弁護士「人気商売信仰」の破綻と「有志の犠牲」

      「資格」としての弁護士の人気暴落が、あちらこちらからため息交じりに聞こえてきます。他資格との比較において、時間的経済的負担で、選択されない、敬遠される資格であることが決定的になってきている、ということです(「黒猫のつぶやき」)。

     弁護士のなかには、例えば、資格を横に並べて、それこそ費用対効果を計算して、いわば資格の「妙味」で、どれでもいいから取得を目指すという人間は、頭から数にいれなくていい、と考えてきた人も沢山いました。弁護士には、弁護士の固有の社会的意義があり、そこにやりがいや使命感を持った人間こそ、この世界に来るべきだ、と。

     ただ、さすがに、ここ数年、そんな声をあまり聞かなくなりました。逆に、法科大学院制度と弁護士の激増政策がもたらしている現状から、途端に「よい人材が来なくなる」ことが強調されています。弁護士界で、ここまで人材が他に流れることが脅威としていわれたことは、かつてなかったと言っていいと思います。

     これには、二つの見方ができます。一つは「人気商売信仰」といえるものがあったのではないか、ということです。これまでも度々書いてきましたが、増員政策のシミュレーションなどを見ると常々、感じていたことですが、弁護士が今後も「人気商売」であり続けることを前提としなければ成り立たないような絵を延々と描き続けてきた不思議です。いかに選択されなくなるなどということが、念頭になかったのかが分かるもので、その意味で、前記政策の影響がいかに想定されていなかったものだったのかも推察できてしまいます。

     これを弁護士の、いわば「驕り」と表現する人もいます。前記弁護士の社会的意義から選択される「自信」が、こうした揺るぎないと思われた「人気商売信仰」の上に成り立っていた、一種の建て前のようにとられてしまうということです。人材が流れるという脅威を前にしても、経済的な妙味において勝利する前提があればこそ、前記「自信」にも胸が張れたのではないか、と。

     ただ、現実的には少々違うとらえ方も弁護士の中にはあります。それは「有志の犠牲」の方を問題視している、という見方もあるということです。つまり、この現実は、もともと「資格」の経済的社会的「妙味」からこの世界を志すはずだった人間が来なくなるのと同時に、本当に前記「自信」のなかでいわれた、この仕事に使命感を持って志望したかった人間をも、同時に、排除してしまうことへの懸念です。

      「弁護士は真剣に取り組むほど、本当にやりがいもあり、なかなか面白い仕事だと思うんですがね」

     ある街弁は、ぽつりとそう語りました。仕事に意義も魅力もあっても、さすがに今の状況は、それでも来い、素晴らしい仕事だからとは言えない、それはあまりに酷だ、という気持ちが込められていました。もちろん、「やりがい」の中身は、人それぞれであり、そこに経済的な「妙味」を織り込むこと自体が悪いこととはいえませんし、そもそも後者のとらえ方自体も建て前だという人がいるかもしれません。

     弁護士会のなかには、「夢を語れ」とばかり、もっと将来性に対して明るい期待を持てる話、魅力を強調する話で、この世界への志望者の気持ちをつなげという、いわば「人気商売」維持への努力をいう意見がある半面、これ以上、犠牲者を増やさないためにも、現実を正しく伝えよ、という意見があり、徐々に後者の声が強まっている感があります。

     弁護士がたくましく競争に生き残る姿を見せれば、チャレンジャーも増えるはずという意見もあるようですが、そういう見通しは立っているわけではもちろんなく、それはそれで増員政策と自由競争の建て前とみることもできなくありません。むしろ、私たち市民としては、その過程で、弁護士が「人気商売」でなくなることよりも、「有志の犠牲」が続くことをどう見るかにこだわる必要があるように思えます。


    ただいま、「弁護士の競争による『淘汰』」「弁護士の質」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR