司法改革の「本音」

     今回の司法改革をめぐっては、最高裁、法務省の「本音」というテーマが、しばしば弁護士のなかで話題になってきました。司法制度改革審議会最終意見書以来、「オールジャパン」などといわれた、法曹三者が足並みをそろえての「改革」推進姿勢はあくまで表の顔ではないか。つまりは、本当に額面通り、この「改革」の必要性を積極的に認めているのか、ということに対する、疑念がつきまとっている、ということです。

     事実、何度も書いているように、法科大学院を中核とする新法曹養成制度を最高裁が受け入れた大きな要因は、法曹人口激増という数の問題の規定方針化でした。少なくとも取材で受けた最高裁関係者の感触は、「やむなし」というものでしたし、必ず強調されたのは、「現在の司法修習制度が悪いわけではない」ということで、法科大学院制度に協力するとしながら、この流れが司法修習無用論に発展することこそが、彼らの恐れとなったようでした。

     裁判員制度にしても、最高裁はかつて「国民の司法参加」に対する明確な消極論・懸念論を展開しています( 「『国民の司法参加』の不都合な真実」)し、導入に際して、姿勢の転換があったことは、法曹界では常識のようにいわれています。そして、その理由についても、いわれているような「国民の司法参加」の意義を積極的に認める方向への発想転換があったわけでも、ましてや現行の職業裁判官による裁判への大きな反省があったわけでもなく、素人に評決権を与えても、司法判断への影響を最小にできる見込みと、国民参加によって判決批判をかわせる、といったヨミがあったという見方もなされています(高山俊吉弁護士「裁判員制度はいらない」)。

     法務省についても、当初、「国民の司法参加」に積極姿勢だったわけではなく、そもそも司法改革そのものも、どちらかといえば、自らの「改革」よりも、弁護士の改革という受けとめ方が強く、文科省の意向を背景とした新法曹養成制度にしても、当初、積極的な推進姿勢をとったという印象はありません。

     これらの姿勢転換のなかには、彼らのそれこそある「本音」が見え隠れしているようにとれます。あくまでこれも、「感触」という断り書きをつけますが、「改革」の流れ、あるいは規定方針化のなかで、これらに疑問や否定的な考え方を持ちながらも、あえてその足を引っ張るような立場にはならないという、政治的な選択があったのではないか、ということです。端的に言えば、失敗するのであれば、やってみて、しかも協力という姿勢を取ったうえで、「残念ながら」という立場の方が望ましく、自分たちの消極姿勢や反対によって、「改革」が失敗したとされない道を選んだ方が得策、という判断が働いたということです。

     こういう「本音」のとらえ方で、一番、不可解というべきなのが、給費制廃止ではないか、とも思います。最高裁が貸与制に反対しない背景に、「返還免除」による任官優遇があるといったこともいわれてきましたが、法科大学院強制化に加えた給費制廃止が、法曹養成に関連した、最高裁の「最大関心事」といわれてきた「若くて優秀な人材確保」に支障をきたす、少なくとも良い方に作用しないことは、火を見るより明らかだったように思うからです(Schulze BLOG「最高裁の本音はどこにある?」)。もはやこれまた前記「最大関心事」での、最高裁の最大のライバルとされる大手法律事務所に優秀な人材の目が向くことになっているという、案の定の結果にもなっています。ここには、大きな誤算があったということなのでしょうか。

     ちなみに日弁連・弁護士会の「本音」はどうか、といわれれば、一番、わけが分からないというべきかもしれません。これまで日弁連の「正義」の主張を本音で主張した人と建て前で主張した人、その結果についても、さまざまな思惑や期待を被せた人たちが、「市民のための改革」や「二割司法」というスローガンのもとにいたように思うからです。それを証明するように、一つの結果が出ている今も、「案の定」という人、誤算を認める人、本心から決着していないと思っている人、内心決着したかもしれないと思いつつ決着していないと言い張る人などがひしめいているようにみえるのが、現在の弁護士会です。

     こうした「本音」の詮索に何の意味があるのか、という意見もあるかもしれません。政治的な判断が働いたといっても、そうした判断に立つ選択そのものも彼らの「本音」である、といわれれば、それまでかもしれません。ただ、それでも私たちがここにこだわらなければいけないと思うのは、彼らの「本音」を伏せた「推進」姿勢が、社会に対して、「改革」の問題のある実相を伝えず、別のイメージを与えるものにならなかったのか、という疑問が残るからです。


    ただいま、「裁判員制度」「『給費制』問題」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    早く日弁連つぶれて欲しいですね。

    最高裁と法務省の本音

     最高裁や法務省の本音を探るのは,それほど難しいことではありません。
     どちらも,最初から司法改革に熱心だったわけではありませんが,最高裁は裁判員制度関係で多額の予算を付けてもらい,法務省は法テラスで法律扶助や国選弁護を含む新たな利権を獲得できるので,それぞれ懐柔されただけです。
     それでも,法曹養成に関し何のノウハウもない文科省がしゃしゃり出てきたのは面白くないので,見えない所で足を引っ張りながら,文科省側の失点を待っています。

     司法修習の貸与制に反対しないのも,おそらく貸与制の方が法科大学院を早く潰せるからでしょう。法科大学院を維持するため文科省が悪あがきしているのを尻目に,法務省は「真のエリート」を選抜するための予備試験制度を大事に育て,さらに法科大学院で行われる「共通到達度確認試験」の内容にも口を出す橋頭堡を築いています。

     日弁連は民主党みたいなもので,そもそも意見が割れてまともな意思決定ができない状態にありますから,本音を詮索する意味はありません。どうせそのうち潰れるでしょう。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR