「弁護士を甘やかすな」論と市場原理主義

     弁護士の経済難というテーマに対し、マスコミや社会の中にある資格に「甘ったれるな」「あぐらをかくな」という論調が、目立っています。

     そのためか、最近、弁護士の中から、「今までが恵まれ過ぎていた」とか、「これまでのようにはいかない」といった、覚悟とも諦めともつかない発言を聞くようになっています。

     前記論調からいえば、これは大変結構なこと、「ようやく分かったか」という話になりそうです。

     これまで資格の特権として制限した数の中、競走がいらない状態でやってきたのを前提にするのが誤りであり、よりよいサービスは競争によってもたらされる。そんなことは、他の業界では当たり前ではないか――最近、とみに見かけるようになった、これまでの弁護士の心得違いをいう冒頭の論調の中身です。

     この論調は、ある意味、大衆に伝わりやすいものを持っています。それは、大衆のなかにある弁護士イメージにぴったりあてはまるからです。

     資格を永久の高給保証のようにして、いわば保身のために自ら数を制限し、人権擁護といったきれいごとを掲げて、実は頭はビジネスのことでいっぱい。他のあらゆる業種が、日夜、ものすごい労力をつぎ込んで、サービス競争をしているのに、彼らはそこから開放されている――前記論調を裏打ちする弁護士イメージです。

     表現こそ違え、大マスコミも、いわばこうした弁護士の反省に基づいた「改革」路線という描き方に、そぐわないようなイメージのものには、すかさず批判を加えていますので、より大衆の中の、こうした論調も強固になっていくのかもしれません。

     ここでは、特権的に弁護士を甘やかさないことと、市場原理に基づく「競争」を弁護士に導入するということとが、ぴったりとくっついています。

     弁護士にもいろいろな人がいます。そうした指摘を受け、胸に手を当てて、思い当たることが沢山ある人、ない人。あるいは、なくてもここは従うしかないと空気を読む人、言いたいことを飲み込む人。これまでの弁護士を見ていて、聞けば確かに反省すべきという風に見える方々もいたことは事実です。しかし、前記弁護士イメージにすべてかぶせて、現状をすべて弁護士に反省を迫る方向で、果たして正しいのか、そこは冷静に考えなければなりません。

     それは、端的にいえば、弁護士という仕事が金儲け主義に走られては、大衆にとって危険な仕事だからです。いうまでもなく、彼らは法律という武器を使って大衆の期待を利用することもできます。弁護士が自らサービスを売り込むことと、紛争の焚きつけは、実は大衆には区別がつきにくいのです。

     これを弁護士が言えば、「脅し」という人がいるかもしれません。またぞろ自らの保身のために、お得意の弁明を繰り出しているのだ、と。ただ、これは弁護士の自覚でもあると思います。

     「金儲けがうまい弁護士が、大衆のためによりよいサービスを追求している弁護士ということにはならない」

     こういう言い方を弁護士からの反論として聞きます。これを儲けている大事務所へのある種のやっかみのように言う人もいます。ただ、冷静に考えれば、確かに大衆は、その点の見分けがつかず、多くの宣伝をしている、「サービス競争」の熱心な方に向くでしょう。

     以前にも書きましたが、弁護士という仕事が、大衆にとって一回性の仕事でなければ、つまり、まずい製品に当たってもり、次は違うものを選べたり、また、取り返しかつかない実害を大衆に生じさない仕事なら話は違います(「弁護士増員と『競争』の誤解」)。また、接客態度のような、比較しやすいサービスならば、時間をかければ、口コミの評判が一定の効果を示すかもしれませんが、個別の事情によって違ってくる案件処理の前例は比較がしにくく、場合によっては、当事者自身がより良心的なサービスが受けられることを最後まで気がつかないことだってあり得ます。

     「サービス」を競争にゆだね、踏み外す人間は、弁護士会が懲戒すればよい、という人もいるかもしれませんが、むしろ仮に弁護士会がそれに胸を張ったところで、すべての案件を懲戒できるものでもなければ、将来の不祥事への抑止効果が果たしてどれくらいあるのかは、それこそ大衆が懸念して当然の話です。

     つまり、これまでの弁護士のイメージをもとに、「甘やかすな」という一辺倒で、弁護士たちを競争にさらさせることが、本当に大衆に利をもたらすのか、ここは大マスコミの論調に引きずられずに、冷静に考えなければならないということです。

     既に債務整理ブームで頭角をあらわしたような大事務所の活動に対しても、市場原理のなかでこそ、これまでよりも多くの人を救済できた、という評価の仕方があるようです。一見正しいように見えるこうした評価の先に待っている弁護士と、この社会の姿を、もう一度合わせ考えてみる必要がありそうです。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR