「功」が上回る話の落とし穴

     いまや弁護士の口から「民業圧迫」という言葉を聞けば、それは「法テラス」(日本司法支援センター)のことを指しているという感があります。法テラスが予算を使って、ネット上でも充実した広報活動をし、結果、法テラスの無料法律相談に市民は流れ、弁護士会の法律相談は、どこも閑古鳥で、集客ソースとしても、これまでのように期待はできない。一方で、法テラス経由では、弁護士費用が通常受任の半額程度にもなるだけに、価格破壊も起こる。弁護士間の競争に加え、法テラスも競争相手に参入している、と(弁護士 小松亀一法律事務所「法律相談センターの危機-法テラスが最大の競争相手」)。

     もちろん、弁護士のなかにも、刑事弁護の報酬の安さなど待遇に関する改善の必要性は認めながらも、「法の支配」や「社会のすみずみ」論を挙げて、法テラスのセーフティネットとしての「功」の方を強調し、「民業圧迫」論に賛同しない方もいます。前記「改革」の理念からすれば、その路線を支持する方が、法テラスの「功」を強調されるのは、むしろ当然であり、もっといってしまえば、国民に対して、「弁護士会をやれないことを実現している」という、とらえ方もあります。

     それだけに、ここで「民業圧迫」などといえば、弁護士がまたぞろ「食える食えない」の問題と結びつけて、社会にとって「功」あるものを批判している、といった「心得違い」批判にさらされるだけと、先読みされているような方もいらっしゃるようにお見受けします。

     ただ、一方で、弁護士に競争を求める以上、「民業圧迫」に目くじらを立てるななどとはいえないはずです。そして、法テラスが競争相手として参入している状態も、弁護士淘汰の促進であるとするならば、「功」の部分と比較して、社会にとって、その先にも、本当にいい話が待っているかどうかも考えなければなりません。

     実は、法テラスのとらえ方として、以前、別の解釈がありました。端的に言えば、法テラスには絶対いかないニーズが沢山あるはず、というものです。そこには、「質」的なサービスの差別化と、利用者の選択という発想も被せられました。それを以前、公立中学と私立中学の「お受験」に喩えている人もいました。喩えとしての適切さはともかく、要はお金を出しても「私立」に入れる人がいる、いわば、「公立」法テラスと「私立」弁護士の共存がこれで成り立つ、と。もちろん、この発想に立てば、より弁護士の開拓努力、サービス向上への士業努力と結び付けやすくなりますので、当然、「民業圧迫」を弁護士が引き合いに出しにくくなります。

     ところが、現実的には、「私立」の「お受験」が、そんなにあるわけではない。社会には、「公立」に期待する、いわば無償性の高いニーズ、弁護士からすれば、採算性の低いニーズが圧倒的に多い。はっきりいってしまえば、大衆のなかに、弁護士にお金を投入する用意も、意識も、高く見積もれる話はない。だからこその、法テラスによる「民業圧迫」状態であるともいえます。

     では、どうなるのか。ネット上の掲示板の、市民に向けられた書き込みが、端的に示しています。

      「法テラスは、通常の弁護士費用を用意できない人のために、分割払いで、かつ通常の弁護士に費用に比べて格段に安い費用(大抵、赤字になる費用)で弁護士に依頼できるシステムです。法テラスを使って弁護士に依頼する以上、普通の依頼者と同等の立場であれこれ質問したり 仕事をしてもらえる等と思うのはおこがましいことです。ある程度後回しにされるのも覚悟すべきです。値段相応以上のサービスを求めるのは、自分を特別扱いしろと要求するようなものです」
      「そもそも、扶助による弁護士費用は通常よりもはるかに低く、まじめにやれば赤字になるような仕事です。そして、なぜそのような安い弁護士費用で依頼を受けるのか、考えてみてください。本当に有能で他の弁護士に比べて結果に差をもたらすような弁護士であれば、お客さんに困ることはないので高額な弁護士費用をとれるし、それでも、特別なツテがなければ依頼できないくらいです。反面、法テラスのような安い弁護士費用で依頼を受けるということは、他にいい仕事を確保できておらず、高額な弁護士費用を提示できるだけのものがない弁護士だからです(私もそのような弁護士の一人です)。更に、安い弁護士費用で依頼を受ければ、どうしても『薄利多売』になるので、1件に費やせる労力にはおのずと限界があります。このように考えれば、『法テラスで依頼できる弁護士の仕事』というのが、どの程度のものか、おのずと想像できるでしょう」。

     もちろん、そんな弁護士ばかりでない、「安かろう悪かろう」的な言い方は必ずしも当てはまらないという反論もあると思います。前記弁護士の本音ととれるものも、「心得違い」と片付けてしまえば、ここでも一生懸命やる弁護士だけが淘汰によって残ると描かれることになるのかもしれません。

     ただ、全体として、大量増員された弁護士が、無償性の高いニーズを良質化と低額化を伴ってカバーする話になるのか。そもそも、需要がないのに多数の弁護士が存在する状態のなかでは、弁護士がどのように割り切った対応をしてこざるを得ないのか、どういう弁護士と遭遇することになるのか。それらを市民は本当に理解しているのだろうか――。常に「功」が上回る話と、なにやら社会とって、いい話が待っているような描き方のなかで、そのことが一番不安になるのです。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」「弁護士の経済的窮状」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    法テラスは金銭的に割にあわないとよくいわれるところですし,客層としても,お近づきになりたくない人については,法テラスを紹介していますので,そんな層の筋ばかりが来て担当する人は非常に大変な気がするのですが,にもかかわらず,実際のところ,どれくらいの弁護士が契約をしているのでしょうか?また,契約をしている層(期など)が分かる資料って公開されているのでしょうか?
    東京と地方とで,契約者数も異なってくる気もしますが,一度検証してみたい気がします。法テラスと契約する,しないの動向がみえるような気がします。

    No title

    時々くる学生さん

    ありがとうございます。
    今後とも、よろしくお願い致します。

    No title

    一予備試験合格者です。
    時々読ませてもらってますが、このサイトはかなり勉強になります。
    ありがとうございます。

    No title

    もっと理論的に説明すれば、家賃、事務員の費用、弁護士会費、その他もろもろの固定費を考えると、入ってくるお金の7割くらいが経費になってしまうでしょう。すると、月100万円稼いで、税金前の収入が30万円で、年収やっと360万円です。月に100万円稼ぐとなると、土日に祝日に働かないと月21日程度しかありませんから、1日に5万円稼がなければなりません。最近は顧問契約を結ばない会社が増えてきているので、法テラスの事件や国選だけでこれだけ稼ごうと思ったらどうなるのか、想像もつきません。自宅の一部をオフィスにして配偶者を事務員にして経費を削減するのでしょうか。
    しかし、法テラスの事件を扱うのに自宅をオフィスにするのは、セキュリティー上問題がありますし。

    No title

    > ここを通じて弁護士に払われる民事事件の報酬は現在のところ全て国民からの税金です。

    こんな基本的な勘違いしてる時点で何も言う資格ありませんね。

    No title

    法テラス案件で、事務所が維持・経営出来ると思うなら「てめえが自分でやってみろ」としか言いようがないのではないでしょうか。
    法テラスの相談料は税金でまかなうのがけしからんから、弁護士がボランティアでやれ、というお話ですか?
    やったら良いんじゃないですか?
    で、国民の皆様に感謝されながら成仏すれば。

    綺麗な戯言は弁護士になって、自分が理想に向かって邁進してからほざいてください。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR