「役に立たない」とされる原因

      「身内に弁護士がいても何の役にも立たない」。税理士、大学教授、弁護士、公認会計士、司法書士をメンバーとするメーリングリストでの話題を中心に紹介しているブログ「taxMLの紹介 ~税法と税理士業務の情報」に、こんな書き出しで始まる一文が掲載されています(「身内の専門家」)。

     それこそ身近にいたならば、役立つことを当たり前に強調している側からは、見逃せない一文かもしれませんが、以下に記されている次のようなその訳を見ると、これまた当たり前に言われている、市民からはよく耳にする話です。

      「隣地が境界を侵害して建物を建てても、借家人が賃料不払いをしても、何もできない。隣地との間で裁判沙汰を起こしたら、その後に、どんな嫌がらせをされるか分からない。賃料不払い程度で訴訟を起こすのは手間も費用も無駄」

     これで「何の役にも立たない」という評価になるのかは別にして、あえてここで書かれていることを正面から見れば、「改革」が背負っていた期待が見えてくるよう思えます。つまりは、前段は、社会的な環境・意識の改革、そして後段は弁護士をはじめ司法の「使い勝手」の改革です。

     おそらく「改革」推進論者にいわせれば、前段のような状況こそ、「二割司法」といった機能不全が作っている環境で、「嫌がらせ」に怯え、司法的解決が阻害されている状況こそ、彼らのいう「法の支配」を行きわたらせる必要性につながるはずです。

     そして、結果としてみてしまうと、前段についても、また本来、制度的担保が必要な後段についても、現実的にはその期待を弁護士激増政策が背負う形になったように見えます。「社会の隅々」に弁護士が行き渡る数の効果が、前段のような環境を変え、数が引き起こす競争が低額化を含めて、弁護士を使い勝手のいいものにしてくれるはず――。

     ところが、その「改革」が、前記のような期待感に反して、結果を出しているという実感は、前記発言が飛び出してくることをみても分かるように、多くの市民には実感がない。そして、見解が分かれるのは、ここから先で、「効果」に向かって、まだまだ増すべきとみるのか、それともそもそもこの「改革」の期待の被せ方から見直すべき、とみるのか、という話です。「役に立たない」原因は、数の不足の問題に置き換えられるのかということもできます。

     さらに、「改革」は、司法を利用する市民側の意識を変えることも企図していますが、前記現状認識からすれば、それを求められること自体、思いもよらない非現実的な話ととらえても不思議ではありません。

      「裁判、裁判と気楽に言えるのは、その後の生活に責任を取らず、コストとも、心理的な負担とも無縁な他人だから言えること」

     前記ブログには、結論としてこんなことも書かれています。これもまた、弁護士増員の先になくなっていく話なのか、それとも増えた弁護士たちが、こうした市民側の抱えている現実を無視して、裁判や弁護士の活用を、生き残りをかけて「焚きつける」ものになるのか、ここも判断の分かれ目といえます。

     ちなみに前記ブログの「身内の専門家」シリーズでは、歯科医や税理士が登場しますが、いずれも身内にいると「安心」「便利」という肯定的評価がされ、弁護士だけが冒頭のような「役立たず」扱いです。

     弁護士激増に期待しても、果たして市民に「安心」と「便利」を現実的にもたらすものなのか、そして増えても「何の役にもたたない」という評価につながらないか、そのことが問われるべきです。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」「弁護士の競争による『淘汰』」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    裁判の実効性

    裁判の使い勝手(≒弁護士の使い勝手)がよくなるためには、「弁護士増加政策」(これに伴う競争や低額化)だけでは片手落ちです。せっかく頑張って裁判に勝訴しても、執行制度が不十分なため、債権回収ができなかったりすれば、「弁護士は何の役にも立たない」という評価になってしまうのでしょうね。その意味で、弁護士HARRIERさんのおっしゃるとおり、執行や情報開示(財産開示)といった、「裁判の実効性を担保する制度」が重要です。ちなみに、「弁護士は何の役にも立たない」という方は、じゃあ誰に何をお願いしているんでしょうかね。今時、反社会的勢力の出番というわけでもないでしょうに。

    No title

    執行や情報開示制度がしっかりしないと、弁護士だけ増えても、無意味だとは思いますね。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR