強制加入制度への慢心

     わが国の強固な弁護士自治を支えてきた弁護士会の強制加入制度。しかし、別な言い方をすれば、弁護士自治の重要性への会員の了解・支持があって支えられてきたのが、強制加入制度でもあります。その重要性として、言われてきたのは、戦前の反省に基づく、国家権力と対峙して大衆の権利を擁護するための、権力の干渉を受けない弁護士のポジション維持という目的でありました。

     ところが、今回の司法改革がもたらしている弁護士の経済的な環境の変化は、若手弁護士を中心に、この重要性よりも、強制加入制度によってのしかかる負担の方が、より現実味のある問題になってきています。競争が求められるなかで、この制度がそれを阻害する「規制」という位置付けになろうとしているように見えます。

     こうしたなかで、日弁連・弁護士会の主導層は、少なくとも表向き、このことに関する危機感がなさすぎるようにとれます。なぜならば、この強制加入制度への不満の根源になっている会員の負担感を減らす方向に、いまだ熱心に取り組む構えが見えないからです。負担の原因になっている会費や会務を大幅に減らす方向が見えてこない状況に、会員の一部からは、ため息のような声も聞こえてきます。

     これは、見方によっては、強制加入という制度にあぐらをかいているという言い方もできるかもしれません。制度がある以上、一応の会内手続きが担保されていれば、会員はこれに従わざるを得ないというとらえ方です。会内の不満の充満も、制度が押さえるという考え方になります。

     一方で、会費・会務の縮小は、弁護士会の公的な活動の縮小を意味し、その存在感そのものが、さらに失われていくという見方もあります。もともと、いったん挙げた手を降ろすのが苦手のような、前進指向の弁護士会の体質もありますが、ここの危機感を強調する会員もいます。

     ただ、このことは、少なくとも前記あぐらの口実にすることはできません。強制加入に対する会員の支持を失えば、存在感どころか今の弁護士会そのものが空中分解するからです。会員の本当の不満に目を向けずに、形式的な会内民主主義で持ちこたえられるという、高を括った姿勢が、それを現実のものにする可能性があります。

     刑事弁護士はもちろん、中堅以上の弁護士のなかには、いまだ弁護士自治への意識が比較的強く存在しているように見えますが、その中堅からも将来的には任意加入やむなしという見方が出始めています。弁護士会主導層が強制加入にあぐらをかいているうちに、弁護士自治が足元から崩れ出しているといってもいいかもしれません。

     ただ、もう一つ、嫌なことを言えば、別の見方もできなくありません。主導層は全部、分かってやっているという可能性です。つまり、彼ら自身が、本当は既に将来的に弁護士自治も強制加入制度も、もはや持ちこたえられないと実は認識していて(あるいは公言するほどの価値は見出しておらず)、自らはこれまでの弁護士会という制度のうえに座っているということです。そうだとすれば、彼らの姿勢が仮に消極的にみえたとしても、一応の説明はつくことになります。

     これで本当にいいのか。弁護士自治が永久にこの国から消滅する前に、もう一度、その本当の意義から考え直してみる必要があるように思います。


    ただいま「弁護士自治と弁護士会の強制加入制度」「地方の弁護士の経済的ニーズ」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    任意加入制度やむなしではなく、是非とも任意団体にしてしまいましょう。
    東京と大阪の多数会派だけでたらい回しにしている利権も全て失わせてしまえばよいのです。

    強制加入でなくなったら23条照会はどうなるんだろ
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR