期待を裏切った弁護士の責任

     弁護士を依頼し、そして失望する。残念な結果ですが、期待を裏切られた市民の声を、さんざん聞いてきました。

     何度も書いているように、この中には、市民側の弁護士に対する誤解、認識不足もかなり含まれていることも事実です。弁護士、あるいは司法に対する、過剰期待といってもいいかしれません。

     あえて、この場合の弁護士側の責任ということをいえば、それはやはり説明責任ということになるでしょう。過剰期待をそのまま無視したり、丁寧な説明をしないで、「素人の勝手な考えだ」といわんばかりの態度をとる弁護士も現実にはいるようですが、それはプロとしては失格ですし、これも書いてきたように、そういう弁護士の方は、弁護士全体のイメージダウンに多大なる貢献をしていることを自覚しなければなりません。

     逆にいえば、弁護士側の努力の程度評価は難しいですが、説明・説得を尽くしても、理解されない、それでも「裏切られた」と言われるとすれば、それはある意味、弁護士という仕事の宿命と割り切るべきかもしれません。もっとも、そういう覚悟が出来ている弁護士もまた、多いのですが。

     問題は市民側の誤解ではない、同業者から見ても、あるいは認めるか認めないかは別に、確信犯的なご本人からしても、完全に「アウト」という弁護士の行為の場合です。

     もちろん、この場合、弁護士個人の責任問題になります。ただ、弁護士の場合、それだけではすまない事情があります。それは、一つには資格業であること、もう一つは全員が弁護士会という自治を持った組織の会員であることです。

     国家が一定の資格を付与していること、そして弁護士会の監督下にあって、綱紀粛正が図られているということ。こうした認識を市民がもっていたとすれば、当然に本人の責任追及のほかに、そのことを問題視しておかしくありません。

     つまり、なぜそういう人間が弁護士として存在しているのか、その責任の問題です。言い方を変えれば、これは弁護士という資格と、弁護士会会員という立場が裏切った責任ともいえると思います。

     そもそも今の新法曹養成制度や弁護士会の懲戒制度が、「弁護士」という存在に対する市民の信頼を裏切らないような方向に機能しているのか、という問題はあると思います。そこはもちろん法曹関係者自身、検証すべきです。

     懲戒制度自体、未来の「裏切り」を防止する効果があるのかという問題があるのと同時に、同制度の実態が既に起こってしまった「裏切り」に対する弁護士会の姿勢としても、新たな市民の失望につながる「裏切り」にとらえられている面もあります。

     「身内同士のかばい合い」「甘い裁定」。そうした批判に耳を貸さないだけではすみません。もちろん、市民に迎合して不当に厳しい裁定をするのは問題外ですが、誤解があるならば、ここもきっちり説明しなければならない局面であると思います。

     「期待権」という言葉があります。ある事実から予測される法律上の利益が将来的に発生することを期待することができる権利のことです。報道や医療行為をめぐり、これまでも裁判で焦点となった考え方です。

     この「期待権」が、弁護士の行為に適用されていい場合があるんじゃないか、という市民がいます。法律的には医師の場合同様、期待の裏切りをただちに期待権の侵害として過失を認めていたら、損害賠償の範囲が広がりすぎるといった問題が指摘され、難しいとは思います。

     ただ、市民側から見て、弁護士自身が市民の期待を裏切ること、もしくは裏切る結果を招来する高い可能性を、当初から認識していたとしかとれないケースもあることも考えると、市民側の気持ちとしては「期待権」侵害を訴えたいくらい気持ちでいることは、弁護士も理解しておかねばなりません。

     逆に言うと、弁護士への市民の期待感は、その弁護士が得る対価以上の、特別に大きなものであるということです。

     市民の弁護士に対する不信感、失望感が高まっていることへの認識は、弁護士のなかで少しずつ高まっているように思いますが、多くの弁護士はまだ、自分には関係ないことのようにとらえています。弁護士会の責任は認めないわけにはいかなくても、自分たちの同僚が起こした行為とはとらえていないのかもしれません。

     市民の不信感、失望感の向こうにあるのは、「身近な司法」とは正反対の「離反」です。それが、もう既に始まっているという見方もあります。

     実はサービス向上の「競争」どころか、最低限の期待にもこたえられていないという評価をされてしまうかもしれない――。まずは、過剰期待という言葉に逃げ込まないで、そういう認識から、スタートしなければいけないのかもしれません。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR