「やめられない」事情と矛盾

     先日のエントリーで、「資格」としての弁護士人気の暴落に関して書きましたが(「弁護士『人気商売信仰』の破綻と『有志の犠牲』」)、この現状に対して、「弁護士資格の『価値』が暴落した」という表現が使われるのをみると、複雑な気持ちになります。

     もちろん、この表現が弁護士志望者目線に立っていることは分かりますし、その意味では間違っているとはいえません。つまり、前記エントリーで書いた不人気のもとになっている費用対効果において、志望者からみて、資格として「価値」を見出せず、それゆえにこの道を選択しないという現実です。むしろ、その現実を浮き立たせるためにも、資格の「価値」低下という言い方を、あえて使っている方もいるようにもとれます。

     ただ、いうまでもないことですが、弁護士の社会的役割としての価値が、ここにきて暴落しているわけではありません。むしろ、この「改革」路線の基本は、ますます役割は重要になり、「価値」は上がるというもので、それはいまだに連呼されている。問題はここにあります。社会的に「価値」があるはずのものが、志望者にとって「価値」がないものとなりつつあるという現実です。

     2012年という年を振り返ると、今年ほど、弁護士が、この資格の「価値」という問題に直面していることを実感した年はなかったのではないか、と思えます。つまり、「改革」の結果、本当に弁護士界に人が来なくなるということへの現実味です。また、それと同時に、「価値」を強調する「改革」路線が、同時に前記した意味で資格の「価値」を下げている(もっとも、これが「改革」の隠された目的ではなかったのか、という見方も根強くありますが)という、いわば矛盾も、はっきりした年だったと思います。

      「改革」路線が依然こだわり続ける法曹養成の中核としての法科大学院制度、その関係者が唱える合格者増、そして彼ら支持した貸与制。需要がない状態で、志望者にとっての資格の「価値」をさげて、なぜ、学生が集まるのか、法科大学院関係者自身が、首を絞めているということになぜ、気が付かない、という声が聞かれます(「Schulze BLOG」)。

      「改革」路線が市場原理にゆだねるという立場に立ちながら、需要の有無においても、それに対して弁護士がとらざるを得ない行動においても、そして志望予定者が食えないところを目指さないことにおいても、なにやら現実に対する認識がチグハグな感じがしてしまうのは、やはり主導者が失敗を認められない、あるいはそうした事情を抱えているからだけではないのか――どうしても、そんな気持ちにさせられた年でもありました。

      「分かっているけどやめられない」事情が、現実的に何を犠牲にしようとしているのか、それがその犠牲に見合う事情と言えるものなのか、そのことが今後、さらに問われる必要があるように思います。

     今年も「弁護士観察日記」をお読み頂きましてありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
     皆様、よいお年をお迎え下さい。


    ただいま、「弁護士の競争による『淘汰』」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    SBさん:
    私のコメントに対する理解が極端に触れています。
    民間企業で経済的価値以外が無意味という趣旨ではないです。

    私は

    >民間企業だって営利だけでなく社会貢献等の価値があるのは弁護士と同じだから弁護士を特別扱いするな,という論調が散見されますが,その考えには立たないわけですね。

    については、基本的にその通りです。三権のうちの一つである司法権の一部を担う弁護士をある程度特別扱いすることは、合理性があると思っています。
    他方、特別扱いがすぎる、という意識もあります。

    経済的価値しか見いだせない輩は排除されて良いと思います。

    私は、要するに重視する割合のことを言っているにすぎません。
    経済的価値:それ以外という割合を考えるなら、
    通常は(例えば)60:40とか、70:30、といったところを、弁護士が30:70なり40:60というのであれば理解しますが、弁護士は特別だから10:90なんだ、というのは行き過ぎだと思う訳です。

    No title

    >民間企業では最低限の企業倫理さえあれば、むしろ、利潤追求、経済的価値の側面こそが重要です。

    そうですか。民間企業だって営利だけでなく社会貢献等の価値があるのは弁護士と同じだから弁護士を特別扱いするな,という論調が散見されますが,その考えには立たないわけですね。

    >民間企業なり公務員に「経済的価値以外のもの」を求めるべき、とは思いませんが。

    憲法上,公務員は全体の奉仕者とされ,憲法尊重擁護義務が課されていることからすれば,弁護士以上に「経済的価値以外のもの」を求められていると思いますが。

    もっとも言いたいことはそういうことではありません。フィルタリングされるのは,「経済的価値『しか』見いだせない連中」だけでなく,「経済的価値『も』重要だと考える人」,おそらく大多数の人です。ブログ主が問題にしているのは,当然,「経済的価値『しか』見いだせない連中」ではなく,「経済的価値『も』重要だと考える」普通の人が志望しなくなるということでしょう。「経済的価値『しか』見いだせない連中」のフィルタリングなど些末な話です。

    No title

    SBさん:

    民間企業では最低限の企業倫理さえあれば、むしろ、利潤追求、経済的価値の側面こそが重要です。

    弁護士に「経済的価値以外のもの」を求めるのであれば、フィルタリングとして機能している、ということであって、民間企業なり公務員に「経済的価値以外のもの」を求めるべき、とは思いませんが。

    交通事故の原因【集団ストーカー犯罪】注意報

    明日は我が身【集団ストーカー犯罪】の被害が全国で大急増中
    ~ 全国で多くの方が人生をメチャクチャにボロボロに壊され苦しんでいます ~
    些細なトラブル(言い争い、ゴミ出しを注意、勧誘を断った等)でターゲット(仏敵)に
    http://youtu.be/0fo1owo7oeQ

    犯罪被害 人気ランキング
    http://life.blogmura.com/hanzai/
    事件・犯罪 人気ランキング
    http://politics.blogmura.com/jiken/

    その理屈なら、公務員なんかも年収300万くらいに固定すれば、経済的価値しか見出さない志望者がフィルタリングされ、徳のある人が国民の奉仕者になり、税金も安くなって一石二鳥です。電通もパナソニックもユニクロも300万くらいにすれば、経済的価値しか見出さない志望者がフィルタリングされ、徳のある人が集まるので、今すぐ実行しそうです。企業の役員報酬も500万を上限にし、経済的価値しか見出さない人ではなく徳があって真に社会的責任を果たしてくれる人になってもらうことが国民の利益になりそうです。

    No title

    いや、経済的価値しか見いだせない連中がならないほうがいいんじゃないか?
    そういう意味では、志望者がフィルタリングされているのは良いことかもしれない。
    頭が良いだけで徳の無い、同じとくでも欲得しか考えられないやつがなるより良いでしょ。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR