「市民のため」にならない「改革」の責任

      「市民のため」。日弁連・弁護士会が、今回の司法改革に冠して、当たり前のように使ってきたこの表現に、ちょっと奇異な感じを受けるという声を、今でも時々耳にします。「なぜ、弁護士会は、そんな当たり前なことを、ことさらに強調するのか」と。およそ、この社会で行われようとする「改革」が、市民・国民の利益に反することであっていいわけもなく、また、反することを宣言して実行されるわけもない、と。

     もちろん、日弁連・弁護士会がことさらにこれを強調した事情を説明するとすれば、政治・経済の国際化と規制緩和の中で司法の役割をとらえ、作り変えようとする「規制緩和型司法改革」の動きが経済界や政界から起こるなかで、その「改革」の流れを、より司法救済を必要とする市民側のものにするという、対抗的な意味合いと、それを主導する役割を弁護士会こそが担うべきとする、強い自覚があった、ということができるとは思います(「同床異夢的『改革』の結末」)。

     しかし、現在の司法改革がもたらした状況を目にするとき、別の意味での奇異な感じが加わることに気が付きます。それはいうなれば、「市民のため」ではなく、むしろ「市民のためにならない」こと、つまり「改革」の実害に対する姿勢です。

     いまでも弁護士会のなかからは、この「改革」をより「市民のため」になるものにする、そのためにはこうあるべきだ、ということが聞こえてきます。しかし、それは「当たり前に」正しい姿勢ではあっても、「市民のためにならない」こと、その「実害」は、まず真っ先に回避されるべき、という姿勢が示されているようには見えないのです。

     こういう話をすると、弁護士会内の「改革」推進派の方々は、弁護士増員政策によってアクセス改善が進んだとか、意識が変わり、弁護士の「敷居が低く」なったとか、あるいは司法に対する国民の関心が高まり、また、こうした契機によって、制度改革の重たい腰が上げられた、そうでなければ何も変わっていなかった、といった、「改革」のメリットを強調します。

     そもそも当初、彼らの姿勢は、この「改革」に関して、「実害」と呼べるほどのものはない、という姿勢でした。それが、需要の大きな見込み違いをはらむ、弁護士増員、それによる弁護士の就職難と、修養期間の破壊、そして、それに伴う「質」確保の不安、「質」が担保されていない大量の弁護士の社会放出による影響、その増員政策を支えるための法科大学院の破綻、それによる法曹界離れ、人材枯渇の恐れなどの現実が、さすがに否定しがたいものになると、この「改革」には陰の部分があるが、光の部分を理解すべき、という人が現れることになっています(「『前向き』論の落とし穴」)。

     もちろん、今、彼らがいう弁護士増員が急激過ぎただけでペースダウンすればよいとか、まだ需要はあり、開拓やミスマッチの解消でなんとかなるとか、法科大学院も改善すれば、また人材は帰ってくる、という主張は、その「陰」の部分に対する、積極的な対応姿勢とされるとは思います。しかし、その現実性や、時間ということを考慮した可能性を前提とした時、これは果たして「実害」の回避を最優先させる姿勢なのかを疑いたくなるのです。

     どんなに効能が期待されても、現に副作用が現れているものを、それがいつ解消されるとも分からないまま、取りあえず世に出すということはない薬に対する慎重さ、あるいは危機意識のようなものを、この「改革」には感じられません。それが、とりわけ、あえて「市民のため」という目的を掲げた側の姿勢だとすれば、よりそれは奇異な感じを持たざるを得ません。回避は最優先というよりも、最低限という方がいいかもしれません。

     毎日新聞が8月16日に報じた「司法 危機的な法科大学院軸の法曹養成制度」という記事が弁護士のブログで話題となっていますが( 「Schlze BLOG」  武本夕香子弁護士のブログ)、この記事のなかで、多くの問題の解決策を積み残すことになった法曹養成制度検討会議の佐々木毅座長が、最終提言取りまとめ後、「誰がここまで事態を放置したのか」という「恨み節」を記者団に漏らしたことが伝えられています。

     逆ギレのようにもとれる佐々木座長の発言は、前記ブログ氏たちが指摘するように、「改革」の根本的な誤りを直視して、立ち返るべきところに立ち返った議論をしない、「反省」という立場に立てない推進派の現実を象徴しているようにもとれますが、それは別の言い方をすれば、だれも責任を負わない、この「改革」の現実です( 「責任」が消える「改革」)。

     この「改革」で、日弁連・弁護士会から繰り返し標榜された「市民のため」という言葉を考えると、「実害」というものを前に、彼らにはより、その「責任」をどう考えているのかを問いたくなります。


    ただいま、「弁護士の質」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR