弁護士「甘やかすな」論の影響

     参入規制の「特権」のうえに、あぐらをかいて、人の不幸で飯を食う。専門知識があることをいいことに、素人に傲慢に接し、正義の味方のような顔をして、しっかり金儲けをしている。そんな弁護士という業者には、増員による競争原理を導入し、客を客とも思わない者は退場させ、「生き残る」ための意識変革を促す。そうでなければ、適切で良質なサービスを大衆は、これからもえんえんと享受できない――。この「改革」を肯定する論調と結び付けられる、いわば弁護士「甘やかすな」論として聞かれるものは、おおよそこんなところです。

     傲慢であったり、上か目線で不親切であったり、金儲けしか頭になく、およそ「正義」を掲げている仕事とは思えないと、少なくとも依頼者・市民に、そうとられても仕方がない弁護士がいるのは事実ですし、彼らが反省すべきことはいうまでもありません。弁護士側にも、もちろん、依頼者側の誤解も含め、いろいろな言い分があるとしても、一面、そうとられた段階でアウトという自覚もあっていいとは思います。

     ただ、一方で前記弁護士「甘やかすな」論は、弁護士に対する、あるいは論者自らの弁護士体験を基にした、感情論と結び付いている感も否定できません。それを、この業界の体質・構造批判に結び付け、すべての弁護士を巻き込む「改革」の波が、前記したこの論が描いているはずの、大衆の利にたどり着けるのか、そこを問題しなければなりません。

     何度も書いていることですが、妬み・やっかみの類を除けば、いうまでもなく、依頼者・市民にとって、弁護士という仕事が、儲けていようがいまいが、本来は関係ないことです。関心は、とにかくちゃんと良心的に仕事をしてほしい、こちらが素人であることをいいことに、余計な金をふんだくろうなどという心得違いはしないでほしい、おカネを払う以上、一定の能力と成果でそれにこたえてほしい、ということだと思います。要は、人材の「質」の保証です。

     その意味では、「競争だ」「生き残りだ」でおカネにガツガツされることも、それを引き起こしそうな経済的な不安定さも、決して望ましい話ではないはずです。

     昨今の弁護士界には、「ざらざらした感じ」が広がりつつある感じがします。ベテランと若手が、その能力について批判し合うかと思えば、限られた仕事をめぐるやりとりも、何やら苛烈になっています。それは、法曹志望者にも及んでいます。

      「年配の弁護士が既得権益を固守し、若者が割を食っている。弁護士会が閉鎖的な体質を改め、より積極的に活動領域を開拓すべきだ」

     将来不安の中にある法曹志望者(東大法科大学院生)の、こんな声を4月10日付けの毎日新聞朝刊が取り上げていましたが(「法科大学院:統廃合 『切り捨て』地方反発 学生『職域拡大を』」)、これに対して、湯原伸一弁護士がブログで次のような厳しい指摘をしています。

      「このコメントに対する感想を一言で言えば『甘ったれるな!』です。どの業界でも、若い人が某業界に参入し商売を開始したときに、既に商売をやっている人が若い人に対して『よくきたね。仕事をあげるよ』なんて言ってくれたりするでしょうか?むしろ、商売敵ができたとして、徹底的に潰しに入るのではないでしょうか。これは弁護士業界でも同じことであって、『年配の弁護士に仕事を分け与えろ!』と要求するのは筋違いも甚だしいと思います」
      「また、弁護士会に職域拡大を!期待する時点で、他人任せであり、一事業主であるという感覚が抜けていると言わざるを得ないと思います」
     
     不思議な感じもしますが、この両者の意見とも、実は前記「甘やかすな」論の影響を受けているようにとれます。前記志望者の言葉のなかの「既得権益」「弁護士会の閉鎖性」が具体的に何を指しているのかは分かりませんが、参入規制のなかであぐらをかいている弁護士・会像そのものですし、「割りを食っている」という部分の心得違いをいう、湯原弁護士の主張にしても、「甘やかすな」論に導かれた競争への「覚悟」から出たものととれるからです。

      「甘やかすな」論の立場からすれば、「既得権益」は認めても、湯原弁護士のいう心得違いの主張は、当然ということになるのかもしれません。ただ、あえていえば、別の見方もできます。少なくとも、かつての弁護士界は、先輩が「徹底的に潰しに入る」なんてムードではなかった。一人立ちできるために仕事を分け与える先輩だって普通にいました。入ってきたばかりの若手、圧倒的に経験で不利な新人を「商売敵」として全力で潰す、余裕のない「競争」の世界が後身を育てる環境として、果たしていいといえるのか、他の業界がどうであろうと、そこは問われていいはずです。その不利な新人がどういう形で、「競争」を闘おうとするのか、さらに、こんな世界にそもそも新人か来るのか、という現実問題もあります。

     弁護士という仕事が、「貧すれば鈍する」で済まないものであることはいうまでもありません。「給費制」問題をめぐる議論でも、教官との交流を含め経済的余裕が支えていた環境の破壊が軽視された一面があるように思いますが(「法曹養成の『暗黙の前提』」「失われつつある修養の機会と時間」)、「余裕」=「甘え」とくくられそうな論調と、彼ら自身の「自覚」のなかで失われていく環境とムードが、最終的に弁護士にではなく、社会・大衆にとっていいことをもたらすのか、そのことが問われることなくここまできている感じがします。


     ただいま、「法曹養成制度検討会議の『中間的取りまとめ』」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    私は一番下の人ではないですが、どうですかね

    >一番下の投稿の人に共感出来ないのは、経験の無い人に、経験がないから、依頼者に迷惑が掛かることをもって、紹介出来ない理由であるかのように言及している点です。

    紹介した後に,紹介先の新人がトラブったら,紹介者責任だとか言いがかりをつけられ,紹介元の弁護士もトラブルに巻き込まれる,それが嫌ということだけだと思いますよ。

    利益相反などで依頼を受けられず,紹介する場合
    まともな依頼者→まともな弁護士(そうでない弁護士を紹介すると結論が変わってしまい,まともな依頼者がかわいそうな結果になる危険がある)
    そうでない依頼者→そうでない弁護士(結論変わらないから)
    としてみましょう。

    ただ,後者は,後日トラブルになりかねず,火の子が紹介元に移ってきて炎上しかねないので,
    そうでない依頼者→丁寧にお断り
    になると思います。

    No title

    一番下の投稿の人に共感出来ないのは、経験の無い人に、経験がないから、依頼者に迷惑が掛かることをもって、紹介出来ない理由であるかのように言及している点です。

    端的に、俺の食い扶持を何で、人に回さなければいけないのか、と言及された方がすっきりして潔よいですね。

    No title

    一番甘えてるのは受験資格特権と血税搾取にすがって設立し、
    それでもすぐガタガタになったあげくに、
    予備試験枠に対する不当な制限をさらに強化させようとしてるロー周辺の人らなのにね。

    No title

    どの業界もそうだと思いますが,新規参入者に「客先」を紹介するなんてことはありえないです。普通は死活問題なので,徹底的に潰しにかかると思います。
    ただ,弁護士業界は,相対的に緩かった。新人の面倒を結構みてましたから。

    今でも,徹底的に潰しにかかるなんてことはないですよ。
    その点は,まだまだ,他の業界よりは,緩いかと思います。
    ただ,必要もないのに「イソ弁」として雇ってあげるとか,下請け的に事件を回してあげるとかいうことは,昔に比べて,レアになっているでしょうね。
    既存弁護士側も,昔のような余裕はないですから。
    また,「ロースクール?」といった観もあり,自分たちの通ってきたルートとは違うルートで来たたちに対して全く親近感がないので,放置,といったではないでしょうか。

    ただ,これは,司法制度改革=激増路線を選択した以上,仕方ないのではと思います。
    新人さんも,まさか,法曹人口は激増したのに,昔のような牧歌的な新人弁護士人生を歩めるとは思っていないでしょう。

    もし,そう思っていたとしたら,リサーチ不足の域を超えて,痛い人ですよね。

    No title

    つか、「年配弁護士VS若手弁護士」の構図に持ち込もうとする姿が、
    毎日と湯原氏とが黙示の共謀で矛先をそらしてるとしか見えない。

    「需要がいっぱいある」と国・毎日含めたマスコミ・学者・現日弁連会長含めた一部弁護士が公言してるのだから、その人達がとっとと需要を紹介してあげればすむ話だよね。
    その人らのウソついた責任こそが追及されるべきなのに、
    ・ウソを全く反省もせずに弁護士会に責任転嫁する毎日 と、
    ・批判に見せかけて毎日の矛先そらしに荷担するカス弁護士
    ということでしょ。

    No title

    既存弁護士が、甘えがどうのと言っても、白々しい感じがしますよね。
    その人たちは、古き良き時代に、育ててもらった人たちなわけだし。
    だいたい、既存弁護士が一事業者でいられるのって、数が増えたとはいえ、弁護士資格が業務独占資格だからでしょ。業務独占資格を持ってなければ雇われがせいぜいの人が、独占資格のおかげで事業者でいられるわけでしょ。参入障壁が完全消失したときに、弁護士でいられる人ってほとんどいないでしょ。
    しょせんは、甘ったれるなと言う人も、参入障壁に対する期待値が、相対的に低いだけで、資格に守ってもらいたいと思って弁護士になったことに変わりはない。

    それに、若手弁護士が既存弁護士に既得権がどうのというのは甘えかもしれないけど、若者全般と中高年全般を比較すれば、若者が虐げられてるのは明らかだからね。弁護士になるのに法科大学院に行かなきゃいけないとか、給費制廃止とか、弁護士業界以外でも、教職課程6年制の導入検討とか、薬学部6年制とか、民間企業の定年延長とかさ。
    それで、中高年が少しでも申し訳なさそうな顔をするのかと思えば、逆に「甘えるな」ですからね。
    もはや、不動産なんて買わない、結婚しても子供は作らないと固く誓った若者にとって、住宅ローンや子供の教育費に苦しんでる中高年を見るのだけが、ささやかな楽しみだよ。

    暴力団のインハウスってどのくらい需要があるでしょうか?
    もはやマトモな一般市民や企業の需要はないですから、掘り起こしの有力な分野では。

    No title

    御説、ごもっともです。
    最近、若手弁護士と話をする機会がありました。若手といっても30代即独で、奨学金と開業資金で借金は600万円を超えます。
    「毎月経費と返済だけで40万円かかるんです。どうやって仕事を探せばいいんでしょう」
    「親戚・知人・友人にお願いするしかないんじゃない」
    「ほとんど付き合いないんで」
    「じゃあホームページとか広告とか…」
    「お金ないし」
    「じゃあ今持っている仕事で食いつなぐしかないっしょ」
    「破産事件を1件しているだけで」
    「えっ、1件だけなの!」
    「はい」
    「…たとえば、この分野の事件なら自信があるという分野はないの」
    「ないすよ。経験もないし」キリッ
    さすがにこの弁護士に仕事(依頼人)はまわせません。彼の仕事について保証できないからです。こういう弁護士が増えるのが国民の利益なんですかね?



    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR