「代償」への自覚の有無

     弁護士を大幅に増させる。その先には、当然競争があり、淘汰もある。その結果として、現実的には、訴訟社会化もあるかもしれない――。これ、すべては国民が選択した「改革」という立場から、弁護士の自覚を求めたり、あるいは「心得違い」が批判されることがあります。

     この立場からすれば、弁護士の就職難も、経済的に弁護士が追い詰められることも、そうした弁護士が依頼者のおカネに手をつけて排除されることも、はたまた倒産の憂き目に合うことも、ここでも度々書いているように、すべては淘汰のプロセス。弁護士会が後輩たちを支援するのは結構だとしても、本来はバタバタすることはなく、まして増員のペースを落とす必要など毛頭ない。なぜならば、これも国民の望んだ弁護士の良化のプロセスなのだから――という発想にもなります。

     しかし、「国民の選択」という錦の御旗については、その実態について、それこそ国民はよくよく目を凝らして見る必要があります。現実的な選択された結果を国民が十分に把握しているわけでもなく、国民の代表や専門家の方々すら、どこまでそのことに自覚的であったのか分からないということが、残念ながら現実には存在するからです(「『国会通過』という御旗」)。

     低額化や良質化をイメージさせる弁護士増員で生まれる競争による淘汰のプロセスが、現実的にどういうものであるのか。その先に、どういう結果が待っているのか。そのことに、国民は自覚的に、この「選択」をしたと本当に言えるのか。こだわるべきところはここにあります。
     
     淘汰がプロセスである以上、少なくとも弁護士との一回性のお付き合いになる市民が、外れを引く、いつまで続くか分からない犠牲は当然織り込み済みでなければなりません。国民の犠牲を伴う「淘汰」がどういうことか。これが医薬品の「善し悪し」を、とりあえず市場にゆだねて決めるということの妥当性に喩えたとしたならば、国民には、当然、この現実は違う形で了解されていてもおかしくありません。

      「選択」は、大量に法曹資格を与えた先に「淘汰」が待っているという描き方です。事後救済社会で大量に需要が生まれるという触れ込みで始まった「改革」で、当の多くの弁護士が、当初、現在のような弁護士が生き残りをかけなくてはならなくなるような競争状態の招来に自覚的であったかは疑わしいといわざるを得ませんが、基本的に「社会のすみずみ」論がこの放出論ともいうべきものの背中を押した形です。そして、この「社会のすみずみ」論にしても、「資格」の保証よりも放出を優先させる発想を、国民が「選択」したというほど、自覚的であったかも疑わしいというべきです。

     質という問題でいえば、競争以前に、自治を持つ弁護士会が、その確保に努力することは当然に考えられていいと思いますし、その登録試験や更新制の是非が議論されることもあっていいとは思います。ただ、実績もなく、効果も不透明なものに、競争のリスク回避を全面的にゆだねられるかは別問題です。だから、「資格」が一定の質を保証せず、国民の犠牲が伴う「淘汰」にゆだねることをよしとできるのかということです。

     弁護士増員での競争による淘汰が、規制緩和の先にあったとするならば、その先で、何が現実的に事後救済してくれるのか。そのことも、想定されていたのか疑わしいといわざるを得ません。既に増員政策が行われた結果が出始めている現在、良質化や低額化が触れ込み通り、進行する見通しがあるのか、国民のリスクに見合うのか、新たな判断材料もあるはずです。国民が、とにかく外れを引かないで済むこと。犠牲を払わないで済むこと。それを市場原理と自己責任にゆだねるということを了解するのかの問題です。

      「改革」の推進者が、とかく偽装してでも「国民」という旗を欲しがり、振りかざしたがる一方で、国民がどん引きするような不都合な真実については触れないという手法をとりがちであることは、残念ながらわれわれは常に念頭に置いておかなければなりません。そのアンフェアを十分踏まえたうえで、「国民の選択」とされるものが、どういう代償を伴い、本当にそれを踏まえた「選択」であったのかを問い直す必要があります。


    ただいま、「弁護士の競争による『淘汰』」「弁護士の質」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    即独などを対象にした「日本初」の「弁護士専門コンサルタントサービス」とのことです。
    http://www.dreamnews.jp/press/0000068209/
    http://www.answerve.co.jp
    「増員政策が行われた結果」はいろいろな分野に波及していますね。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR