「責任」が消える「改革」

     今回の司法改革論議を見てきて、一つはっきりしてきたことがあります。それは、この「改革」は、その結果がどういう形になろうとも、どうやら誰も責任を負うつもりがない、別の言い方をすれば、責任はとらなくていいことになるということです。弁護士激増政策がもたらしている弁護士業の破壊的な環境変化、それに伴う依頼者・市民への負の影響、その政策を前提に導入された新法曹養成制度の見込み違い、さらに、それらによる法曹界の人材確保への影響――。これだけの実害を伴った「失敗」を前にしても、これを推進した側の見通しの甘さを含めた責任としてとらえる話が、彼らの側から聞かれることは、ほとんどありません。

     目や耳にすることになっているのは、大きく二つです。一つは、「まだ決着していない」という論調。法曹養成制度検討会議の「取りまとめ」も、もちろんそうですが、この現状はすべて「改革」成功へのプロセスである、というとらえ方で押し切ってしまう形で、現在、大方の「改革」推進論は、この立場です。この立場が責任論を回避するためには、当然、これまでの影響は、「改革」立ち上げ当初は想定外だったと言い続けなければなりませんし、「改革」の基本理念の正当性も強調する必要が出てくるわけですが、その点でも、なるほど彼らはそうした主張を続けています。

     逆に言えば、彼らがこの立場を続ける以上は、この「改革」がこうしたことが想定できたのかどうかの議論と、司法制度改革審議会の最終意見書が掲げた根本的な「改革」理念に立ち返る議論を極力回避する必要もある、ということになります。

     成功へのプロセスとする以上、その先にいつか最終結果が出るということにはなります。ただし、その時がいつなのかは分かりませんし、そのころには、当初の議論に参加した人間たちが、この世に存在しているかも分かりません。「責任」という議論になったとしても、実質それはうやむやにされる、彼ら側からすれば、「逃げ切れてしまう」ということも容易に想像ができるところです。

     彼らはおそらく最期まで、この立場を取り続けるのではないかということは、当時の「改革」路線の中心人物が、現在の状況をどうとらえているのかについての発言を聞いただけでも、当然、予想ができることです( 「『改革』設計者の止まった発想」)。

      もう一つ、推進者の責任回避の論調に付きまとっているのは、「自己責任」です。弁護士を志望することも、「就職難」の業界に入ることも、そこで競争に勝ち残れず撤退することも、志望者と弁護士の自己責任であり、「改革」が悪いわけではない、なぜなら、「改革」の基本は国民・国家にとって正しいのだから、と。おまけに、質の保証なき弁護士たちに遭遇するリスクが高まっている市民に対しても、それは選択する側の自己責任に転嫁する。「自己責任」の強調は、新自由主義的改革のカラ―が出ているということといってしまえば、それまでですが、これも責任を回避する側には都合がいいものです。

     志望者にしても、弁護士にしても、市民にしても、現状を「自己責任」に引きつけて理解・自覚してしまえば、そこから先、この「改革」の当不当、ましてやその推進側の責任といったことに議論は進まないということは考えられることです。

     司法制度改革審議会の最終意見書がまとめられた時、これを受けとめて「改革」を推進することが司法の一翼を担う側の責任というようなことが、弁護士会の中からさかんに言われました(大阪弁護士会会長声明「司法制度改革審議会最終意見発表を受けて」)。新自由主義的な「改革」路線に対して、「市民のため改革」を掲げた日弁連・弁護士会が、せめぎ合いのなかで、前記意見書を「勝ち取った」といった評価の仕方も聞かれました。しかし、大きなこの「改革」の流れが、どちらに向いているのかはいまや明らかになっています(「同床異夢的『改革』の結末」)。「改革」を担う責任を口にした人間が、その影響や失敗に対して、責任を担わないなどということが通用するわけもありません。

     これは、決して過去の問題ではありません。大マスコミを含めた「改革」推進派は、現在でも「改革」は「色あせていない」とばかり、旗を振り続けています。ただ、これまでの議論をみれば、彼らが今主張していることについて、責任をとる未来が果たして存在しているのかも甚だ疑わしいからです。私たちは、彼らの主張を、今、そういう目で見る必要があると同時に、それを前提として、今、何を求めなければいけないのかを考えなければなりません。


    ただいま、「弁護士の質」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR