をもって弁護士の業界に来て、愕然とする人間がどれだけ多いか知らずに自分が偉くなったつもりか、可哀想だな。
    どうせ今年も2000人の合格者を出して、業界はもう手遅れなんだから好きにすればいいさ。
    半分は就職出来ないだろうと予測されているけど、この就職出来ない、に3年以内に強制的に独立を迫られるものも定義に含めるなら、8割は就職できないと思うよ。

    帰納法さん

    言葉というのは、他者に通じて、初めて意味が生じるのだということを理解してください。

    No title

    法曹志望者としては、合格者数を増やしてほしいのです。当たり前のことでしょう。

    自分達の既得権益保護の為に合格者数を減らそうとしている弁護士達が、志望者が可愛そうなどというのは、滑稽でもあり、醜悪でもあります。

    帰納法

    もし、企業の人がそう思うんなら、とっくにそんな無能は淘汰されているでしょう。
    淘汰されていないという事は、そんな無能に金を貢ぎ続ける、もっと無能な企業がいっぱいいる、ということでしょう。で、実業界というのは、既存の地位さえあれば、そんな無能でも充分やっていけるちょろい世界というわけでしょう。だからこそ、新進(コネ野郎除く)の参入の妨害や排除に躍起になるわけですね。

    No title

    法科大学院構想と3000人合格を決めた時点で、現状を全く予想できなかったような企業法務系の弁護士に、企業の人は会社の重大な法的問題に関する相談をしたくないと思うのではないだろうか。
    こんな単純なことも予想できないのに、企業へのアドバイスによってどのような結果が発生するか予想することなんてできないだろうに。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR