法科大学院「不可欠」の実証

     法曹養成にとって、不可欠であるということも、あるいは望ましい存在であるということも、実証できているのかが疑わしい制度であるのが、法科大学院の現実です。もちろん、不可欠であるとする理念は掲げられ、それは現在においても正しいという方は依然、沢山いらっしゃいます。ただ、問題は、いまだに実証できているのか疑わしいことを、強制させられるのかという一点にあります。

     法科大学院が理想であるというのはいいとしても、費用対効果に対する利用者の歴然とした評価と、法曹界離れの一因になっている現実を無視して、受験要件化を志望者に課し続けることの正当性の問題です。本当に理想に向かって、この制度か不可欠であるということを、大方の人間が認める形で実証できるというのであれば、強制化にこだわる必要はありません。何度も書いているように、志望者たちが、なるほどこのプロセスは法曹になるために有用であり、費用と時間をかける価値がある、と認められるはずなのですから(「予備試験『「抜け道』論者の心底」)。

     要は、現状からすれば、利用したいと思う人、利用できる余裕がある人、価値を見出す人が、選択的に利用できる制度にすることに、問題があるのかということです。もちろん、この制度を維持しようとする側の基本的な姿勢は、まだ勝負はついていない、いわば制度が正常化する「改革」の、これはプロセスという受けとめ方で、改善することで従来想定通りの形で、強制化を続けようとしています。

     しかし、彼らの口から出る理念の正しさによる強制の正当化と、旧司法試験体制の弊害を強調する「逆戻り」批判を前にしても、透けて見えてしまっているのは、選択制にした場合の選択されなくなる自信のなさと、その場合の大学にとっての経済的な妙味のなさです。ある法科大学院関係者ははっきり言っていましたが、多くの大学関係者にとって、受験条件化をやめるということは、この制度の終わりを意味してしまっているのが現実なのです。

     では、利用者自身は、今、どう考えているのか。「プロセス」を経て法曹になった人間たちは、「なるほど」と思うような価値を実感しているのか――。最近も、ある経済誌の記者の取材を受け、そのなかで、そのことが話題になりました。どうもそうした声が聞こえてこないし、なぜ、もっとマイクが向けられていないのか、という疑問を彼は持っていました。私は、こうした問題に積極的に発言している若手弁護士を紹介しましたが、一方で、増員政策や新法曹養成下で法曹になれた、という、むしろ当事者であるがゆえに、発言を躊躇する現実もあることを伝えました(「『改革』批判を躊躇する若手の心情」)。

     最近も、同じ新司法試験組若手のこうした姿勢に疑問を呈した渡部容子弁護士のツイッターに関して、「Schulze BLOG」が取り上げ、こう書いています。

      「それほどまで法科大学院の教育が素晴らしいのなら、法科大学院を廃止しなければいいだけのことで、司法試験の受験資格を制限する根拠にはなりません。法曹になるうえで不可欠な過程だ、ということを立証しなければならないのに、『私は法科大学院がなければ弁護士になれなかったから今の制度でいい』というのは、問いに答えていないG答案の典型みたいなものです。これは、法科大学院で学んだことを誇りに思うこととは、別のことなのです」

     以前、法曹養成・法曹人口問題がテーマになった市民集会のあとの、弁護士同士の懇親の席上、ある新司法試験組の女性弁護士が自己紹介の挨拶のなかで、この躊躇についての触れ、「正直、私に語る資格があるのかな、と思ってきましたが、先生方のお話をうかがっていて、発言してもいいのかなという気持ちになってきました」と、か細い声で語るのを見たことがあります。とにかく新人弁護士として取り組むのが精いっぱいで、「改革」論議に参加する余裕がない、という新人も沢山いるようですが、一方で、彼らのなかにある当事者であるがゆえの躊躇には根深いものがあり、それを心情的には理解している先輩も少なくはありません。

     しかし、冒頭の、法科大学院が現実問題として「不可欠」なのかを実証するために、彼らの証言には大きな意味があります。そのことを彼らが、それこそ弁護士としての自覚のなかで気付くことも必要なように思います。まして、彼らの躊躇と沈黙が、その実証なきプロセスの強制を、維持しようとする側に、事実上、利用されるようなことがあってはなりません。


    ただいま、「予備試験」「『給費制』問題」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR