「無茶ぶり」の先にあるもの

     弁護士という仕事が、ここまで「無茶ぶり」される仕事だったことを、弁護士自身が知らなかった、と思います。経済的に支えきれるだけの需要がないのに激増させられ、競争しながら、公的な使命はのしかかっている。国民の税金が彼らの活動を保証するわけではなく、身銭をきって弁護士会の活動を支える。国民に感謝されながら「成仏」すればいいじゃないかという「成仏理論」は、どこかの学者が口走った「トンデモ」な話じゃなく、まるで常識のように弁護士に突き付けられているのではないか、と(「弁護士『成仏理論』」が描き出す未来」 )。

     これは、「改革」の旗を振ってきた弁護士の方々も、実は痛感しているところだと思います。そもそも、彼らを含めた多くの弁護士は、ここまでの「無茶ぶり」される状態に陥るなど、全くの想定外です。大量の需要が生まれてくる、活躍の場はいくらでもある、年3000人の司法試験合格者を出しても大丈夫、という話だったから、賛成に回ったと、いまだに旗は掲げつつも、内心思っている方々が沢山いるはずです。

     結果、弁護士の気持ちがどちらに向き出しているかといえば、「やってられない」と。当然、身銭を切っている部分です。もう、いいではないか、と。できていないことはできないで。競争してなんとせよ、といっているのだから――。

     弁護士法1条には、 弁護士の使命は、「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」こととあります。ただ、法律でこうした社会的な役割を規定されながら、一方で、それを個人事業で捻出した、まさに身銭で支えるという実体を持っている仕事です。弁護士会の活動のさまざまな活動に対し、本来、前記弁護士に与えらた使命からすれば、本来は国が下支えすべきところを、自分たちが身銭を切っているという意識が、弁護士のなかにかつてから少なからず存在してきたことも事実です。

     それを、これまでの弁護士に与えられた環境が支えてきたと考える人は、この世界に沢山います。だから、この先の「無茶ぶり」があるのならば、もういいのではないか、ということです(「弁護士のため息」)。

     こういう姿勢に弁護士が転じれば、逆に、途端に前記使命を持ち出して、使命の放てきをいう人が、弁護士会の内外にいそうです。内の人は、その正面から、外の人は「無茶ぶり」から。ただ、この両者は、法が前記使命を法が規定していること自体の解釈が違うという見方ができます。

     つまり、後者の方々は、弁護士に国家が担わせた使命、もっといえば、国民が税金を投入して下支えしてでも、全うしてほしい使命を課したというとらえ方よりも、個人事業として、個人利益のためにばりばり働く弁護士へのかせ、その法律という「武器」を携行する資格者の、基本的なスタンスを戒めたというとらえ方です。つまり、個人で稼ぐ、稼いでいる仕事なのだから、そのくらいはやれ、という発想です。身銭を切っているという現実が、この発想のもとでは、軽く見積もられがちになるのは、当然の話にもなります。

     ただ、自分たちは国家に養成されたという、意識をつないでいた「給費制」はありません。むしろ、貸与制移行でよしとするのを支えたのは、後者の発想です。もちろん、法科大学院には税金が使われていますが、すべては「なんとかなるはずだ」に立っています。それでも、国家に養成されたのだから、恩返しする意識は忘れるなという話になるのならば、それ自体が「無茶ぶり」ということにもなります。

     もちろん、「無茶ぶり」としている側は、「なんとかなるはず」と言っているわけですから、絶対にそれを認めるわけではないですが、なぜか「無茶ぶり」されている側に、どうしてもそれを認めない方がいるのが、不思議な話もあります。その方も本当に無茶と思っていないか、分かっているけど言わないだけか。

     弁護士が、なぜ「無茶ぶり」される仕事なのか。このテーマのなかでは、弁護士の実態に対する誤解も、ルサンチマンの話も登場します。しかし、一番のこだわるべきところは、本当にこの「無茶ぶり」で社会にとって現実的にいいことかあるのか、というところです。「やってられない」仕事だということは、既にこの世界に来る前の人間も認識し出しています。

     弁護士が次々と「もういいではないか」と手を引き、割り切った対応が当たり前になった時に、やはり弁護士1条の使命は、「なんとかなるはず」に丸投げせず、下支えしてでも、全うしてもらうべきものだったと気付いても手遅れのように思います。


    ただいま、「弁護士の競争による『淘汰』」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    無茶ぶり、そのとおりですね。その結果は、誰もやってられない、特に金にならない仕事はやる余裕なくなる。待っているのは、本当に法律の保護が必要な国民は見捨てられるか、適当にあしらわれて終わり(一番たちが悪いのはこういう人はごお客さん扱いしておけばうまくあしらえてしまうってことですね。。適当に扱われていても、親身に聞いているふりをしておけば、結局いまいちな代理人もなんていい先生だってことになるってこと。時々投稿で(釣りかもしれませんが)、ロー卒の即独のいい先生に会ったなんてのがあるが、おおむね弁護士からお客様扱いされて舞い上がっている模様。。)。
    この無茶ぶり具合を受けて「多様な」就職難民が弁護士になる時代。ロー既得権益者だけとかが笑うってことですね。
    「多様な」社会的不適格者を集めた中から生まれてくるこれからの弁護士によるサービスなどにどこが意味があるのでしょう。。数が増えてもねえ。頼む時間すら無駄。

    (※投稿者の希望に基づき、管理人の判断で下記コメントを公開致しました。 管理人)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    >法律事務の独占なんかやってる以上、既に対立当事者の依頼を受けて代理人になってるとかの事情がない限り、応召義務に近い精神で仕事してる弁護士さんは大勢居ましたね。そういう人たちのおかげで、日本では弁護士の社会的地位が非常に高いのだということを、後進たちはどれほど自覚しているのでしょう? もう正木ひろしも坂本堤も、永遠に現れないんでしょうね。少なくとも、東大ローからは。

    こういう弁護士が現れないようにするための弁護士激増化なのですよ。
    by財界

    No title

    弁護士が雇われガンマンに過ぎないということは、私も以前から知っていました。
    でもね、高額なタイムチャージを払える大地主の用心棒専門のくせに、小作人含めた万人の味方みたいなツラするほど恥知らずな奴らだとは、さすがに思いませんでしたよ。

    法律事務の独占なんかやってる以上、既に対立当事者の依頼を受けて代理人になってるとかの事情がない限り、応召義務に近い精神で仕事してる弁護士さんは大勢居ましたね。そういう人たちのおかげで、日本では弁護士の社会的地位が非常に高いのだということを、後進たちはどれほど自覚しているのでしょう? もう正木ひろしも坂本堤も、永遠に現れないんでしょうね。少なくとも、東大ローからは。

    No title

    >ただボランティアをしないという事で弁護士に対する社会的評価は落ちるかな?

    やってても何にも評価されていないんだもの。落ちようがないでしょ。

    結局、弁護士会費がなくなろうが特定の個人だけでなく全員が安くなるんだから、その分依頼者への相談料や着手金が安くなるだけかなと。結局は変わらないと思いますけどね。

    ただボランティアをしないという事で弁護士に対する社会的評価は落ちるかな?

    No title

    医師の応召義務(医師法19条)を持ち出すんだろうなぁ。

    ※ 29年通達
      未払医療費ある患者を診療拒絶は「正当事由」なし

    とはいえ、この通達の臨床医師の間での評判は最悪。
    現に、未収入金を抱え、経営維持に支障が出かねない例が
    ちらほら。

    現行の保険診療の窓口負担分を医療機関じゃなくて市町村が回収すべきとの意見がでているほどである。

    ま、外の専門職には、こんな無茶な規定はないか。。。
    そもそも脳溢血等で緊急外科手術が必要な場合に拒絶されたら命にかかわるからつけられた規定だろうし、そのような緊急事態は外の専門職にはないだろうなぁ。

    No title

    >弁護士の法律事務という独占権の裏返しで法律事務に関する様々な金にならない事もやる義務があるのではないですか?なぜなら他の士業の人にはそれが行えないから。

    医者は金にならない医療行為をする義務がありますか?
    薬剤師は原価割れで薬を売る義務がありますか?
    司法書士は金にならない登記手続をする義務がありますか?
    不動産鑑定士は?
    危険物取扱者は?

    弁護士が身内に甘いとの批判はいいことですが,独占業務であることと廉価で役務提供しなきゃいけないかどうかとは関係がありません。規制緩和によるメリット(価格競争や専門的能力以外のサービス競争等)とデメリット(専門的能力の低い者が増えることによる被害増加等)の最適な調和点がどこかという問題です。

    No title

    ご心配なく、私も弁護士に対する敬意の念など全くありません。
    日弁連など敬意の対象にせよという方が無理でしょう。
    このブログに出会う前から、日弁連など消えて無くなればよいのにと思いました。
    もちろん甘やかす必要はありません。
    日弁連を絶滅させましょう。

    甘ったれを甘ったれと言って何が悪いんです?どれだけ世間知らずで我儘言ってるのか自覚した方がいいですよ。甘やかされて育てられたの?

    弁護士の会務だかの話や血を流せという話ではなく。
    このブログに出会うまでは弁護士にそれなりに畏敬の念を持ってましたが今は全くありません。もちろんブログ主の責任ではなく弁護士のコメントや弁護士達のブログを見てです。
    改めないと自滅しますよ?手遅れかも知れませんが。

    No title

    血を流さなければ甘ったれと言われる業界もわらわかしますね。
    まず、弁護士になってみてから、その先の寝言はお聞きしますよ。

    しかしここにコメントする人は面白い人が多いですね。
    弁護士の法律事務という独占権の裏返しで法律事務に関する様々な金にならない事もやる義務があるのではないですか?なぜなら他の士業の人にはそれが行えないから。

    他の士業の人も行えるのなら弁護士のみが行う必要もなくなりますよ。だから弁護士の独占権を放棄したら?と言ったんです。もちろん嫌味で。

    このブログ読んでてわかりましたが弁護士は(もちろん全員ではありません)甘ったれですね。みなさんの我儘は国民は受け入れてくれましたか?

    No title

     「公務」?
      公務なら、国が費用を負担すべきでしょう。
      公務員は身銭を切って働いているのですか?

     「法律事務の独占という強大な既得権」?
      独占させたくないなら、もう「弁護士」という資格を廃止して、誰でも法律事務ができるようにしたらどうでしょうか?ついでに、行政書士という資格も司法書士という資格もなくしたらどうです?

    No title

    そういうのをタイトル通り、無茶ぶりというのです。

    外部から見てると、そういった公務?みたいなものやってるから法律事務の独占という強大な既得権があるのだと思いますが。
    法律事務を行政書士や司法書士に解放したら彼らと同じ程度の負担になるのでは?弁護士さんがそれでいいのかは知りませんが。

    No title

    手始めに会務なんて誰もやりませんよ。
    ボランティアなんて期待する方が間違ってますね。義務ではないのですから。
    弁護士の数が増えれば、弁護士に要する費用は下がる?額面では下がるのでしょうね。でも中身の手抜きに追いつかないでしょう。
    業界に来る前の人も気付いて、今では受験即合格のロー及び司法本試験です。望めば誰でも弁護士になれる時代です。バラ色ですね。いっそのこと、弁護士の資格は300万円出したら買えるということにしませんか?同じことだし。
    貴重な人生の無駄な時間を節約できるだけ、ましではないですか?
    修習は廃止しましょう。修習生が生活に困る云々以前に、弁護士が引き受けられません。試験上位合格者500人だけ修習できることにすれば良いじゃないですか。
    あとは単に資格が欲しかっただけでしょ?
    いいんじゃないですか、弁護士が倒れれば、国民様も巻き添えです。
    横領のような犯罪は許せませんが、手抜きしながら、依頼者様にはおべっかを使えば、国民様は気持ちよく騙されてくれるのでしょう。
    司法改革まんせーですね。

    日弁連は早く消えて無くなって欲しいと思います。
    井上正仁と佐藤幸治は個人としても被告にした上で、資格商法詐欺の損害賠償訴訟がなされることを切に願います。
    少なくとも詐欺であることは自白されているようですので。
    損害との因果関係の立証だけが争点ですかね。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR