「厄介な方々」と向き合う弁護士

     新聞社時代から、弁護士を必要としている様々な市民の声に接してきました。その経験から、あえていえば、その中にはかなり「厄介な方々」もいらっしゃいます。もちろん、個々の案件について、自分が聞き役になっても、どこまで詳細に踏み込んでいるのかという問題もあるし、弁護士ではない人間が法的に主張し得るかどうかを判断できているわけではありませんから、これが言い掛かりかどうかなどの結論を出すことはできません。

     ただ、さすがに無理な主張、あり得ない主張を掲げているととれる方々がいることも事実です。そのレベルは、それこそ様々で、とにかく恨み、つらみの塊と化して、もはやそれを晴らすことだけに支配されているような人々から、俗にいう「電波系」のような方々もいるのですが、少なくとも法律相談という枠組みで、弁護士が接した場合、どう考えても「厄介な方々」にカテゴライズされるのを推察できる市民が存在することは確かです。

     もちろん、こういう人々に、いったんは向き合うことになるのも、弁護士の宿命という方もいると思いますし、それを自覚して割り切っている弁護士も少なくないとは思います。かつて、駆け出しのころ、東京地裁で扱われている民事事件の案件を調べていて、裁判所が「電波系」の主張もきっちりと取り上げ、きっちり「門前払い」にしているケースを、度々目にして驚きましたが、弁護士も遭遇は避けられない仕事というべきです。

     弁護士会内に法律相談無料化をめぐる対立する意見があることを書きましたが(「東京の弁護士会内派閥がみせた『自信』」)、この問題でも、前記したような事情に絡む弁護士の本音を耳にします。

      「無料化すると、相談者の質が落ちる」

     あまり大声で言えることではない、と自覚されている方がほとんどのようにお見受けします。つまり、「無料」となれば、より前記のような方々もやってくる、もしくは混ざる確率が高くなるという話です。建て前として、そういう方々の声にいったん耳を貸すのも仕事と言われることは十分に認識していても、弁護士の側からすれば、とられる時間は同じ。そうした方々の相談は、結局、それ自体に彼らが「納得」を見出す可能性は低く、一方で本来、解決を見い出せる市民の相談時間を割くとともに、弁護士個人の事件受任にもつながらない。つまりは、無駄が大きい。

     さらに、弁護士の立場からは言いにくいことながら、これが「利用しやすい司法」を目指す「改革」の先に登場してきた現実だ、ととらえている方もいます。副産物ということもできるもしれませんが、「改革」は一方で、弁護士の余裕を奪っていますから、なおさら「改革」によって、仕事はさらに大変になった、という弁護士の認識につながっているように見えます。

     時間の許す限り、前記「厄介な方々」の言うことに耳を貸して、一番感じたことは、この「厄介さ」は社会に伝わっていない、あるいは伝えにくいな、ということでした。ただ、最近、市民の方々と話していて、別のことを感じることがありました。それは、その「厄介な方々」に属しているような相手から、訴えを起こされそうな市民の声にある、弁護士に対する脅威です。つまり、弁護士が増えている、そのなかで、弁護士もいろいろな人間がいるという認識が生まれ出している市民のなかに、その「厄介な方々」の主張を事件化して、仕掛けてくる弁護士もいるのではないか、ということを恐れる声です。

     このブログでも度々書いている現実につながっていることですが、それが市民のなかに脅威のタネとして、既に強く存在し始めていることに驚きました。法律相談に臨む弁護士の労苦として、この「厄介な方々」の存在は、一般的に市民に伝わっていない半面、いざ、そういう存在を相手にしなければならない当事者になった時、相手側につく弁護士の存在が当然に脅威として想定される現実です。

     私の認識としても、昔だったならば、さすがこんな主張の片棒を担ぐ弁護士はいないのではないか、恥ずかしくて同業者の前で主張できないだろうとか、むしろ、こんな訴えはやめときなさいと、きっと弁護士に説得されるだろう、と、言って安心させてあげたくなるような状況にある、前記「しかけられそうな」市民にも、むしろ弁護士同士の話を聞く限り、とてもそんなことが言えなくなっているのが正直なところなのです。

     司法が利用されやすくなること、また、それにつながるとされることを「悪い」なんていう人は誰もいません。ただ、それは百も承知でも、もし「厄介な方々」が弁護士の門をたたき、きっちりと「門前払い」にされないのであれば、多くの市民が、彼らと彼らについた弁護士に、否応なく向き合わなければならない社会になります。もちろん、これは弁護士に対する信頼の問題とも、また大量の無償ニーズにこたえる体制という前提を欠いた「改革」の問題ともくくることはできます。

     そういう弁護士に対抗する弁護士も必要な社会になるのだから、これでいいという人がいることも、また承知していますが、やはり「パンドラの箱」を開けたのではないかという不安は拭いされないのです。


    ただいま、「弁護士の質」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ



    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    「無料化すると、相談者の質が落ちる」は事実だと思います。

    風邪を引いたから医者に行く。
    医療費が無料になったら、風邪かどうかの手前で、くしゃみが出たから、とりあえず医者に行く、鼻が痒くなっても医者に行く。痒くなくても、暇だから医者に行く。

    そういう現象が無料法律相談にはある。ということです。
     
    いわゆる電波系というのは、病気でないのに、自分は病気だと言い張るような人
    自分は病気なのに、病気と診断してくれないこの医者は、藪医者だ。という人種
    でも、病気を訴える以上は、もしかしたら、隠れた病気があるかも知れないし、新種の病気なのかも知れない。という意味では、耳を傾けるべき対象に入る可能性はある。

    No title

    生活保護受給者を訴えるほど酔狂な人もいないでしょう。
    大丈夫訴えられたら、訴えられたことが違法だと反訴すれば良いのです。
    「口げんかさえも法廷で」「夫婦ゲンカは裁判です」これからのキャッチフレーズです。
    みんなで体力を削り合い、楽しい未来を築きましょう。
    日本人ってバカ?

    No title

    >費用は払いたくありません。
    無料でやってもらうことはできるのでしょうか?

    生活保護受けていればね。実質無料よ。

    受けていない人?そりゃ無料じゃ無理やわ。

    No title

    >理不尽な裁判でも、弁護士が増えて、そういう裁判も増えても、弁護士が増えたことによる価格競争で費用も少なくて済むのだから、濫訴に巻き込まれて、不要な支出を強要されたというのではなく、司法改革の成果を謳歌すればよいのではないでしょうか。

    費用は払いたくありません。
    無料でやってもらうことはできるのでしょうか?

    No title

    当然安かろう悪かろうでしょうねぇ~。
    安い弁護士にしか依頼できない人の自己責任。
    自分の権利をちゃんと守りたいなら大金払っていい弁護士を雇うこと。
    濫訴おおいに結構。
    これぞ、激増派の思い描いた、法律が社会の隅々まで生き生きとしている社会。
    なんでもかんでも裁判、裁判。
    図書館からも裁判。

    No title

    >弁護士に安い費用で応訴してもらえばよいのです。

    してくれるのですか?
    安い費用っていくらくらいですか?
    5000円くらいですか?
    非常に興味があります。

    No title

    国民は裁判が増えることは良いことだと思っているのですから、自分が訴えられたら、弁護士に安い費用で応訴してもらえばよいのです。
    理不尽な裁判でも、弁護士が増えて、そういう裁判も増えても、弁護士が増えたことによる価格競争で費用も少なくて済むのだから、濫訴に巻き込まれて、不要な支出を強要されたというのではなく、司法改革の成果を謳歌すればよいのではないでしょうか。
    もちろん私は理屈も立たないような裁判はしませんけどね。
    でも、給費制廃止違憲訴訟もそうですけど、あんなの濫訴でしょ?
    「厄介な人たち」による裁判の典型例ではないのですか?
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR